Circuit2008 NEW JAPAN ISM

日時
2008年1月27日(日)   18:00開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
2005

第4試合 30分1本勝負

VS

  • 日高郁人

  • 金本 浩二

境界線

レフェリー|田山正雄

MATCH REPORT

昨年末に因縁が勃発したZERO1-MAXとの対抗戦。今宵は、金本&内藤が、ZERO1の田中と日高を迎え撃つ。

田中、日高が入場すると、観衆は大ブーイングを飛ばし、金本と内藤には大歓声。ゴングを待たずに両チームは激突し、金本と日高、内藤と田中がそれぞれ場外乱闘を繰り広げる。
日高を場外で蹴散らした金本は、内藤を一蹴してリングに戻った田中へスピンキック、サッカーボールキック。しかし、田中もサッカーボールキックで応戦する。
続 いてリングインした内藤は、田中にドロップキックを浴びせる。だが、田中はエルボー合戦からの串刺しジャンピングエルボーですぐに逆転。さらに、日高が場 外で内藤をいたぶる。ここからZERO1の2人は、内藤に集中砲火。田中は、鉄柱に引っかかった内藤の足へイス攻撃を浴びせ、足4の字固めを極めるが、こ れは金本がカット。ところが田中は、金本をすぐに蹴散らし、レッグロックで内藤の足を絞り上げる。
観衆の大「内藤」コールを受け、内藤はなんとかロープエスケープに成功するが、今度は日高から低空ドロップキック、野良犬マシンガン(ミドルキック連打)を見舞われる。
苦しい時間が続いた内藤だったが、日高にハンマースルーされると、カウンターのジャンピングエルボーアタック! 会場が大歓声で沸く中、ようやく金本にスイッチする。
金 本は控えの田中をリング下へ落とし、日高に顔面ウォッシュ、ローリングセントーン、さらにナックル連打。しかし、対する日高も低空ミサイルキックからの ショーン・キャプチャー(飛びつき膝十字固め)で応戦。すると、金本は体勢を入れ替え、日高の足首を捕獲してアンクルホールド。だが、内藤を振り切った田 中がカットに成功。その後、金本は再び日高にアンクルホールドを極めるが、またしても田中にカットされる。
金本は日高をリングから落とそうとす る。しかし、ロープを掴んでいた日高は、すぐにリング内へ生還し、金本へニールキックを浴びせ、自軍コーナーへ。タッチを受けた田中は、金本のミドルキッ クでダウンせず、ショートレンジラリアットでお返し。しかし、金本はすぐにフロントスープレックスで応戦し、内藤とスイッチする。
内藤は、トペコ ンヒーロの要領でリング内の田中へダイブし、三角飛びジャンピングエルボーアタック、アバランシュホールド、ミサイルキックと一気に畳み掛ける。さらに、 田中のエルボーを避けて張り手を浴びせる。だが、田中はカウンターのラリアット、垂直落下式ブレーンバスターですぐに逆襲。しかし、内藤は田中の攻撃を日 高に誤爆させ、ジャパニーズレッグロールクラッチホールドで田中にフォールを迫る。
金本と日高が場外でやりあう中、内藤は田中のスーパーフライを意地のカウント2でキックアウト。しかし、最後はローリングエルボーからのスライディングDで沈み、田中、日高が勝利した。

内藤がセコンドの肩を借りて先に退場する中、金本が田中に突っかかり、乱闘に発展。なんとか収拾がつくと、ZERO1勢は意気揚々と退場。怒り心頭の金本は、マイクを手にし「みんな、任せとけ!」とファンにリベンジを約束した。

COMMENT

田中「アイツらのこと、何て言うか知ってるか? 負け犬の遠吠えって言うねん。負けて何が言えるっていうねん。負けたヤツが、『リングに上がって来い』やと。お前ら何本やらすねん。上がったら、その分 ギャラくれんのか? こないだは田口が噛み付いて来たけど、もう元気ないんか? それなら、もう田口とは終わりや。金本、まだやるんか? 俺の名前を出せなくなるまでやってやるから。その次は誰や? ちゃんと考えとけよ、新日本プロレス。順番にでも全部倒してやるから。新日本プロレス、層が厚いらしいからね。金本倒したら終わりとちゃうんやろ。最後ま で行ってやるから。金本の方がキャリアは上かもしれん。でも、経験。世界を知っているという部分では、俺らの方が数倍上ってことや」
日高「新日本 プロレスが選手を何人かかえてるか知らんけど、今日のセコンドの数はウチと変われへんやんけ。対抗戦って言ってるんやったら、みんなでセコンド付いて、自 分のチーム応援せぇって。ちゃうか? 場外でオレが内藤を攻撃してる時、お客さんが内藤の脚をフェンスから外して、内藤はお客さんに助けられとったで。お客さんの方がセコンドより元気ええやん け」

金本「まぁ、結果は負けたとはいえ、俺は今日試合をやって間違いなかったな。田中は向こうのトップでしょ、ZERO1-MAXの。絶 対、負けられないから日高を連れてきたと思うんや。そして、俺はこの試合をやって間違い無かった。俺の中で井上の次に買っているのはコイツなんや、内藤。 コイツのセンスはピカイチやから、近い将来ベルト挑戦もありうると思うけど、俺は密かに対抗戦向きちゃうかなと思っていたんですよ。負けたけど、これで禁 断の扉を開けたという感じですよね。これから内藤、バンバン借り出させますよ。俺はこの1戦で会社に内藤を(自分のパートナーに)まわしてくれと言います から。対抗戦でこそ出せる人間やと思うので、俺の中ではこの2人で組んで行きたい。あと田口は(佐藤)耕平がいるし、中西は大森に行っている。俺はドンド ン若い奴の壁になって、パートナーはコイツ。今日、(ZERO1との対抗戦は)初めてやからどういう感じでとか、そんなこと関係ないですよ。喧嘩のつもり で行けばいいんですよ。技はホント関係ない。張り合い、蹴り合い、しばき合い、やっぱり殺伐とした本来の新日本プロレス。これが出せるのが、内藤やと思っ てるから。後は内藤に聞いてやってください(と言い残してその場から立ち去る)」
内藤「俺はJr.の中で金本浩二を凄い尊敬しているから、こんだ け言ってもらえて嬉しい。ただ、今日は試合内容じゃねぇんだよ。勝たなきゃ意味がねぇから。試合がどんなに短くても面白くなくても、俺が、新日本が勝たな きゃ意味が無いと思っていたから。新日本を応援しに来てくれた人とかに、申し訳ないなと。ただ、俺は金本浩二に『負けてすみませんでした』なんて言わねぇ よ。金本浩二、ZERO1の2人、関係ねぇんだよ。俺のための、内藤哲也のための対抗戦だから。俺が目立つための対抗戦、俺がトップに立つための対抗戦、 その気持ちは忘れてねぇから。また組んでくれよ。向こうでもこっちでもいいよ」

※すると、ここで金本がZERO1のコメントブースに乱入
金本「田中、お前、勝ったからって、調子のんな!」
田中「勝ったから言えるんやんけ。負けとって言うな、ボケ! 俺がトップや、俺を倒してみろや」
金本「お前を倒したら、俺がお前んとこの1番やからな」
田中「俺らは勝っとるから、これだけ言えるねん。負けとるのに偉そうなこと言うな!」
金本「いつでもやってやる。シングルでもええわ。お前らのマットでやったるわ。ZERO1ファンの前で倒してやるからな。日高、お前も一緒や。お前も倒したるわ(と言って控え室へ)」

田 中「聞いた? 調子にのってんのはどっちや? あれがホンマに負け犬の遠吠えやで。(シングルマッチは)いつでもかめへんよ。アイツが名前を出せへんくらい、オレが勝ってやるよ。内藤、確かに元気あっ て、おもろいな。うちのヤツらとやってる姿を見てみたいよ。せやけど、まだまだ。確かに金本も内藤もやってておもろい。せやけど、同じカードばっかりやっ たらな。客も俺らも変化っていうのを求めるからな」

  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ