POWER STRUGGLE

日時
2011年11月12日(土)   17:00開場 18:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館
観衆
6,000人(超満員)

第6試合 60分1本勝負
IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

  • (第62代王者)
  • (挑戦者/鈴木軍)

VS

境界線

※デヴィットが初防衛に成功。
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 TAKAのセコンドとして登場したタイチに対し、容赦ない「帰れ」コールが浴びせられる。
 
 そんな中、デヴィットがTAKAを場外に落とし、ロープへ走る。だが、TAKAがエプロンからカウンターエルボーで逆襲し、サミング、顔面攻撃、串刺しニーアタック、強烈なフロントネックロックなどで追い討ちをかける。
 長時間の劣勢を強いられたデヴィットだったが、追走式ドロップキックでTAKAを場外へ落とし、ノータッチトペコンヒーロをお見舞い。そして、リングに戻ると、ミサイルキックで追撃する。
 しかし、TAKAがジャストフェースロックで反撃し、コーナー2段目からニードロップを投下。だが、デヴィットがかわして自爆を誘い、串刺し低空ドロップキック、プリンスズスロウン、ダイビングフットスタンプと畳み掛ける。
 続いて、デヴィットはブラディサンデーを狙うが、TAKAが切り返してジャストフェースロックで逆襲。これをデヴィットがロープに逃れると、延髄斬りで場外に落とし、ラ・ケブラーダで追撃。
 リングに戻ったTAKAは、串刺しニーアタック&ニールキック、ランニング低空ニーアタックで追撃。さらに、ドリームキャストをかわしてニールキックを浴びせるが、デヴィットも間髪入れずにオーバーヘッドキックでお返し。
 エルボー合戦を挟み、デヴィットがスクールボーイ。これを返したTAKAは、サミングからの首固めで逆襲。さらに、ラ・マヒストラルの回転からスクールボーイを繰り出し、返されるとジャンピングフロントハイキックからさらにフォールを狙う。
 それでもデヴィットが跳ね返すと、TAKAはみちのくドライバーIIの体勢に入る。しかし、デヴィットが切り返し、反対にみちのくドライバーIIで逆襲。そして、捻りを加えた変型リバースブラディサンデーで叩きつけ、ドリームキャストを発射するものの、TAKAがトラースキックでお返し。
 しかし、デヴィットは追走式ドロップキックですぐにやり返し、倒れたTAKAの背中にダイビングフットスタンプを投下。そして最後は、垂直落下のブラディサンデーで決着をつけた。

COMMENT

デヴィット「まず最初に、オーサカのファンにサンキューと言いたい……」
※ここで、デイビー・リチャーズがコメントルームに登場!
リチャーズ「ヘイ、デヴィット! 俺はオマエを今年、2度も倒している!次は、この俺の番だ。この俺に挑戦させろ!」
リチャーズ「オーケー。リチャーズ。いいだろう。このベルトにだな? おまえらが『フォーエバー』と言うのなら、ボクはその上を行ってやるよ!」
リチャーズ「イヤ〜、覚悟しておけよ!」
※ここでリチャーズは退室。
デヴィット「このオーサカで、去年の6月、ボクはベルトを戴冠した。思い出の場所なんだ。今回は、そのオーサカで、小さいときから、ビデオやWWFで観ていたTAKAみちのくに勝ててうれしい。光栄だし、2月のセンダイよりもさらにハードな闘いだったよ。ネクスト、デイビー・リチャーズとの試合は、オーサカ、アイチ、トーキョー、場所はどこでもいい。Apollo55としてヤツらから、Jr.タッグベルトを取り返さなきゃならないけど、まずはシングルのタイトルマッチでリチャーズを倒すよ!」
  
TAKA「アレ? デヴィットってあんなに強かったっけ? いまの本当にデヴィットか? リバースのブラッディサンデー、アレは警戒してたんだけど、その前に食らったことのねぇ、強烈な技食らった気がするんだよな。なんだかわかんねぇんだけよ。あれでよ、飛んじまったよ。デヴィットかいまの?結果どうなってんだ?俺負けたのか?今回は万全の、これ以上ないコンディションでで来たんだけどよ、それでも勝てないのか。どうなってんだ、おかしいな、今日のはデヴィットじゃねぇよ。開き直るわけじゃねぇけどよ、俺は失うものねぇんだ。今日は体重が偶然にも77.7kgって、ラッキーセブンだったんだよ。だけど昨日パチンコで勝っちまったんだ。もしかして大阪に前乗りして、昨日運使っちまったかもしんねぇ。実力は差はねぇ。あとはタイミング、勝利の女神、運だと思うよ。いいよ、負けたんだろ?負けだ負け。前回負けて9ヵ月待ったよ。次はどうだ?いくらでも待ってやるよ。俺は狙った獲物は逃がさねぇからな。IWGPのベルト、シングル、タッグもだ。必ず、必ず奪い獲るからな。じゃないと俺は、ここに来てる意味がねぇんだよ。存在意義がなくなっちなうんだよ。鈴木軍として勲章が必要なんだよ。KAIENTAI-DOJOとして、お土産一つ持って帰んないとカッコつかねぇだよ。今日は運が向こうに味方したってことだ。素直に認めてやるよ?」

  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年7月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ