NEW JAPAN CUP 2011

日時
2011年3月19日(土)   17:00開場 18:00開始
会場
愛知・愛知県体育館
観衆
6,500人

第6試合 60分1本勝負
IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

  • (第60代王者)
  • (挑戦者)

VS

境界線

※デヴィットが6度目の防衛に成功。
レフェリー|タイガー服部

MATCH REPORT

 試合開始前の休憩時間中、東日本大震災の被災地に向けた募金が呼びかけられ、大勢のファンが募金に参加した。
 
 第6試合は、SMASHから新日本へ移籍したKUSHIDAが、デヴィットの持つIWGP Jr.ヘビー級王座に挑むタイトルマッチ。
 序盤、めまぐるしいロープワークからデヴィットがドロップキックを放つ。これでKUSHIDAが場外に落ちると、デヴィットはロープへ走る。しかし、KUSHIDAが素早くリングに飛び込み、エプロンに立つデヴィットをハンドスプリングで場外に落とすと、プランチャを見舞う。
 そのまま攻め込まれたデヴィットだったが、追走式ドロップキックで逆転に成功。チキンウィングアームロックや逆水平チョップなどで追い討ちをかける。
 しかしKUSHIDAは、串刺し攻撃をかわしてデヴィットを惑わせ、ロープを駆け上がって振り向きざまのフライングボディアタックで反撃。そして、トップロープを支点にしたサマーソルトキック、エプロンからのショルダータックルでデヴィットを後退させ、コーナー最上段に上る。しかし、起き上がったデヴィットがドロップキックでKUSHIDAを場外へ落とし、ノータッチトペコンヒーロを敢行。
 さらにデヴィットは、本部席上でのブレーンバスターを狙うが、抵抗したKUSHIDAがなんと雪崩式フランケンシュタイナーを敢行。大きく吹き飛んだデヴィットは、リング下の鉄枠に激突してしまう。
 何とかリングに戻ったデヴィットは、逆水平チョップで反撃。しかしKUSHIDAは、ハンドスプリングエルボーから側頭部へのキックを見舞う。そして、ムーンサルトプレス、卍固めに繋ぐ。
 ピンチに陥ったデヴィットは、ラリアットをかわしてオーバーヘッドキックで逆襲。これでダブルダウン状態となる。
 立ち上がった両者はエルボー合戦を開始し、そこからデヴィットがドリームキャスト。しかし、かわしたKUSHIDAがローリングエルボーでデヴィットを倒し、ミッドナイトエクスプレスを敢行。だが、かわされて自爆してしまう。
 それでもKUSHIDAは、ブラディサンデーを阻止してスクールボーイで反撃。そして、ボディへのトラースキックからデヴィットの顔面を蹴り上げ、ランニングエルボーでなぎ倒す。そして、コーナー最上段に上ると、ダイビングフットスタンプで追撃。
 さらにKUSHIDAはもう1度コーナー最上段に上るが、デヴィットが追いかけて雪崩式バックドロップで逆襲。そして、ダイビングフットスタンプをお返しすると、最後はブラディサンデーで勝負を決めた。
 
 試合後、なかなか起き上がれないKUSHIDAに対し、ファンがコールを送る。そんな声援に大きくうなずいたデヴィットがKUSHIDAに近寄り、両者は膝をついた体勢で固く握手をかわした。

COMMENT

デヴィット「サンキュー。今日のKUSHIDAは、いまがんばっている日本の人々と同様、凄いスピリットで、グレートなファイトをした。今回、震災に遭われた皆さんが、復興することをボクは心から信じています。センダイや東北で被災された皆さん、フクシマの原発でも問題が起きているけど、ジャパンはボクにとって、第二の故郷……ガンバッテほしい。それから、KUSHIDAが、新日本に来ることはウェルカムだよ。彼は新日本のフューチャーになるんじゃないかな。明日のタイトルマッチ? 今日も明日も2日連続でタイトルマッチを闘わなければならない、それはハードなチャレンジだけど、Apollo55は、TAKAとタイチを倒し、必ずベルトを防衛するよ」
  
KUSHIDA「あ〜、強かったなぁ。負けちゃいました。ああ、しんどい。悔しいけど、やっぱちょっと嬉しさもありますね。だってあのベルトこの業界の頂点だし。なにより今回被災された人達が沢山いる中で、もう一度プロレスをやってる意味とか、チャンピオンベルトの意味、それも何のめぐり合わせか、このタイミングで挑戦させて頂くっていう、いろいろ考えますよね、チャンピオンベルトについて。だけど俺の出た結論は、形有るもの、チャンピオンベルトは形あるけど、なにより大切なのって『みんなの想い』『夢』。僕だって小さい頃から、ライガーさんが防衛して持ってる時からずっと見てて、『いいなぁ、あのベルトかっこいいな』ってすごい憧れにしていたものだから。必ず、プロレスの頂点であるチャンピオンベルトってものは、本当に価値あるもの、みんなを勇気づけられる、それは肌でお客さん沢山いるなかで、声援もらって、そういうの感じますけど、それ以外にも会場に来れないお客さんがどんだけ勇気づけられるかってことをひしひしと感じて、なおさら獲りたくなったんですよね、やる前に。
 
 だから負けてらんねぇんだけど。4月1日からまたね、こうして1から始めるっていう。27歳で焦ってたけど、去年は。それもまた嬉しいですね、合宿所(道場)いながら、毎日トレーニング組んで。自分が成長するの分かるから。今度挑戦するの、いつになるかわかんないけど、1つ1つ信頼を勝ち得てって、階段を登って成長して、すごい声援KUSHIDAコールを頂いてスゲー嬉しいですけど、またね棚橋さんじゃないっすけど『完全なる支持』を、KUSHIDA頑張れ、KUSHIDA絶対獲れよっていうバックアップの中で、次は挑戦したいし、必ずそういうシュチュエーションに持っていきます。そして必ずあのベルト獲りたいっすね。デヴィットありがとう。サンキューベリーマッチ!またやりたいっす。デヴィットとも内藤とも、また飯伏とも」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ