NEW JAPAN ISM 2011

日時
2011年2月12日(土)   17:00開場 18:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館・第2競技場
観衆
1,550人(超満員札止め)

第8試合 30分1本勝負
スペシャルタッグマッチ

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 棚橋と小島の先発で試合がスタート。小島がショルダータックルで棚橋を倒し、ボディスラムで追撃。そして、棚橋のように両手を広げてポーズをすると、場内がブーイングに包まれる。しかし、その直後、棚橋が下から小島を丸め込み、逆転に成功した。
 デヴィット対TAKAの場面。デヴィットが、追走式エルボーでTAKAを倒し、逆水平チョップ連射。ところが、TAKAがサミングで逆襲したことをきっかけにデヴィットが失速。ウィークポイントである左肩を集中攻撃され、大ピンチに陥ってしまう。
 そんな中、小島が逆水平チョップ乱射でデヴィットをコーナーに押し込み、「いっちゃうぞ、バカヤロー!」と絶叫。そして、ダイビングエルボードロップを投下する。さらに小島はロープに走るが、デヴィットが追走式ドロップキックで逆襲。
 これでようやく出番となった棚橋は、小島へドロップキック、エルボー&太陽ブロー連射、フライングフォーアーム、ボディスラム、ダイビングサンセットフリップと畳み掛ける。さらに棚橋は、ラリアットをかわしてスリングブレイドで追撃。続いてのドラゴンスープレックスこそ不発に終わったものの、コジコジカッターを阻止してコーナー最上段に上る。だが、TAKAが脚にしがみついて攻撃を妨害。起き上がった小島が、雪崩式ブレーンバスターでお返しした。
 デヴィット対TAKAの場面。ラリアットかわしたデヴィットが、ドロップキックでTAKAを場外に落とし、ノータッチトペコンヒーロ。そして、リングに戻ると、ダイビングフットスタンプを投下する。しかし、回避したTAKAが、トラースキックを受け止めてジャストフェースロックで反撃。だが、小島を振り切った棚橋がカットに入る。ここでTAKAがスーパーKを繰り出すと、かわしたデヴィットがドリームキャストを発射。しかし、今度はTAKAがかわし、サミング、ニールキックに繋ぐ。だが、デヴィットも負けずにオーバーヘッドキックで報復。これでダブルダウン状態となり、TAKAは小島にタッチできたものの、デヴィットのタッチを小島が寸前で阻止。
 そして、小島とTAKAがトレイン攻撃を敢行し、小島の串刺しバックエルボー、TAKAの串刺しハイキック、小島の垂直落下式ブレーンバスターが立て続けにデヴィットを襲う。すると小島は、肘のサポーターを投げ捨ててロープに走るが、棚橋が飛び込んでスリングブレイドをお見舞い。すかさず、デヴィットがダイビングフットスタンプからフォールに行くものの、カウントは2。
 この直後、デヴィットはドリームキャストからブラディサンデーを狙うが、TAKAがスーパーKで阻止。すると小島は、デヴィットの後頭部へラリアットをヒットさせ、棚橋にもラリアットを浴びせて大の字にする。それでもスクールボーイで果敢に抵抗したデヴィットだったが、小島のカウンターラリアットを浴びて轟沈した。

 試合後、NOSAWAとタイチがデヴィットにストンピングを連射。すると、そこへ真壁が現れ、パンチで小島軍の3人を撃退した。そして、ファンの大コールを浴びた真壁は、「オイ! 三下ども!! あいかわらずだな! オレンジ豚! テメェもだ、この野郎!! (元WWEの)MVP? 新日本のMVP(自分)が査定してやるよ。覚悟しとけ!ファ○クオン!!」とマイクで言い放ち、退場した。
 一方、痛々しい姿でリングに取り残された棚橋は「小島! (IWGPヘビー級)ベルトは必ず俺が守る!そして! チャンピオンとして、また大阪に帰って来るからなー!」と座ったままで絶叫。ファレの肩を借りつつ、重い足取りで退場して行った。

COMMENT

小島「あれだな、やっぱりさ、これまでの前哨戦? 今までずっと勝ってたけどさ、やっぱり小さい小さい1勝なんだよね、棚橋のは。今日の1勝は、今までの全部、その10倍、100倍くらいの1勝になっちゃうんだよ。棚橋はそこらへんが分かってないよ。自分がいつどこで勝ったら自分の価値が上がるのか、それが分かってねぇ。今までの前哨戦で勝ったって、今日の1勝で全て取り消しだろ。な? そういうことも考えてちゃんとプロレスやんねぇと。な、棚橋? あと真壁も、お前、あんな試合終わったばっかりで出てこられちゃ、正直かなわないだよ、お前みたいな強い奴は。お前の強さ、認めてるよ。ただ、あの状況じゃ勝てないよな?それぐらい俺らは頭使ってっから。別に今の真壁とやったって、何の得もないからさ。とにかく棚橋だよ、今日どうすんだ、あれ、あの状況で。どうする? こうやって試合後に媚売って、エアギターひいて、それで満足か?それで満足だったらそれでいい」
TAKA「まぁね、今ボスが言ったように、今まで全部負けた、そんなのどうでもいい。こういう大きいところでさ、俺とボスが組んで負けたか? 今までの前哨戦、全部そうだけどよ、俺ほとんど何もしてねぇよ。デヴィットよぉ、心配になってきちゃったよ。あんな動き悪くてさぁ、肩あんな悪くてさぁ。(前哨戦は)あと何回だ?あと(2/15)後楽園だけか? まぁいいや、俺の100%中、5%も出してねぇ。ボスとか周りの奴が強すぎて、頑張り過ぎてよぉ、俺ぜんぜん頑張ってねぇよ。このままなら小島軍(仮)で、仙台でベルトを頂きで!」
 
真壁「ま、こんなもんだろ、オイ、この野郎! MVP? さんざんうたってんだろ?三下どもにもう1回だけだよ、最後に言っといてやる。MVP、MVPって言うんだったらよ、なんで今日連れて来ない? 何べんも言ってるだろ。オメェらじゃ役不足なんだよ。役不足なんだからよ、よく考えろ、この野郎。それだけだ」
棚橋「新日本プロレスは俺ら2人、チャンピオンが守る! (デヴィットに向かい)ウイ・ディフェンス・ニュージャパンプロレスリング」
デヴィット「イエス」
棚橋「そして、必ず大阪にチャンピオンとして帰って来る。小島、やっと、ようやく伝家の宝刀・ラリアット(を出した)。本気になるのがおせえっつうの」
デヴィット「今日は初めて2対2で闘った。負けてしまったけど、棚橋も僕もいい学習をすることができたよ。今日は授業料を払っただけ。火曜日(2/15後楽園ホール)、来週の(2/20)仙台、ガンバリマス」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ