Fighting Spirit Unleashed

日時
2023年10月29日(日)   18:00(PT)開場 19:00(PT)開始
会場
アメリカ・Sam’s Town Live(ネバダ州ラスベガス)
放送
バナー
観衆
801名

第6試合 30分1本勝負
STRONG無差別級タッグ選手権

  • 第6代チャンピオンチーム

  • チャレンジャーチーム

※王者組が初防衛に成功

MATCH REPORT

 第6試合はヒクレオ&エル・ファンタズモのG.o.DのSTRONG無差別級タッグ王座初防衛戦。挑戦者は、ヒクレオとファンタズモがベルトを獲った10.9両国大会に、手紙を送って挑戦を表明してきた、ランス・アーチャー&アレックス・ゼインのモンスター・ソースだ。
 モンスター・ソースは、7.5『STRONG』後楽園大会でタッグを結成して、既に試運転済み。前日会見では『WORLD TAG LEAGUE』への参戦も表明しているが、この一戦から新日本のタッグ戦線に本格的な殴り込みをかけるか?

 あとから入場してきたチャンピオンのG.o.D。ハロウィンということで、『セサミストリート』のお面を被った二人の人物が、STRONG無差別級タッグのベルトを持っての入場だ。しかし、リングに入ってコールを受けたところで、ランスがこのお面を被った人間たちを襲撃。これで試合スタートだ。
 リング上ではゼインとファンタズモが対峙。ゼインのティヘラをファンタズモは側転をして立ち上がって見せ、ドロップキックを炸裂させる。そして逆水平チョップで自軍のコーナーに追い込みヒクレオにタッチだ。
 ヒクレオは溜めを作って逆水平チョップ。しかし、これをかわしたゼインはランスにタッチだ。リング上で対峙した巨漢二人はショルダータックルで激突し合う。さらにエルボー合戦を展開すると、ヒクレオがコーナーホイップから突撃だ。
 しかし、ランスはこれをかわしてヒクレオを捕獲。ブレーンバスターを仕掛ける。しかし、ヒクレオも逆にブレーンバスターで投げ返そうとする。ならばと外したランスはフライングボディシザースドロップだ。
 そしてゼインにタッチして、そのゼインをヒップトスのようにコーナーのヒクレオに投げる。さらに自身も串刺し式のバックエルボーだ。ゼインは延髄斬りをヒクレオに食らわし、エルボー、バックエルボー、ソバットを決めていく。だが、ヒクレオはショルダースルーでゼインを高々と放り投げてファンタズモにタッチだ。
 ファンタズモはスプリングボード式の反転してのクロスボディをゼインに食らわせる。そして場外のランスにプランチャを炸裂させると、すぐさまリングに戻ってトップロープからのスワントーンボム、ライオンサルトを連続で決める。そしてCRⅡの体勢だ。
 これをゼインが踏ん張るとシットダウン式パワーボム。ここはランスがカット。そのランスをヒクレオが場外に連れ出す。そしてファンタズモはフィンガーロックでゼインを捕らえてオールドスクールだ。
 だが、ランスもヒクレオを捕まえてオールドスクール。ロープ上で二人が出会う。足場の悪いところでファンタズモは力なくチョップを放つが、ランスはびくともしない。ならばと乳首を摘んだファンタズモ。しかし、ランスはこれにも動じることなく、オーバーハンドチョップでファンタズモを叩き落した。
 さらにリングに落下していたファンタズモに背中から落ちたランス。ゼインがヒクレオを場外に追いやると、パワーブラストでファンタズモを叩きつける。そして、ファンタズモを捕まえてランスにタッチ。今度はゼインがガットショットで前かがみになったファンタズモに回転してのギロチンドロップを延髄に落とし、ランスがラリアットの連携を見せる。
 そして、タッチを受けたゼインがブレーンバスターへ。だが、ファンタズモは後方に着地。ゼインをランスにぶつける。そこにヒクレオが入ってきてラリアットでランスを場外に排除だ。そして、ファンタズモがゼインをアルゼンチンバックブリーカーの体勢で持ち上げると、ヒクレオが蹴飛ばしてからのスピニングネックブリーカードロップだ。
 そして、トップコーナーに上ってサンダーキス’86を狙うファンタズモ。だが、ランスがコーナーを駆け上がってニーストライク。さらにゼインが飛びつき雪崩式フランケンシュタイナーでリングに叩きつける。そしてランスがチョークスラムだ。
 さらにランスはチョークスラムでゼインをファンタズモに投下。一回転したゼインはムーンサルトプレスのような形でファンタズモの体に落下する。ここはヒクレオがカット。そのヒクレオはランスがロープに走ったところをカウンターでパワートリップを食らわせてから、ゴッドセンドだ。
 そしてゼインにもゴッドセンドを仕掛けたヒクレオ。だが、ゼインは一回転して着地して延髄斬りだ。ならばとファンタズモがサドンデスを食らわせ、場外のランスにはトペ・スイシーダだ。続けてヒクレオがゼインにゴッドセンド。最後はファンタズモがヒクレオの腕を掴んでトップロープに上がってのサンダーキス’86でトドメを刺し、3カウントを奪った。

COMMENT

ファンタズモ「ケツをやりやがった。後ろからジャンプしてきて。俺たちが本物のタッグチームじゃないなんて言うが、おまえらが今まさに見たもの! 俺たちは本物のタッグマッチを制したぞ!このクソ野郎が。
まあ実際のところ、おまえらは正しいよ。俺たちは正式なタッグチームじゃないが、そんなのは関係ない。俺たちはファミリーなんだから。今年この大変なことを俺たちはやってきた。ファミリーは何をするのか?
  
互いに励まし合い、助け合う。俺たちの宝石が輝いき続けていることを確認するのさ。次にまた俺たちのことを背後から襲うなら、殴って血まみれで(リングに)置き去るくらいにしろよ! 俺たちからこのブルーボーイズ(ベルト)と奪いたいなら、2人のエリートレスラーがとんでもないエリートタックチームを組むことになるぞ!このクソ野郎が!」
ヒクレオ「おまえらはムカついてるんだろ?」
ファンタズモ「クソ酷くな!」

ヒクレオ「それにしても、おまえらは誰なんだ? (※ファンタズモに向かって)あいつらの名前は?」
ファンタズモ「WCWC 40」
ヒクレオ「東、南海岸、北のこと? ま、どうでもいいよ」
ファンタズモ「西海岸。俺は西海岸。やつは東海岸だ。誰も俺たちが西海岸から来たなんで気にしないな。スヌープ・ドッグ以外は。おまえはスヌープ・ドッグじゃないし、俺も違う! ……だが、ランス、そしてタコベル」
ヒクレオ「モンスター・ソースのヤツらか」

ファンタズモ「モンスター・ソース。アイツらは面白かったな。ああ、またやるぜ。オー・マイ・ゴッド。もう一度やってやる!『WORLD TAG LEAGUE』がやってくる。俺たちが参加するかはまだわからない。あいつらが参加しているかもわからない。2ブロック制なのか、3ブロック制なのか、1ブロック制なのかも知らん。新日本プロレスがツイートするまではわからんのだ! 
おまえたちと同じなんだよ!俺たちは同じタイミングで知ることになる。だが!ファミリーのタッグチームとして『WRESTLE KINGDOM』に行き、IWGPヘビー級タッグ王座も一緒に獲得したい!
モンスター・ソース、タッグリーグに行きたいか? 俺たちは行きたいぞ。日本でぜひもう一度やりたいもんだ」
ヒクレオ「そうだな」
ファンタズモ「なぜならおまえたちは俺たちのボールを傷つけなかったからな」
ヒクレオ「だが、おまえたちはバートとアーニーを傷つけた」
ファンタズモ「バートとアーニーをだ。クソっ。バートとアーニーをだよ! なんだ、ハロウィンの週末は何をするつもりだ? バートとアーニーを攻撃するのか?」
ヒクレオ「それは恥ずべきことだな」
ファンタズモ「恥ずかしいぜ。自分が何をしたか考える必要があるな。神がそれを許すかどうかはわからないぜ、ランス。祈った方が良いな。そうしたら神は許してくれるだろう。バートとアーニーをぶちのめすとは」
ヒクレオ「それまではな、次はダラスか?」
ファンタズモ「そうだ、ダラスだ! だが今はセサミストリートに行くぞ!」
ヒクレオ「イエイ! ……俺のボールが……」
ファンタズモ「俺のボールは大丈夫だ。おまえのは表面積が大きいからな……

 

 

 


 
アーチャー「聞いてくれ。自分のキャリアの多くを、特にここ数年は、この“ケツキック・モンスター”としてやってきた。これはこれからも変えるつもりはない。だが今は、アレックスとここで“モンスター・ソース”として一緒にやっている。俺はただ楽しい時間を過ごしたいだけなんだ。

ケツを蹴って、名を受け継ぎ、王座を獲得して、ただ楽しくやりたいだけだ。とてもシンプルな公式だろう? 誰もが次に何が起きるか知りたがっている。モンスター・ソースにとっての次は何か? 俺たちはNJPW STRONGタッグチームのタイトルを取れなかったからな。だがどうだ? 『WORLD TAG LEAGUE』が近づいてきた。知ってるか? 

皆が何を望んでいるかなんて知らん。俺たちはやってくる。俺たちは『WORLD TAG LEAGUE』に出場するぞ。そして俺が今まで日本でやったことのないことをやるつもりだ。それは『WORLD TAG LEAGUE』で優勝すること。K.E.S、ONE WORLD、IWGPタッグチームチャンピオンシップ。何度も、そう3度も優勝した。チャンピオンに次ぐチャンピオンだ。

すげえケツ、すげえケツ。上手く話すことさえできん。『WORLD TAG LEAGUE』とモンスター・ソースの準備がちょうどできたところで、かなり興奮しているんだ! 『WORLD TAG LEAGUE』で優勝したい! モンスター・ソースとして、俺にとっては4度目、こいつにとっては初めてのIWGPタッグ王座を獲得したい! そうやって最高に楽しい時を過ごそうぜ! 気分はどうだ、アレックス」
ゼイン「肋骨をやられた気がする」

アーチャー「痛いか?」
ゼイン「ああ、少し痛いな」
アーチャー「オーケー」
ゼイン「だが勢いを奪うことはできないぞ」
アーチャー「痛みは消えるさ」
ゼイン「ああ、なくなるよ」
アーチャー「一時的なものさ」
ゼイン「その通りだな」
アーチャー「体から抜けてくものだ」
ゼイン「まだ抜けていないけどな」
アーチャー「アハハ、抜けるさ」
ゼイン「だがな、一時的でないものがモンスター・ソースなのさ! 新日本プロレスで3度目のタッグマッチだった。まだたった3度目だ」
アーチャー「イチ、ニ、サン」

ゼイン「ランスが言った通り、誰が望んでいるか、誰が望んでいないのか、俺たちに何を見ているかはなんてものは関係ない。俺たちはわかっている。俺たちにこれから何が起きるか知っている。ワールドタッグリーグのために11月に日本にやって来るぞ。参加できるかどうかは関係ない。ドアをノックして、髪をつかんで引きずり出して、ランスがこの会社で過去に何度もしてきたことをやるまでさ。何年だ? 何年ランスは新日本プロレスでやってる?」

アーチャー「2011年からだ」
ゼイン「2011年からか」
アーチャー「ここいらのキッズ(レスラー)たちのキャリアよりもよほど長いぞ」
ゼイン「だから俺はいくつかのトーナメントに出場して、少しずつ少しだけ自分の名前を上げてきた。ソースから少し風味をもらい、新日本プロレスから少しソースをもらった。そして俺は学んできた。ここで何がどう起きるか確実に学び、その様子を見て、モンスターを捕まえに行かなくちゃいけないことが分かった。自分を高めるつもりなら、モンスターを捕まえなければいけなかったんだ。それからタコスを食べ、タコスを食べ、タコスを食べ続け……」

アーチャー「チーズは?」
ゼイン「それはしなかった。好きじゃないんだ。チョコディアスはおいしかった。チョコディアスはおいしいよ。チージーコー・ブリトーもおいしいな」
アーチャー「チーズをもっと入れたら?」
ゼイン「チーズを少し足して間違えることはないよな。それにソース少し足しても間違いはない! というわけで、タッグリーグにやってくるぜ! 俺たちに会いたいかどうかなんてどうでもいい。タッグリーグで会おう。そこで、スクエアーで。そして生きたまま食べちゃうぞ! イタダキマス!」
アーチャー「タコスみたいに?」
ゼイン「その通り!」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2024年4月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ