WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム

日時
2022年1月5日(水)   15:00開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
放送
バナーバナー
観衆
6,379人

第3試合 時間無制限1本勝負
『KOPW 2022』決定戦4WAYマッチ

※鈴木が『KOPW 2022』保持者となる
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 第3試合は『KOPW 2022』決定戦4WAYマッチ、矢野通vs鈴木みのるvsCIMA(GLEAT)vsチェーズ・オーエンズ。前日の「KOPW 2022」進出権争奪ニュージャパンランボーで最後まで勝ち抜いた4人が、同時に試合を行ない、いずれかの1選手が勝利した時点で決着。乱戦必至の一戦、最後に勝利の女神が微笑むのは?

 CIMAは所属ユニット「STRONG HEARTS」のメンバーでああるエル・リンダマン、T-Hawkと共に入場。オーエンズはテキサスヘビーのベルトを腰に花道を進む。鈴木はリングインすると、CIMA、オーエンズをにらみつけて挑発。多くの肩書きグッズを身につけた矢野は最後にリングへ。

 すると、鈴木がいきなり矢野の腹部にパンチ。さらにCIMAとオーエンズもストンピングを浴びせ、ここで開始のゴング。矢野は早くも場外に落ち戦線離脱。
 続いて鈴木はオーエンズも張り手で排除。ここから鈴木とCIMAが胸板への張り手合戦を展開。そして技の読み合いから、CIMAがミサイルキックをヒット。
 だが、鈴木もスリーパーでCIMAを捕らえ、さらにエルボー。そしてロープに走るも、場外から矢野とオーエンズが足を引っ張って妨害。すると、CIMAがロープ間を抜けて3人めがけてトペ・スイシーダを炸裂。
 CIMAはオーエンズをリングに戻し、ここからロープワークの攻防に。技の読み合いからオーエンズはランニングニーをヒット。
 そのオーエンズの後頭部を矢野がはたく。そして矢野はコーナーパッドを外しにかかる。怒ったオーエンズがうしろを振り向くと、そこには矢野ではなく鈴木の姿。オーエンズは恐れつつも、エルボーを繰り出す。だが、仁王立ちの鈴木は強烈なエルボーでダウンを奪う。
 続いて矢野が鈴木を金具むき出しのコーナーにハンマースルー。さらにCIMAにも狙うが、逆にCIMAが投げつける。さらにCIMAは矢野にリバースインディアンデスロック。その体勢で、オーエンズをブレーンバスターで投げつける。その反動で矢野は悲鳴を上げる。今度は鈴木がCIMAに張り手、エルボー、フロントキック。倒れるたびに、その反動で矢野はダメージを食らう。
 続いて鈴木はCIMAにスリーパー。その鈴木をオーエンズがスリーパーで捕らえる。3人の力がかかり、矢野は悲痛な声を上げながら、必死にロープエスケープ。
 オーエンズは矢野に打撃のコンビネーション。さらにマンハッタン・ドロップを切り抜け、ニーをヒット。だが、とどめのパッケージドライバーはCIMAが阻止。
 そしてCIMAはオーエンズにシュバインを炸裂。さらにメテオラを決めてカバーするが、鈴木がスリーパーでカット。
 すると、矢野が鈴木とCIMA、二人まとめてローブロー。そして鈴木を丸め込むも、これはカウント2。
 矢野はロープに走るが、鈴木は追走式のドロップキック。そしてスリーパーから一気にゴッチ式パイルドライバーを決め、3カウントを奪取。鈴木が乱戦を制し、KOPW2022保持者に。

 試合後、鈴木はKOPWのトロフィーを手に、矢野にストンピング。さらにスリーパーで締め上げるが、矢野は隠し持っていた手錠で鈴木の腕をトップロープに固定してしまう。矢野はフラフラした足取りながら、満足気な表情で退場。すると、ヤングライオンがリング下にあった鍵で、鈴木の手錠を外す。
 鈴木はヤングライオンにエルボーを見舞い、リングサイドで怒りを爆発。そして矢野を探しながらバックステージへ。 

COMMENT


 
鈴木「(左手に手錠を付けトロフィーを持って、三角ポールなどを蹴飛ばしながら現われ、テレビカメラの前に仁王立ちし)ふざけんなよ、この野郎! 何だよ、この手錠はよ! でも、これがKOPWなんだろ、このクソみてえなルールが? ああッ!? それがKOPWなんだろ? かかってこいや。2022年、KOPW保持者はこのオレ、鈴木みのるだ!」
 

 
鈴木「手錠ね。矢野通ね。おお、かかってこいや。オイ、オマエら、KOPW、それから昨日の第0試合、屈辱の第0試合だ。1にもならねえ。1にもならねえ使いようのない、タイトルマッチにも絡めない、本戦に出られないしょうもねえクズども集まりの時間差バトルロイヤル。それと何でもありの4WAY。でもな、このルールで勝ったのはこのオレだ。今言ったチャンピオンもジュニアもヘビーもタッグも誰一人出てきてねえんだ。だから、オレは胸張って、こう言わせてもらう。これはオレのものだ!」
 

 
鈴木「そしてオレにとって2022年、一番大事なものになるはずだ、これが。なぜならば、オレはここから行くんだ。必ず行くぞ。オカダ、オスプレイ、鷹木、オマエらの間に割って入るぞ。オイ、そのためにオレにはこれが必要なんだ。クズみてえなオメエらの脳みそじゃ分かんねえだろう」
 

 
鈴木「『何がこんなのが必要なんですか?』って。最後にオマエらに納得させてやる。そうだ、鈴木みのるがこれを持って良かったとな。(手錠をトロフィーにもハメながら不気味に笑いつつ)へへへへ! 新日本プロレスよ、オレにこのルールを与えたことを後悔しろ。なんでもいいぞ。なんでもいいぞ。道具はありか? 多人数か? それとも違うルールか? なんだ、格闘技のルールがいいのか? ボクシングがいいのか? それとも武器がいいのか? どんなルールでも受けてやる。もっと面白えのをオレが用意してやるからな。それから矢野通、テメエ、逃げんなよ。オマエ、逃さねえぞ、この野郎。ぶち殺してやる」
 

 
鈴木「(テレビカメラを見ながら)撮ってんじゃねえよ。撮るんじゃねえよ。撮るんじゃねえつってんだよ! (違うテレビカメラに向かって)オメエも撮ってんじゃねえんだよ。撮るんじゃねえよ、この野郎。(カメラを持たないアナウンサーに向かって)撮るんじゃねえよ。撮ってねえんだ…。(コメントブースから引き上げながら)オイ、これどうするんだよ! この鍵、どこ行ったんだ、この鍵は! この鍵! オイ、矢野、この野郎!(と怒鳴り散らしながら姿を消す)」
 
 
 

 
矢野「ああ痛えぇぇ! 痛えぇ! いってえぇぇ! 痛いけど、痛いけど、鈴木! 鈴木! ざまあみろ、オマエ! だっせえ! 鈴木、だっせえな、オマエ! オイ、オマエよ、囚われて牢獄から出ることが出来たのか? オレがな、いつでもテメエをな、牢獄にぶち込んでやる、バカ野郎、オイ! オレのベイビーを返せ、この野郎!」
 
 


 
CIMA「(#STRONGHEARTSのT-Hawkとエル・リンダマンを引き連れて現われ)『WRESTLE KINGDOM』2日目ありがとうございました。正直、今日は『KOPW2022』、勝つというよりも昨日の続きと言いますか、鈴木さんと試合をして1発1発が嬉しかったり、矢野選手のキャラクターに試合をしながら感じながら戦ったり、それからチェーズも後ろの二人のことをなんか意識してくれているみたいやし、本当に新しい環境にGLEATから来たなという思いが強かったんで、今日は勝ちにはたどり着かなったんですけど、昨日初めて、もの凄く久しぶりに新日本プロレス、日本が世界に誇る新日本プロレスに出させていただいて、昨日はリンダマンが影で見てたんですけど、試合が終わってからデスペラード選手がリンダマンの名前を上げてくれましたし、今日は#STRONGHEARTSと言えばいうことでT-Hawkも一緒に3人でこの東京ドームの花道を歩けたっていうことが、ボクは一歩前進やと。
 

 
CIMA「GLEATにとって、#STRONGHEARTSにとって、そしてGLEATと新日本プロレスにとって、一歩前進屋やと思っていますんで。立場上、CIMAが今ここで話をさせてもらっていますけど、#STRONGHEARTSの現場はCIMAじゃないんで。リンダマン、T-Hawk、彼らの名前を上げたんやったら、是非、新日本プロレスのセルリアンブルーのマットに上げてください。昨日、デスペラード選手が言ったように何もしなければ何もスタートしない。種も蒔かなければ何も生えない。水もやらなければ実らない。その言葉、我々3人は深く受け止めてますから。GLEATを背負って、このリングに上がらせていただいてますんで」
 

 
CIMA「今日は勝ち残ること出来ませんでしたけど、この2日間で終わることなく、GLEATの代表として#STRONGHEARTS、是非新日本プロレスへの継続参戦、我々3人をお願いします。対戦相手は誰でもいいですよ。全世界のプロレスファンの皆さん、覚えといてください。#STRONGHEARTSは前身しかないんです。#STRONGHEARTSは強い心を持ってチャレンジ、挑戦しかないんです。我々が#STRONGHEARTSです。必ず新日本プロレスで爪痕を残しますんで、2022年、ご期待ください」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2024年2月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
かんたん酢
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ