AGGRESSIVE

日時
2008年5月2日(金)   18:00開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1850

第7試合 30分1本勝負
永田裕志復帰戦 〜新日本プロレス vs ZERO1-MAX〜

VS

  • 金本 浩二

  • 日高郁人

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

脳に異常が見つかり、後藤戦をキャンセルした2/17両国大会から約2ヵ月半。ファンが待ちわびた永田の復帰戦が、メインイベントで実現。その相手は、田中率いるZERO1勢となった。

バルコニーに「永田はじまります 復活祭」と書かれた横断幕が広げられ、永田の名前が書かれたボードを多くの観客が掲げる中、大「永田」コールで迎えられた永田は、復活のリングへ。客席では実弟の克彦が、兄の復帰戦を見守る。

ゴングを待たずして、両軍は攻防を開始。中西、金本、崔、日高が場外で闘いを繰り広げる中、リング上では永田と田中がエルボー合戦。永田が強烈なニーリフトでこれを制する。そして、日高を退けた金本がリングに戻り、永田とのダブルミドルキックを田中にお見舞いする。
田 中にスイッチさせず、永田、金本、中西は代わる代わる攻撃を仕掛ける。そして、永田は、得意のショルダーアームブリーカー。田中がエルボーで抵抗してくる と、もう一折りして田中の腕にダメージを与える。さらにスピアーで突っ込んできた田中を上手くキャッチし、グラウンドへ持ち込んでナガタロックIIも披 露。復帰戦ながら、好調なところを見せる。
だが、中盤に入ると、ZERO1は金本をターゲットに絞り、試合を優位に進める。田中にブレーンバスターで場外へ投げられたのをきっかけに、金本は失速。田中は、場外戦で金本を何度もイスで殴打する。
そして、崔は金本に攻撃すると見せかけて、エプロンに控える永田にドロップキック。怒った永田はイスを手にリングヘ行くが、田中に後退させられてエプロンに下がる。
その後も金本は集中攻撃を受け、田中に足4の字固め、日高にはスピニングレッグロックと、足を集中的に攻められる。
田中は、垂直落下式ブレーンバスターで金本をマットに叩きつけると、コーナー最上段からスーパーフライでダイブ。だが、金本は両膝を立ててブロックし、強烈なミドルキックから顔面ウォッシュで田中に反撃。永田とタッチする。
永田は、日高と崔をエプロンから落とし、田中にミドルキック3連射、串刺しフロントハイキックからのエクスプロイダー。この直後、すぐに立ち上がってエルボー連打で田中が応戦してくると、フロントハイキック、キチンシンクで黙らせる。
永 田が、ブレーンバスターの構えで田中を持ち上げると、ここで崔が阻止。この崔を永田はエルボーで一蹴するが、この隙を田中に突かれ、垂直落下式ブレーンバ スターを2連続で食らう。ところが、永田は3発目を狙った田中を逆にマットへ叩きつけて応戦。これで両者はダウンし、先に立ち上がった田中は崔にスイッチ する。
崔は、ミドルキック連打、ブレーンバスターで永田を攻め、ロープへ走る。すると、永田は腕を取り、“白目をむきながら”の腕固め。それと同時に、金本が日高をアンクルホールド、中西が田中をアルゼンチンバックブリーカーで捕獲し、永田をアシストする。
だが、中西のアルゼンチンバックブリーカーから脱出した田中がカットし、崔を救出。永田は後退し、中西に勝負を託す。
崔 は、中西にシドマス。しかし、カウント2で肩を上げた中西は、コーナー最上段に乗った崔をデッドリ−ドライブで投げ、ラリアットからカバーへ。これは田中 にカットされるが、1人で田中と日高を後退させる。さらに中西がネックハンギングツリーで崔を吊り上げると、金本がミサイルキックを合わせて崔をマットに 叩き付ける。そして、中西は崔をカバーするが、崔は下から三角絞めを極めて逆襲。
だが、中西は三角絞めを極められたまま、崔を持ち上げてパワーボムで脱出。そして、アルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げる。ここで日高がカットに入ると、中西はフロントキックで一蹴し、そのままヘラクレスカッターを崔に炸裂させ、激勝した。

試合後、田中は永田にZERO1のロゴが書かれた大きな旗を振りながら、堂々と退場。
田 中らが去り、マイクを持った永田は「今日はどうもありがとうございました!」と、声援を飛ばしてくれたファンに感謝の言葉。そして、「キレイに締めたいと ころだけど……こんなんじゃ、全然ものたりないよ! もっとインパクトがほしかった。皆さん、俺が帰ってきたからには何の心配もありません。これからも新日本プロレスをよろしくお願いします!」とアピール し、客席をぐるりと1周。大歓声の中、花道で揉みくちゃにされながら控え室へ戻った。

COMMENT

永田「やっぱり久しぶりなんで緊張しましたよね。正直言って、もう少し手強いのが来ると思ったんですけど、ちょっと 物足りなかったですね。体調は凄く良かったんですけど、こういうブランクってあまりないので。なんか新弟子の試合をやりはじめの頃に緊張したような。た だ、やっぱり金本、中西両名が、いきなり帰ってきていいところは取らしてくれないなって。そんな物分かりのいいパートナーじゃないし、それは闘いで面白 い。そういうのを突き破って、俺と田中はもっとぶつかりたかったなって。まぁ、向こうは体格的に劣るからそういう戦法をするのかもしれないですけど。 まぁ、小手先かなと。もうちょっとガッチリ受けたかったなって。1発目じゃ、しょうがないか。(『苦しかった場面は?』)それが無いんですよ。技1つ1つ は効きますけど、でも体が覚えてますよ、そういうダメージは。そういうものを超越したものっていうのは無かった。(『頭部へのダメージは?』)違和感は無 かったですね。それを怖がっていたら、リングに上がれませんし。改めて、そういう覚悟を持って、もう2度とリングに上がれないという辛さよりは、強烈な打 撃を受けると痛いんですけど、嬉しいというか。そういう感じに見舞われましたね。やっぱり今の新日本プロレスの状況が状況だけに、対外的に星を落とす機会 が多い中で、僕は欠場中、自分自身が歯がゆかった。俺がしっかりしなきゃなと思うところがありました。まぁ、田中将斗ともやる機会があるでしょう。周りに 色々な闘いの構図がある中で、あんまりストレートに出来なかったのが残念なので、それは今後の楽しみという事で。ただ最後に、(ZERO1-MAXには) 僕が出てきた事を後悔させますよ。まぁ、色々と僕の体を心配くださっていますけど、会社の方は。徐々に闘いの構図を鮮明にしていってから、色々と。やっぱ り、今日みたいに超満員になってお客さんの熱が高い。永田に期待する声があるという事で、お客様に嘘はつけないなと。新日本が一番強いというイメージを 持ってファンが応援してくれる、そういうのに対して嘘をついちゃいけないし、新日本を応援していて良かったなと思わせなきゃいけない」
※中西、金本はノーコメント

田 中「まだまだ物足りないとか、上から目線でもの言うとんのぉ。それが新日本のプライド? メジャーのプライド? ミスターIWGPと呼ばれた男のプライドやろ。それぐらい確かにかましてくれんと、やる意味ないと思っとるさかい。まぁ、オモロイ人間が対抗戦に入って来 た。それだけやね。金本も中西も、まだまだ俺とやりたいんやろ。永田もそうやろうよ。裕次郎は(5/10 ZERO1)大阪で俺を殺すって言っとったな。殺してみろっつうんだ。新日本で俺と当たった人間が、どんだけ俺の名前を出しとんねん。それが全てちゃう か? やる相手やる相手、俺に必死に食らいついてくるやん。それが結果やろうが。俺らが新日本プロレスに来て、出している答えやろ。それが俺らがここに上がって いる全てやと思う。やりがいがある、やられて悔しい。えらい口叩いとっても、気になるから俺の名前を出すんやろ。永田が今、『俺が帰って来たから新日本は 大丈夫や』みたいな事を言うとったけど、じゃあ永田が帰って来るまでは、俺らに汚染されとったって事やろ。それは永田が言葉で示しとるやん。まぁ、永田が 絡んできて、どうなるかこれから楽しみやけど、裕次郎も田口も俺とやりたいと言うとるんやったら、また片っ端からやったろうやないか」
日高「本当、田中さんの言う通り。永田裕志、今日で終わらせる言うといて。まだまだZERO1とやりたいんやろ。新日本内の闘いに刺激がないから、ZERO1とやりたいんちゃうんかい。どんどん来たらええやんけ。俺らどこまでやられても終われへんからな」
田 中「アイツの復帰戦で、あれだけ持ってかれて、確かにおもろないよ。おもろないけど、新日本プロレスのファンが、あれだけ応援してくれへんかったら、俺ら 敵地まで乗り込んだ意味っつうもんがないっちゅうねん。今度、永田をリングの上に這いつくばらせて、あのプラカードを持っているヤツらが悔しくて悔しくて たまらん状態に、必ず俺が持っていったるから。アイツ、病み上がりだけど、1発1発は凄いモンを持っとる。まだ練習やり始めなのかどうかは分からんけど、 また本調子になって、今が100%っていう時に、一騎打ちでもやったるから。誰も言い訳できへん状態でやんのが一番オモロイんちゃう。やりがいのある相 手、永田も中西も金本も。そういうのがあったら、どんだけでも意地の張れる試合が出来るんちゃう」
日高「田口もあのへんなダンス、2度と出来へんように、膝ブッ壊してやるから。楽しみに待っとけ」
※崔はセコンドの肩を借りて控え室へ
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ