WRESTLING WORLD 2016 IN SINGAPORE

日時
2016年11月15日(火)   18:00開場 19:00開始
会場
シンガポール・マリーナ・ベイ・サンズ(サンズ・エクスポ&コンベンションセンター ホールB)
放送
バナー
観衆
1,300人

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • <第13代王者>

  • <挑戦者>

※EVILが初防衛に失敗。柴田が第14代王者となる。

MATCH REPORT

 11.5大阪でNEVER無差別級王座の新王者となったEVILが、前王者の柴田勝頼とリターンマッチ。8月の『G1 CLIMAX』公式戦でもEVILに敗退している柴田としては、リベンジを果たしたいところ。柴田は先日、英国RPWで獲得したベルトを持って入場。

 開始のゴング、柴田は手四つで組み合うと見せかけ、EVILのバックを奪うとフルネルソンを狙う。これをEVILが切り返すと、柴田は早くもサッカーボールキックを狙うが、EVILは寸前でかわす。続いて柴田はフィンガーロックからグラウンドでEVILの左腕を固定すると、そこにストンピング、サッカーボールキックを見舞う。さらに柴田はキーロックを仕掛けていくが、EVILはロープエスケープ。

 エプロンに立ったEVILに対し、柴田はスリーパー。そして、キックでEVILを場外に落とす。すかさずEVILはイスを手にするが、柴田は場外に降りてキックでEVILの動きを止める。さらに柴田はイスを手に取ると、EVIL目掛けて振り抜いていく。しかし、EVILはこれを交わすと、イスを柴田の首にかけて、そのまま鉄柱に叩きつける。

 さらにEVILはイスを柴田の肩に巻きつけ、もう一度鉄柱攻撃。柴田はイスが肩口にはまってしまうが、柴田はなんとか外して、リングに生還。EVILは柴田の右肩をコーナーに叩きつけると、串刺しエルボー。さらにサーフボードストレッチで固め、そのまま背中を蹴りつけると、ダウンした柴田にセントーン。

 EVILはフェイスロックで柴田を捕らえ、チキンウィングフェイスロックに連携。これを柴田がエルボーで切り抜けると、EVILは力づくでサイドバスター。さらにリングにあぐらをかく柴田にキック。だが、柴田は雄叫びを上げて立ちあがるとエルボー。そして、キックを見舞ってEVILをダウンさせる。さらに柴田は串刺しの追葬式キックから、顔面めがけて低空ドロップキック。そしてネックチャンスリードロップから、リング中央でコブラツイストに固めると、そこから卍固めへ。

 これをロープスケープしたEVILは、串刺しラリアット。さらにフィッシャーマンバスターで柴田を叩きつけ、一気に両肩に担ぎ上げるが、柴田はエプロンサイドに着地してスリーパー。だが、EVILは切り抜けると、豪快なラリアット。柴田は場外に転落してしまうが、カウント19で生還。
 
 ここからEVILはエルボーのコンビネーション。そして、ラリアットを見舞うが、柴田は倒れず、逆にフロントキック。EVILも意地で耐え抜き、柴田をラリアットでなぎ倒すとジャーマン。しかし、柴田もすぐに立ち上がってジャーマンをお返し。すると、EVILも即座にラリアットで反撃。白熱の攻防を展開し、リング中央で大の字になる両者に、場内からは大きな拍手が巻き起こる。

 ここから両者はヒザ立ち状態でエルボー合戦。競り勝った柴田はキックを叩き込むが、EVILは身体全体で受け止める。すると、柴田はスリーパー。しかし、EVILはそのままバックして、柴田をコーナーに叩きつける。だが、このときにレフェリーが巻き込まれ、リング上は無法状態に。ここでEVILは柴田にラリアットを見舞うと、リング下からイスを二つ投げ入れる。そして、一つを柴田の首に固定させると、そこ目掛けてもう一つのイスを振り抜く。

 ここを勝機と見たEVILはダークネスフォールズを決めるが、柴田はカウント3寸前でキックアウト。場内からは「柴田」コールが発生。ならばとEVILはEVILを狙うが、柴田は切り抜けると武者返し。しかし、EVILは頭突きからエルボー。さらにラリアットを狙うが、柴田はカウンターのナックルパートを炸裂。そして、スリーパーでEVILを捕らえると、そのままスープレックス。柴田はもう一度スリーパーで捕らえ、EVILがグロッキー状態になると、最後はPKを振り抜いてカウント3。柴田がEVILからベルト奪還に成功した。

 試合後、柴田は二本のベルトを掲げてファンの歓声に応えると、EVILの首根っこをつかんでを場外に排除。そして、リング中央であぐらをかいて険しい表情を浮かべると、ベルトを両手に花道をあとにした。

COMMENT

柴田「(※NEVER無差別級のベルトと、RPWブリティッシュ・ヘビー級のベルトを床の置き、自身もその場にあぐらをかく)一つ、思ったのは、アイツが言う通り、もしかしたら、(NEVER無差別級のベルトに手を置き)このベルトは呪われてるかもしれない。ただ、俺としては、あんなヤツに負けたままなら、呪われた方が、まだマシだよ。そういう気持ちです。なんか、1本ベルトが増えちゃったんですけど。この短い期間の間に、何回もタイトルマッチをやったと思うんですよ。もしかしたら、これが2つあるってことは、この比重が2倍になるかもしれない。確実になるでしょうね。とりあえず、体と魂がもつ間は、しっかりと踏ん張るじゃないけど、変わらず闘っていきたいと思います、自分のプロレスを。今日だって、一昨日だって、その前だって、自分のプロレスを、他の国の人間に知ってもらういいチャンスだったと思います。そう考えると、そのチャンスが2倍になったと思って、やっていきたいと思います。なんか、よくわかんないです。とにかく、とっとと日本に帰って、タッグリーグの準備します。以上!ありがとうございました!ありがとう、シンガポール」

 

※EVILはノーコメント

 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ