G1 CLIMAX SPECIAL 2011

日時
2011年9月19日(月)   15:00開場 16:00開始
会場
兵庫・神戸ワールド記念ホール
観衆
7,800人(超満員)

第5試合 60分1本勝負
IWGP Jr.ヘビー級王座決定戦

VS

境界線

※デヴィット第62代新王者となる。
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 試合開始前、DDTプロレスリングの飯伏幸太が登場。返上することになったIWGP Jr.ヘビー級ベルトを、新日本プロレスの菅林直樹社長に手渡し、次のように挨拶した。
 
飯伏「DDTの飯伏幸太です。今日の試合を楽しみにしていた皆さん、ホントにすみませんでした。1日でも早くケガを治して、完璧な状態でまたこのベルトに挑戦したいと思います。そのときは、応援よろしくお願いします!(※大拍手)」
 
 そして始まった新王者決定戦は、ゴングと同時にKUSHIDAが突っ込み、いきなりハンドスプリングエルボー。これでデヴィットを場外に落とすと、トペコンヒーロで追い討ちをかけ、スワンダイブ式前方回転エビ固めで3カウントを迫る。
 その後、目まぐるしいロープワークが展開され、KUSHIDAがマットに伏せてデヴィットをやり過ごそうとする。しかし、その動きを読んだデヴィットが低空ドロップキックを食らわせ、変型クロスフェース、チキンウィングアームロックなどで腕への集中攻撃を開始。そして、強烈な逆水平チョップで追い討ちをかけ、さらに腕攻撃を続行する。
 苦しいKUSHIDAは、カウンタードロップキックで逆襲し、エプロンからショルダータックルに行く。しかし、デヴィットがかわしてトーキックを食らわせ、ノータッチトペコンヒーロで追撃。
 それでもKUSHIDAは場外戦で逆襲し、本部席のテーブルの上に乗る。ところが、デヴィットが鉄柵に飛び乗ってKUSHIDAを捕まえ、そのままブレーンバスターを敢行。KUSHIDAが場外マットに叩きつけられた鈍い音が、場内に響き渡った。
 大ダメージを負ったKUSHIDAがカウント19でリングに戻ると、すかさずデヴィットがダイビングフットスタンプで追い討ち。そして、ブラディサンデーを仕掛けるものの、KUSHIDAが回避して延髄斬りで反撃。そこからエルボーを連射して行くが、デヴィットがショートレンジラリアットでやり返し、ライガーボムで追撃。
 続いてデヴィットは、ドリームキャストに行くが、KUSHIDAが一瞬早く延髄斬りをヒットさせ、ジャパニーズレッグロールクラッチホールド。さらに、ラ・マヒストラル、ジャーマンスープレックスホールド、ムーンサルトプレスと畳み掛けるものの、デヴィットは3カウントを許さない。
 するとKUSHIDAはドラゴンスープレックスの体勢に入るが、デヴィットが脱出して再びブラディサンデーを狙う。だが、KUSHIDAが首固めに切り返し、ローリングエルボーを発射。しかし、すぐにデヴィットがオーバーヘッドキックでやり返し、ダブルダウン状態となる。
 そこから立ち上がったKUSHIDAは、串刺しダブルニーをデヴィットにお見舞い。しかし、デヴィットは追走式ドロップキックで反撃し、雪崩式バックドロップを敢行。ところが、KUSHIDAが体勢を入れ替え、上から押し潰してフォールに行く。
 これをデヴィットが返すと、KUSHIDAは背後と正面からランニングエルボー。さらに、エルボー、バズソーキックで追撃すると、コーナー最上段からミッドナイトエクスプレスを敢行。しかし、デヴィットが両膝を立ててブロック。
 そしてデヴィットは、串刺し低空ドロップキック、垂直落下式ブレーンバスターで追撃。ここからのフォールを返されると、KUSHIDAの後頭部にダイビングフットスタンプを食らわせ、ブラディサンデーでフィニッシュ。IWGP Jr.王者に返り咲いた。
 
 試合後、デヴィットが自ら握手を求め、KUSHIDAと抱擁。そして、その手を挙げて、健闘を称えた。

COMMENT

デヴィット「今日の試合は、理想的なシチュエーションでの試合じゃなかったね。本来は、こんなかたちでIWGPをもう一回巻くのは本意じゃなかった。今日のチャレンジャー・KUSHIDAはまだ新日本プロレスでの経験は浅いが、その若さで今後より上にかけあがってくる選手になるだろう。そしてイブシ……早くケガを直してほしいね。イブシのケガが完全に直ったら、ベルトをかけて再戦をしたい。イブシ、プリンス・デヴィット、どちらが無敵の王者なのか?そのときハッキリするだろう」
※ここでTAKAタイチが乱入。
TAKA「コングレッチュレーション、デヴィット!」
タイチ「乾杯しよう、乾杯!」
デヴィット「オ〜、ホント?」
※いぶかりながらも3人で乾杯。
タイチ「ハハハ! お! 飲んだな、死のビールを! いいか、次は俺だ!」
TAKA「オイ、なんで、おまえなんだよ?」
タイチ「おまえこそなんだよ? 俺、この前、KUSHIDAに勝ったもん!」
デヴィット「???」
TAKA「おまえ、この前、ジュニアタッグで負けただろ?俺は、前哨戦でデヴィットに勝ってるんだ! オイ、デヴィット、どっちとやるんだ? 同時にやるか?」
デヴィット「ノープロブレム!」
タイチ「言ったな? 明日までに返事出せよ?」
※文句を言いながら退場するTAKAとタイチ 
 
KUSHIDA「完敗っすね。叩き潰されました。神戸のお客さんの後押しで、デヴィットを追い込めたんですけどね。自分の出力不足です、単純に。あークソ!4月に入団して、“生え抜き”だとか、“途中入団”とか、はっきり言ってそんな言葉に甘えてられるほど、甘くないですよ、このリングは。僕のプロレスラーとしての信念は『現状で満足するな、今よりもっと上を目指せ』。この新日本のリングじゃそんなヤツ1人もいないし、俺はそれを自分の信念でここまでやってきたから。その信念のために、頂点であるIWGPジュニア、必ず、必ず、もう一度挑戦して、ベルト獲ります。あと、飯伏幸太、どんな手を使ってでも、アイツにもう2度と新日本のIWGPのベルトは手に入れさせない。また、今より今日より明日、自分の成長できるように、頑張ります」
  
飯伏「やっぱり、自分がここに立てないのはホントにくやしい。それだけですね」
——今日、デヴィット選手がかなり飯伏選手を意識していたようだが?
飯伏「そうですね〜。『次、挑戦してこいよ』みたいな感じに受け止めましたけども。もちろん復帰したら、やりたいっすね。身体がうずいた?そうですね。もう肩も痛くないんじゃないか、くらいの感じで」
——必ず、復帰戦の舞台は用意されると思います。
飯伏「そうですね。そのときは必ず、ベルトを取り返します」
——当初の相手、KUSHIDA選手に関しては?
飯伏「正直、今日の試合にはビックリしましたね。表情とかもの凄くて。ボクの中では最高によかった。KUSHIDA選手ともやりたいですし。今日はどっちが勝ってもおかしくなかったというか。KUSHIDA選手には『SUPER Jr.』で負けてるんで、そのリベンジをしたいんで」
——ケガの状態は、どのぐらいだと言われている?
飯伏「いや、言われてないっす。直ったときが直った、です」
——安静期間は?
飯伏「いや、ないっす。直ったときが直った、ですね」
——手術する可能性は?
飯伏「それはまだわからないっす。直ったら、直るんで。……でも、可能性はあるかもしれないですね。考えてないですけど、精密検査が来週あるんで、それ次第。もし手術したら、半年とか一年とかかかるかもしれない。でも、完璧な状態で復活するんで」
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
新日本地所
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
ブラザー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ