Circuit2009 NEW JAPAN ALIVE

日時
2009年12月5日(土)   17:30開場 18:00開始
会場
愛知・愛知県体育館
観衆
8500

第9試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級選手権試合

  • (第53代王者)
  • (挑戦者)

VS

境界線

※王者が3度目の防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

場内が固唾を飲んで見守る中、両雄はじっくりとしたグラウンドでの攻防を展開。そこから、永田がミドルキックを連打すれば、中邑は足払いで転倒させる。
 再びグラウンドとなり、永田のフロントハイキックを2発目で避けた中邑は、グーパンチ2連発。うつ伏せ状態でダウンする永田の後頭部に膝を叩き込む。まずは、中邑が試合の主導権を奪う。
 中邑はスリーパーホールド。胴絞め式へ移行すると、永田は自らの脚で中邑の脚を固めて脱出。その後、中邑はうつ伏せの永田に膝を叩き込むと、コーナーに乗せて膝をかち上げる。
  永田は、中邑のフロントスリーパーをエクスプロイダーで投げて脱出。ミドルキック、ローキックの連射で中邑をダウンさせる。そして、エルボー、張り手の打 ち合いからナガタロックIIで捕獲。なおもエルボーで食らいついてくる中邑を、エルボーで蹴散らし、ミドルキック3連打、串刺しフロントハイキック。
 だが、中邑は続くエクスプロイダーを膝蹴りで阻止。飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを極めるも、永田はロープエスケープ。
 今度は、中邑がキックの乱れ打ち。さらに脇固め。タイガースープレックスホールドはカウント2。
 中邑がボマイェで突進すると、永田は脚を出してブロック。水面蹴りで中邑を転倒させる。さらに永田は中邑の脚を取るも、中邑は顔面への飛び膝蹴りで脱出。
 中邑の串刺しニーリフトを避けた永田は、ニールキックで逆襲。コーナーを背にする中邑に、肘を鋭角に当てる危険なエルボーを連打。流血した中邑に、串刺しニーを何発も浴びせていく。
 永田は雪崩式エクスプロイダーからフォールするも、中邑はカウント2でキックアウト。永田はバックドロップからフォール。これもカウント2で返されると、永田はハイキック一閃。
 ダウンカウント7で立ち上がった中邑に、永田はミドルキックで追撃。続く、バックドロップは、中邑が空中で体勢を入れ換えて潰す。そして、すぐさま立ち上がって永田の後頭部にボマイェ。大歓声の中、両者ダウンとなる。
 ここで永田がボマイェをブロックすると、中邑はハイキック。だが、永田も延髄斬りで中邑の動きを止め、バックドロップ。中邑はすぐに立ち上がってボマイェをヒットさせた。
 ダブルダウンカウントが入り、何とか立ち上がった中邑と永田は、意地と意地が交錯するエルボー合戦へ。永田が顔面への張り手を見舞うと、中邑はグーパンチの応酬。グラついた永田にボマイェを叩き込み、ピンフォールを奪取した。
 
 熱戦を制し3度目の防衛に成功した中邑は、大声援を浴びながら、勝利者インタビューで次のように答えた。
 
中 邑「まだ、もっと強くなりたい! 本当のプロレスがしたい! (1/4東京)ドーム、認められた一流のレスラーしか上がれない。永田を倒した今、上の世代で俺に挑戦する奴はいるか? (『自分より上の世代への挑戦表明か?』)そう取られても結構です。最後に、未来を創るのは過去を葬り去る事じゃねぇ。未来を創るのは、今を今日を生きる 事。以上!」

COMMENT

中邑「ある意味、永田は受け止めてくれたんじゃないの? これが理想かと言ったらまだまだ遠い。求めるものはもっと先。だから、闘いはやめない。(『ストロングスタイルについて得るものはあった?』)数字や評価 では表せないですから。理想というのは、やっぱり言葉じゃない。自分の描いたものをどう表せるか。近いものかもしれないけど、自分はまだまだ先に行きた い。(『上の世代との対戦を表明したが?』)まぁ、上の世代だけじゃなくてもね。どうせドーム(大会)をやるんなら、一流の、誰もが認めるレスラーとやる しかないでしょ。ただ、真壁、棚橋、永田を倒した以上、新日本にいるかな? 新日本以外の俺とやりたい奴、いるか? (『新日本には敵がいない?』)だって、そうでしょ? 誰かいるの? 現時点、今日ベルトを守った時点で、この中で俺が一番強い。それに関して、誰か文句のある奴、いるわけがないでしょ?」
※この直後、「具体的に倒したい相手というのは?」と質問された中邑は、怪訝(けげん)そうな顔をして立ち上がり、ベルトを持って去って行った

永 田「負けちまった。あぁ、負けちまった。青義軍のメンバーの先頭に立つことが出来なかったぜ。(『素晴らしい試合でしたが?』)だからこそ勝ちたかった ね。目指すところが近いのかね。若い世代にああいうのがいるってのが、この新日本にとって明るい未来ですよ。青義軍、『学芸会だ』『遊びだ』『ネタだ』っ て言われて、それでも死に物狂いでやってきたぜ。たかがこの負けが何だっていうんだ。俺は走るよ。まだまだ。あのベルトを手に入れて、全てが手に入るな ら、もう躊躇しないですよ。こいつらと一緒に走りますよ。それが青義軍ってもんですから。それが俺の青義だ。(『最後はパンチからのボマイェでした が?』)使わざるを得なかったんでしょ? 俺相手に。青義軍、来年も突っ走るぞ。後ろを振り返らず。そうだろ?」
井上「ハイ」
平澤「ハイ」
永田「このままで終われるか? 俺たちは」
平澤「終われないです」
永田「2009年、負けたまま終わりにして、俺たちの青義はたとえどんな苦難にあっても、振り返らず前に進むことだ。そうだろ!!」
井上「オウ!!」
永田「来年もやるぞ!! 来年もやるぞ!! 青義軍、来年も突っ走るぞ!!」


  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ