フィールズ Presents G1 CLIMAX 2008 〜HEROES OF SUPREMACY〜

日時
2008年8月13日(水)   18:00開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
2050

第6試合 30分1本勝負
G1 CLIMAX Bブロック公式戦

VS

境界線

  • (1勝1敗=2点)
  • (1勝2敗=2点)
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

吉江は自慢の圧力で永田を押し込み、ローキックも効いていないとアピール。永田がさらに蹴り込むと、吉江はボディス ラムで投げて、ヘッドロックからのショルダータックル。永田が回転エビ固めで飛びつくと、途中で耐えた吉江はヒッププレス。そして助走をつけてのセントー ン。場外エスケープした永田を、エプロンを走ってのフライングボディシザースドロップで追撃する。
 ゆっくりとリングインした永田に、吉江は強烈なアバランシュプレスから逆エビ固め。ロープエスケープした永田はアリキックで吉江の脚を捕え、低空ドロップキックからアンクルホールド。吉江はロープエスケープする。
 永田のエルボーと、吉江の裏拳が交錯した後、吉江がランニングボディアタックを見舞えば、永田はさらに突進してきたところをキャッチしエクスプロイダー。続くエクスプロイダーを潰した吉江は、対角コーナーを背にする永田にランニングしての串刺しヒッププレス。
  永田がミドルキック、ローキックを連打すると、吉江は蹴り脚を掴んで一本背負いの要領で投げる。そして、脚へのランニングボディプレス、変型のレッグロッ ク。ロープへと逃れた永田に串刺しランニングボディアタック、コーナー上からのヒッププレス。さらに、ランニングボディアタック、ランニングボディプレス と畳み掛けるも、永田はコーナーに上がった吉江を捕える。だが、吉江はこれに競り勝ってリングに転落した永田へダイビングボディアタック。
 吉江 は裏拳からコーナーに上ると、永田はフロントハイキックで阻止。そして雪崩式エクスプロイダーを敢行し、シャイニングウィザードからフォール。カウント2 で返した吉江はバックドロップを狙ってきた永田に払い腰。続いて、張り手合戦から永田はカウンターのローキック。そして、ニールキック、串刺しニー、垂直 落下式ブレーンバスターとラッシュ。それでも3カウントを許さない吉江に、永田は突進。吉江がボディアタックではじき返すと、永田はローキック、延髄斬 り、そしてバックドロップからカバー。吉江がカウント2で肩を上げると、延髄斬りからバックドロップホールド。これで今度こそ3カウントとなり、永田が勝 ち点2を獲得した。

COMMENT

永田「手応えというか、まぁ一言で言えば重い。太ったから重くなったというよりは、体重の使い方が強烈になったとい うか。久しぶりにやったけど、吉江とやると毎回別人とやっているみたいに思う。柄にも無く足首というか、膝を攻めてきたのがちょっとビックリした。ああい うのは意外性がありますよね。変な足の一本背負いとか。危うく膝が抜けるところでした。(『“外敵”吉江豊と闘った感想は?』)そういうのはいつも思って 闘っているけど、やっぱり俺自身はもっと別の大きな敵と闘っていますから。このG1が終わるまで“大きな敵”と闘わないといけない。この暑い中、耐久力が 付いて『諦めない』っていう心が生きている。これだけ激しい試合をした後でもね。自分自身の中にある大きな敵と闘っています。(吉江に対して)元同僚だっ たとかね、そういう感情は今の僕には無いですよ。これから5連戦でね、移動もキツいし、そういうのも含めて色んな敵が僕に迫っている。もちろん(対戦)相 手もですけど。永田裕志はレスラー生命というか、全部を叩きつけて闘わなきゃ。(『明日の大阪大会は矢野戦だが?』)いや、別に。そりゃ気を引き締めます けど、脅威は無いですよ。どうせセコンドでも連れてくるんでしょ? いくらでも連れてきなさい。まぁ大きな敵と闘っているし、ああいう人たちが来ると、やっぱり新日本に残って意地を見せているというか。なるべく出さないよ うにはしているんだけど、この間の中邑とかね、やっていてやっぱり感じるというか。残って踏ん張って闘ってきた連中ってのはそうなんだと。そんなの当然の 事なんだけど、闘ってみたり、他の人間の試合を見たりして感じると嬉しいね」

吉江「負けた事よりも勝てなかったって事が問題ですね。1試 合1試合、このG1には出る意味があるから出たんですけど、結果から言えば意味が無くて、もうあとが思いっきりないですよ。でも、試合の事を言わしてもら えれば、つい最近また中西学と出会えて、永田裕志とまた闘える機会が来た。今日は気持ちよかったですよ。ホントに年数は違えど、道場で同じ釜の飯を食って きて、同じ思いをしてきた人間。元気じゃねぇか、永田裕志。またこうやって出会えて、2年(外に)出て変わったとこを見せないといけない。そういうものを 久々にやる選手も、久々に吉江を観るお客様にも見てもらわないと。技や見た目を変えるのは簡単ですよ。内側が変わったところで見る人側には伝わらないか ら。まず最初にDRADITIONを背負ってという、そういう意気込みが違うわけですよ。前は1選手として吉江豊だけを背負って、自分自身が祈って栄光を 勝ち取ればいいし、責任を取ればいい。でも、DRADITIONの吉江豊が出てるわけだから、G1が始まって感謝だ、感謝だ言ってますけど、今日は感謝し ない。今日勝って勢いをつけて、そういうものを見れば自分自身に感謝っておかしな話ですよね。自分を育ててくれた周りの全ての人に感謝だし、それによって 頑張ってこれた自分自身にも感謝だし。G1という大波に久々に緊張を持ちましたけど、常に俺が言ってる『試合を楽しまなくてどうすんだ』っていう。G1っ ていうプレッシャーはあるけど、楽しめてるね。いい結果で楽しみますよ。十分楽しみますよ」

  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年5月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ