ROYAL QUEST Ⅱ

日時
2022年10月1日(土)   16:00開場 17:30開始
会場
イギリス・Crystal Palace National Sports Centre(ロンドン)
観衆
2,137人(札止め)

第8試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合

  • <第96代チャンピオンチーム>

  • <チャレンジャーチーム>

VS

  • キャッシュ・ウィーラー

  • カイル・フレッチャー

  • ダックス・ハーウッド

    結果

  • 結果

    マーク・デイビス

  • ※初防衛戦

境界線

※FTRが初防衛に成功

MATCH REPORT

 ロンドン2連戦、その初日のメインイベント(第8試合)では、IWGPタッグ王者のFTR(ダックス・ハーウッド&キャッシュ・ウィーラー)が、UNITED EMPIREのオージー・オープン(マーク・デイビス&カイル・フレッチャー)を相手に初防衛戦を敢行。
 FTRは7.31テネシー『MUSIC CITY MAYHEM』でアレックス・ゼインとトリオを組み、マーク・デイビス&カイル・フレッチャー&TJPと激突。攻守が激しく入れ替わる中、合体技コリアリスでゼインを撃破したオージー・オープンは、試合後にFTRに対し「オマエらを倒したということは、俺たちが次の挑戦者だ!」と宣戦布告。今回、主戦場とするイギリスでIWGPタッグ初挑戦を果たすことに。高身長ながらも機動力に優れたオージー・オープンが、STRONG無差別級タッグ王座に続きIWGPタッグ初戴冠を成し遂げるのか? それとも小気味いいインサイドワークを武器とする世界屈指のタッグ屋FTRがベルトを守りぬくのか?

 オージー・オープンはSTRONG無差別級タッグのベルトを腰に、気合十分の表情で入場。セコンドとしてグレート-O-カーンがUNITED EMPIREの旗を振りかざしながら帯同する。続いてFTRがIWGPタッグ&ROH世界タッグのベルトを携え、客席も練り歩いてからリングイン。場内は「FTR」コールが巻き起こる。

 ゴング前、場内は「FTR!」と「オージー・オープン!」のコールが交錯する。そして両チームは至近距離で視殺戦を展開。

 先発はハーウッドとフレッチャー。両者はにらみ合ってからゆっくりと動き出すと、まずはロックアップで組み合う。フレッチャーはハーウッドにコーナーを背負わせ、クリーンブレイクと見せかけて胸を突き飛ばす。
 続いてバックの取り合いから、互いにフライングメイヤーでグラウンドに持ち込むも、それぞれ切り抜け、一旦離れる。
 次はウィーラーが登場。フレッチャーはヘッドロックで捕らえるが、ウィーラーは逆にヘッドロックで切り返す。そしてフレッチャーの頭を撫でて挑発。
 フレッチャーはロープに押し込み、再びヘッドロック。ウィーラーはハンマースルーを仕掛けるが、フレッチャーはショルダータックルでなぎ倒す。続いてすばやい技の読み合いから、ウィーラーはファイヤーマンズキャリー、さらにアームホイップを決める。
 ウィーラーはフレッチャーの左腕を締め上げるが、フレッチャーはボディスラムで切り返す。スイッチしたデイビスは突進するも、ウィーラーはカニバサミで転倒させる。そしてウィーラーはハーウッドと交代。
 デイビスはハーウッドをロックアップでコーナーまで押し込み、強烈な逆水平チョップを連発。その衝撃でハーウッドの胸板からは出血が見られる。
 ハーウッドも負けじと逆水平チョップで応戦。だが、デイビスは逆水平チョップで後退させ、ボディスラムからセントーンをお見舞い。そしてクラウンズアップのポーズをしながらカバーするが、ハーウッドはカウント2でキックアウト。
 続いてスイッチしたフレッチャーは打撃で攻めるも、ハーウッドも逆水平チョップからブレーンバスター。さらにギロチンドロップを決めてカバー。フレッチャーがカウント2ではね返すと、ウィーラーと共にすばやい動きで連携のエルボードロップ。
 ウィーラーはフレッチャーにエルボースマッシュを連発。するとフレッチャーは自軍コーナーに運び、スイッチしたデイビスと二人がかりで攻める。しかし、ウィーラーは自力ではねのけ、デイビスに逆水平チョップから串刺しエルボーを連発。だが、二発目はフレッチャーがデイビスの手を引っ張って回避する。
 するとハーウッドが場外で襲いかかるが、デイビスは抱え上げる。そしてフレッチャーもウィーラーを抱え上げ、二人を鉢合わせで叩きつける連携攻撃。
 フレッチャーはウィーラーに場外で逆水平チョップ。そしてリングに戻すと、デイビスがハンマースルーでコーナーパッドに叩きつける。腰を強打したウィーラーは転倒。さらにデイビスはロープを用いてウィーラーの喉を痛めつける。
 スイッチしたフレッチャーに対し、ウィーラーは逆水平チョップを連発。さらにバックドロップを決め、自軍コーナーに戻ろうとするが、デイビスが阻止。デイビスはウィーラーにセントーンを3連発してカバー。
 ウィーラーが返すと、デイビスはスリーパーで捕獲。ウィーラーはパンチで切り抜け、前方回転エビ固めを仕掛ける。しかし、デイビスはこらえて回避。そしてフレッチャーにスイッチ。
 フレッチャーは相手コーナーのハーウッドにパンチ。するとハーウッドもパンチで応戦し、乱打戦に。ハーウッドが競り勝つも、デイビスが場外に引きずり込み鉄柵に叩きつける。
 リング上、ウィーラーがフレッチャーにバックドロップ。すると、フレッチャーはデイビスにスイッチ。デイビスはセントーンを連続で繰り出すが、どちらもウィーラーにかわされてしまう。
 もう一度フレッチャーがスイッチし、まずは相手コーナーのハーウッドにジャンピングキック。だが、ウィーラーがフレッチャーをバックドロップの体勢で捕らえ、ロープに投げつけてから、もう一度捕らえてコーナー最上段に設置。そしてウィーラーは雪崩式バックドロップを炸裂する。
 ウィーラーはスイッチしようとするが、手を伸ばしたハーウッドを、場外からデイビスが足を引っ張って阻止。そして、フレッチャーがウィーラーに串刺しのレッグラリアットを決め、ブレーンバスターを炸裂。だが、カバーはウィーラーがカウント2でキックアウト。
 スイッチしたデイビスはウィーラーに逆水平チョップを連発。そしてロープに走るが、ウィーラーはカウンターのエルボー。続いて自軍コーナーに戻ろうとするも、デイビスとスイッチしたフレッチャーが足を引っ張って妨害。だが、ウィーラーはジャンプしてようやくハーウッドとスイッチ。
 ハーウッドはフレッチャーにパンチを連発。さらにデイビスにもパンチをお見舞い。フレッチャーはハンマースルーを仕掛けるが、ハーウッドはスキをついて首固めで丸め込む。フレッチャーが返すと、ハーウッドは後方回転エビ固め。これもカウント2で跳ね返されると、ハーウッドはセカンドロープからフライングクロスボディを決める。フレッチャーは必死にカウント2でキックアウト。
 ここでデイビスが襲いかかるも、ハーウッドはリストをつかんでショートレンジラリアット。デイビスはこらえるが、ハーウッドは意地のショートレンジラリアットでダウンを奪う。
 続いてハーウッドはフレッチャーと激しいバックの取り合い。フレッチャーは首固めを決めるが、はねのけたハーウッドはフレッチャーにジャーマンを連発。しかし3発目は、デイビスがフレッチャーの両手をつかんで阻止。すると、ウィーラーがハーウッドの肩を跳び箱の要領で飛び越え、デイビスの腕に落下して分断。すかさず、ハーウッドはフレッチャーにジャーマンスープレックスを決めるが、カウントは2。
 ハーウッドはエプロンのデイビスに襲いかかるも、デイビスは回避。すかさずフレッチャーがハーウッドにフロントキック。そして、オージー・オープンはハーウッドに連携のハイキックから、合体スタナー。だが、カバーはハーウッドがカウント2でキックアウト。
 するとオージー・オープンはウィーラーに合体技を狙うも、ウィーラーがカット。そしてウィーラーは突進してきたオージー・オープンをうまく場外に追いやり、二人目掛けてトペ・スイシーダを炸裂。
 FTRは場外でオージー・オープンを捕獲。だが、フレッチャーはウィーラーの腰をエプロンに打ち付ける。ハーウッドはデイビスの頭部を鉄柱に叩きつける。だが、デイビスはハーウッドをシーソーホイップで鉄柱に打ち付けて反撃。
 デイビスは顔面から出血の見えるハーウッドをリングに投げ入れる。ハーウッドはチョップで反撃するが、デイビスは強烈なエルボー一発でダウンを奪う。
 続いてデイビスはハーウッドをスピニングアルゼンチンバックブリーカーで叩きつけてカバー。しかし、ハーウッドはカウント2でキックアウト。
 ならばとオージー・オープンは合体技を狙うも、ウィーラーがコーナー最上段からデイビスにフライングボディアタック。そしてハーウッドがフレッチャーにロープの反動を利用したシットダウン式パワーボムを炸裂。だが、これはカウント2。
 ならばとハーウッドはフレッチャーをコーナー最上段に設置し、逆水平チョップを連発してから雪崩式攻撃を狙う。だが、フレッチャーは回避し、デイビスにスイッチ。
 デイビスはハーウッドに雪崩式ブレーンバスターを炸裂。すかさずフレッチャーがダイビングボディプレスを繰り出すが、ハーウッドは膝で迎撃。するとウィーラーもダイビングボディプレスを放つが、負けじとデイビスが膝で迎え撃つ。
 そしてデイビスはウィーラーをラリアットで排除。返す刀でハーウッドにも繰り出すが、フレッチャーに誤爆してしまう。ハーウッドはデイビスに逆さ押さえ込みを決めるが、これはカウント2。
 そして、デイビスは延髄斬りで反撃するも、技の読み合いからハーウッドがデイビスをパイルドライバーで持ち上げ、ウィーラーがそこに飛びついてアシスト。しかし、カバーはフレッチャーがカットに入る。場内は両チームの壮絶な攻防に、総立ちで拍手を送る。
 フレッチャーはハーウッドをトラースキックで場外に追いやる。そして場外でIWGPタッグのベルトを手にすると、リングに持ち込もうとするが、ハーウッドが阻止。スキをついてウィーラーがデイビスに後方回転エビ固め。だが、デイビスがはねのけると、その勢いでウィーラーはフレッチャーのベルトに頭をぶつけてしまう。すかさずデイビスはウィーラーをカバーするが、これはカウント2。
 すると、フレッチャーがコーナー最上段から場外のハーウッドに向けてムーンサルトアタックを敢行。そしてオージー・オープンはウィーラーに合体のシットダウン式パワーボムを炸裂。しかし、カバーをウィーラーは必死にカウント2でキックアウト。場内は「FTR」コールに包まれる。
 ならばとデイビスはウィーラーを担ぎ上げるが、ウィーラーは脱出。そしてフレッチャーに熨斗紙を決めてカバー。しかし、カウントは2。
 ウィーラーは低空ドロップキックでデイビスを場外に追いやり、ハーウッドに交代。フレッチャーもデイビスとスイッチする。
 ハーウッドはデビッドに強烈なエルボー。デイビスも重い逆水平チョップで反撃する。ここから流血混じりの両者は、死力を振り絞って激しいエルボー合戦。
 スキをついてハーウッドはデイビスの足を刈ってシャープシューターを決める。ウィーラーもフレッチャーをシャープシューターで捕獲してアシスト。その状態で、フレッチャーが味方のデイビスの顔面に張り手で気合いを入れると、デイビスはなんとかロープエスケープ。
 ならばとFTRはデイビスにダブル攻撃を狙うも、フレッチャーが阻止。そしてオージー・オープンはハーウッドに合体のコードブレイカーを炸裂。しかし、カバーはカウント2。
 ここでフレッチャーがウィーラー、デイビスがハーウッドと、同時にエルボー合戦に突入。競り勝ったオージー・オープンはショートレンジラリアットでFTRをなぎ倒す。そしてオージー・オープンはハーウッドにコリアリスを狙うが、ウィーラーがカット。
 そしてウィーラーは突進してきたフレッチャーを場外にうまく排除。続いてFTRはデイビスにダブルのリープフロッグから、カウンターのビッグリグを炸裂。すかさずウィーラーがデイビスをカバーし、ついに3カウントを奪取。FTRが死闘を制し、IWGPタッグ初防衛に成功した。

  • facebook
  • twitter

出場選手

  • シリーズ画像 キャッシュ・ウィーラー
  • シリーズ画像 ダックス・ハーウッド
  • シリーズ画像 カイル・フレッチャー
  • シリーズ画像 マーク・デイビス

EVENT CALENDAR

2024年2月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
かんたん酢
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ