Circuit2008 NEW JAPAN ISM

日時
2008年2月9日(土)   17:30開場 18:00開始
会場
栃木・宇都宮 清原体育館・サブアリーナ
観衆
1100

第7試合 30分1本勝負

VS

  • 中邑 真輔

    結果

  • 結果

    飯塚 高史

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

2月17日両国大会での一騎打ちを控えた永田対後藤で試合開始のゴング。永田の張り手を皮切りに一気に激しくなり、後藤がエルボーから場外の永田にプランチャ。さらにエプロンに立った永田へドロップキックを放つ。
中 邑対飯塚となり、両者はグラウンドで目まぐるしいバックの取り合いをした後、中邑がエルボーからニーリフト。すると、飯塚もビクトル式膝十字固めで応戦。 脱出した中邑は延髄斬り、ミドルキック。すると飯塚はこれをキャッチし、アンクルホールドへ。だが、中邑も下から体勢を入れ換えてアンクルホールドで飯塚 を極め返す。
永田対後藤の場面、永田は気合い十分の串刺しストンピング乱打からショルダーアームブリーカー。だが、2発目は後藤が顔面かきむしりで阻止する。
タッチを受けた中邑は後藤との合体ショルダータックルを永田に浴びせ、逆片エビ固め、STF。永田はロープエスケープすると、脚へのニードロップを投下し、後藤がサッカーボールキック、チンロック、ドロップキック、逆片エビ固めで続く。これは飯塚がカット。
永田は中邑とのエルボー合戦からフロントハイキックで反撃。さらに後藤をリング下に落とすと、中邑も永田にドロップキックをお見舞い。
永 田対後藤の場面、永田は後藤のブレーンバスターを阻止しミドルキック連打。それをキャッチした後藤は脚へのエルボースタンプからエルボー合戦となり、張り 手、追いかけてのラリアット。これをかわした永田がエクスプロイダーで投げると、続く串刺しニーは後藤がかわして、串刺しラリアットでお返し。
コーナーに上った後藤を永田が捕らえると、中邑が出て来て永田を抱え上げ、アバランシュホールドで叩き付ける。そこへ後藤がダイビングエルボードロップで急降下。牛殺しは飯塚がカットすると、永田は後藤に垂直落下式ブレーンバスター。
タッチを受けた飯塚はエルボー連打。だが、後藤は飯塚を追いかけてラリアットを浴びせ、中邑とスイッチ。
中邑はニーリフト連打。すると、飯塚は回転十字固めの要領で中邑に飛びついてナガタロックIIからの脇固めで中邑の左肩を攻撃。さらに串刺しジャンピングエルボー、ブリザードスープレックスと畳みかけ、バックを取りに来た中邑に再度脇固め。
こ れを脱出した中邑はパワースラムで反撃。だが、飯塚は一瞬のスキを突いてスリーパーホールド。そのまま胴絞め式に移行するが、ここは後藤のカットが間に合 う。そして、飯塚にエルボードロップを2人同時に落とし、後藤が串刺しラリアット、中邑がキチンシンク。永田がリングに飛び込んで中邑にシャイニングウィ ザード。
混戦の中、リング上では飯塚が中邑にスリーパーホールド。中邑は前方に投げ捨てて脱出し、電光石火の飛びつき腕ひしぎ逆十字固め。ここは永田のカットが何とか間に合うも、後藤が永田に昇天を炸裂させてナガタロックIIで捕獲。
最後は中邑がドロップキックからのランドスライドで飯塚を仕留めた。

試 合後、中邑は「2月17日両国で、俺がこのIWGPともう1つのIWGPを統一する。これからも中邑真輔とRISEの応援をよろしくお願いします」とマイ クアピール。最後は会場の「後藤」コールに応える形で「次の両国、永田戦、新旧交代させてやるからお前ら楽しみしておけよ。これからの新日本、俺と中邑、 いや、RISEが引っ張っていく!」と後藤がマイク。大声援の中、2人は意気揚々と引き上げて行った。

勝利者賞贈呈:法人後援会株式会社ウスイ産業

COMMENT

後藤「永田のノビた姿を見ただろ? あれが両国での永田の姿だ。まぁ、いい予行練習というか、イメージが湧きましたよ。永田が白目をむいてひっくり返っている、そのいいイメージが今日できた ので、今度はシングルでその光景を皆さんに見させてあげますよ。新日本は、この俺ら新世代が、そしてこのRISEが引っ張っていくから。よく見ておいて下 さい」
中邑「両国まで数えてあと2試合。自分のコンディションは日に日に上がっていっていますよ。カート・アングルがどう来ても、自分の闘いは崩 さないようにやっていくつもり。RISEというチームになって、勢いがつきました。名は体をあらわすじゃないですけど、そういう意味を込めたチーム名です から。まぁ(トラヴィス・)トムコが不穏な動き(負傷欠場)をしていて心配ですけど、それでもチームにはヘビータッグ、Jr.タッグ、IWGPヘビーのベ ルトがある。あとはJr.シングルだけ。(シリーズを欠場している)ロウ・キーに獲ってもらう予定だったけど、デヴィットでも稔選手でも挑戦して獲ればい いじゃない。(負傷していた左肩について)痛くないっていったら、嘘になるかもしれないですけど、この程度じゃ試合に影響するとか、しないの問題じゃない ので。最終的には心の問題になると思うので、問題ないです」

永田「ナガタロックIIなり、エクスプロイダーなり(を後藤が使ってきて)、 なんか凄く意識されているのが分かりますよ。今日はタッグマッチだったけど、洋央紀とできるだけ多めに当たりたかったのでね。攻めさせながらできるだけ多 く当たってきたけど、ちょっとあまりゆとりを持って攻めさせるのは危険だなと。そういう重さを洋央紀から感じましたね。まぁ(1/27)後楽園で洋央紀を 軽くバックドロップであしらって、ちょっと精神的にどうなのかなと思ったけど、あの勝利が洋央紀に火を点けたかな。だから両国が楽しみですよ。徹底的に全 てをぶつけて勝負できそうですね」
※飯塚はノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ