Circuit2008 BEST OF THE SUPER Jr.XV 〜FLY HIGH 15th anniversary〜

日時
2008年6月15日(日)   18:00開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
2010

第7試合 時間無制限1本勝負
BEST OF THE SUPER Jr. 優勝決定戦

VS

  • 井上 亘

    結果

  • 結果

    金本 浩二

境界線

※井上がSUPER Jr.初制覇
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

Jr.師弟コンビが、「BEST OF THE SUPER Jr.XV」決勝戦のリング上で対峙。20時38分、運命のゴングが鳴った。

 両者へのコールが大きくなる中、グラウンドでの静かな立ち上がりから、金本のキックと井上のチョップが交錯する序盤戦。
 金本のローリングセントーンをかわした井上はブレーンバスターでリング下に投げ、トペスイシーダを発射。さらにエプロンを走ってのジャンピングニーパットをヒットさせる。
  両者はリングインすると、井上はバックエルボーから脇固め。さらにキーロックと金本の腕を集中砲火。さらに串刺しショルダー、サイドバスター。金本のニー リフトにも怯まずスピアーで突進。そして、トライアングルランサーで捕獲する。金本が脚でロープエスケープすると、井上は腕への低空ドロップキック。さら にコーナー上から金本の腕へジャンピングニー。
 金本は続くトライアングルランサーを上手く避けると、井上の脚を捕獲。アンクルホールドで絞り上 げる。井上がロープエスケープすると、金本は顔面への飛び膝蹴り、それぞれ違う対角コーナーで顔面ウォッシュを2連発。さらに打撃乱射から張り手を見舞う と、井上はかわしてジャーマンスープレックスホイップ。エルボー合戦から顔面の張り合いとなり、両者ダウンの後、金本が執念の張り手1撃。
 井上はキチンシンク2連発、スタガリンブローからフォール。カウント2で返されると、オラシオンフレイムの体勢に入る。これを回避した金本は、井上のミサイルキックを手ではたき、側頭部へのハイキックからアンクルホールド。
  井上は何とか立ち上がって延髄斬りを放つも、金本はかわして再度アンクルホールドで絞り上げる。目の前のロープを掴んだ井上に、金本はローキック連打から ムーンサルトプレス。井上が返すと、ファルコンアローで追撃。井上がこれをカウント1でキックアウトすると、金本は側頭部へのハイキック。さらにレッド シューズ海野レフェリーの静止を無視して蹴散らした後、再びファルコンアロー。だが、海野レフェリーはカウントを取らず。
 ならばと金本はムーン サルトプレスを投下。井上は両膝でブロックするも、さらに脚へダメージを負ってしまう。先に立ち上がった金本はアンクルホールド。すると、井上は下から体 勢を入れ換えてアンクルホールド。ここから金本がアンクルホールド→井上が腕ひしぎ逆十字固めと、切り返し合いが続く。ロープエスケープした金本は変形の レッグロック。すると、井上が腕ひしぎ逆十字固め→金本がアンクルホールド→井上が腕ひしぎ逆十字固めと、またしても壮絶な切り返し合いに。
 金本が脚でロープに触れると、勝機と見た井上はトライアングルランサー。金本は回転エビ固めでこれを切り返す。キックアウトした井上はスピアーを突き刺し、オラシオンフレイム。金本はカウント2.9で肩を上げると、井上はタイガースープレックスホールド。
  金本がこれもカウント2で凌ぐと、井上は2発目のオラシオンフレイム。カバーには行かず、金本の脚を固めて変型トライアングルランサーへ。これがリング中 央でガッチリと極まり、遂に金本がギブアップ。井上が7回目の出場で悲願の「SUPER Jr.」初優勝を果たし、IWGP Jr.と併せてJr.二冠王となった。

 試合後、「SUPER Jr.」表彰式へと移り、各賞が発表された後、井上が優勝インタビューに答えた。
井 上「どうもありがとうございました。もうこの言葉しか出てきません、本当にどうもありがとうございました。(金本との決勝戦は)もう無我夢中で……。今 日、後楽園ホールに応援に来てくださった皆さん、本当にどうもありがとうございました。そして、僕が日頃リングに上がるためにサポートしてくれるみんな、 どうもありがとう。そして、新日本Jr.のみんな、どうもありがとう。金本さん、僕はあなたからプロレスの素晴らしさをいっぱい教えて頂きました。僕は、 自分1人の力では決してここまで上がってくる事はできませんでした。知り合ったみんなに力を分けてもらって、ここまで上がってきました。でも本心なんで す。感謝の気持ちでいっぱいです。これからもどうぞ、新日本プロレスに対するご声援、よろしくお願いいたします」

 大「ワタル」コールの中、「SUPER Jr.」歴代の優勝者と今年の出場メンバーの名前が刻まれた銀色のテープが舞う中、井上はファンにもみくちゃにされながら、1人1人の声援に応え、ゆっくりと引き上げて行った。

各マスコミ賞一覧
日刊スポーツ賞:金本浩二
デイリースポーツ賞:タイガーマスク
東京中日スポーツ賞:田口隆祐
内外タイムズ賞:内藤哲也
レジャーニュース賞:井上亘
Jスポーツ賞:獣神サンダー・ライガー
ペイパービュージャパン賞:内藤哲也
オフィシャル携帯サイト賞:内藤哲也
週刊プロレス賞:高岩竜一

COMMENT

※ファンと歓喜する井上より先にコメントブースへ到着した金本がコメント
金本「あのね、これだけは言わせ て。ライガー、稔、裕次郎、レイヴ、あんな形で終わったけどデヴィット、高岩、AKIRA、タイガーマスク、内藤、田口。もうレジェンドとか、ガ○ジンと か、RISEとか、そんな関係ない。このJr.全員が、今シリーズを作ったから。全員、本当に最高です、俺から見て。でも、1番最高なのは井上亘。はっき り言って、時代は変わったと思う。俺らの時代は終わったと思う。言ってもいい、終わった。本当に井上とか田口とか、内藤、裕次郎、もうそこがトップやな。 俺らの時代は、はっきり言って終わった。でも、弱気とかそんなんちゃうよ。俺らはいつまでも高い壁でありたい。井上、田口、みんなの高い壁になっていきた い。俺のこの年齢でできる事はやり尽くして、壁になる。でも、時代は変わった。ホンマに変わった。あとは、井上に聞いてくれたら。みんな仲間っちゅう、そ れだけ。井上が来たら乾杯するんで」

※ここでコメントブースに到着した井上をライガーや金本、タイガーらSUPER Jr.出場メンバーと、永田や中西らヘビー級の選手が囲み、ビールで乾杯
ライガー「井上君、おめでとう。今日だけノーサイド。かんぱーい!」
井 上「(祝福を受け、優勝カップに注がれたビールを一気飲みして)ありがとうございました。美味しいビールの味がしました。まだ(初優勝した)実感がなく て……。実感が沸いてこないです。まさか自分にこんな瞬間が訪れるとは思いませんでした。自分の人生、凄く充実しています。(『どんな思いで決勝のリング に立ったのか?』)無心でした。ただ闘っていくうちに、金本さんの蹴りや技に凄く気持ちがこもっていて、何年か前、俺が『夢☆勝ち』で闘った時に蹴られて も、蹴られても立ち上がって来いっていうメッセージを受け取った事を思い出しました。(『アンクルホールドを耐え続けたが?』)何度もダメだと思ったんで すけど、去年の悔しさを経験していて、あそこでタップをしてしまったら、この悔しさをまた1年引きずるのかと。金本さんのアンクルで大ダメージを受けて、 まともに歩けないんですが、感じた事のない緊張感を乗り越えたから、今までに感じた事のない達成感を感じています。(後楽園ホールという場所について)後 楽園は僕にとってのデビュー戦の地であり、節目節目で大事な試合が組まれて、ホントに皆さんに暖かく応援してもらい、特別な感情を持てる会場です。去年、 悔しい思いをして、大好きな後楽園で1番になりたいと思いました。メキシコに行っている時も、帰って来て(IWGP Jr.の)ベルトを獲っても、後楽園という場所で自分の全てを来てくださった皆さんに見て頂きたいなと思います。去年、大声援をもらって勝てなくて、今日 は大声援をもらって勝てた。リング上で脚の痛さを忘れるくらい、みんなの笑顔が嬉しくて、自分がなりたかったレスラーに近づけたかなと思いました。(『苦 悩を突き抜けて歓喜に至れたか?』)選手の個性としてマスコミの皆さんが、僕がよく悩んでいるとかを取り上げてくれるんですけど、実際に僕は深刻に悩んで いるというよりは、必ずその先に何かあると思っていて。今日も強敵のタイガーマスクを破って、チャンピオンとしてSUPER Jr.の決勝に立ち、僕のプロレス恩師、先輩、プロレスの素晴らしさを教えてくださった金本さんが(目の前に)立っていて、このシチュエーション、この結 果、僕のプロレス人生悪くないと思います。実感がなくて、ホントに苦しくてきつかったですけど、勝った瞬間からホントに幸せです。でも、この幸せも今しか 噛み締めちゃいけないと思っています。控え室に戻って、シャワーを浴びて、もう次の闘いが待っているわけですから、ますます自分が狙われる存在というか、 自分ももっと上を目指していきたいですし、ますますそういう気持ちです。今、この瞬間だけでもいいんで、この余韻に浸りたいというのが本音です。今日はど うもありがとうございました」
  • facebook
  • twitter

出場選手

  • シリーズ画像 井上 亘
  • シリーズ画像 金本 浩二
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ