Circuit2008 NEW JAPAN ISM

日時
2008年1月27日(日)   18:00開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
2005

第6試合 60分1本勝負
IWGP Jr.タッグ選手権試合

  • (挑戦者組)
  • (王者組)

VS

境界線

※挑戦者組が第19代IWGP Jr.タッグ王者となる
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

以前からIWGP Jr.挑戦を口にしていたライガーとAKIRAは放送席に陣取り、この一戦に視線を向ける。

デヴィットはTAKAにエアプレンスピンを決めた直後、東郷にはジャイアントスイング。観衆を沸かせるが、デヴィットはもちろん目を回した。
そんなデヴィットは、中盤に入ると王者組から集中攻撃される。ダメージを負いながらも、変型バックブリーカー、オーバーヘッドキックでTAKAになんとか反撃し、稔とスイッチする。
稔は、TAKAの蹴り足をキャッチすると、その足をなんと海野レフェリーに持たせる。海野レフェリーが足を持ちつつ驚いている間に、TAKAへドロップキックを浴びせ、救援に入った東郷にもドロップキック。
そ の後、稔は、TAKAに飛びつき腕ひしぎ逆十字固め。TAKAが上から押さえ込んでフォールを狙うと、カウント2で返してTAKAの腕を再び絞る。しか し、TAKAもジャストフェースロックで対抗し、稔の顔面を捕獲。なんとかロープへ逃れた稔は、激しいエルボー合戦の中でTAKAの腕を受け止め、顔面か きむしりから正面飛びドロップキック。しかし、TAKAもすぐにドロップキックでお返しし、両者ダウン。共に自軍コーナーへ下がり、それぞれパートナーに 勝負を託す。
東郷は、リングインするとすぐにデヴィットへラリアット。しかし、デヴィットもエプロンからの延髄斬り、スワンダイブフットスタンプ で応戦。そして、いつものように「ブレ〜ンバスタ〜!」と叫ぶが不発。今度は、東郷が「ブレーンバスター」とアピールする。だが、デヴィットは投げられる と背後に着地し、東郷の足を取って足4の字固め。東郷は苦しい表情を浮かべながらも、自力でロープエスケープする。
コーナーへハンマースルーされ たデヴィットは、セカンドロープに飛び乗り、対角線上に走ってきた東郷の攻撃をかわす。しかし、東郷はそのデヴィットがマットに着地したのを見計らって丸 め込み、ジャストフェースロックへ。そして、TAKAも稔をジャストフェースロックで捕獲。だが、これはデヴィットがロープエスケープする。
東郷 は、デヴィットにペディグリーをお見舞いし、ダイビングセントーンを狙う。ところが、稔がこれを阻止。救出されたデヴィットは、場外の東郷とTAKA目掛 けてなんとコーナー最上段からトペコンヒーロ。そして、東郷をリングに戻し、ダイビングフットスタンプを放つが、東郷はこれを回避。東郷は、TAKAのト ラースキックから、ラリアットでデヴィットをカバーするが、カウントは2。
TAKAが稔をジャストフェースロックで捕獲する中、東郷はデヴィット にダイビングセントーン。これは、TAKAを振り切った稔がなんとかカットする。観衆から「レッツゴー デヴィット!」という歓声が飛ぶ中、東郷はデヴィットに雪崩式ペディグリーを見舞おうとする。だが、稔が阻止し、東郷を肩車の状態に持ち上げる。すると、 そこへデヴィットがミサイルキックを発射。そして、ダイビングフットスタンプでカバーに行くが、東郷はカウント2でキックアウトする。
ここで救援に入ったTAKAがトラースキックをデヴィットに繰り出す。しかし、デヴィットは回避し、上手く東郷に誤爆させる。そして、稔のハイキックから必殺のプリンスズスロウン! これでデヴィットが東郷から3カウントを奪取。Jr.タッグ王座を奪還に成功した。

試合後、稔はリング上で喜びのマイクアピール。
稔 「デビちゃん、サンキューベリーマッチ。俺らを応援してくれたみんな、サンキューベリーマッチ。俺らRISEは、バーナード、トムコがIWGPタッグを 持っている。中邑がこの前のドームでIWGPヘビーを獲った。やっと、東郷、TAKAからデビちゃんのおかげでIWGP Jr.タッグを奪い返しました。俺らがこのベルトを巻いたことによって、クソ面白くないと思っている解説席に座っているオッサン2人、リングに上がってこ いよ! 俺らのベルトに挑戦するのか、今の試合を観て怖いからやめるのか。はっきりしろ、このスットコドッコイ!」

この稔の呼びかけに解説席にいたライガー、AKIRAはリングイン。稔、デヴィットに対してマイクアピールした。
ライガー「確かにお前たちにはスピードもスタミナもある。技のキレもある。だか、俺たちにはお前たちが絶対に越せないキャリアがある。挑戦を受けてくれるなら、サンキューベリーマッチ」
AKIRA「デヴィット、ライガーが言ったことを稔に通訳してもらえ。俺が言いたいのはそれだけだ」

ライガー、AKIRAがリングを去ると、稔はデヴィットにAKIRAの言ったことを適当な英語で伝え、改めてマイクアピール。
稔「IWGP Jr.タッグ選手権、決定でいいよな? 俺たちRISEについてこれば、確実に今日みたいに足踏みしまくる大熱狂空間を作ってやるからよ。2008年も新日Jr.ならびにRISEについてこい!」

COMMENT

デヴィット「今日まで長かった。俺たちはニュージェネレーション(新世代)。だからライジングアップ。TAKAみち のくとディック東郷はリスペクトしているよ。今日は素晴らしい試合だった。次はライガーとAKIRAとタイトルマッチ。ライガーとAKIRAはリスペクト している。だが、レジェンドは落ちていく。ニュージェネレーション、ライジングアップから」
稔「俺は1994年1月24日のデビューなんで、デ ビューから14年経って、デビューの地と同じ後楽園ホールで最愛のパートナーと一緒に、この業界にいる間は内容に満足しましたとは言わないから、内容に満 足しましたとは言わないですけど、とりあえず、お客さんを大熱狂させて、デヴィットが獲ってくれたんで、まぁ、よしというところですね。とりあえず、次は さっきのカード(ライガー&AKIRAとのタイトルマッチ)を両国でって言っていましたけど、いいんじゃないですか。あとは11月の両国で俺ら2人は TNAに負けているんでね。クリス(クリストファー・ダニエルズ)とセンシ(ロウキー)に。あとはドームでクリスチャン(・ケイジ)、AJ(スタイル ズ)、ピーティー(・ウィリアムス)のこの5人に借りがあるんでね。この5人の誰でもいいから、このベルトを賭けてやりたいですね。そして、東郷、 TAKAとやりたいと言っていた裕次郎と内藤ともやりたい。キャリアがないとか若いとか関係ないです。あとはZERO1-MAX、俺はZERO1で興味の ある選手が3人いるから。ZERO1でもいいよ。今、俺の挙げた4組、全部やりたいね。リング上で言った通り、RISEに付いて来れば、俺らが責任を持っ て大熱狂空間に招待してあげるから。新日Jr.ならびにRISEに付いて来いって事です」

※ここで中邑、後藤が2人の勝利を祝福してビールかけを行なった
稔 「(1月4日東京)ドームで中邑が凄い試合をして勝ったんでね。今日はちょっとプレッシャーがあったけど、ドームの勝利があったから、俺は勝てた。何度も 言うけど、新日Jr.ならびにRISEに付いて来い! (タッグチーム名について)プリンス・デヴィットと、ハラグロ王子もしくはブラックプリンス(稔のニックネーム)がタッグを組んでいるので、タッグチーム 名は“プリンス・プリンス”。略してプリプリでいきます。『どうせ稔が考えたんだろ?』って思う人が多いと思いますけど、子供の頃からの奥居香(プリンセ ス・プリンセスのメンバー)のファンだったデヴィットがつけたので。愛称はプリプリで、今日からスタート。(防衛戦の相手に)色んな名前を出したけど、ま ずは両国で獣神さんと野上さん、いきますよ。2人とも特別な相手なので。ガッチリいって、大熱狂空間をみんなに味あわせて、その上で勝ちます。しつこいけ ども、新日Jr.ならびにRISEに付いて来い!」

TAKA「(コメントスペースでうずくまる東郷に向かって)大丈夫ですか? スイマセン、ちょっと最後、誤爆しちゃった。あぁー、誤爆しちゃったよ、最後に。負けちったな。負けた事はとやかく言わねぇ。俺たちはタッグチャンピオン でよぉ、色々何とか賞の候補にもなったけど、去年2人で組んだのは4回か5回しかねぇんだよな。これでここまで来れただけでも、俺は満足してるし。最後、 俺の誤爆が無ければよぉ。まぁ、残念だけどよ、デヴィット、初めてやってよく分からなかったけど、面白いもん持ってんじゃん。あと稔、いや田中稔。まぁ よ、タイガーマスクもそうだけど、昔のよぉ、アイツらどう思っているか分からないけど、かつての同志とこうやって大きいところでまた巡り合えたのは嬉しく 思うし。また成長してどこかで当たれたらいいなと思うよ。今日、獲られたから、当分新日本には来ないと思うけど。俺達忙しいから、逆に良かったのかも知れ ねぇし。また機会があれば来るかも知れねぇし。今日は完全に俺のミスだからよぉ、ディック東郷、大将を責める事はねぇよ。(東郷に向かって)大将、スイマ セン。もう喋れねぇみてぇだよ。まぁでも面白かったよ、新日本プロレス、IWGP。ああいう新しいガイジ○が入ると面白いしよぉ。また、かつての同志に会 いに、その内ひょこっと来るよ。いやぁ、最後の(ダイビングフットスタンプ)は凄かった」
東郷「(腕でわき腹を押さえながら)あぁー、悪かった」
TAKA「いや、自分のミスなので」

※この試合を実況席で観戦していたライガー、AKIRAのコメント
ライガー「まぁ、(挑戦を)受けてくれってことなので。センキュー・ベリー・マッチ。おじさん、頑張るよ」
AKIRA「確かにスゲェ連中だよ。でも俺らが獲るから」

  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ