東日本大震災復興支援チャリティープロレス 「ALL TOGETHER」

日時
2011年8月27日(土)   15:00開場 16:00開始
会場
東京・日本武道館
観衆
17,000人(超満員札止め)

第8試合 30分1本勝負
NO FEAR!GO AHEAD!!

VS

  • 佐々木 健介

    結果

  • 高山 善廣

  • 秋山 準

  • 結果

    大森 隆男

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野(新日本プロレス)

MATCH REPORT

 かつてプロレス界を席巻した名タッグチーム・ノーフィアーが9年ぶりに復活。健介&秋山の強力タッグと激突。
 
 秋山と大森の先発で試合がスタート。いきなり激しいエルボー合戦が展開され、押し込んだ大森がショルダータックルで吹き飛ばした。
 健介対高山の場面。健介のチョップ、高山のエルボーが激しく交錯。さらに、ショルダータックル合戦となり、両者一歩も譲らず。そこから高山がカウンターフロントハイキックを食らわせると、健介はパワースラムでやり返した。
 秋山対高山の場面。高山がバックドロップで秋山の動きを止め、大森と交互にエルボードロップを投下。続いて大森が、チョップとエルボースマッシュで秋山に追撃する。
 さらにノーフィアーは、シェイクハンド式のダブルエルボードロップなどで秋山を攻め込む。しかし、秋山はジャンピングニーアタックを高山に見舞って逆転に成功。タッチを受けた健介は、逆水平チョップ連射、三角飛びフェースクラッシャー、前後のハンマーブロー連射、逆一本背負い、ストラングルホールドと畳み掛ける。
 さらに健介は、カットに入った大森をラリアットで場外に叩き出し、高山にもラリアットで追撃。しかし、高山がフロントハイキックで応戦し、壮絶な打ち合いになる。そこから健介がラリアットを連射するが、高山はカウンターニーリフトでお返し。健介がすぐに立ち上がってラリアットを浴びせると、高山もすぐに立ち上がってニーリフトで報復した。
 秋山対大森の場面。串刺し攻撃をフロントハイキックで阻止した秋山が、フロントネックロック。さらに、グラウンドに持ち込んで絞め上げると、健介が高山を分断。これで場内が大「大森」コールに包まれる。すると秋山は、技を解いてフォールに行くが、大森は自力で肩をあげる。
 そして大森は、トラースキック、フライングニールキック、後頭部へのアックスボンバーで逆襲し、正面からもアックスボンバーを発射。これを秋山がかわしてエクスプロイダーを決めるが、大森はすぐに立ち上がり、今度こそ正面からのアックスボンバーをヒットさせる。
 健介対大森の場面。健介がノーザンライトボムを狙うものの、大森が回避してドラゴンスープレックスホールド。ここで高山もリングに入り、健介へ串刺しジャンピングニーアタック。さらに大森がフロントハイキックで続き、大森のバックドロップ&高山のネックブリーカー、サンドイッチ攻撃が連続で炸裂する。
 さらにノーフィアーは合体攻撃を狙うが、秋山が妨害。すると大森は、フルネルソンバスターで健介を叩きつけ、ダイビングニードロップからフォールに行くものの、カウントは2。
 続いて大森はアックスボンバーを放つが、健介が腕へのラリアットで迎撃。そして、背後と正面からラリアットを連発すると、乱入した秋山がエクスプロイダーで追撃。さらに、健介がラリアットからフォールに行くものの、大森は自力でキックアウト。
 しかし、最後は健介がノーザンライトボムを炸裂させ、大森を轟沈した。
 
 試合後、秋山が大森に手を差し伸べて引き起こすが、直後に場外へ叩き落としてしまった。

COMMENT

  ──見事な勝利でした。秋山さん、最後大森さんに何か声をかけていました。 
秋山「はい。「立て、立て!」って言って、嘘ついて、外に投げちゃいました」
──9年ぶりの大森選手でしたが? 
秋山「変わってないです。体重が重くなったぐらいで」
──懐かしさはありましたか? 
秋山「まあ、懐かしいですね。それより今日はいい試合を見せなきゃいけないというのがあったので、いい試合をというのが先でした」 
──それから、健介さんにとっては初めてのノーフィアーでしたね。 
健介「そうですね。前に組んで見たことないからわからなかった。彼らも久しぶりに組んだかもしれない。だけど、俺にとっては初めてのノーフィアーだったし、ちょっとあのチームについてわかったような気がしますよ」
──どんな印象を持ちました?
健介「いや、あのチーム、どっちがリードしてんだろうなっていうのがわからなかった。どっちかって言うと大森がリードしているようなイメージがあったけど、他の試合はわからないけど、今日の試合は高山がリードしていたようだし、久しぶりだからっていうのがあるからかもしれない。ただ、佐々木健介と秋山準、たった3回目。今日で3回しか組んでないけど、なんかいい感じじゃないの? 言葉は要らないというか。これまでいろんなタッグチームを組んできたけど、この超一流選手の秋山準もそういう選手に入るんじゃないのかなと思いますよ」
──秋山さん、ラブコールですよ。 
秋山「いや、超一流じゃないですけどね。この間、潮崎にケガさせたので二流選手なんですけど、僕も一番いい形でつなげればいいパフォーマンスをしてくれるんで、そういうふうに僕が徹すればなかなか負けないと思います、どんなチームにも」
──期待していいですか? 
秋山「あるかもしれないし、ないかもしれない(笑)」
健介「わからないよね(笑)。でも、いいんじゃないの? だって、今までもそうじゃない? ありえないチームだったんじゃないの、このチームは? だけど今日で3回組んでっていうのはあったんだけど、先があるのかないのかわからない。そういうハッキリしないのも面白いんじゃないかと思っちゃいますね」
──そして、今日はチャリティー復興支援大会ということでしたが、どんな気持ちで上がりました? 
秋山「本当にたくさんの方が来てくださったんで、その力が被災地に届けばいいなと思いますし、僕らもそのつもりでできることを全てやったつもりです」
──今後も条件さえ整えば東北地区での試合が増えていくと思います。 
秋山「そうですね。ドンドンやっていきたいなと思います」
──健介オフィスとしてもいろんな支援を行いましたよね?
健介「そうですね。炊き出し、試合、そしていろんな交流があって、やってきましたけど、みんなプロレスが好きなんですよ。この熱い闘いが大好き。それはおじいちゃん、おばあちゃんからそう。プロレスを知らない子供たちも、小さな子供たちも熱くなってくれる。だから、俺たちは全てを吐き出してやらないといけないんですよ。今日、こうやってメジャー3団体がこうやって集まって、この中に健介オフィスも入れていただいてやっていますけど、モニターでずっと観ていても、みんな気持ちが全てわかるような気がしますね。本当に心を決めて闘っている姿。だから、俺もタッグマッチだったけど、全て吐き出した。自分の中の力を全て吐き出したつもりですよ。そして、まだセミ、メインと残っていますけど、この力っていうのを被災地に届けなきゃいけない。それが俺たちプロレスラーの役割だと思いますね」 
──今後、被災地の皆さんはもちろんですけど、日本中のファンに向けてどういうプロレスを続けていきますか?
秋山「そうですね。リング上で今日のような熱いプロレスを、諦めない熱いプロレスをやっていれば、またみなさん観てくれると思うんで、それをやり続けていきたいと思っています」
健介「いや、いま秋山選手が言った言葉ですよ。諦めない。俺たちはこの言葉をプロレスで諦めない気持ちを持って闘っている。だから、みんなも諦めてほしくない。そのために俺たちレスラーは10あるうち10は協力できないかもしれない。1しか協力できないかもしれない。だけど、俺たちレスラーはリング上で全て自分の力を搾り出して闘っていきたいと思います」
 

——試合を振り返ってみていかがでしたか?
大森「悔しいしかあるわけねえだろ」
——高山選手とのタッグが再結成されましたが?
大森「俺の言った通りだろ。今日ノーフィアーで佐々木&秋山に負けたのはノーフィアーのせいじゃねえ、大森隆男個人のせいだよ。ノーフィアーは関係ねえだろ。俺が最後にミステイクをしたから負けただけだ。それだけのことだ。ノーフィアーは無敵なんだよ。誰にも負けねえんだよ。恐れ知らず、それがノーフィアーだよ、お前!」
——ファンは今後の再結成にもおおいに期待していると思うのですが?
大森「ファンの人が望んだら絶対に実現するよ。俺はそういう力が欲しい。第三者の力が欲しい。やっぱり俺らが組む以上は必然的な理由がなければダメだ」
——会場の熱気はいかがでしたか?
大森「被災地に住んでる人のエネルギーの結集だと思いますね。むしろ俺らも被災地にいる人たちの復興しようっていう突き上げてくるエネルギーを今日の武道館に感じましたし、俺らも負けてたまるかって押し返そうとして。最後は健介、秋山に押されて負けてしまいました。でも、俺は絶対にくじけない。パートナーは誰だっていいよ。高山だろうが、ノーフィアーだろうが。あっち側に秋山準がいるんだったら、俺は誰だって。あいつが誰をつれてこようが、俺が誰をつれてこようが、あいつにとっては関係ないはずだ。俺はもう散々言ってるよ。秋山準、プロレス界で俺が一番燃えられる相手だ」
※高山はノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

  • シリーズ画像 佐々木 健介
  • シリーズ画像 秋山 準
  • シリーズ画像 高山 善廣
  • シリーズ画像 大森 隆男
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ