Circuit2009 BEST OF THE SUPER Jr.XⅥ 〜The Hard Luck Soldiers〜

日時
2009年6月3日(水)   18:30開場 19:00開始
会場
埼玉・所沢市民体育館・サブアリーナ
観衆
1100

第8試合 30分1本勝負
BEST OF THE SUPER Jr. Aブロック公式戦

VS

境界線

  • (2勝=4点)
  • (1勝1敗=2点)
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

開幕戦でデヴィットとの激闘を制し、「デヴィット、タイガーマスク。2つのデカいの山を乗り越えられれば、あとは勢いに乗れる」と語っていたミラノ。今宵は2つ目の山場、IWGP Jr.ヘビー級王者・タイガーと激突した。
 
 グラウンドでの攻防を経て、ミラノは一旦ロープエスケープ。リングへ戻ると、タイガーにフェースロックを極められるが、右腕を取って脱出して脇固め。さらに、右腕にダブルニードロップを落とし、アームロックで絞り上げる。
 ミラノは、その後もタイガーの右腕を攻め続け、ロープを利用したアームロックを極める。しかし、タイガーも黙っておらず、アームホイップをマットに着地。ミラノが突っ込んでくるとジャンプで避けて場外へ落とし、トペスイシーダを狙う。
 ところが、ミラノは飛んできたタイガーをラウンドハウスキックで迎撃。そこからエプロン上でタイガーの右腕を何度も捻ると、タイガーの右腕を掴みながら場外へジャンプ。そのままタイガーの右腕を鉄柵へ激突させるアームブリーカーを繰り出す。
  これでタイガーをペースダウンさせたミラノは、鉄柱を利用した攻撃や、ショルダーアームブリーカー、変型のアームロック、腕ひしぎ逆十字固めなどで、タイ ガーの右腕に集中砲火。さらに、得意のロープパラダイスで捕獲したタイガーの右腕を踏みつけ、スライディングキックをヒットさせる。
 劣勢を強い られるタイガーだったが、串刺し攻撃で突っ込んできたミラノをショルダースルー。これでミラノがエプロンに着地し、ロープ越しにハイキックを打ってくる と、ブロックして逆にハイキックで場外へ追いやる。そこからフィンタでミラノを惑わせると、エプロンからのランニングミドルキックをクリーンヒットさせ る。
 ここからタイガーは、タイガードライバーを経て、ダイビングヘッドバット。しかし、ミラノはこれを回避し、雪崩式技を狙う。抵抗してきたタ イガーにヘッドバットでコーナー最上段から落とされると、すぐにラウンドハウスキックをヒットさせ、再びタイガーを捕まえてコーナー最上段からのブルドッ キングヘッドロックを敢行する。
 この一撃で再びタイガーのペースを落としたミラノは、エンポリオ・アルマニッシュを経て、トラースキック。これはタイガーに手で払われるが、その直後に“どどんスズスロウン”をお見舞いし、アルマニッシュ・エクスチェンジから3カウントを迫る。
  フィニッシュを予告したミラノは、タイガーの後頭部へ渾身のトラースキックをヒットさせてカバー。タイガーがカウント2で返すと、必殺のヴィクトリア・ミ ラネーゼの構えに入る。しかし、タイガーはエルボーで抵抗。投げられると一回転してマットに着地し、ミラノを丸め込む。
 そこからタイガーは、スピンキック、側頭部へのキック2連発でミラノをフォール。ミラノが肩を上げると、タイガースープレックスを狙う。ところが、ミラノはロープを掴みながらエルボーで脱出。
 すると、タイガーはタイガースープレックスの体勢からバッククラッカーの要領でミラノの背中に両膝を突き刺す。そして、タイガースープレックスを経て、デストロイスープレックスホールドでピンフォールを奪取し、ミラノを退けた。

  試合後、マイクを手にしたタイガーは「所沢の皆さん、ありがとうございます。BEST OF THE SUPER Jr.XVIの優勝は獣神サンダー・ライガーでも金本浩二でもない。タイガーマスクが優勝します! SUPER Jr.のチャンピオンとして、そしてIWGP Jr.のチャンピオンとして、また戻ってきます。声援ありがとうございました」とアピール。IWGP Jr.王者としてSUPER Jr.を制すことを、所沢のファンに誓った。

COMMENT

タイガー「ノアの青木選手といい、ミラノといい、なんか腕を攻めてくる。ミラノとシングルをやったのは、たしか2年 前の(6/9)高松。その時は、色々と彼との遺恨もあったし、マスクを破られたりとか、なんかSUPER Jr.らしからぬ試合だったんですけど、今日はミラノの絶対に勝ちを獲るという勢いが物凄く出ていたと思う。でも、僕も開幕(5/30後楽園)で言ったと おり、みんなより一歩、二歩、先に行っている蹴りというものがある。それを有効に出せれば、間違いなく勝てると思っているから。金本浩二が“蹴りに関して は俺(タイガー)より飯伏の方が凄い”と言っていた。だけど、金本浩二はまだ知らない。俺の全てを。これだけやってきたかもしれないけど、知らないと思 う。(2連勝で)順調には来てるんだけど、物凄く追い込まれているというのがある。それは僕の課題ですね。明日、1日オフを入れて、5日連続の大会ですか ら。徐々に上げるというよりも、今日で吹っ切れましたね。俺の腕をブッ潰すならブッ潰せと。あとは邪道、デヴィット、AKIRA、ブラック・タイガー。 まぁ、僕がマークしてるのはブラック・タイガーだけですね。アイツが足を引っ張らない限り、僕は全勝でいける自信があります。今度こそ、ブラック・タイ ガーの顔面に蹴りを入れますから」

ミラノ「負けちゃった。俺の可能性はあと何%なんだ? なんか苦手意識あるよな。まぁ、いいや。あと全部勝って、頂上いったるわ」

  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ