東日本大震災復興支援チャリティープロレス 「ALL TOGETHER」

日時
2011年8月27日(土)   15:00開場 16:00開始
会場
東京・日本武道館
観衆
17,000人(超満員札止め)

第4試合 30分1本勝負
JUNIOR ONE NIGHT CARNIVAL

VS

  • プリンス・デヴィット

  • 金本 浩二

  • KAI

    結果

  • 結果

    平柳玄藩

境界線

レフェリー|マーティー浅見(新日本プロレス)

MATCH REPORT

 3団体&健介オフィス&フリーのJr.戦士たちが、一堂に会した豪華な10人タッグマッチ。
 
 デヴィットと金丸の先発で試合が始まると、両者へのコールで場内がヒートアップ。しかし、すぐに10人入り乱れての乱闘となり、デヴィットが田口との連携で金丸に低空ドロップキックを食らわせた。続いてデヴィットが金丸の腕を極めたまま自軍コーナーへ帰り、仲間たちとのクイックタッチを駆使して追い込んで行った。
 鈴木対稔の場面。稔がドロップキックをヒットさせ、ヘッドスプリングで立ち上がってジャンピングニードロップを投下。さらに、KENTAとのダブルミドルキックで追撃する。
 田口対金本の場面。金本が田口を自軍コーナーへ追い込み、KENTAとミドルキックを交互に打ち込む。
 そこから金本対中嶋となり、両者がキック、エルボーを激しく打ち合う。そして、金本がフライングメイヤーからのサッカーボールキックを食らわせると、怒りの表情で立ち上がった中嶋が同じムーブで同じ技をお返し。そして、大胆にも顔面ウォッシュを敢行するが、金本は脚をキャッチして押し倒した。
 デヴィット対稔の場面。稔のドロップキックに対し、デヴィットが追走式ドロップキックで反撃。さらに、垂直落下式ブレーンバスターで追い討ちをかけると、ハイキックをかわしてオーバーヘッドキックをヒットさせた。
 中嶋対稔の場面。中嶋がトラースキック連射、串刺しフロントスープレックス、裏投げ、ミサイルキックとラッシュ。これに対して稔は、カウンタートラースキックからの飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで逆襲するが、田口たちがカットに入る。
 鈴木対KENTAの場面。KENTAが串刺しドロップキックを見舞い、金本と共に顔面ウォッシュを競演。しかし、鈴木はファンネルで金本を蹴散らし、バックドロップでKENTAに反撃。そして、KENTAとエルボーと張り手を打ち合い、ダブルダウンとなる。
 KAI対平柳の場面。平柳がカニばさみでKAIを倒し、コーナーに激突させる。さらにバックドロップで追撃した平柳は、ツバ攻撃、顔面攻撃で追い討ち。そして、コーナー最上段にのぼると、追いかけて来たKAIをツバ攻撃で落下させ、ミサイルキックをヒットさせる。
 さらに、金本と稔が息の合った連携攻撃でKAIの動きを止め、金丸がダイビングボディプレス、KENTAがダブルフットスタンプで追撃。そして、コーナー最上段にのぼった平柳は、何もせずにリングへ飛び降り、ジャックナイフ式エビ固めで3カウントを狙う。
 すると、デヴィットと田口がリングに入り、回転エビ固めをすり抜けての低空ドロップキック、ノータッチトペコンヒーロで金本と稔を分断。
 続いて平柳は、またもやツバ攻撃を狙うが、鈴木がボディブローで阻止。さらに、KAIと中嶋がダブルトラースキック、鈴木がブルーデスティニーで追撃する。
 このチャンスにKAIがLAT、スプラッシュプランチャと畳み掛け、3カウントを奪った。

COMMENT

 ──お疲れさまでした。ジュニアのトップ選手の共演で武道館が大いに湧いたと思うんですが、みなさん試合を終えての感想をお願いします。 
KAI「今日、ボクが最後勝たせていただいたんですけど、これはもうパートナーの鼓太郎さん、田口さん、デヴィット、中嶋さんもTOGETHERの一緒の力で勝ったと思っていますんで。まあ、あとは今日来てたお客さんの声援の後押しがあって、そのおかげでボクは勝ったと思っているんで感謝しています」 
──中嶋選手、この大歓声はいかがでしたか?
中嶋「入場した時に本当に嬉しかったですね。ボクたちレスラーだけじゃプロレスの力も大したことないと思うんですけど、やっぱりお客さんあっての力だと思うんで。武道館という場所にプロレスのパワーを信じて集まってくださったみなさんがいるんで、プロレスやっていて良かったなと思いましたね。第4試合で試合をさせていただいたんですけど、この力が東北に行くのを祈って、またこれからも、今日だけじゃなくて、これからもリングに上がり続けてい
いきたいと思います。ありがとうございました」
──鼓太郎選手、お願いします。 
鼓太郎「久々にこんなに入った武道館を見ました。3団体集まったわけですけど、これがまた自分たちの力だけで武道館に戻さないといけないなと思ったし、ここで生まれた熱は必ず東北に届いていると思いました」 
──田口選手、いかがでしたか?
田口「プロレスファン、これだけ元気があるんですから、この元気をそれぞれの家庭や職場に持って帰って、そこでファンのみなさんがそれぞれの力を発揮する。そうすれば社会も良くなるし、日本に元気が戻ってくる。その一つのきっかけになることをボクはしているだけなんでね。それをみなさんにやってもらって、プロレス界が日本を元気にする一つの力になればと思います」 
──デヴィット選手、お願いします。 
デヴィット「このようなチャリティーのイベントに出られて非常に嬉しく思っています。俺はアメリカでもヨーロッパでも大小のチャリティーのイベントを見てきましたけど、ここ日本でこのような大きな大会に参加できたことは誇りに思っています。そして、被災者の方がいま立ち直りつつあると思うんですが、心から立ち直ることをお祈りします」
──田口選手、東北出身として被災地に向けての言葉があれば。 
田口「この試合が本当に困っている人たちは観ていないと思うんですけど、将来復興した時にあの苦しかった時にこういう試合をプロレスラーがやって元気づけていてくれたんだと思ってもらえればいいなと思います。ボクらはプロレスしかできないっていう言葉もあるんですけど、ボクは他の人にはできないことで日本に元気にしていく。ボクはそれをやっていきます」
──中嶋選手、鼓太郎選手への挑戦が決まっているうえでのタッグですが?
中嶋「やりづらい選手ですけど、本当に今回は『ALL TOGETHER』というようにみんなが一つになり、目標があるので、そこは外しちゃいけないし、そのためにやらなきゃいけないことがあるので、ボクは一レスラーとしてやることをやっただけです」
──鼓太郎選手は? 
鼓太郎「意識しないと言ったら嘘になりますけど、彼とのタイトル戦も9月23日と決まっているので、今日は本分を忘れないように『ALL TOGETHER』に集中しました」
──KAI選手、チャンピオンとしてのキャリアは一番浅いですけど、チャンピオン経験者に囲まれていかがでしたか? 
KAI「正直、プレッシャーはありましたし、でもパートナーのみなさん、組ませていただく先輩方はキャリアも上ですし、歳も上の方ばかりなんで、ボクは全然不安はなかったです。安心して組ませていだいて、勝たせていただきました」
──試合後には金本選手を挑発されていましたけど? 
KAI「これは別の話になっちゃうんですけど、4月のジュニアタッグリーグでも当たっていますし、次のジュニアリーグもブロックは違いますけど、まあ決勝上がってくるなら、ボクも決勝に上がるつもりでいるんで、倒す気持ちしかないです」
 
 
KENTA「普段とは違うということで観ている人も楽しんでいただけたと思うし、やっている本人も普段ない相手が横にいたり、前にいたりということで楽しかったです。今日はいろんなものを一回置いて、この日の大会のためにやりました。まあ、悪くないんじゃないですか」
金丸「今日はチーム的に若干違和感があったけど、俺らは俺らで楽しめたし、楽しめたぶん観ているファンにも伝わったと思うので。結果は負けたけど内容的には俺らのほうが一つ二つ上だったと思うし。また次に繋げたいと思います」
田中「3月11日に俺、全日本のみんなも石巻で被災しているので、被災地の人たちに向けての特別な気持ちはありますよね。今日はこういう試合でジュニアのタッグに入って、申し分ない相手5人と心強いパートナー5人と、一言で言うとむちゃくちゃ楽しかったです。ちょっとやり足りないくらいですね。勝彦もそう、鼓太郎もそう、デビちゃん、田口もそうだし。KAIとは普段やれるからあれですけど。ちょっとやり足りないです。もっとやりたなかったなあ。でもむちゃくちゃ楽しかったです」
——試合後に鼓太郎選手に行きましたが?
田中「俺はフリーから全日本プロレスに入団しましたけど、フリーになったときにIWGPジュニアを獲って、世界ジュニアを獲って、あとはGHCジュニアが欲しいということで、そのときのチャンピオンはKENTA選手だったんですけど、GHCジュニアのベルトが物凄く欲しかった時代があったので。今日はあまり絡めなかったので腹が立って、「ちょっと絡もうよ」って言ったらつっかかってきた。今後繋がるかわからないけど、俺の頭のなかには鈴木鼓太郎もいるし、中嶋勝彦もいるし、田口もデビちゃんも入っているし、KAIだって入っている。今日組んだメンバーもみんな入っています」
——金本選手、今日はどんな気持ちでリングに上がられましたか?
金本「本来であれば敵であるNOAHのKENTA、金丸、平柳、でも今日は一切関係なし。今日は同じサイドで味方だし、どういう化学反応が起こるか楽しみやったけど、凄い客が沸きましたよね、凄い楽しかった。KENTAと中嶋がいつもやっているのを見てて凄いなと思った。その中嶋を意識して。でも、次は全日本のジュニアがあるからKAIも意識して、中嶋を意識してやったけど、ジュニアの決勝に残るのは俺と稔。この二人で全日本のジュニアリーグ決勝戦をやりますから。でも楽しかったです。みんな負けるなって感じです。すみません、体重が異常に落ちてめっちゃきつかったんよ(笑)。体重が80キロ切ったくらいなんで。KENTAとやったときもそうだったけど、凄いきついものがありましたね。でも、気持ち、ハートは負けないよ」
田中「金本さんの体重が83キロあったら負けなかったですよ」
——稔さん、ひさしぶりの武道館だと思うのですが、前回は?
田中「前回は2002年8月29日で丸9年前なんですけど、IWGPジュニアタッグ選手権でライガーさんと組んで菊地……」
金丸「あっ!」
田中「そう対戦相手。菊地&金丸組とやってそのときにベルトを獲られたんですよ」
金丸「俺らが勝ったときだ」
金本「菊地&金丸組が勝ったの?」
田中「負けました」
金本「あれ、俺が前に勝たなかった?」
田中「その獲られたベルトを獲り返したのが」
KENTA「すみません、ここ家じゃないんですから。リビングじゃないんで(笑)」
——では最後に復興チャリティーということで被災地に向けて、そしてどんなプロレスを続けていくか一言ずつお願いします。
KENTA「今日はこれとして、これから先も、被災地に向けてもそうだし、1試合1試合思いを込めて試合を続けていきたいと思います」
金丸「僕らは試合でしか見せられないので、試合を見て少しでも前進してほしいです」
田中「一言、『元気になれ!』っていう簡単な言葉では言えないぐらいの大事だと思うんで、『一緒に這い上がろう!』ってことですね」
金本「今日は負けましたけど、被災地のみんなは絶対に負けるな、諦めるな、って感じです」
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ