DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL

日時
2021年6月7日(月)   17:00開場 18:00開始
会場
【開催日時変更】大阪・大阪城ホール
放送
バナーバナー
観衆
3,045人

第3試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合

  • <チャレンジャー>

  • <第89代チャンピオン>

※王者デスペラードが初防衛に成功
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

IWGPジュニアヘビー級選手権試合・(チャンピオン)エル・デスペラードvs(チャレンジャー)YOH。

まずは両者ロックアップから、YOHが押し込んでいくとロープ際、クリーンブレイクすると、デスペラードもすぐさま体勢を入れ替えYOHの耳を引っ張っていく。
「なにがクリーンブレイクだ、バカヤロー!」と挑発すると、デスペラードはヘッドロックで締め上げて、リストを絞っていく。

だが、YOHも変則的なムーブから逆にリストを締め返すと、アームホイップから再び締め上げていく。
ここで、YOHはドロップキックも的中させると、場外へ転落したデスペラードへプランチャを狙っていくが、これを読んでいたデスペラードはYOHの足をとりそのまま場外へ引き込み鉄柵攻撃。
さらに、デスペラードはリングしたからバケツを持ち出し投棄すると、レフェリーがこれに視線をやった隙に、YOHの左ヒザへパイプ椅子をフルスイング。

戦場がリングに戻っても、デスペラードはニークラッシャー、ヒザヘのボディプレスと左ヒザを集中攻撃。
苦しい状況のYOHだが、エルボー、バックエルボー、ジャンピングエルボーアタックで反撃に出ると、串刺しバックエルボー、ネックブリーカーと畳みかける。
さらに、YOHは逆回転のドラゴンスクリューをお見舞いすると、スピニングトーホールド3連発でヒザ攻撃のお返し。

悶絶するデスペラードも、なんとかスパインバスターからヌメロ・ドスを狙っていくが、YOHはすぐさまロープへエスケープ。
ならばと、デスペラードは抱え込み式バックドロップからブレーンバスターで投棄する場外戦へ。
ここはYOHがショットガンドロップキックをお見舞いすると、プランチャ、ノータッチ・トペ・コン・ヒーロを連続で放っていく。

YOHは場外カウント17でデスペラードをリングに戻すと、ミサイルキックからファルコンアローを決めるが、カウント2。
しかし、デスペラードも左ヒザ攻撃からドラゴンスクリューでYOHにペースを握らせない。

ここで両者エルボー合戦からヒザ攻撃の攻防を展開すると、技の読み合いからデスペラードがギターラ・デ・アンヘルをお見舞い。
続けて、デスペラードはヌメロ・ドスを再び狙うが、YOHはこれを逃れるとスターゲイザーで捕獲し、Out Of Printへ移行。

だが、デスペラードはなんとかロープへ逃れるも、YOHはドラゴンスープレックスで追撃。
そして、YOHは新必殺技のDIRECT DRIVEを狙うが、デスペラードはこれをかわしカウンターのヘッドバットをお見舞いしピンチェ・ロコへ。

しかし、YOHはジャックナイフ式エビ固めで切り返すもカウント2。
ならばと、デスペラードはロコ・モノを振り抜くと、最後はピンチェ・ロコを炸裂させ、粘るYOHから3カウントを奪った。

COMMENT


 
デスペラード「(※コメントスペースに入ってきながら)痛え……。頭も痛い、ヒザも痛い……。ついでに言やあ(※用意されたイスに座って)、われわれジュニアのシングル……全員が今日だって見たろ、お前? 石森がすぐ来てよ、血眼で(IWGPジュニアヘビー級のベルトを指して)これのこと、狙ってるんだろ。
 

 
なんだよ、セミ前ってよ。いやあ、それはそうだろうよ。セミの飯伏対コブ……ウーン、1人はお前、神超え果たした超人と、1人はお前、オリンピアンで、見るからにちょっと、“えっと、どういう進化したんですか?”っていう体躯してるだろ? そりゃあそうだ、あの2人がやったらもう、常人が逆立ちしたってかなうわけねえよ。だけどよ、(※テーブルに置いたベルトを何度も叩きながら)俺たちは! ジュニアはジュニアでよ、タイトル、これのために血眼になってんだろ! 試合順だ格だとか、そんなことを示してるとは思わん。そもそも挑戦者がお前、YOHじゃ、セミは……とかなるんだったらよ、そもそも挑戦……えーとなんだっけ、IWGP管理委員会? 実行委員会? なんかあっただろ? それが『お前ちょっと、今回なし』とか言うたらええじゃないか。お前らが組んだんだろ? それでお前、『アイツじゃセミは……』って。そんな失礼な話あるか、コノヤロー。タイトルが上だ、コノヤロー。まあ、それはそれとして……(※テーブルに用意されていたZIMAに手を伸ばし)いいね、終わったとたんに……(※栓を抜いて一口、口に含む)ああ、うめえ。終わったとたんにああやって、タッグもシングルも挑戦者が出てくる。最高じゃない。こんな刺激的なこと、なかなかないぞ。な? まあ俺はグダグダ講釈垂れるタイプじゃないが、それでも根っこは一緒なんだよ。伝統がどうたらこうたらいうのもいるけどな、ジュニアはジュニアで命張ってるんですよ。

(※立ち上がって)あと自分がコロナになってるってね、知らない時にZIMA飲んだらね、すっげえ薄く感じたんだよ。やっぱりね……。気いつけろよ、お前ら。帰ったら手え洗えよ。死ぬほどキツイぞ。風邪とか言ってるヤツいるだろ。ああ、風邪だ。風邪のしんどいやつで、薬もないし、めちゃめちゃうつるヤツな。ただの風邪だと思ってたらテメエら、痛い目みるぞ!」
 
 

YOH「(※おぼつかない足取りでコメントスペースにやって来て、たどり着くなり崩れ落ちるように座り込む)負けか……。でも、ここまで、ここまでして負けたんだったら、なにも文句は言いません。受け入れることで、成長できると、そう思うから。いつかの、いつかの仙台大会でも言ったかな? 『明日は明日の風が吹く』って。でも、そんなこと言えるのはさ、今日、今日一日を精いっぱい生きてきたヤツが言えることだから。たとえ、たとえ今日風が吹かなくても、いつか、この思いは芽吹くって。それまでひたすら、自分を磨いて、自分に期待して、自分を信じて、生きていきたいと思います。(※ゆっくり立ち上がって)そして、次(のIWGPジュニアタッグの挑戦者チーム)は、BULLET CLUB。(※右手で拳銃を打つポーズを見せて)銃口はさ、人に向けるためのもんじゃない。俺は、俺たちは、明日に向かって、進む……」



 
SHO「(※YOHと入れ替わりで)今日、第1試合で、俺が流れをつないで、YOHさんにつなげたかったけど、仕方ない。でもね、今日のYOHさんの闘いを見てて、やっぱり感じたよ。俺たちなら、YOHさんを含め、そして解説席にいた高橋ヒロム、そして反対コーナーに立っていたデスペラード、そして、(※抱きかかえるように手にしていたIWGPジュニアタッグのベルトを軽く叩いて)新しい次の挑戦者、名乗り出てくれた、石森、ファンタズモ。俺たちなら、もっともっと、この新日本ジュニアの世界を、もっともっと盛り上げれるんじゃないかって。そう感じた。でもやっぱり、今日、YOHさんには勝ってほしかったね。このジュニアタッグのベルト巻いた者同士の、ジュニアシングルのタイトルマッチも、いつか必ず成し遂げたい。そのためにも、このベルトは必ず、守ってやる」

ファンタズモ「(※2人、ZIMAを手に一口、二口、飲みながらコメントスペースにやって来て)見ろ、手に入れたぜ、ZIMAだ! 何で俺たちが持ってるのかって? それは俺たちが次のIWGPジュニアタッグチャンピオンって決まってるからだ! 次、獲ったら、(※石森に向かって)3回目だったか?」
石森「ああ、スリータイムズ」
ファンタズモ「3度目のベルト戴冠だ」
石森「(※ZIMAを飲みながら)前祝い、前祝いだ、ヘヘ」

ファンタズモ「座って話すか……。(※並んで座り込んで)ROPPONGI 3Kは最高の相手だし、あいつらとの対戦は毎回楽しいぜ。SHOとYOHはな。俺たちが初めてあのベルトを獲ったのは2年前の『KIZUNA ROAD』だ。(翌年の)『WRESTLE KINGDOM』ドームで王座から陥落してしまい、そのあと再び取り返したが惜しくもまた失ってしまった。だが今回は違う。ベルトを獲って永久に防衛する。カメラマン、ちゃんと俺を映してるか? 答えろ。イエスか? イエスなんだな?そうか、OKだ。 いいか、ちゃんと俺たちとコミュニケーションを取れ。それでなくてもこんな何個もカメラがあったらコメントしづらいんだから。バカ野郎どもが。ZIMAって結構美味いじゃん。次、イシモリがIWGPジュニアのベルトを獲った時もZIMAで乾杯だな。BULLET CLUBがジュニアのベルトを全制覇してやる」

石森「(ジュニアのタイトルは)すべていただくからよ。前祝いだ(※と言ってZIMAを飲む)。それとなんだっけ? なんちゃら3K? おめえらにちょっと言いたいことがあんだよ。なにーをしたいのか、俺はさっぱりわからない。小松に、やる気は見えるが挑戦者みたいなことばーっかり言ってるSHO。お前らは、チャンピオンの器じゃないんだよ。ただ守るだけがベルトじゃねえんだよ。ほかのヤツらから、欲しくて、奪いたくて、たまらねえって思われるのが、チャンピオンのベルトだろ? 

お前らが持ってる間は、そのベルト、ただの飾りだ。ちょうど、俺もファンタズモもさ、ヒマしてるから。そこで、俺たちが、お前らのベルトに挑戦してやる。相手してやる。その飾りになっちまったベルト、すくってやるよ、俺たちが。それと、デスペ……に関しては、もういいだろ。わかるだろ?」
ファンタズモ「今、イシモリが言ったこと全てに同感だ。もう全部飲んじまった。俺って飲むのが早いからな。ちょっと酔っちまったかな。これを見てるバカなプロレスファン、俺たち2人の仲なら心配無用だ。何も問題ない。なんたって俺たちはBULLET CLUBイチかわいいチームだからな」
石森「前祝いだ」
ファンタズモ「(スタッフの1人に向かって)髪を切ったのか? ゴミみてえだ。BULLET CLUB IS FINE……」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ