レッスルキングダムII in 東京ドーム

日時
2008年1月4日(金)   16:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
観衆
27000

第9試合 60分1本勝負
Final Resolution 〜Justice vs REAL〜 IWGP 3rdベルト争奪試合

VS

境界線

レフェリー|タイガー服部

MATCH REPORT

永田にとって念願だったアングル戦が実現したこの一戦。かつてブロック・レスナーに持ちに逃げされたIWGP“3rd”ベルトを、永田はアングルから“奪還”できるか?

永田はファンの応援メッセージ入り“日の丸国旗”を背にして入場。そして、アングルはTNAヘビー級王座のベルト、IWGP“3rd”ベルトを持参してリングインする。

ゴングを待たずにアングルが永田に先制攻撃。永田が強烈な張り手を見舞ってくると、カウンターのフロントスープレックスを決める。しかし、永田もすぐにフロントスープレックスで対抗。そして、キックを放つが、アングルは素早い動きで場外エスケープする。
グラウンドでの攻防を経て、永田はカニばさみからのナガタロックII。ロープエスケープしたアングルは一度場外へ逃れる。
リングに戻ったアングルに対し、永田はローキック連打。しかし、続いて放った延髄斬りをアングルはかわし、スロイダー。そして、永田の脚へ低空の高速タックル。これで左脚を痛めた永田は場外エスケープする。
アングルは永田をリングに戻すと、レッグロック、足4の字固め。永田は何度もひっくり返そうとするが、アングルはすぐに体勢を戻し、永田の脚をじわじわと攻め立てる。
「永田」コールを受け、必死の形相でなんとかロープエスケープに成功した永田は、アングルが再び足4の字固めを狙うと、下からのキックで阻止。白目をむきながら腕固めを繰り出し、アングルの左腕を絞り上げる。
ショルダーアームブリーカー、ミドルキック連打でアングルの左腕へさらにダメージを与えた永田は、串刺しフロントハイキック。だが、ギリギリで回避したアングルは3連続ジャーマンスープレックスホイップで反撃に出る。
コ スチュームの肩紐を両方外したアングルは、アングルスラムの構えへ。すると、永田は踏ん張って不発させ、エクスプロイダー。そして、アングルに対抗して 作った“スペシャルローリングサンダーデスドライバー”(ブレーンバスター→垂直落下式ブレーンバスター→サンダーデスドライバー)を狙うが、3発目のサ ンダーデスドライバーのところで阻止されてしまう。
その後、永田がナガタロックIIを出せば、アングルはアンクルロックで切り返す。アングルがアンクルロックを極めにかかれば、永田はナガタロックIIで切り返すという、ハイレベルな攻防が何度も繰り広げられ、観客から大きな声援が飛ぶ。
その中でアングルは、ナガタロックIIを極められたままの状態で永田を強引に持ち上げ、アングルスラムを炸裂させカバーへ。永田はカウント2で返す。
コー ナーに乗ってアピールしたアングルは、滅多に使用しない隠し技のムーンサルトプレス! ところが、永田は回避し、反撃の串刺しランニングニーリフト、雪崩式フロントスープレックスからフォールへ。アングルがカウント2で肩を上げると、ナガタ ロックIIでアングルを絞り上げる。アングルは何度もタップしそうになるが、意地で耐える。すると、永田はナガタロックIIIへ移行し、リバースナガタ ロックIIIでアングルを押さえ込むが、カウントは2。
永田は、バックドロップでアングルをカバーするが、これもカウント2に終わる。ここでフィニッシュを狙った永田は、渾身のミドルキック。しかし、アングルはキャッチし、なんとそのままアンクルロック! これが完璧に極まり、永田は無念のタップ。アングルが勝利を収めた。

試合後、激闘を繰り広げた両者はガッチリ握手。そして、軽く抱き合って、健闘を称えあった。

COMMENT

※アングルはメインを見届けるため、本部席に残りノーコメント

永田「はぁー……悔しいという気持ち は凄く残っているんだけど完全燃焼した。強さを目いっぱい感じて、その中でとことんカートの体に俺の力というものをぶつけて、手応えもあった。ホントに裏 のかき合いというか、一瞬も気を抜けない闘いだったし、悔しさは残るけど、ずっと思い描いていた闘いでした。やっぱり色んなタイプの人間と闘ってきた経験 というかね、最後にあの蹴りをキャッチした瞬間の頑丈さ、あの体でやっぱり世界を渡り歩いてきた訳ですから。その辺の経験値の差がああいうところでの底力 になっている。やれる事はやった。この経験を大切にして、自分自身がその後大きくなって、どこかでまたカートと巡り会えたら。まぁ、負けても、カートは IWGPチャンピオンじゃありませんよ。本物のIWGPを巻く力は十分備わっています。だけど、彼は本物のチャンピオンじゃない。彼がそれを否定するので あれば、次はこの(メインイベントの)勝者と闘うべきじゃないでしょうか。まぁ、若い世代に期待せざるを得ないでしょう、今日負けてしまったからには。早 々、次にチャンスが来るとは思わないし、この経験をさらに大きな糧にして来たるべき時にね。ひょっとしたら、世界にはもっと闘わなきゃいけない敵がいるか もしれないし。ナガタロックIIとアンクルロックの取り合い、かけ合いでドームが地鳴りのように(なって)、俺の体に響いてくるのが久しぶりに心地よく感 じたし、だから力も出た。力を使いすぎて、その分消耗度も高かったから。12年前に(アトランタ)オリンピックを見て、そこで歓喜に沸くカートを見て、そ の彼がプロレスラーになってずっと気にかけていた。初めて6年前に会った時にいつか闘いたいと思って、それが実現した。負けた事は悔しいけど感無量。闘っ ている人間とそれを見守る観客の熱というものが、フラフラなのに何かエネルギーが湧き上がってくる。それを(プロレスを)15〜6年やってきた中で、初め て感じた。ベルトを取り返す使命というのは、ダメだったから。誰も出ないなら、また出なきゃいけないだろうし」
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ