Road to WRESTLE GRAND SLAM

日時
2021年5月26日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
329人

MATCH REPORT

 第4試合は飯伏幸太&本間朋晃vsジェフ・コブ&グレート-O-カーン。飯伏とコブは一騎打ちの機運が高まる中、激しい抗争を展開。5.22名古屋の同一カードではコブが本間をツアー・オブ・ジ・アイランドで仕留めているが、今回の結末は?

 ゴング前から飯伏とコブは視殺戦を展開する。

 先発は本間とオーカーン。ロックアップで組み合うと、オーカーンはロープまで押し込み、ここはクリーンブレイク。そして襲いかかるも、本間はかわして逆水平チョップを連発。さらにショルダータックルでオーカーンをなぎ倒す。
 続く本間のボディスラムを、オーカーンは耳をつかんで回避。そのままオーカーンは本間をマットに押し倒し、ストンピングを連発する。
 カバーを本間が返すと、オーカーンはコーナーに押し付けて玉座。飯伏がリングに入ると、オーカーンは技を解除する。
 そしてオーカーンは両足で本間を踏みつけるが、飯伏が背後から襲いかかる。だが、コブが飯伏を場外に排除。
 コブは本間をボディスラムで叩きつけ、相手のお株を奪うこけしポーズから、ストンピングをお見舞い。
 コブは本間の胸板にハンマーパンチを食らわせ、飯伏を挑発。本間も打撃で対抗するも、コブはヘッドバットでねじ伏せる。
 本間はUNITED EMPIRE相手に孤軍奮闘するが、オーカーンがモンゴリアンチョップで動きを止める。そして大空スバル式羊殺し。だが、本間は切り抜けると、技の読み合いからDDTを炸裂。
 スイッチした飯伏はオーカーンにレッグラリアット。そして、場外にエスケープしたオーカーンに、プランチャを炸裂。さらに場外のコブにエルボーを見舞う。
 飯伏はオーカーンをリングに戻し、その場飛びシューティングスタープレスを敢行。さらに打撃のコンビネーションからロープへ。するとコブがカウンターのスピアー。
 そして、コブが飯伏をポップアップすると、オーカーンが空中で捕獲し、そのままスパインバスターのように叩きつける。
 スイッチしたコブは飯伏をタックルでコーナーに叩きつけ、串刺しラリアット、串刺しエルボー、豪快なブレーンバスターとたたみかける。
 コブはバックを取るが、飯伏は切り抜ける。続くオーバーヘッドキックはコブがかわし、ロープへ。すると飯伏はカウンターのフランケンシュタイナー。
 スイッチした本間はコブに逆水平チョップを連発。コブも串刺し攻撃で応戦しようとするが、かわした本間はフェイスクラッシャー。そして小こけしを繰り出すも、これはかわされてしまう。
 コブが本間を捕らえると、オーカーンがモンゴリアンチョップを連発。三発目を切り抜けた本間は、UNITED EMPIRE二人まとめてコンプリートショット&DDTを炸裂。
 続いて本間と飯伏がコブにダブルの小こけし。そして、本間はコブにこけしロケットを炸裂。しかし、カバーはオーカーンがカット。すかさず飯伏が場外に連れ出す。
 本間はコーナーを上るも、コブがカット。しかし、本間は攻撃を切り抜けロープへ。するとオーカーンはカウンターのアスレチックプレックスからカバー。これは飯伏がカットに入る。
 飯伏はコブにエルボーからソバット。続くニーをよけたコブは、飯伏にコブゴェを炸裂。飯伏はグロッキー状態に。
 本間はUNITED EMPIREにエルボーで必死に応戦するが、UNITED EMPIREは王統流二段蹴り&ソバット。そして、オーカーンがアイアンクローで本間をコブに投げると、コブが豪快なツアー・オブ・ジ・アイランドを決めて勝利を収めた。

 試合後、コブはグロッキー状態の飯伏を見下ろし、挑発の言葉を投げかける。
 オーカーンは飯伏の足を引っ張り、リング中央に運ぶ。そして、オーカーンが本間、コブが飯伏を踏みつけて勝利をアピール。飯伏&本間はセコンドの肩を借りて、フラフラと退場。

COMMENT


 
コブ「(オノダクリニックのロゴを指差し)スポンサーの『オノダクリニック』、ドクターを探してるならオレを呼んでくれ。イブシ、おまえは毎晩なかなか寝られなくて困ってるんだろ。一晩中いつどこでオレとシングルで正面対決しないといけないのか思い巡らせて不安に陥ってるんだろ。

でも今日はドクターのオレがおまえをスヤスヤとリングで寝かせてやった。ちょっとした薬を処方してやったぞ。明日症状が解決したかどうか電話して教えてくれよ。

おまえはこの’THE IMPERIAL UNIT’、 ‘THE HATCHET’に衝突して今は頭も顎も身体中が痛みで疼いてるだろうが、これでおまえもオリンピアンの実力が身にしみて分かったはずだ。”ドクター・コブ”…しっくりくるな」


  
オーカーン「聞け! 愚民ども! そして帝国民ども。別に興が乗ったわけではない。そして、今までとやることは何一つ変わらん! だが、一つ宣言しておく。オスプレイがいなくなったからと言って、安心するな! 不安に、かられるな! オスプレイがいない、ほんの少しの間だけ、余が“NEW COMMONWEALTH KING PIN”。簡単に言やあ、政治的集団の中心的人物に、余が、なる! 帝国を、そして……新日本プロレスを導く」




※飯伏は階段から文字通りに転がり落ちてバックステージにたどり着き、転がりながら控室の扉までなんとかたどり着くも、ドアノブに手をかけずに開けようとしたものの扉が開かず、やっとの思いで立ち上がり、ドアノブを捻り控室に入ろうとするも力が入らずなかなか控室に入れず。入れたと同時に内側に倒れ込み、控室の扉が閉じた。

※本間はノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年5月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ