Circuit2008 NEW JAPAN CUP 〜Who is the highest〜

日時
2008年3月21日(金)   18:30開場 19:00開始
会場
千葉・千葉ポートアリーナ
観衆
2500

第8試合 30分1本勝負
〜CRASH II〜 スペシャルタッグマッチ

VS

  • 蝶野正洋

    結果

  • 結果

    プリンス・デヴィット

  • 藤波辰爾

  • 中邑 真輔

境界線

レフェリー|タイガー服部

MATCH REPORT

メインイベントのリングアナウンサーとして堀川りょうさんが登場。まずは、今大会のプロモーターである蝶野が大歓声を浴びながらリングイン。後から入場してきた長州、藤波にブラックテディベアを進呈した。

中邑と藤波のマッチアップで試合開始のゴング。腕の取り合い、グラウンドと続き、首4の字固めを極められた中邑は倒立から脱出し、藤波の脚を軽く叩いてクリーンブレイク。
ポートアリーナ内から大「蝶野」コールが起きる中、蝶野は後藤をグラウンドでロープエスケープさせる。ここでスイッチした長州がサソリ固めの体勢。これを阻止した後藤に、藤波がカニ挟みからサーフボードストレッチ。
蝶野対中邑となり、中邑がブレーンバスターからカバー。キックアウトした蝶野は逆片エビ固めで捕獲。これをデヴィットがカットすると、後藤が串刺しストンピング、デヴィットがドロップキック。
蝶野も負けじとデヴィットに藤波との合体バックエルボーを見舞い、長州がブレーンバスター。そして、脚にしがみ付いてくるデヴィットにストンピングを叩き込む。
蝶野対後藤となり、後藤はブレーンバスターからスリーパーホールド。蝶野はこれを脱出して、長州とスイッチ。長州がボディスラムで後藤を投げると、すかさず藤波がダイビングニードロップを投下。さらに蝶野が、ヘッドバット、顔面かきむしり、ゴッチ式パイルドライバーと畳み掛ける。
だが、すぐに立ち上がった後藤はラリアット。立ったまま耐えた蝶野はケンカキック。しかし、これを耐えた後藤がラリアットで反撃。蝶野はギリギリのところで踏みとどまり、ケンカキック一閃。そして、エルボー合戦となり、後藤がラリアットで今度こそ蝶野を倒す。
タッチを受けた中邑は蝶野にパワースラム、アバランシュホールド。だが、蝶野もカウンターのマンハッタンドロップで叩きつけ、長州の元へ。
長州は早々にリキラリアットを狙うが、中邑はこれをキャッチし飛びつき腕ひしぎ逆十字固めへ。デヴィットが藤波を足4の字固め、後藤が蝶野をコブラツイストで押さえる中、長州は自力でロープエスケープ。すると中邑は、後藤たちと共に長州へトレイン攻撃を敢行し、ゼロ戦キック。だが、場外にいた蝶野は、後藤のプランチャを回避。
終盤、デヴィットがダイビングフットスタンプを投下するが、長州は間一髪のところでかわす。勢い余って飛び込んできたデヴィットを藤波がドラゴンスリーパーで捕獲。さらに、これをカットに来た中邑の脚をキャッチし、ドラゴンスクリュー。そして、長州が中邑にリキラリアット。孤立したデヴィットに蝶野がダイビングショルダー、藤波がドラゴンスクリュー、長州がリキラリアット。最後はシャイニングケンカキックが炸裂し、黒のプロモーターがメインイベントを締めくくった。

COMMENT

試合後、マイクを握った蝶野は「オイ、千葉! お前ら黙って俺らについて来い、オラ。それからもう1人、付いて来い。ZERO1-MAX佐藤耕平、上がって来い、コラ!」と、佐藤を呼び込む。スーツに身を包んだ佐藤が登場しエプロンに立つと、蝶野は新日本のリングに上がる覚悟があるのかと尋ねる。佐藤がリングインすると、「オイ、一緒にやるか? ブッ潰すぞプロレス界」と呼びかけ、2人はガッチリと握手。そのまま同じコーナーへと引き上げて行った。


長州「よく上がったな、(佐藤)耕平。今、上がんなかったら、お前はないよ。ZERO1(-MAX)もない。そういう状況なんだ。よく上がった。闘うかもしれないし、思いっきりやろう(と言って佐藤と握手)。蝶野、よくやった。頼むぞ。半端だったら、もう終わりだ(と言って蝶野と握手)」
蝶野「藤波さん、新日本の今のチャンピオンはあんなもんです。言っちゃ悪いですけど、藤波さんのところの吉江(豊)だったり、大谷(晋二郎)だったり、コイツら本当はプロレス界で今、時代を背負っていかないといけない。はっきり言って、コイツらは時代を背負う努力が出来てないよ。それを待っていたら、(佐藤を指して)コイツらも出てこない。首を切っていかないと。出来ねぇヤツは切り捨てないと。色んな役割があるからよぉ」
長州「まぁ耕平も今日、こういう状態で新日本のリングを跨いだし。耕平、勝ち負けは関係ないんだ。お前たちのやることは思いっきりリングでぶつかり合うことだ」
佐藤「ハイ」
長州「今、吉江とか名前が出ているけど、俺たちも一切関係ない」
蝶野「俺は藤波さん、長州さん、先輩の生き様を見てきている。それを背負うだけのもの、覚悟を持っている、団体のエースという人間は。真輔もそう。それがないと本当におかしくなるよ。俺だって時間がないんだ、そんなに。もう動きましょう」
長州「頼むぞ」
蝶野「分かりました(と言って藤波、長州と握手。そして、佐藤も含め4人で手を合わせる)」
長州「お前にとってはチャンスだ」
佐藤「ハイ」
長州「山を作って動かすのはお前たちだ(と言って、藤波、蝶野と共に控え室へ)」
佐藤「今日は個人的に来ただけなんで。別に呼ばれたわけでもなく。長州力、藤波辰爾、蝶野正洋っていう3人が組む。なんか面白いことが起こるんじゃないかと思って、1人で観に来ました。自分自身は、(蝶野たちに)何と言われようと、面白くやっていくだけ。自分の面白いと思った方向に動くだけなんで。(新日本とZERO1の対抗戦について)俺は対新日本の意識が元々ないですからね。今、ZERO1と新日本でやってますけど、俺は今ZERO1(所属)じゃないし。自分の面白い方向に動いているだけであって。まぁでも、レジェンドと呼ばれる人たちと、今のチャンピオン(中邑)。やっぱりあんなものなのかなっていう。それだけ差があるのかなと。だとすれば、レジェンドの背中を追いかけるのもありかもしれないけど、逆にくっ付いている方が面白いかなという気がします。できないでしょ、団体だなんだって言って。自分から動こうとする気がないヤツらばっかりだから。やる気があって面白いことがあるなら、自分から来ればいいだけの話だし。俺はそれを行動に移すだけだから。まぁこれからでしょうね、どうなるかは。大先輩3人でああやって言ってくれたんで、なにか面白いことが起きますよ、絶対に。起きるというか、起こしてみせます」

中邑「(『藤波選手とは初対戦でしたが?』)もちろん敬意は持っていますよ。でも、リングに上がれば別。まぁ、外に出て行って、『改革、改革』って言った人だから。俺らは新日本の中にいてね。そっちの方が苦しいよ。まぁ、リングの上ではもっとやることが増えるんじゃないですか。今日なんか天山、永田の世代を通り越して、もしくはその上を通り越して、僕ら27歳、28歳の人間がレジェンドと闘っている。越せば、誰も文句は言わない。勝って、文句は言わせませんよ」
※後藤、デヴィットはノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

  • シリーズ画像 蝶野正洋
  • シリーズ画像 長州力
  • シリーズ画像 藤波辰爾
  • シリーズ画像 プリンス・デヴィット
  • シリーズ画像 後藤 洋央紀
  • シリーズ画像 中邑 真輔

EVENT CALENDAR

2022年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ