THE NEW BEGINNING in NAGOYA 

日時
2023年1月22日(日)   14:30開場 16:00開始
会場
愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)
放送
バナー
観衆
1,650人

MATCH REPORT

 第3試合は後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI&大岩陵平vsザック・セイバーJr.&マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト&藤田晃生。この一戦は2.5札幌のNJPW WORLD認定TV王座戦(挑戦者・石井vs王者ザック)、IWGPタッグ王座戦(王者チーム・毘沙門vs挑戦者チームTMDK)のダブル前哨戦に。1.5大田でザックの勧誘を受け。ヤングライオンながらTMDK入りした藤田と、同期の大岩のマッチアップにも期待が高まる。

 ザックはNJPW WORLD認定TV王座のベルト、毘沙門はIWGPタッグのベルトを腰に入場。YOSHI-HASHIにとっては今回、凱旋試合に。ゴング前、大岩と藤田は小競り合いを見せる。

 先発はYOSHI-HASHIとニコルスが登場。まずはショルダータックルの応酬に。だが、ニコルスは追走式エルボーを食らわせ、ショルダータックルでなぎ倒す。
 すると、毘沙門がニコルスにダブルのショルダータックル。さらにざんまいで叩きつける。すかさずヘイストがリングに入るも、毘沙門は太鼓の乱れ打ち。
 だが、藤田が後藤にドロップキック。すると大岩が藤田にドロップキックを食らわせ、場外戦に持ち込む。両者は場外で激しいエルボーの応酬。
 リング上、次は石井とザックのマッチアップ。打撃の読み合いから、激しいバックの取り合いを繰り広げ、両者は一旦離れる。両者の目まぐるしい攻防に場内からは拍手が巻き起こる。
 続いてザックは強烈なエルボーを見舞うも、石井はお返しのエルボーでダウンを奪う。しかし、ザックもエルボーを連発し、さらにフロントキック。だが、石井はショルダータックルでなぎ倒して見せる。
 続いて石井は逆水平チョップからハンマースロー。しかし、ザックが逆に投げ返すと、ニコルスが場外から足を引っ張って妨害。
 すかさずザックが石井にネックツイスト。さらにニコルス&ヘイストがエプロンに固定した石井に連携のキックをお見舞い。
 続いてザックは石井を実験台に、藤田に首関節を指導するように攻撃。スイッチしたヘイストはキックを石井に連発。そしてフライングメイヤーから低空ドロップキックを浴びせてカバー。
 石井がカウント2ではね返すと、今度はニコルスが登場。ニコルスは石井をチンロックで捕らえるが、石井は脱出。だが、ニコルスはエルボーを連発。
 さらにハンマースローを仕掛けるが、石井はその勢いでザックにエルボー。そしてニコルスにはジャーマンを食らわす。
 スイッチした後藤はニコルスに村正、ブルドッキングヘッドロックをお見舞い。続いて肩に担ぐが、ニコルスは脱出。しかし、毘沙門はトレイン攻撃を敢行。
 そしてYOSHI-HASHIのネックブリーカードロップから、後藤がダイビングエルボーを落としてカバーするも、ニコルスはカウント2ではね返す。
 劣勢のニコルスだったが、技の読み合いからDDTで後藤を突き刺す。スイッチしたヘイストは後藤にエルボーを連発し、串刺しエルボーからキック。そしてリバースパワースラムを決めてカバーするも、後藤はカウント2ではね返す。
 ならばとヘイストはロープに走るも、技の読み合いから後藤はローリングラリアットを炸裂。
 スイッチした大岩はヘイストにドロップキックをヒット。そしてショルダータックルでなぎ倒し、ストンピングを乱打。
 スイッチした藤田は、大岩と激しいエルボーの応酬。藤田は逆水平チョップからドロップキック。さらに藤田はYOSHI-HASHIにもドロップキック。
 そして藤田とヘイストが大岩にトレイン攻撃。だが、大岩は切り抜けてヘイストに串刺しドロップキック。続いてヘイストを担ぎ上げて前に落とすと、逆エビ固めで捕獲。
 だが、ザックがカット。すかさず石井が襲いかかるも、ザックは石井の左腕を捕らえてコントロール。しかし、石井はバックドロップで投げつける。
 リング上、大岩とヘイストがエルボーの応酬。大岩はエルボー&チョップでヘイストを圧倒すると、サイドスープレックスの体勢に。
 ヘイストは脱出すると、カウンターのドロップキックで打ち抜く。そして最後はダイナミックボムで大岩から3カウントを奪取した。

 試合後、ザックと石井、毘沙門とニコルス&ヘイストは挑発合戦を繰り広げた。

COMMENT


 
ザック「サイショ、サイショ。キノーノTシャツ、TMDK・Tシャツジャナイネ。マジで。なんで? おまえはTMDKだろ? シッテル? シッテル? OK。アシタ」
 

 
ヘイスト「(藤田に向かって)今日はよくやったぜ。オマエのことを誇りに思うよ」
ザック「OK、これから新しいシリーズを始めるぞ。キョーノコトバ。一日にひとつの言葉だ。今日は“Blinder”。オマエはよくやった。“Blinder”はイギリス英語。オーストラリアでは?」
 

 
ヘイスト「“Cracker”。オマエは俺を救ったんだぜ! バングバング!オマエ は俺を救ったんだぜ!」
ザック「ニホンゴ。キョーハイイネ。CrackerにBlinderだ。毎日、一つの言葉だぞ。勉強するんだ」
藤田「スタディー……」
ザック「そうだ、Study」
ヘイスト「そうそう、YOSHI-HASHIについてだ。オマエもよくやった。だけど俺は倒してやったぜ。マットに叩きつけてやった。どこまで話したっけ? YOSHI-HASHI、オマエのことはどうでもいい。ゴトーだ。いや、タイトルだ。オレが気にしてるのはタイトルだ。オレが欲しいのはタイトルだ! ヌンチャクスキルを見せてやる! (※ニコルスに向かって)オマエの(しゃべる)番だぜ!」
 

 
マイキー「オーストラリア英語をTMDK流に訳してやろう。TMDKは次のヘビー級タッグチャンピオンになるぞ。俺とシェインは長いことやってきた。タッグリーグを熱くさせてきたんだ。タッグリーグを熟させてきた。オマエたちが探しているのは、最高のタッグチームだろ? 世界で一番のな。俺たちにはザックがいる。このTMDKボーイも。俺たちは最高のチームだ、永遠のな!」
ヘイスト「ヨォッ!」
マイキー「どうだ! 俺はもう行くぞ」
ヘイスト「おまえたちを愛してるぜ」
 

 
ザック「シラナイ。エイゴジャナイ。(俺が)オシエルエイゴハ、ゼンゼンチガウ」
藤田「英語じゃない?」
ザック「オージーエイゴ。オーストラリアエイゴ。タブン、エイゴジャナイ。俺の英語を学べ。OK、行こう。チョットノンデ。あとで」
 

 
藤田「(※最後に1人残って)TMDKに誘っていただいて強くなる。そんなのは当たり前のことで、もう思ってないです。誰よりもあそこ(TMDK)で強くなります。そして、俺はTMDKの手伝い係じゃない。あそこでいろんなものを学んで、ヤングライオン、いや、上のヤツを食って、誰よりも強くなります」
 
 

大岩「藤田がTMDKに入って、俺が選ばれない。そんなん関係ない。俺は俺のやり方で、こっから1から這い上がって、あいつもブッ倒すし、今の新日本の上にいる連中、全員ブッ倒してやる。俺には俺のやり方があるんだ。自分なりのベストな方法見つけて、俺が一番上に這い上がってやる」



 
YOSHI-HASHI「リング上で、見た通り、IWGPタッグのベルトは、俺とごっちゃんで死守。あの新しい『NEW JAPAN WORLD』(TV王座)のベルトは、石井が獲る。俺たち札幌で、ベルト独占してやる。オイ、いいか。この前の『WORLD TAG LEAGUE』、俺たちがTMDKから勝利を収めた。次の札幌(2.5)、あいつらが勝つと思うか? 勝のは、俺たち。防衛だ、防衛」

後藤「2023年、まだまだ始まったばかり。今年は、この俺の20周年の年だ。オマエらなんかに、初っ端、(※肩にかけたベルトを叩きながら)獲られてたまるかよ。TMDK、オマエら、この俺のステップアップのための、まず犠牲にしてやるから」
 

石井「ザック、なに? ストロングスタイルを教えてください? バカ野郎。俺はストロングスタイルなんかじゃねぇんだよ。俺はな、ストロングスタイルの対角線にいるんだよ。ああ、対ストロングスタイルだ。笑わせんな、オイ。サック、新日本でシングルのベルト(巻くの)、初めてらしいな。そうか、ユニットも変わって、これからってとこだな。だけどよ、そうは簡単にいかないぞ。

何年前かといっしょで教えてやるよ。俺がストッパーになってやる。ようし、プロレスでよ、最も盛り上がるのはな、“マジかよ?”って、そういうことが起こることなんだよ。起こしてやるよ。1回戦負けの俺がな、優勝者からベルト獲ってやるからな。敗者復活戦だ、オイ。敗者復活戦。敗者復活が勝ち上がるのが一番盛り上がるんだ」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2024年3月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ