映画『ゴジラvsコング』Presents KIZUNA ROAD 2021

日時
2021年6月16日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
319人

MATCH REPORT

【退場順】
(1)×YOSHI-HASHI(12分31秒 OTTR)裕二郎○
(2)○石井(15分06秒 OTTR)裕二郎×
(3)○石井(18分45秒 反則)東郷×
(4)×石井(19分30秒 OTTR)EVIL○
(5)×後藤(22分38秒 両者OTTR)EVIL×
(6)×YOH(26分41秒 OTTR)ファンタズモ○
(7)○SHO(28分07秒 OTTR)ファンタズモ×
(8)×SHO(31分28秒 ブラディークロス→片エビ固め)石森○

 メインイベント(第5試合)は後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI&YOH&SHOvsEVIL&高橋裕二郎&ディック東郷&石森太二&エル・ファンタズモ。
 6.22後楽園のNEVER無差別級6人タッグ王座戦(王者・後藤&石井&YOSHI-HASHIvsEVIL&裕二郎&東郷)、そして6.23後楽園のIWGPジュニアタッグ王座戦(王者SHO&YOHvs挑戦者・石森&ファンタズモ)のダブル前哨戦として、CHAOSとBULLET CLUBが総力戦。
 この一戦は通常のタッグマッチ形式で試合を行ない、敗れた選手から退場。最後まで一人でも残ったチームが勝者となる。試合権利のある選手がトップロープを越えて場外に転落した場合も退場に。

 RPG 3KはIWGPジュニアタッグ、後藤&石井&YOSHI-HASHIはNEVER6人タッグのベルトを携えてリングイン。石井はゴング前から東郷を挑発。だが、東郷はいなすように場外へ。

 先発はSHOとファンタズモ。SHOはロープを背負わせるとクリーンブレイク。ファンタズモはヘッドロックで捕らえるが、SHOは逆にヘッドロックを取り返す。
 ファンタズモはロープに押し込み、離れ際にニーリフト。そしてグラウンドでヘッドロック、SHOはロープに振ろうとするが、ファンタズモは髪をつかむ。
 続いてロープワークの攻防で、ファンタズモがティヘラ。しかし、SHOは空中で受け止める。ファンタズモは脱出するも、RPG 3Kはファンタズモに連携の低空ドロップキック。さらに石森にはダブルのドロップキック。
 続いてCHAOSがファンタズモにトレイン攻撃。そして太鼓の乱れ打ちをお見舞い。
 スキをついてファンタズモはYOHを自軍コーナーに運ぶ。そして、石森がセカンドロープからYOHの背中に引っかき攻撃。石森がYOHを場外に投げると、BULLET CLUBはストンピングでいたぶる。
 次は裕二郎がYOHに逆水平チョップ。さらに串刺しフロントキックからカバーするが、これはカウント2。
 スイッチしたEVILはYOHに逆水平チョップ。そしてコブラツイストで捕らえ、EVILの手を東郷たちが数珠繋ぎで引っ張って反則アシスト。
 YOHは必死にエルボーを返すが、EVILは顔面かきむしり。スイッチした東郷も顔面を攻め立てる。
 東郷はレフェリーの死角をついてYOHの顔面にパンチ。さらにフィストドロップを叩き込む。
 次は裕二郎が登場。すると石井が襲いかかるが、裕二郎は場外に排除。そして、EVILが鉄柵に石井を叩きつける。
 リング上、石森&ファンタズモがYOHにトレイン攻撃。切り抜けたYOHは石森に低空ドロップキック。ファンタズモにはショルダースルー。
 スイッチしたSHOは、石森&ファンタズモを鉢合わせにし、二人まとめてスピアー。
 すかさずEVIL&東郷がリングに入るも、後藤&石井がショルダータックルで吹っ飛ばす。さらにCHAOSは裕二郎に波状攻撃。SHOがスピアーを叩き込む。
 続いてSHOは石森の腕を掴んだまま胸板と背中にキックを連打。だが、石森はハンドスプリング式のスクリューキックで反撃。
 次はYOSHI-HASHIと裕二郎のマッチアップ。技の読み合いから、YOSHI-HASHIが低空ドロップキックをヒット。さらに逆水平チョップの連発からソバット、そして滞空ブレーンバスターで叩きつける。
 YOSHI-HASHIはパワーボムを狙うも、裕二郎は手にかみつく反則攻撃。そしてフィッシャーマンズバスターで叩きつける。
 ここで裕二郎はYOSHI-HASHIをオーバー・ザ・トップロープで排除しようとする。YOSHI-HASHIがこらえると、裕二郎はフロントキックを狙う。だが、かわしたYOSHI-HASHIは裕二郎をトップロープに固定。そしてロープに走るが、東郷が場外から足を引っ張って妨害。
 このスキに裕二郎はケインを持ち出し、YOSHI-HASHIに一撃。そしてYOSHI-HASHIをオーバー・ザ・トップロープで排除した。
 怒った石井はレフェリーに抗議。そして裕二郎の顔面を張っていく。だが、裕二郎も張り手で反撃。すると石井は強烈な張り手で裕二郎の動きを止める。
 石井は裕二郎をショルダータックルで吹っ飛ばし、ブレーンバスターを狙う。だが、裕二郎は手にかみついて回避。そして、東郷が石井の気をひいたスキに、リバースDDTをお見舞い。
 さらに東郷はエプロンから石井にキック。そして、裕二郎とEVILと共にオーバー・ザ・トップロープで石井を排除しようとする。
 裕二郎は石井を落とすべく、ロープに走るが、SHOがカウンターのラリアット。そして、後藤がラリアットでEVILと東郷を二人まとめて吹っ飛ばす。
 CHAOSは裕二郎に波状攻撃。そして、石井が裕二郎をオーバー・ザ・トップロープで場外に排除した。
 リング上、石井と東郷が額を付き合わせる。東郷のパンチに対し、石井はエルボーで応戦。競り勝った石井は、東郷にバックドロップをお見舞い。だが、カバーはカウント2。
 ならばと石井はパワーボムを狙うも、東郷は切り抜ける。石井はロープに走るが、東郷はカウンターのラリアット。そして、東郷はペディグリーを狙うも、石井はこらえ、ブレーンバスターの体勢に。
 東郷が脱出すると、石井はヘッドバット。そして技の読み合いから、石井がジャーマンで叩きつける。
 そして石井は突進するが、東郷はかわす。すかさずEVILがトップロープを下げ、石井を落とそうとするが、石井はロープをつかんで生き残る。
 EVILはエプロンで石井を捕獲し、そこに東郷が突進。だが、石井はかわしてEVILとの同士打ちを誘う。 
 しかし、石井がリングに戻ろうとロープをまたいだところで、東郷はそのロープを蹴り上げて急所攻撃。そして、東郷が石井をスポイラーズチョーカーで締め上げると、レフェリーが反則裁定。東郷は失格となるも、石井に大ダメージを与える。EVILは石井を強引に立たせ、オーバー・ザ・トップロープで投げ捨て、石井を失格に追い込む。
 今度は後藤とEVILのマッチアップ。EVILは金具むき出しのコーナーに叩きつけ、ダークネスフォールズを炸裂。そしてSCORPION DEATHLOCKを決めるが、YOHがキックでカット。
 だが、EVILは首切りポーズからEVILの体勢に。後藤はこらえ、続いてラリアットの相打ち。競り勝ったEVILはロープに走るも、後藤はカウンターの牛殺しをお見舞い。
 後藤はEVILに村正、さらにブルドッギングヘッドロック。しかし、こらえたEVILは後藤をレフェリーにぶつける。そしてトラースキックから、パイプイスで土手っ腹に一撃。さらにイスを振り上げるも、すでに失格になってるYOSHI-HASHIが阻止。
 すかさず後藤がEVILにラリアットを見舞うが、その勢いでEVIL共々オーバー・ザ・トップロープで失格に。これで残りはRPG 3Kと石森&ファンタズモ。
 ファンタズモはイスを手にするが、レフェリーに手渡す。そして、YOHと激しいエルボーの応酬。打ち勝ったYOHはトラースキック。だが、ファンタズモはかわして横入り式エビ固め。
 YOHが返すと、ファンタズモはバズソーキック。そしてCRⅡを狙うが、切り抜けたYOHはジャックナイフ式エビ固め。
 ファンタズモが返すと、YOHは蹴りの連発からジャーマンスープレックス。だが、ファンタズモはカウント2でキックアウト。
 YOHは雄叫びを上げ、DIRECT DRIVEの体勢に。切り抜けたファンタズモはスピニングアルゼンチンバックブリーカーを狙うが、YOHは切り抜ける。そして、RPG 3Kが連携の串刺しエルボー。さらにカナディアンハンマーとフェイスバスターの合体技をお見舞い。だが、カバーは石森がカット。
 石森がロープに走るも、RPG 3Kはダブルのジャンピングニー。そしてファンタズモに3Kを狙うが、ファンタズモは切り抜け、YOHの上にSHOをブレーンバスターで叩きつける。
 YOHはスキをついてファンタズモをオーバー・ザ・トップロープで排除しようとするも、ファンタズモはロープをつかんで生き残る。そして、逆上がりの要領で両足を用いてYOHを捕獲し、エプロンに連れ出す。
 YOHとファンタズモはエプロンでエルボー合戦を展開。ファンタズモはYOHの足を踏みつけ、CRⅡの体勢に。だがYOHは切り抜けてトラースキック。そしてコーナーに突き飛ばすも、ファンタズモは回避。すかさず石森がハンドスプリングの要領でYOHにキック。
そしてファンタズモが、ロープをつかんでるYOHの腕にフットスタンプを落とし、場外に排除。
 これでCHAOSはSHO一人に。ファンタズモはSHOに馬乗りになってパンチを乱打。さらに金具むき出しのコーナーにSHOを叩きつけ、石森との合体のコードブレイカーから、ムーンサルトプレスを敢行。だが、SHOはかわして石森への誤爆を誘う。
 すかさずSHOは動揺するファンタズモをオーバー・ザ・トップロープで失格に追い込む。
 これでSHOと石森の一騎打ちに。SHOは石森を場外に放り投げようとするが、石森は回避。そして突進するも、SHOは避けてうまくエプロンに追いやる。
 SHOはアームブリーカーを決め、低空キックからロープに走るが、石森はリングに戻ってフロントキック。
 石森がラリアットを振り抜くも、かわしたSHOはジャーマンを連発。3発目は空中で腕ひしぎ逆十字に捕らえる。石森は足でなんとかロープエスケープ。
 SHOは雄叫びを上げ、豪快なラリアットで石森を一回転させる。そしてショックアローを狙うも、石森は切り抜けてブラディークロス。だが、SHOも回避し、クロスアーム・パイルドライバーの体勢に。
 これも石森は切り抜け、サイファーウタキをお見舞い。だが、カバーはSHOがカウント2でキックアウト。
 石森はSHOに銃口を向ける。だが、SHOは左右のエルボーを乱打。すると、石森は打撃のコンビネーションからジャンピングニー。そしてブラディークロスを決め、完璧な3カウントを奪取。BULLET CLUBに凱歌が上がった。

COMMENT

ファンタズモ「(石森は)来ないのか? そうか。俺は前から気づいてたけど、今日BONE DADDYは後楽園ホールに集まった全員に3つのことを証明した。1つ目に、石森はBULLET CLUBイチかわいいタッグチームの1人で、2つ目に、あいつと俺の3度目のIWGPジュニアタッグ王座戴冠は間違いない。そして最後に、あいつはジュニアの2冠王に輝く。

それから、今日最後に起こったことだけど、ツイッターで推測でいろいろ言うのはやめてくれよな。BULLET CLUBは問題ない。石森は俺の助けなんて全く必要なかった。1人で圧勝だった。頼もしいパートナーだ。サンキュー!」

※EVIL、裕二郎、東郷、石森はノーコメント。

※YOHはSHOに肩を貸しながら、バックステージを無言で通り過ぎる。
※後藤、石井、YOSHI-HASHIはノーコメント。

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
ariete
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ