レッスルキングダムII in 東京ドーム

日時
2008年1月4日(金)   16:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
観衆
27000

第4試合 30分1本勝負
NEW JAPAN vs The Alliance GROUND ZERO

VS

  • 高岩竜一

  • 金本 浩二

  • 田中 将斗

  • 飯塚 高史

境界線

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

バロン山崎リングアナウンサーがコールし、まずは「DRADITION」の吉江、竹村が登場。続いて「ZERO1-MAX」から“火祭り刀”を携えた田中と、高岩がその後を追って入場。
対する新日本正規軍は、金本のテーマ曲に乗って4人がリングイン。両陣営はリング上で対峙すると、いきなり乱闘となり、そのまま試合開始のゴング。場外で飯塚と吉江が、金本と田中が、リング上ではタイガーと竹村がやりあう。
タイガーはソバット、張り手合戦から、ドロップキック、ミドルキック、ナックルで竹村を一方的に攻め立てる。そして、黒のショートタイツ、シューズというニューコスチュームの田口がドロップキック、首四の字固めで続く。
その後、新日本軍は竹村目掛けて4人同時にドロップキックを発射。さらに金本がミドルキック、ローリングセントーンを浴びせ、飯塚がボディスラム、バックエルボー、串刺しジャンピングエルボー、セカンドロープからの雪崩式ブレーンバスター。
掴 まる時間が続いた竹村だったが、飯塚のエルボー連打を受け切ると、突進してきたところにラリアットを合わせる。ここで「DRADITION」& 「ZERO1-MAX」連合軍がリング上に雪崩れ込み、飯塚に太鼓の乱れ打ち、トレイン攻撃。吉江が串刺しボディアタックを見舞い、高岩がダイビングエル ボードロップ弾。
だが、ここで飯塚も高岩のラリアットをかわして裏投げで逆襲し、自軍コーナーへ。
金本対田中となり、金本はソバット、顔面への飛び膝蹴りから顔面ウォッシュ。続いて両者は、激しいエルボー、張り手合戦を展開し、田中が金本にラリアット。そして、垂直落下式ブレーンバスターからフォールするも、金本はカウント2でキックアウト。
田口対高岩となり、田口は対角コーナーを駆け上ってのミサイルキックから、さらにミサイルキックをもう1発放って高岩をカバー。返した高岩は突進してきた田口をキャッチし、みちのくドライバーIIで豪快に叩きつける。
ここで再び乱戦となり、飯塚が吉江をスリーパーホールドで捕獲した後、田口がその吉江のバックを取る。すると、タイガーがミサイルキックでアシストし、田口は吉江の巨体をジャーマンスープレックスホールドで投げ切る。
吉江がカウント2で返すと、田中がリング上に飛び込んで田口に渾身のラリアット。間髪入れずに吉江が、ボディスラムからのダイビングボディプレスで田口を圧殺した。

試合後も金本と田中はリング下で激しくやり合う。セコンド陣が何とか制止し、その場は収まったものの、両者は憮然とした表情を浮かべて退場した。

COMMENT

田中「オイ、新日本のヤツら、終わってからイキがっとってもしゃあないねん! 頭に血がのぼるんやったら、味方を見とけっつうの。勝ったの、どっちや? 俺らやろ。後からあんなに勢いついたかて、後の祭りじゃ。遅いねん。仕掛けるのもそう、何でも遅い。勝ったモンが勝ちやから。新日本の負けやねん。こんだ け大勢いるファンの目の前で、恥さらしたんはアイツらや。こっちは勝つために来とんねん、当然の結果や。ナメんな。田口か、お前、『ゼロワン (ZERO1-MAX)を終わらせる』って言ったな。何、負けとんねん。そんだけ威勢いいんやったら、俺らの誰かから、フォール取ってみぃ! そやないと、俺らおもろないねん! 俺らもいつまでも田口に関わってられへんしな。もっと新日本のヤツも、ナンボでもおんのやろ、上のほかのヤツらがよ。他のヤツら、出て来いよ。誰でもいい よ」
高岩「(新日本は)俺がいた時よりしょっぱくなってたね、全てにおいて。やりがいがない。俺ら今、ゼロワンでやってるけどさ、こっちのほうが激しいよ」
田 中「いつまでも業界のトップやと思うなって! そんなあぐらかいとるよって、言葉だけズケズケ出てくんねん。それが実力を伴ってへんねん。この4人の中で、3人が新日本の経験者やろ。それで高岩が、前 よりヘボくなっとるんちゃうかって言っとるんやろ。それに対して腹立たへんのかって」
吉江「2年ぶりですか、新日本プロレスのリングに上がるの は。でも、カードが発表になってから、せっかく2年ぶりに上がるんだったら、もっと夢のあるカードというか。選手としては、4人(飯塚、金本、タイガー、 田口)は実績のある選手ですよ。だけど、これだけの体格をしているわけですから、もっと面白いカードがあるはずですよ。もっと皆さんが興味を湧かせてくれ るような。そういうものを期待したんですけど。TNAとせっかく組んでいるんだったら、デカいのがいるじゃないですか。そういう試合を組んでくれればいい じゃないですか。もし、声がかかるのであれば、そういうものを次は期待しますよ」
竹村「高岩さんと俺は、新日本ではすれ違いですけど、俺がいた時 よりも数段落ちているんじゃないですか、新日本プロレスは。どうしたんですか? タイガーマスク、何くすぶってんですか? 俺がいた時の方が、よっぽどやりあってたんじゃないですか。全然効かないね。まぁ、俺が体重増えたってのも、あるんですけど。金本、田口、飯塚、何くす ぶってんだ? やる気あんのか。ここはどこのリングだ? 新日本のリングだろ。何でもっとやってこないんだよ? 何で先につっかかって来ないんだよ? ナメんなよ! 寝てても勝てるよ」
吉江「新日本の会場に来たお客様にブーイングを浴びている人間に、負けた選手たちですよ。このままじゃ終わらないですよね?」
高岩「(今後は)戦争ですよ、戦争。潰し合いです。プロレスなんだから。当たり前じゃないですか」
田中「金本の1発は、確かに響いたよ。アイツだけは、このままじゃ許さんぞ。1発やられた分、何倍にもして返してやる。アイツだけやった、勢いよくこっちにつっかかってきたのは。確かにアイツはスゲェなぁ。でも、この借りはいつかリングの上で返してやるから」
吉江「いろんなものを利用して、俺はDRADITIONをどんどんどんどん大きくしていきますよ。それが今、1番頭にあることです」

金 本「クソ、なんや、あれ。クソ腹立つわ。DRADITIONとゼロワン、逃がさんからな。お前らの所、絶対に行ったるわ。田口を連れて2人で行ったるわ。 飯塚さんやタイガーが出るまでもない。絶対、これで終わらさん。田中、元気があるやないか。俺がお前らの所に乗り込んだ時は抑えられんぞ。絶対負けんぞ、 ホンマに。新日本じゃなくてもいいから、どこでもいいから(試合を)組め」
飯塚「今日勝ったぐらいでいい気になるなよ。たまたま勝ったからって調子に乗っていたら、後で痛い目に遭うぞ」
田 口「結果的に僕が負けという結果をもたらしてしまったんで、この落とし前はしっかり(つける)。自分の手で必ず取り返します。新日本が1番だというのを証 明します。ゼロワンに対して負け惜しみを言うわけじゃないけど、ゼロワンの選手に獲られたわけじゃない。あんなので勝ち誇られてもピンと来ない。向こうも このままでは引き下がれないでしょうから、この落とし前は自分の力で取り返しに行きます」
金本「しっかり落とし前をつけたる。新日本でデカい面されて腹立つわ。(飯塚と田口に)やり返そう。お願いします(と言って3人で手を握手)。
※タイガーはノーコメント

  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ