SATOSHI KOJIMA 20th ANNIVERSARY 「RUSH!!」 〜やっちゃうぞバカヤロー〜

日時
2011年12月14日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
2,000人(超満員)

第5試合 30分1本勝負
第3世代vs浜口ジムスペシャル6人タッグマッチ

VS

  • 西村修

  • 吉江豊

境界線

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 新日本プロレスの道場で小島と同時代を過ごした西村、永田、金本がトリオを結成。小島の原点であるアニマル浜口トレーニングジム出身の吉江&井上&本間と対戦する6人タッグマッチ。
 
 先発したのは金本と吉江。いきなり金本が不意打ちの張り手で先制し、ボディスラムを狙う。だが、持ち上げられずに吉江が逆襲。そこから激しい打撃戦が繰り広げられた。
 西村対井上の場面。まずは両者がロープワークで激しく交錯し、そこから井上がヘッドシザース。すると、西村は倒立で脱出し、場内を沸かせた。
 永田対本間の場面。永田のキック攻撃を受けて奮起した本間が、エルボー合戦に持ち込む。そして、連打で押し込まれても怯まず、追走式バックエルボー、ラリアットで逆襲。さらに、ダウンした永田へ浜口氏の得意技であったアニマルエルボー(ランニングエルボードロップ)を決めると、井上、吉江も同じ技で続き、3人そろって「気合だー!!」と絶叫した。
 ここから本間が小こけしで追撃し、コーナー最上段にのぼる。しかし、起き上がった永田もコーナーへのぼり、雪崩式フロントスープレックスでお返し。さらに、敬礼からのナガタロック(I)で追い討ちをかけた。
 この流れでタッチを受けた西村は、本間に対してスピニングトーホールドから足4の字固め。そして、永田が吉江にナガタロックII、金本が井上にアンクルホールドを同時に極める。
 追い込まれた本間だったが、エプロンからトップロープ越しにブレーンバスターを仕替えた西村を、ブレーンバスタースラムで叩きつけて逆転。
 金本対吉江の場面。吉江が、カウンターヒップドロップ、ジャンピングボディプレス。さらに、乱入した永田をランニングボディアタックで蹴散らし、串刺しボディアタックで金本に追撃。続いて吉江は、串刺しヒップアタックを狙うが、金本がかわして自爆させ、顔面ウォッシュを敢行した。
 金本対井上の場面。金本が、ファルコンアロー、打撃ラッシュ。これに対して金本は、追走式串刺しジャンピングニーアタックでやり返し、顔面ウォッシュを1発だけお見舞い。だが、バックを取った井上が、ジャーマンスープレックスホールドで逆襲。
 ここで吉江組のトレイン攻撃となり、本間の串刺しバックエルボー、吉江の串刺しボディアタック、井上のカウンター水車落としが連続で炸裂。
 さらに井上はスタガリンブローに行くが、金本が着地してスクールボーイ。しかし、井上がキックをかわしてスピアーでお返し。そして、金本をロープに振り、スピアー・オブ・ジャスティスで勝負を決めた。

COMMENT

井上「こんなことがないと、組めない3人でしたね。今日は今日で楽しみました」
本間「俺さ、ぶっちゃけ調子スゲーいいから、今日の試合ももちろんあるかもしんねぇけど、今日の試合、浜口の先輩、勝手にライバル視してる井上亘と組んで、スゲー楽しみにしてたけど、俺はもう23日の田中戦しかないから。今やんなきゃいつやるんだ。絶対俺勝つし、まず会場に足を運んで生で観て、俺がチャンピオンになって、1日早いクリスマスプレゼント、みんなにプレゼントするから。そして、みんなで幸せになろうぜ」
吉江「幸せになろうぜ。いいね、こうして袂を分かっても浜口ジムだっていうつながりがあると、こうやって集まる機会があってね。浜口ジム出身の人間は、『絶対浜口ジム出身のレスラーだけで、1つ興行を打ちたいな』っていう夢は誰でもあると思うんだけど、いずれ実現させたいですね。あと何周年とかでプレミアムあるの?」
本間「来年15年」
吉江「来年?15周年あるみたいだから。また集まりましょう。よくよく思い出したら、俺のデビュー戦は、小島聡だったんだよね。今思い返せば17年前か。あと3年か。その3年の中で、俺もどんどんとプロレスラーとしての実績、歴史を作っていかなきゃいけないと思うし。これからも作っていく自信はありますよ。華々しく20周年大会を開こうぜ!そんな時まで精進していきたいと思います。ありがとうございました!」
井上「見ての通り、いつでも浜口ジム出身っていうのが、すごい力になってます。普段闘ってる相手でも、こうやって組めば、すごい力発揮しますんで、また是非観に来てください」
吉江「プロレスラーに一番大事なのはなんだろう?」
井上「気合?」
吉江「そう。気合だ〜!」
(※三人で)「気合だ〜!」
  
永田「どうもありがとうございました!お忙しい中!」
西村「ハハハハ(ニッコリ)」
金本「いや〜、二ヶ月ぶりやけど、あんなスピア見たことない。井上凄いな、と。アイツ、スピア磨いていたな」
永田「いや、金本さんも西村さんも元気ですよ?吉江にいきなり火を付けてヒートアップさせてくれて。やっぱ、アンチエイジングをね、広めていかないと」
金本「アレ、何歳?」
永田「43歳ですよ」
金本「45!」
西村「40ちょうどになりました(笑)」
金本「ああ、もう40代?」
永田「まだまだ元気なんで、ここでパワーを発揮して、さらに上の世代にも行きますから!」
金本「がんばりましょう!」
永田「ディアアアアア!(敬礼)。……いや〜、やっぱり小島さんの記念興行を見ていると、やっぱり俺らと歩んできた道が違うんだな、と。全日本の色や雰囲気が濃い大会だよね?そこを感じました。ただ、それによって、スタン・ハンセンに会えた、という俺にとってハッピーな出来事もあったし。思わず、写メを撮ってしまった(笑)」
 
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ