G1 CLIMAX 31

日時
2021年10月21日(木)   16:30開場 18:00開始
会場
東京・日本武道館
放送
バナーバナー
観衆
3,861人

MATCH REPORT

 新日本プロレス本隊vsBULLET CLUBの8人タッグマッチ。なお、棚橋とオーエンズは10.4後楽園ホールの『G1』Bブロック公式戦でも対戦しており、オーエンズが勝利している。

 真壁とタンガの対決で試合が始まり、真壁がショルダータックルを受け止める。そして、カウンタータックルで反対に吹き飛ばす。
 本間対タマとなり、タマがチョーク攻撃で挽回。そして、タンガのボディスラムからエルボードロップを連発していく。
 だが、本間がブレーンバスターでタマに逆襲し、タッチを受けたタイガーが、赤コーナー最上段からフライングボディアタックでタマをなぎ倒す。
 その直後タイガーはタンガに捕まるが、突進して来たKENTAを両脚キックで迎撃。そして、カンガルーキックでタンガを蹴散らすと、オーエンズの軸足を払って転倒させる。
 ところが、タマが前後の連続リープフロッグでタイガーを惑わせ、ダブルチョップで逆襲。これでタイガーは動きが止まってしまい、タマがブレーンバスター、タンガがトップロープ越えのセントーンアトミコ、オーエンズがバックブリーカーなどで攻め立てる。
 その後もタイガーのピンチは続き、KENTAが頭部へパンチを連発。それでもタイガーはローリングソバットでKENTAへ反撃し、ハイキックの相打ちへ持ち込む。そして、タイガードライバーで逆転に成功。
 棚橋対KENTAとなり、棚橋がフライングフォーアームで先制。さらに、控えのタマ&タンガをフライングボディアタックで吹き飛ばし、ロープ越しのドラゴンスクリューでオーエンズを悶絶させる。
 棚橋の攻勢は続き、KENTAにドラゴンスクリュー、ダイビングサンセットフリップ。しかし、KENTAがスクールボーイでかき乱し、オーエンズと密かにタッチを行なう。
 その直後、オーエンズ&KENTAがマッケンロー&フロントハイキックの合体攻撃を棚橋に見舞う。そして、オーエンズが串刺しジャンピングエルボー、ショートレンジラリアットで追撃するも、棚橋はツイスト&シャウトで挽回した。
 本間対オーエンズとなり、本間が逆水平チョップ連打、串刺しバックエルボー、フェースクラッシャー、小こけしとラッシュ。ところが、タンガがバックドロップで本間を叩きつける。
 すると、真壁がダブルハンドラリアットでタマ&タンガを吹き飛ばし、ロープ際のラリアットでタンガを場外へ落とす。そして、真壁がオーエンズをスローイングし、本間がカウンターこけしロケットをお見舞い。
 だが、オーエンズがローリングバックエルボー、ジャンピングニーアタックで本間に逆襲し、最後はパッケージドライバーで一気に勝負を決めた。

COMMENT



 
オーエンズ「最終日に勝ってこのツアーを締めくくれてよかった。KENTAがベルトに挑戦したいようだな?(『G1』で)挑戦権利を獲得したのは俺だけど、KENTA、オミヤゲだ。先にお前が挑戦していいよ。俺は一度アメリカに帰国する。もう4ヶ月家族に会えてないからな。でも俺が次戻って来た時には、タナハシかKENTA、その時ベルトを持ってる方に挑戦する。TOO SWEETだ」


KENTA「(USヘビーのベルトを肩にかけカメラに見せながら)いいか、聞け…。座れ…。一つ言わせろ。もう何回も言ってきたけど、タナハシよりこのIWGP USヘビー級のベルトにふさわしいのは俺だから。そもそもタナハシはこのベルトを獲ってから何かしたか?何もしてないよな!入場の時にだけ巻いて「俺がチャンピオンだよ」ってファンに見せびからしてるだけじゃん。あいつにとってこのベルトはエゴを満たすためのアクセサリーだろ。俺の方がよっぽどこのベルトにふさわしいよ。
 

 
ファンを楽しませるのもプロレスラーの仕事の一つなのに、あいつは新日本はおろか他団体からも挑戦者の一人も指名してない。マジで何もしてない。最悪だよ。このベルトに一番ふさわしいのは他でもない、この俺だ。時は来た、俺がIWGP USヘビー級王者になる時が」
 

真壁「オイ、俺からもコメントさせろよ。ひとこと言っといてやる、オイ、BULLET CLUBってあんなモンか? な? オイ、俺から言わせればあんなモンだ。次の次のシリーズ、何が待ってる? タッグリーグだろ? オイ! オイ! タマ・トンガ! テメェら、こないだまでチャンピオンシップ競ってただろ? あんなモンか? オイ、面白くなってきたよ。俺なんかなぁ、言っとくけど、シリーズどんだけ休んでると思ってんだ。今日1日で復活だ。これでもう、完璧に戻ったようなモンだ。いいかテメェら、覚悟しとけ。次のシリーズ、まずはシフトアップ、シフトチェンジしてどんどん上がってってやる。その次のシリーズがタッグリーグ? オイ、楽しみにテメェら待ってろよ。オイ、面白れぇモン、見せてやるよ」
 

 
タイガーマスク「来年、新日本プロレスは50周年。そして、俺も昨日、自分の記念すべき日を迎えたということで、ここで、改めて、デスペラード、金丸、IWGPジュニアタッグのチャンピオンに挑戦したい! メットライフドームで、ロビーがデスペラードと、言ってたよな。ロビーは俺の名前を出してくれた。やろうじゃないか! そもそも俺とロビーは、ジュニアタッグリーグでデスペラード&金丸組に勝ってる。今までさんざんアピールしても実現しなかったこのタイトルマッチ、ぜひとも来年、新日本プロレスの50周年に向けて、もう一度タイガーマスク、ベルトを巻きたいと思ってます。それにはロビーの力もすごく必要だし、2人が一緒になって戦えば、絶対ベルトは獲れると確信してる。必ずこれを実現してほしい。2人でタッグのベルトを獲り、ロビーは2冠王になる。必ずこれを実現させたいと思います」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ