Road to THE NEW BEGINNING

日時
2024年2月4日(日)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,433人(札止め)

MATCH REPORT

 第3試合は棚橋弘至&石井智宏&田口隆祐&YOHvsザック・セイバーJr.&マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト&藤田晃生。
 棚橋と石井は1.24後楽園で、オカダ・カズチカと共に保持していたNEVER6人タッグ王座を懸けてニコルス&ヘイスト&藤田を区だし8度目の防衛に成功(試合後、オカダの退団に伴い王座返上)。TMDKとしては巻き返しを図るべく、気合いに燃えているのは間違いない。
 なお、NJPW WORLD認定TV王者の棚橋は2.11大阪でマット・リドルを相手に2度目の防衛戦を敢行。またザックは同じ大会でブライアン・ダニエルソンとのスペシャルシングルマッチを控えている。

 棚橋はNJPW WORLD認定TV王座を腰に入場。

 先発は棚橋とニコルス。ロックアップで組み合うと、棚橋がロープに押し込みクリーンブレイク。
 続いてリストの取り合いから棚橋はヘッドロックへ。さらにフライングメイヤー。しかし、ニコルスはヘッドシザーズで切り返し、両者は一旦離れる。
 次はYOHと藤田のマッチアップ。ロックアップから藤田はロープに押し込むと鋭い逆水平チョップ。そしてYOHのお株を奪うように手拍子で挑発。
 YOHも打撃を繰り出すが、藤田はかわして逆水平チョップ。さらに串刺し逆水平チョップから、ミサイルキックへ。しかし、かわしたYOHはお返しの逆水平チョップを連発。
 さらにYOHはロープに走るが、ヘイストが妨害。そして藤田がロープに走るも、逆に石井が妨害する。ここから両軍入り乱れる混戦模様に。
 田口はニコルスにヒップアタック。だが、ザックは田口のヒップアタックをコブラツイストで切り返す。脱出した田口はザックにケツイェ。
 再びYOHと藤田が対峙し、技の読み合いから藤田が切り裂くような逆水平チョップ。しかし、YOHもバックエルボーで応戦。さらにYOHは逆水平チョップからブレーンバスターの体勢に。しかし、藤田は逆に投げ返す。
 スイッチしたザックは、YOHに高速ブレーンバスター。今度は藤田がYOHに高速ブレーンバスターを見舞う。するとザックは「オソイヨ!」と、藤田に手本を示すようにYOHに高速ブレーンバスター。負けじと藤田も高速ブレーンバスターでYOHを叩きつける。
 今度はヘイストがYOHに高速ブレーンバスター。最後にニコルスがYOHを滞空時間の長いブレーンバスターで打ち付けてカバー。YOHはカウント2ではね返す。
 ならばとニコルス&ヘイストはYOHにダブル攻撃を狙う。切り抜けたYOHはニコルス&ヘイストに順にドロップキックをヒット。
 スイッチした石井はヘイスト、ニコルス、藤田に次々にショルダータックル。さらにザックとの目まぐるしい技の読み合いを、ショルダータックルで制す。
 続いて石井はヘイストをエルボーでひるませ、ブレーンバスターを炸裂。そして石井はラリアットを狙うが、ヘイストはキックで回避。そして変形のネックブリーカードロップを繰り出す。
 ここからニコルス&ヘイストは石井にネックブリーカードロップ&バックドロップを炸裂。だが、ヘイストのカバーを石井はカウント2ではね返す。
 ならばとニコルス&ヘイストはHighway to hellを狙う。だが、石井が切り抜けると、棚橋がニコルスに低空ドロップキック。そしてヘイストにはドラゴンスクリュー。
 続いて棚橋と石井が藤田にダブルの低空ドロップキック。しかし、ニコルスが棚橋にラリアット。すると石井がニコルスにジャーマン。
 すかさずヘイストが石井を分断するが、そのヘイストに棚橋がツイスト&シャウトをお見舞い。
 次はザックと田口のマッチアップ。田口のヒップアタックをかわしたザックは尻にエルボー。そしてロープに走るが、田口はカウンターのヒップアタック。
 さらに田口はザックにヒップバットの連発から強烈なヒップアタック。続いて串刺しヒップアタックからフェイスクラッシャーで叩きつけカバー。
 ザックがカウント2ではね返すと、田口はセカンドロープを上り、リングに尻を向ける。そして棚橋がハンマースルーでザックを叩きつけようとするも、逆に切り返したザックはが棚橋を田口の臀部に激突させる。
 ここからTMDKが次々に田口の尻に串刺し攻撃。ダメージの大きい田口が振り返ると、そこにはTMDKが勢ぞろい。さらにヘイストが田口にカンチョー攻撃をお見舞いする。
 すかさずザックがサッカーボールキックから田口をカバーするも、これはYOHがカット。
 するとザックが田口の尻にエルボーを連発。だが、田口は気合を入れると延髄斬り。さらにドラゴンスクリューからオーマイアンドガーアンクルへ。
 ザックは延髄斬りを繰り出すが、かわした田口はオーマイアンドガーアンクル。さらにリバースインディアンデスロックに連携し、腰クネポーズから鎌固めを狙う。しかし、ザックはスリーパーで捕獲。たまらず田口はギブアップし、TMDKに凱歌が上がった。

 

 第2試合はヒクレオ&エル・ファンタズモ&本間朋晃vsKENTA&チェーズ・オーエンズ&石森太二の6人タッグマッチ。2.11大阪大会でIWGPタッグ選手権試合が組まれている王者のヒクレオ&ファンタズモと、挑戦者のKENTA&チェーズにとっては前哨戦だ。

 試合前、南側の席に赴いたヒクレオとファンタズモは、ファンにIWGPタッグとSTRONG無差別級タッグのベルトをかけるファンサービス。そして、ベルトを預けたままリングに戻る。これに対して、クレームをつけるBULLET CLUB。先発はファンタズモとKENTAでスタートだ。
 まずは両者に対するコール合戦。ELPコール、KENTAコールが交互に起こる。すると今度はファンタズモが、坂本レフェリーに対しての坂本コールを煽る。ここで何もせずにKENTAは石森に交代。石森はファンタズモに背中を向けて、首のあたりを叩いて挑発する。
 しかし、ファンタズモもヒクレオにタッチ。それに気づかぬ石森を、ヒクレオが後方から襲撃だ。G.o.Dは一気に連携でBULLET CLUBを蹴散らし、本間も呼び込むと3方向のコーナーで3人がそれぞれパンチを連打する。
 そしてBULLET CLUBの3人をリング中央で鉢合わせにすると、ヒクレオにファンタズモ、本間が順番にハイタッチだ。だが、石森もサミングでファンタズモを自軍のコーナーに追い込み、乳首つまみ攻撃。場外でもチェーズがヒクレオにコードを使ったチョーク攻撃だ。
 リング上では石森がファンタズモをコーナーに逆さ吊りにして股間を踏みつけていく。ここでチェーズにタッチ。チェーズはエルボーからハンマースローでコーナーに叩きつけ、早くもKENTAにタッチだ。KENTAはチェーズとダブルの攻撃で倒すと、ヒザを数回ファンタズモの顔面に落としていく。
 さらにキチンシンクを炸裂させると、ファンタズモをファイヤーマンズキャリーで持ち上げて、早くもgo 2 sleepの体勢だ。しかし、これを逃れたファンタズモはアトミックドロップから河津落とし。そしてヒクレオにタッチだ。
 ヒクレオは張り手でBULLET CLUBを蹴散らし、KENTAをコーナーに叩きつける。さらに石森を捕獲したヒクレオ。ここはチェーズが救出に来るが、ヒクレオは構わず2人まとめてラリアットだ。さらにKENTAにはコーナースプラッシュ。そして早くもゴッドセンドの構えを取る。
 しかし、これを防いだKENTAは、ヒクレオの続くエルボードロップを自爆させてチェーズにタッチ。チェーズはニーストライクから土手っ腹にソバット。だが、ヒクレオはすぐさまラリアットでやり返して本間にタッチだ。
 本間はチェーズにショルダータックルからエルボー攻撃。コーナーへのハンマースローからバックエルボー、フェイスクラッシャーの得意のムーブを披露する。そして、小こけしを放った本間。これを自爆させたチェーズは、掟破りの小こけしを発射。しかし、これも自爆だ。
 ならばと石森が出てきて、小こけしのポーズからフィストドロップを発射。しかし、本間はこれもかわして自爆させる。ならばと今度はKENTAの登場。KENTAも小こけしのポーズを取るが、これはフェイント。避けた本間の頭を蹴飛ばす。
 しかし、ここでファンタズモがカットに入ってきて、G.o.Dがチェーズにトレイン攻撃。そして、本間もチェーズにDDTを炸裂させる。そして、再び小こけしの構えだ。ここにファンタズモとヒクレオが入ってきて、一緒に頭を叩いて小こけしの構え。なんと、3人同時に小こけしをチェーズに炸裂させる。
 そして本間はこけしドライバーの体勢に。これをこらえたチェーズは張り手とエルボーのコンビネーションだ。だが、本間はすぐさまこけしロケットで逆襲。そしてコーナーに上がってこけしを狙う。
 ここは石森がカットに入るが、その石森をファンタズモが場外に排除して、ムーンサルトアタック。だが、その隙にチェーズがIWGPタッグのベルトを持ち出して、本間の顔面に一撃だ。最後はパッケージドライバーでトドメを刺して、本間から3カウントを奪ったのだった。

 試合後、IWGPタッグのベルトを持って勝ち誇るBULLET CLUBに、怒り心頭のファンタズモが青コーナー側のバックステージへと追いかけていった。

COMMENT


 
ザック「オー、イェー! ドラゴン野郎、そうドラゴン野郎のブライアンとの試合に向けての勢いはこうやって作っていくんだ。最高のテクニカルプロレスラー同士の闘いだ。メキシコの最高のテクニカルプロレスラー、エチセロと闘って、この俺、ザック・セイバーJr.との試合に備えているようだな。そんな中、俺は最高の“ケツマスター”(田口)と闘っている。鉄のケツを持つ男、タグチだ。ブライアン、それに比べるとお前のケツは柔らかいらしいからな」
ヘイスト「そしてケツの穴もゆるいらしいじゃないか。俺たちのケツの穴はキツイぜ! ゆる〜いケツの穴め……」
  

 
ザック「そしてブライアン。俺もエチセロに勝ってるからな。ロクネンマエ! カンタンデスヨ。もしエチセロとの闘いで問題があったようなら、俺も今年はアリーナ(アレナ)・メヒコに行こうじゃないか。イアヴェがどこにあるかわかるか? (※ヘイストに対して)お前、イアヴェに行ったことあるか? メキシコでもタップアウトさせてやるよ。(※手にしていたテープを投げ捨てて)まずはつべこべ言わずに日本に戻ってこい!(※と言って先に控室へ)」
 

 
ニコルス「オイオイ、ゴミを散らかすな。みんなここを飛び出たいらしいが、俺たちはどこにも行かないぜ。ここ、新日本プロレス以外にいたい場所はこの世界中どこにもない。世界最高のプロレスがここにある。シェインと俺のタッグで1度は世界一に君臨した。でも、それもずいぶん昔の話だ。それからいろいろとクソみたいな経験をしてきた。でもこの先も俺たちは何度倒されても……99回倒されても、100回起き上がるんだ」
 

 
ヘイスト「そうだ。俺たちは世界最高のタッグだ。この俺たちが身につけている色、オレンジ。太陽のようだろ? 俺たちは神がかっているんだ。俺は太陽の力を放っているんだ。だから俺は明るいんだ!」
 

 
「ブライト・モード!! この太陽のような明るさで、俺はいつも試合をまぶしくしているんだ。ほら、まぶしいだろ!(※と言ってその場を去る)」
 

 
藤田「(※1人残って)まあ、まず第一に、このチームでやってることを誇りに思う。そして、YOH、アンタとやんのがな、楽しみで楽しみでたまらなかったぞ。タッグマッチだろうが関係ねえ。俺はアンタしか見てねえぞ。いつか、シングルでアンタをブッ倒す、その日が来るのが楽しみだ。オカダ・カズチカがいなくなって、新世代新世代うっせえけどな。俺にはそんなこと関係ねぇんだよ。同じ括りに入れんな。俺は、俺にしかできない道のやり方をする。以上」
 
 

田口「(※ノドのあたりを押さえて)ザックよぉ、見事な、見事な切り返しやった。あんな切り返しがあるとは、思わんかった!」 

棚橋「今シリーズ、山が2つありますんで。今、僕の頭の中はどうなってると思います?」 

「社長業、うーん……20%。オカダ、40%。リドル、40%。」

「……というのは間違いで。社長業は100%。レスラーの時は、戦う目前の相手に100%。」 

「だから今、俺の頭の中はオカダのことしか考えられない」

※石井、YOHはノーコメント。

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2024年4月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ