「J SPORTS CROWN」 〜ドリームマッチ〜

日時
2011年12月9日(金)   FC先行18:20開場/一般18:30開場 19:00開始
会場
東京・ディファ有明
観衆
400人(満員)

第4試合 20分1本勝負

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 因縁の永田と鈴木が激突する注目のタッグマッチ。
 
 その両者の先発で試合が始まり、鈴木がタックルからバックを取る。すると永田が腕を取って体勢を入れ替え、両者はもつれてロープ際へ。そして、鈴木がクリーンブレイクした。
 その直後、同じような場面で永田がクリーンブレイクするが、離れ際に鈴木が張り手で不意打ち。そして、「バーカ!」と吐き捨てて永田をあざ笑い、素早くTAKAとタッチしてしまった。
 これで永田対TAKAとなり、TAKAがショルダータックルを乱射するものの、永田は微動だにせず。そして、ボディスラムを阻止すると、「なにやってんだ?」と言いながら反対にボディスラムで叩きつけた。
 井上対TAKAの場面。井上が、ブレーンバスター、河津落とし。そこからロープへ走るものの、控えの鈴木が背中を蹴って妨害。さらに鈴木は、場外で井上を痛めつけると、永田と激しい番外戦を展開。一方、TAKAはリング上で井上に追撃を加える。
 これで鈴木軍が井上を捕まえ、鈴木が膝蹴り連射、キック、張り手、フロントネックロック。そして、TAKAが串刺しニーアタック、ランニング低空ニーアタック、サミングで続く。しかし井上は、バックドロップでTAKAに逆襲し、ようやく自軍コーナーへ帰還。
 タッチを受けた永田は、フロントハイキックで控えの鈴木を場外へ蹴散らし、ミドルキック連射、串刺しフロントハイキック、エクスプロイダーでTAKAに追い討ち。そして、サミングを受けても怯まず、カウンターキチンシンクを見舞う。だが、TAKAも負けじとジャンピングニールキックで逆襲した。
 永田対鈴木の場面。鈴木が、フェイント式張り手を2連発。さらに、エルボー合戦から膝蹴りを3連射で食らわせる。そして、ランニングローキックを発射するものの、永田が蹴り脚を掴み、張り手、フロントスープレックスで逆襲した。
 井上対鈴木の場面。井上が、鈴木の串刺し攻撃をかわしてコーナーへ激突させ、串刺しジャンピングエルボー2連発。さらに、乱入したTAKAを水車落としで排除すると、永田の延髄斬りから、ジャーマンスープレックスホールドを決める。
 これを鈴木が返すと、井上は串刺しスピアーで追撃。そして、ロープに走るものの、TAKAが場外から足を引っ張って妨害。
 この隙を突いて鈴木が反撃し、背後に回りこんでスリーパーホールド。そして、ゴッチ式パイルドライバーで井上を轟沈した。

COMMENT

鈴木「……オイ、屁理屈つけて、ストロングスタイルから逃げるな棚橋?ほかのプロレスやりたきゃ、ほかの団体行け!! 強いものが勝つ!リングの中で闘いを見せる。俺はそうやって生まれ、そうやって育ってきた。団体は違えど、それを追求した結果だ。そうやって俺は生まれてきた。鬼に蹴っ飛ばされ、ブン殴られて生まれ出て、神様に血ヘドを吐かされながら、育てられたんだ。俺は強ええぞ?俺はエアギターも弾かない。俺は、簡単に『愛してます』とも言わない。おまえの『愛してます』はアレだろ?キャバ嬢とやりたいときに言う、『愛してます』と同じ『愛してます』だ。簡単に愛なんか叫んでるんじゃねーよ。叫ぶなら、俺の目の前で叫んでみろ!これは、ただの鈴木みのるが挑戦するタイトルマッチじゃない。アイツの連続防衛記録がかかったただの試合じゃないぞ?俺こそが……(ニヤリ)。ストロングスタイルの継承者だ。新日本プロレスのすべてを俺によこせ。それが正しい姿だ。……すべてを俺に返せ!」
 
永田「久しぶりに組んだな、井上」
井上「俺にとって、まだ(今年)試合残ってるけどさ、なんかいい年になれないよ。悔しい!今日久しぶりに永田さんと組んで、自分の原点でもあるからさ、勝ちたかった
けどさ、勝てねぇ理由がやっぱりあるから、負けるんだろうな。耐えてみせる!この環境、この状況を!俺はどんな状況だって、必ず上を見続けてやる!」
永田「井上、耐えることない。ぶつけろ!天山に求められて、天山と組んだんだろ?
 これでもうオマエ切り離されたのか?そんなバカな話ねぇだろ?! ぶつけろ!天山に」

井上「永田さん、天山はもう関係ないです。ただ、このままでは終わらない」
永田「なにをぶつけてもいい、ただそれを、いい方向にぶつけろ。がんばろう」
井上「はい。ありがとうございました」
永田「オマエなら出来るよ」
井上「はい」(と言って控室へ)
永田「寂しいもんだよな、自らドームのメイン目指して、負けりゃこのザマだよ。“明と暗”。対照的に“性格の悪い男”はいきり立ってるし。一つ言えるのは、『今の棚橋は強いぞ』。今の棚橋は強い。鈴木、アイツには棚橋に勝てないよ。それに発奮して、棚橋をやっつけてくれれば、間接的に俺の防衛記録も守ってくれるって、利点もあるけどな。ま、どっちにしろ、今の“性格の悪い男”には、棚橋には勝てない、俺はそう見てる。せいぜいドームまで盛り上げてくれ。世間に届くような、俺と棚橋がやった以上の試合をドームで爆発させてくれれば、いいんじゃないですか?
その上で棚橋が勝ってくれれば。俺もまた狙いがいがあるし。“明と暗”、暗の立場で再び、明かりを求めて闘っていくしかねぇや」(敬礼アピール)
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年4月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ