WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム

日時
2022年1月4日(火)   15:00開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
放送
バナーバナー
観衆
12,047人

第7試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合

  • <チャレンジャー/BOSJ28優勝者>

  • <第91代チャンピオン>

※デスペラードが初防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 セミファイナル(第7試合)は IWGPジュニアヘビー級王者のエル・デスペラードが、昨年の『BEST OF THE SUPER Jr.』覇者である高橋ヒロムを挑戦者として迎撃。
 これまで幾度となく激闘を繰り広げてきた宿命のライバル対決。直近では昨年の11.21愛知での『BOSJ』公式戦で対戦し、どちらも一歩も下がらぬまま30分時間切れ引き分けに。両者の対決が東京ドームの大舞台で実現するのは今回が初。ジュニアの至宝を懸けた大一番を制するのは果たして?

 ヒロムは『BEST OF THE SUPER Jr.』の優勝トロフィーを手に入場。白いマスク&コスチューム姿のデスペラードは、IWGPジュニアヘビーのベルトを携え花道を進む。

 開始のゴングと同時に両者は突進。そしてリング中央で激しくエルボーを打ち合う。続いて胸板への張り手、逆水平チョップの応酬を繰り広げる。デスペラードはエルボーからバックに回るが、ヒロムは切り抜けてロープへ。
 ここからロープワークの攻防となり、技の読み合いからヒロムがエルボー。しかし、デスペラードも負けじとエルボーでなぎ倒す。さらにエルボーの相打ちから、ショルダータックルで激突。
 ヒロムは串刺しラリアットから低空ドロップキックを狙うも、起き上がったデスペラードはロープへ。するとヒロムはDで捕獲。
 これをデスペラードは切り抜けるとバックドロップを炸裂。カバーをすぐに返したヒロムはジャーマン。だが、デスペラードもすぐにキックアウト。
 デスペラードはヒロムをウラカンホイップで場外に追いやると、ロープ間を抜けてトペ・コンヒーロ。そしてヒロムを即座にリングに投げ入れる。すると、ヒロムはトップロープ越えのサンセットフリップ・パワーボムで逆襲。ノンストップで攻防を繰り広げる両者に対し、拍手が起こる。
 ダメージの深い二人はカウント19でリングにギリギリ生還。ここで両者は膝立ち状態でエルボーの応酬。そのまま立ち上がり、渾身のエルボーを打ち合う。
 ヒロムはエルボーでコーナーまで押し込むと、ターンバックル・デスバレーボムを狙う。デスペラードは切り抜けると、技の読み合いからスパインバスター。さらにギターラ・デ・アンヘルを炸裂。
 ヒロムがカウント2ではね返すと、デスペラードはコーナー最上段から開脚式のダイビングボディプレス。だが、ヒロムはこれもカウント2でキックアウト。
 ならばとデスペラードはピンチェ・ロコを狙うも、ヒロムはこらえてヘッドバット。だが、デスペラードはエルボーを返してロープへ。するとヒロムはポップアップ式のシットダウン式パワーボム。
 必死に立ち上がったデスペラードは突進するが、ヒロムはカウンターのフロントスープレックスでコーナーに投げつける。そしてヒロムは「立てー!」と叫び、ショットガンドロップキックをヒット。続いてダイナマイト・プランジャーで叩きつけてカバーするも、デスペラードがカウント2ではね返す。
 ヒロムはデスペラードを引きずり起こし、今度こそターンバックル・デスバレーボム。そして気合いの雄叫びから、ヒロムはデスペラードを肩に担ぎ上げる。デスペラードは十字架固めで切り返すも、ヒロムはキックアウト。
 するとデスペラードは技の読み合いからピンチェ・ロコへ。だが、ヒロムはこらえ、TIME BOMB IIを狙う。デスペラードが回避すると、ヒロムはビクトリー・ロイヤルの体勢に。デスペラードは切り抜けようとするが、ヒロムは肩に担ぎ上げる。
 これをデスペラードは丸め込みのように切り抜け、マフラーホールドへ。そしてヌメロ・ドスに連携。これをヒロムはカナディアンデストロイヤーで切り返す。
 続いてヒロムはヒロムちゃんボンバーを炸裂。ヒロムはデスペラードを引きずり起こし、今度こそビクトリー・ロイヤルをお見舞い。だが、カバーはカウント2。
 ならばとヒロムは咆哮し、TIME BOMB IIへ。するとデスペラードは切り抜けて起死回生のエル・エス・クレロ。カウント3寸前で返したヒロムは、トラースキックを連発。
 そしてデスペラードを引きずり起こし、Dの悪夢を狙う。しかし、デスペラードは逆に担ぎ上げ、そのままブルズポセイドンのようにヒロムをマットに突き刺す。だが、ヒロムはカウント2でキックアウト。
 するとデスペラードは雄叫びを上げ、ヒロムを引きずり起こしてピンチェ・ロコの体勢に。ヒロムはウラカン・ラナで切り返すが、デスペラードはキックアウト。
 ヒロムはトラースキックを決め、「負けるかー!」と叫んでロープへ。しかし、デスペラードはカウンターのロコ・モノ。そしてデスペラードは気合いの雄叫びから、ついにピンチェ・ロコを炸裂。そのまま二発目を狙うも、ヒロムは切り抜けて名も無きヒロムロール。だが、デスペラードは必死にキックアウト。
 ならばとヒロムは掟破りのロコ・モノを炸裂。そして追撃のロコ・モノを狙うが、デスペラードはカウンターのロコ・モノをヒット。続いてデスペラードは雄叫びを上げ、リバースタイガードライバーからのピンチェ・ロコを炸裂。ヒロムから3カウントを奪ったデスペラードが、ベルト初防衛に成功した。

 試合後、ヒロムは場外で大の字に。デスペラードは勝ち名乗りを受けると、場外で放心状態のヒロムを見下ろす。ヒロムは場外マットを叩いて悔しさをあらわに。デスペラードは負傷した右目部分を押さえつつ、フラつきながらもベルトを腰に堂々と退場。

COMMENT


 
デスペラード「(※インタビュースペースへの通路を『クソッ、痛てぇ……』と言いながら歩いてきて)まだできるな。ヒロム、もっとできるな、俺たちならな。クソッ。(※大きな声で)なぁヒロム! もっとできるよな、俺たちならなぁ。その『もっとできる』を今日この場でやらなかったんだから俺の、チャンピオンの責任なんだけど。チクショー。でもとりあえずだ、とりあえず。シングルのチャンピオンシップでオマエに勝つっていう目標がな、やっとひとつ、叶えられたよ。ありがとう。とりあえずチャンピオンシップでヒロムに勝つという、俺の一番でっかい目標はとりあえずの形で果たされた。でもよぉ、ヒロム、コレで終わりじゃねぇだろう? まだ始まったばっかだぜ、今年はよぉ」
 

 
デスペラード「で、だ。次の話をしよう。未来を、未来をという話をしてて、俺がいつまでもヒロムの話をしてたら、歴史しか残んねぇからよぉ。次は誰だい? 誰かが腹決めてんのに、俺が別のヤツの名前を出しちゃうと、出鼻をくじいちゃうから言わない方がいいんだろうけどもぉ……何か第0試合に面白いヤツ上がってなかった? 別に彼がやんなくったってさぁ、彼のメンバーの中にジュニアのヤツが一人いたろう。一人か二人か。名前を出しちゃうと、ね、いろいろめんどくさいことになりそうじゃん? でも面倒くさいことは大好きだ。どっかいんだろう、リンダマン……あぁ、言っちゃった。何かさっき見かけたぞ、どっかでよぉ。何しに来たんだよ? まぁ、ただの付き添いか。まぁでもさ、花も葉も、種まかなきゃ出てこねぇからよぉ。俺は種をまく。ただそれに水をやるかどうかは新日本が決めることだ。そこら中に俺は種をまいてやるぜ。イヤだったら、直接言ってきてください」
 

 
デスペラード「でだ。あー、ハイになってんなぁ。あんだけ頭バカスカバカスカ蹴られたらよぉ。最後もうよぉ、よく分かんなくなって、痛てぇのか、しんどいのか、それも通り越しちゃってさぁ。ヒロム、やっぱオマエとやってると、どっかおかしくなっちゃうよ。なぁ。今年の頭はオマエと始まった。今年の締めは誰と俺がやることになるのかな? 今からだ。22年始まったばかり、楽しもうぜ」
 
 

 
ヒロム「(※インタビュースペースの机の前に座り込み)負けた人間の、コメントブースへの道のりは、なかなか遠いな。ここに来る前に、もう俺は吹っ切れてるよ。死ぬほど悔しい。『BEST OF THE SUPER Jr.』2連覇した男が、このタイトルマッチで勝てなかっただけで、全てが終わってしまう。それぐらい悔しい。すげぇ悔しいけど、いつまでも悔しがって、次を見ないんじゃさぁ、夢なんて、叶えられないんだよ」
 

 
デスペラード「な、負けた俺の、負けた人間のひとり言だと思って聞いてくれ。俺の夢、知ってるか? デカすぎるんだよ。東京ドームのメインイベントでジュニアのタイトルマッチ、ジュニアのベルトを巻き、そしてヘビーのベルトも巻き、ゴールデンタイムで試合をすること。それはずっと変わらないんだ。遠すぎるけどさ。タイトルマッチ一回負けました、試合負けました、それで凹んでるようじゃ、こんな大きな夢、絶対叶えられねぇよ。俺の夢を叶えるには、デスペラード、オマエとやりたい。デスペラード、俺の隣にオマエがいる姿は想像できない。だからずっと、俺の前にいてくれ。オマエが同期で、面白いものが見れるし、できるよ。何かありますか? 負けた俺に何かあるなら、何でも答えますよ」
 

 
──デスペラード選手も『もっとやれる』というコメントを残しました。
ヒロム「当たり前だ。アイツから勝ちたい。何か今は、ただただそれだけの感情だよ。もちろんタイトルマッチがいいけど、アイツから勝ちたい。3カウントを奪いたい。ギブアップを奪いたい。ただそれだけ。100m走にたとえたらさ、今、50m、60m、一番加速してる時なんだよ。一番最高の状態なんだ、俺とデスペラードは。そんな最高の時にさ、もっとやり合いたいよね。もっとやり合えたら、いいなと思うよ。もういいですか? 聞きたいことは以上ですか? もっといろいろ聞いてもらえるように頑張りますよ。あー、楽しかった……」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ