Circuit2010 NEW JAPAN ISM

日時
2010年1月31日(日)   15:30開場 16:00開始
会場
東京・ディファ有明
観衆
1800

第5試合 30分1本勝負

VS

  • プリンス・デヴィット

  • ジャイアント・バーナード

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 IWGPタッグとIWGP Jr.タッグのチャンピン4名が同じコーナーに集い、CHAOSを迎え撃った第5試合。
 コール直後にCHAOSが奇襲を仕掛け、そのまま場外へと雪崩れ込む。リング上では、バーナードとアンダーソンが内藤に狙いを定めるも、裕次郎が救出。バーナードは、裕次郎がテーピングしている左肩を執拗に攻撃。だが、裕次郎もバーナードの突進をかわすと、その巨体をボディスラムで見事投げ切った。
 田口対石井の場面。田口はスリーアミーゴを狙うも、石井は3発目で投げ返す。その後、Apollo 55は矢野に連続低空ドロップキック。そこへNO LIMITも加わり、4人で矢野の腕を代わる代わる絞っていく。
 だが、パワーで勝る矢野は、「調子に乗んな! バカ野郎!」と叫んでデヴィットを場外に落とすと、待ち構えていたバーナード&アンダーソンが総攻撃を開始。救出に来た田口をも返り討ちにすると、これで失速したデヴィットにCHAOSの猛攻が襲いかかる。
 苦しい時間が続いたデヴィットだったが、矢野、石井をドロップキックでいっぺんに蹴散らし、裕次郎のもとへ。裕次郎は石井にエルボー連打、串刺しラリアット、水車落とし。さらにスピアーからフォールするも、これは矢野がカット。
 さらに、裕次郎は矢野、石井のトレイン攻撃を避けて石井にアタック。内藤が矢野にミサイルキックを放ち、石井を合体の変型ネックブリーカードロップで叩きつける。
 田口対アンダーソンとなり、田口が低空ドロップキック、ラ・マヒストラル。カウント2で凌いだアンダーソンに、デヴィットがエプロンから延髄斬り。さらに、バーナードの串刺しボディアタックを誤爆させた後、Apollo 55はそれぞれ踏み台にしての串刺しエルボーアタック。
 劣勢のアンダーソンは、スピニングスパインバスターで田口を捕らえる。バーナードが串刺しボディアタック、アンダーソンがジャンピングフロントハイキックと畳み掛けるも、カバーはデヴィットがカット。
 ここでバーナードとアンダーソンが、マジックキラーの体勢に入ると、裕次郎、内藤が背後から近づいて急所パンチで阻止。命拾いした田口が、電光石火の首固めでアンダーソンから3カウントを奪取した。
 

COMMENT

※裕次郎、内藤は、田口、デヴィットより先に退場
裕次郎「ヘイ! Apollo 55! 来いよ、Apollo 55!」
内藤「今日、Apollo 55勝ったじゃん。マシンガンに。昨日の永田だってさ、素直に従ってりゃよかったんだよ。TAJIRIに勝ったんだよ?」
裕次郎「今日の勝利は俺たちのおかげだよ。アイツらじゃないからな。俺たちが勝ったんだよ、今日は。あとでお礼の一言でも言うんじゃないの。『ありがとう』って。俺たちは(IWGPタッグ)チャンピオンだから誰にも負けねぇんだよ(と言って内藤と共に去る)」

デヴィット「今日は8人タッグで田口が勝ったけど、Apollo 55らしい試合ではなかった。今日の試合は何だったんだろう……」
田口「何もしてないよ。まだApolloは何もしてない。分かんない。何があったのか。(『裕次郎選手が“アイツらも感謝してる”と言っていましたが?』)それはこっちのセリフでしょ。彼らの動きより、だんぜん僕らの動きの方がいいですよ。アイツらがそう言うんだったら、僕らが挑戦しますよ。彼らの(IWGPタッグ)ベルトに。彼らは僕らの(IWGP Jr.タッグ)ベルトには挑戦できないけど、僕らは挑戦できるでしょ。チャレンジしますよ、ヘビーのタッグに(とデヴィットの顔を見る)」
デヴィット「イエス(とうなずく)」
田口「まぁ、彼らは一回り大きくなって帰って来たかもしれないですけど、Apollo 55というタッグもその間に成長して、Jr.タッグチャンピオンとして去年の後半、守ってきましたから。NO LIMIT対Apollo 55で決まりじゃないですか。次、お互い防衛して。邪道選手がケガをしたみたいなんでね。またどうなるか分からないですけど。(NO LIMITの反則について)悪いことをさせたら、邪道・外道の方が上ですから。(片腕を前方に出して)邪道・外道のインサイドワークをここだとしたら、(反対の腕を低くして)まだまだNO LIMITは下ですよ。NO LIMITとやったら、楽勝かもしれないですよ。今、ヘビーのベルトが一番近くにあるのかもしれない」

石井「反則だろ!! ナメんな!! 反則嫌いなんだよ!!」
矢野「どう見てもおかしいだろ!!」
※バーナード、アンダーソンはノーコメント
 
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年7月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ