The New Beginning

日時
2011年2月15日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,500人

第9試合 30分1本勝負
スペシャルタッグマッチ

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 2月20日仙台で行なわれるIWGPタイトルマッチのダブル前哨戦。2月12日大阪でも同一のカードが組まれ、その際には小島がラリアットでデヴィットと棚橋をKOして勝利を収めている。
 
 試合は、棚橋と小島の先発でスタート。小島がショルダータックルで棚橋をなぎ倒し、棚橋のように両手を広げてアピール。これで場内がブーイングに包まれる。その後、棚橋がアームドラッグで小島を投げ捨て、ドロップキックで場外へ追いやり、本家のポーズを決めた。
 デヴィット対TAKAの場面。デヴィットが、リープフロッグでTAKAを翻弄し、ドロップキックを食らわせる。だが、TAKAはサミングでデヴィットの動きを止め、ニーリフトでコーナーに追い込み、ウィークポイントの左肩を踏みつける。
 そして、セコンドのタイチがデヴィットの脚を引っ張って場外に引き込み、左肩へさらなるダメージを与える。その後もデヴィットは苦しいローンバトルを強いられるが、追走式ドロップキックで小島に逆襲。ようやく棚橋にタッチする。
 棚橋は、小島にマンハッタンドロップ、フライングフォーアーム。だが、続いてのダイビングサンセットフリップは小島がかわす。それでも棚橋は、ジャーマンスープレックスの体勢に入るが、小島が切り返してDDTで反撃。
 続いて小島は、逆水平チョップ連射から串刺しジャンピングエルボー。そして、「いっちゃうぞ、バカヤロー!」雄叫びをあげる。そこからエルボーの打ち合いになり、張り手を繰り出した棚橋が、ジャーマンスープレックスを狙う。しかし、小島がコジコジカッターで切り返す。「小島」コールの中、小島はエルボーのサポーターを投げ捨ててダッシュ。だが、棚橋がカウンタースリングブレイドでお返しした。
 デヴィット対TAKAの場面。デヴィットがTAKAを踏み台に小島にドロップキック。そして、TAKAのラリアットをかわしてドロップキックで場外に落とし、ノータッチトペコンヒーロで追撃。だが、リングに戻ったTAKAは、ダイビングフットスタンプを回避してジャストフェースロックで逆襲。これは棚橋がカットに入る。
 するとデヴィットはドリームキャストを発射するが、TAKAがかわしてサミング。そして、スーパーKを放つものの、今度はデヴィットがかわし、オーバーヘッドキックをヒットさせた。
 棚橋対TAKAの場面。棚橋のロープワークを控えの小島が妨害。そこからTAKAが、ハイキック、スーパーK2を食らわせ、小島が垂直落下式ブレーンバスターで追い討ち。そして、TAKAがスーパーKからフォールに行くものの、デヴィットがカット。
 すると、TAKAが棚橋を羽交い絞めにし、小島が突っ込んでいくが、棚橋が両脚キックでガード。そして、小島とTAKAをスリングブレイドでダウンさせる。ここでタイチとNOSAWAがエプロンに上がり、試合に介入しようとする。ところが、真壁が乱入して2人を排除。
 一方、リング上では棚橋がコーナー最上段に上り、TAKAめがけてハイフライフローを狙う。それを小島が阻止しようとすると、棚橋はハイフライフロー式ボディアタックで迎撃。すかさずデヴィットがTAKAにドリームキャストを見舞い、棚橋がハイフライフローでとどめを刺した。

 試合後、棚橋と小島が激しく睨み合う。そして、小島がリングを降りると、棚橋はデヴィットと共にコーナーへのぼり、ファンの大歓声に応えた。
 さらに棚橋は、大コールを受けてマイクアピールを開始。「オイ、小島! 何度でも言っといてやる。絶対に!この俺が(IWGPヘビー級王座を)防衛します。そして、チャンピオンとしてまた、ここに帰って来ます」とファンに約束した。
 続いて、棚橋がエアギターをかき鳴らすと、恒例となったアンコールが起こる。それに棚橋が応じると、今度は「棚橋・最高!」コールが場内に鳴り響いた。
 すると棚橋は、「ありがとう。まあ、知ってるけどな。俺、完璧すぎるー!!」と余裕のコメントを残し、「愛してまーす!!」の叫びで後楽園大会を締めくくった。

COMMENT

デヴィット「今日は、ホントに苦戦したね。ただ、新日本のホームである、コウラクエンで、みんなの応援があったおかげで、最後にはなんとかカムバックして勝てました。防衛戦の相手であるTAKAはもの凄い経験豊富な選手、そこは注意しないとね。でも、今日の勢いでセンダイではTAKAと素晴らしい試合をして防衛したいと思ってます。肩の具合? タッグタイトルマッチのときにいためてしまって、自分もテーピングを巻いてるのは不本意なんだけど、新日本の選手は、どこがケガをしていようが100パーセントの力で闘わきゃいけない。TAKAと闘うときは、キッチリとコンディションを整えて、試合をしたいと思ってます」
棚橋「今日は! 前菜から! メインディッシュ! そしてデザートまで! 全部、棚橋フルコースだ! これを仙台でもやってやる! これ以上のものをシングルマッチで。いよいよ仙台! 俺の時代は始まっている! 小島にとって、2月20日が、入門記念日か知らんけど? 4冠になった日か知らんけど、その日は、棚橋、初防衛の日! 仙台の大会名のごとく、新しい俺の棚橋政権の始まりになるからさ? よっしゃ、期待しとけ! やっぱり俺......やっぱり俺......完璧すぎるなぁ〜」
 
論外「(フラつくTAKAを支えながら控室へ)オイ、撮るんじゃねぇ! こんなところ!」
小島「(ベンチでうなだれて)......。最後の前哨戦......この一敗は非常に大きいと思いました。私の不徳のいたすところです。すべて、ウチのタイチがああいう行動をしなければ、勝っていたと思いました。今日は、ちょっとだけ見てしまって、ウチのタイチが、あんな悪いことをしてると知らなかったんで......厳重注意したつもりだったんですけど、非常にこのような結果になってしまい不本意です。タイチにはシッカリ言い聞かせようと思います。(再度、うなだれて)……とても、人気も実力もある、チャンピオン・棚橋に正直、言って嫉妬してます。マイクアピールも上手だし、エアギターも上手だし、試合に関しては申し分ない。そんな素晴らしいチャンピオンにぜひとも勝ちたいと思います。タイチの介入させなければ......それが不本意なところですけど、これから残りの5日間、真摯に向きあって、一生懸命トレーニングして、精神も鍛えて、仙台に臨みたいと思います。ありがとうございました」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ