DESTRUCTION ’07

日時
2007年11月11日(日)   16:30開場 17:00開始
会場
東京・両国国技館
観衆
6500

第9試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級選手権試合

  • (王者)
  • (挑戦者)
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

メキシコ遠征から帰国し2ヵ月半、IWGPヘビー初挑戦となる後藤が史上最大級の下克上を目論む。その後藤を、試合前から国技館内の大声援が後押しする。
 
序盤は、両者の意地が激しく交錯する白熱した攻防となる。後藤のラリアットを浴びて場外に落ちた棚橋は、エプロンでのせめぎ合いから、リング下に降りて後藤の脚を引っ張る。そして、場外から後藤の脚を対角コーナーに叩き付けていく。
リングインした棚橋は再び後藤の脚を集中砲火。低空ドロップキック、ドラゴンスクリューからの足4の字固めで捕らえる。後藤がロープエスケープしたところで、試合時間10分が経過。
棚橋の脚攻めに苦しむ時間が続いた後藤だが、ハンマースルーを振り替えして、串刺しラリアットを浴びせると、サッカーボールキック、エルボードロップ、張り手で反撃。
ここで後藤は掟破りのドラゴンスリーパー。すると、棚橋はジャンプして後藤の背後に回り、ドラゴンスリーパーを極め返す。
ロープへと逃れた後藤に、棚橋はフライングフォーアーム、フラッシングエルボー、サンセットフリップ、セカンドロープからのローリングセントーンと飛び道具で追撃。
エプロンでのジャーマンスープレックスを耐えた後藤に、リング上からロープを挟んでのドラゴンスクリュー。場外へと落ちた後藤に、エプロンを走ってのトペコンヒーロ。
だが、後藤は場外で挽回し、棚橋を鉄柱に叩きつけると、三角飛びのトペコンヒーロという荒技を敢行。
両者はリングインすると、棚橋がロープへ走ると後藤はそれを追って延髄ラリアット。だが、棚橋は間一髪のところでこれをかわしスリングブレイド。
ここで2人はフラフラになりながらも激しくエルボーを打ち合い、後藤が棚橋のエルボーをかわしてジャーマンスープレックスホイップ。すると棚橋も後藤のエルボーをかわしてジャーマンスープレックスホイップで投げ返し、今度は張り手合戦へ。
相打ちが続く中、後藤が渾身の張り手で棚橋をダウンさせる。そして、対角コーナーを背にする棚橋に馬乗りになってナックルを落としていく。
だが、棚橋も逆転のスリングブレイド2連発から後藤をフォール。続く、ドラゴンスープレックスを耐えた後藤にダルマ式ジャーマンスープレックスホールド。こちらもカウントは2。
ここで棚橋はダウンする後藤の脚を捕らえて、ドラゴンスクリュー2連発からのテキサスクローバーホールド。後藤は何とか目の前のロープを掴む。
そして、後藤は決死の覚悟で棚橋のハイフライフローを両膝で迎撃し、遂に昇天が炸裂。しかし、体勢が不完全であった事もあり、棚橋はカウント2でクリア。
25分が経過し、後藤は天を指差して再び昇天の体勢へ。だが、棚橋はこれを首固めで切り返し、逆さ押さえ込みと連続フォール。しかし、後藤も棚橋の回転エビ固めを耐えると、抱え上げた状態から棚橋の脳天をマットに突き刺す非情な1撃。
ダウンする棚橋を引きずり起こした後藤は牛殺し、エルボードロップ2連発、ダイビングエルボードロップからカバー。さらにドラゴンスリーパーからエメラルドフロージョンの要領で棚橋を叩き付ける。
ここでコーナー最上段へと上る後藤。すると、起き上がった棚橋が雪崩式攻撃を狙う。だが、コーナー上で競り勝った後藤はなんと雪崩式の回天を繰り出す。棚橋はカウント3ギリギリで肩を上げる。
そして、後藤はトドメの昇天へ。すると、棚橋は待ってましたとばかりに抱え上げられたところでスリングブレイドを繰り出し、これを回避。
ここから棚橋がジャーマンスープレックスホールド、ドラゴンスープレックスホールド、変型キャプチュードと怒涛の連続フォール。
執念のキックアウトを続ける後藤に、棚橋は最後の力を振り絞ってハイフライフローでダイブ。ここまでダメージを蓄積させてきた後藤の脚にヒットし、テキサスクローバーホールドへ。必死にロープへと手を伸ばす後藤だが、棚橋はリング中央で腰を落として絞り上げる。脅威の粘りを見せた後藤だったが、遂に力尽きてギブアップ。棚橋が31分を超す文字通りの死闘を制し、初防衛に成功した。
 
試合後、後藤のセコンドについていた中邑がマイクを握り、「おい、棚橋。次はこの俺と闘え!」とアピール。両者はにらみ合った後、中邑が再度マイクを取ると、リングインした真壁がマイクを奪い取り、「おい、よく聞けこの野郎! 病み上がりで挑戦できる程、IWGPは甘くねぇんだよ。いいか、次はこの俺だぁー! てめぇは顔じゃねぇんだよ」と、IWGP挑戦を高らかに宣言。一触即発の状況となった中邑と真壁をセコンド陣が分け、両者はそのままリングを降りた。
その後、勝利者賞、ベルトを受け取った棚橋だったが、想像以上にダメージが深く、勝利者インタビィーでも「一言だけ、ありがとうございました」と答えるのみ。そのまま、セコンドの肩を借りて引き上げて行った。 

COMMENT

※首に大ダメージを負った棚橋は控え室で大の字に。そこからゆっくりと起き上がり、しゃべり始める。
棚橋「ヤバかった……。最後、俺はギブアップで勝ったのか!? (側にあったIWGPベルトを抱きかかえるようにして見つめた後、立ち上がり)後藤洋央紀、強かった。けど、俺が新日本のチャンピオンだから。このベルトは誰にも渡さないから。そんだけ(と言い残して去る)」
 
後藤「やっぱりチャンピオンというのは簡単になれるものじゃないなと思いました。時代は棚橋弘至を選んだという事でしょう。でも、俺の闘いというのはここで終わったわけじゃないから。また1から出直す覚悟ですよ。俺の夢はまだ叶えてないから。(『ここで勝ったという場面が何度もあったと思いますが、それを返された時の心境は?』)まさかというかね。でも、あれがチャンピオンなんでしょう。あの粘りというか。勝ったと思った場面は、何回もありましたけど、そこからの粘り、あれはチャンピオンの強さ。今回負けた事によって、認めざるを得ないですね。ただ、まだ俺の闘いは終わらないから。まだまだ噛み付いていくし。諦めない。俺は絶対に諦めませんから」
 
※試合終了後に乱入した中邑のコメント
中邑「もう待ってられないんだ。待っていたって挑戦権は巡ってこない。動くのみ。それだけ。世代交代とか、そんなのどうでもいい。新しい世代、新しい時代で新日本プロレスを築くのなら、俺とやるのが普通でしょ。(同じく次期挑戦をアピールした真壁について)立ちはだかるのなら、闘って挑戦権をもぎ取るのみ。以上」
 
※立会人の山本小鉄氏のコメント
山本「若さだね。いい試合だったね。(30分を超える試合で)ああなったらスタミナ勝負。でも、互角だね。次回やったら、棚橋は油断すると負けるよ。それだけ後藤が伸びたということだね。(試合後に乱入した中邑と真壁について)ああいう所に上がる前に、リングで闘って、どんどん勝ち抜いて行ったらいいんだよ。そうやって挑戦権を得ればいい。そうすれば、またいい試合が見れると思う」 
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ