レスリングどんたく 2021

日時
2021年5月4日(火)   13:30開場 15:00開始
会場
福岡・福岡国際センター
放送
バナーバナー
観衆
2,367人

MATCH REPORT

 今シリーズ、連日激突しているL・I・JとUNITED EMPIREの6人タッグマッチ。両軍とも勝利して、メインでIWGP世界ヘビー級選手権を戦う鷹木とオスプレイに、いい形でバトンをつなげたいところ。

 入場時、リングで待ち受けるオーカーンの支配者ポーズに対して、内藤も入場口で支配者ポーズ。一方、4.26広島大会でのシングルマッチ、そして昨日の試合でもSANADAに敗れているヘナーレはいきり立って、SANADAを挑発だ。
 先発を買って出たヘナーレはL・I・Jが拳を突き上げた瞬間を狙って急襲。オーカーンもコブも襲いかかって場外乱闘から試合開始だ。場外でSANADAをいたぶったヘナーレはリングに戻ってからもパンチを連打。さらにブレーンバスターを仕掛けていく。
 しかし、後方に着地して逃れたSANADAは低空のドロップキックで膝を打ち抜くと、続けて正調のドロップキック。さらにタンクトップを脱ぐと、それを使って珍しいチョーク攻撃だ。続いてBUSHIが登場。ストンピングでヘナーレをいたぶり、内藤にタッチする。
 内藤はネックロックでヘナーレを締め上げるが、ヘナーレもボディブローで脱出。エルボー、ヘッドバットで反撃だ。しかし、内藤は続くヘナーレの攻撃を身を沈めて避けると、そこに場外からSANADAがリングイン。
 ダブルのヒップトスでヘナーレを叩きつけると、内藤がキャメルクラッチで捕獲。続けてSANADAが低空のドロップキックをヘナーレの顔面目がけて発射だ。そして、レッグシザーズネックロックに捕獲する。
 ここはオーカーンがカットに入ってくるが、内藤は弁髪を掴んで反撃。しかし、オーカーンがロープに内藤を飛ばすと、エプロンからコブがキックで一撃。続けてオーカーンが一本背負いを放って叩きつけると、ヘナーレがPKで追撃だ。
 続いてタッチを受けたオーカーン。ヘナーレとダブルの股裂きを食らわせるとモンゴリアンチョップを連打。コーナーに内藤を追い詰めると、足で踏みつけていく。そして、コブとタッチ。コブは滞空時間の長い、スクワット式のブレーンバスターで内藤を叩きつける。
 さらにその場飛び式のムーンサルトプレスで追撃したコブは、内藤のポーズを取って挑発だ。そして、胸板にハンマーパンチを連発していたぶると、ベアハッグで締め上げていく。続いて再びオーカーンが登場。自軍のコーナーで玉座を極めると、さらに腕を取ってダメージを与えていく。
 続いてオーカーンは大空スバル式羊殺し。しかし、内藤は弁髪を掴んで脱出。コーナーに飛ばされながらも、足を突き出してオーカーンの突進を防御すると、バックエルボーから延髄斬りを放つ。だが、オーカーンはこれをかわしてモンゴリアンチョップだ。
 ならばと内藤もロープをステップしてのスイング式DDTで反撃。両者、SANADAとヘナーレにタッチだ。まずはSANADAがエルボーを連打。続いて低空のドロップキックを放つと、コーナーのコブにも低空のドロップキックを食らわせて蹴散らす。
 さらにヘナーレにはアトミックドロップからパラダイスロック。場内の拍手を十分浴びると、低空のドロップキックをケツに一撃だ。そして、ファイヤーマンズキャリーで抱え上げるSANADA。
 これをヘナーレは回避すると、SANADAのコーナースローを切り返して、逆にコーナーに飛ばす。SANADAがコーナーで一回転してからロープに飛んでフライングボディアタックを放ってくると、それを食らいながらもグラウンドで一回転。そのまま持ち上げてサモアンドロップだ。
 続けてランペイジを放ったヘナーレ。SANADAのフロントキックで防御されたがかまわずエルボーで攻め込む。SANADAもエルボーで反撃してくるが、これに応じてエルボー合戦だ。SANADAのローリングエルボーを食らいながらも、すぐさま縦打ちのエルボーで反撃したヘナーレ。SANADAのその場飛びのムーンサルトを自爆させると、ブレーンバスターで叩きつけてみせた。
 そして、タッチを受けたコブが入ってきて、ヘナーレと一緒にトレイン攻撃。しかし、SANADAはこれをかわしてヘナーレに低空のドロップキック。コブにはフランケンシュタイナーだ。コブが踏ん張ると、さらに反動を使って投げて、BUSHIにタッチだ。
 BUSHIはエルボーで攻め込むと、ロープに飛ばされながらもロープを掴んで踏ん張り、ロープをコブを緩めて場外に追いやる。そしてトペ・スイシーダで一撃だ。コブがリングに戻ってくると、ラリアットをかわしてDDT。そして、コーナーに飛ばす。
 BUSHIは串刺し式のエルボーアタック、セカンドロープからのミサイルキックを連続で発射。そして、今度はL・I・Jが連携攻撃を仕掛ける。BUSHIの串刺し式エルボーから、内藤の延髄斬り、SANADAの蹴り上げ、BUSHIのバッククラッカーがコブに連続炸裂。
 そして、BUSHIはコードブレイカーを発射だ。これを突き放したコブに、BUSHIは蹴り足を取らせての反転式のキック。しかし、ここにオーカーンが入ってきて、ショルダータックルでBUSHIをふっ飛ばす。
 ならばと内藤が入ってきて、チョップでオーカーンを倒すと後頭部に低空のドロップキック。その内藤をヘナーレがローキックとハイキックで蹴散らす。そこにSANADAが登場。ヘナーレにドラゴンスリーパーを仕掛ける。
 しかし、これを回避したヘナーレはStreets of Rageの体勢に。これを逃れたSANADAはヘナーレをロープ際に誘い込み、ロープを緩めて場外に追いやる。だが、コブがそこに突撃してラリアットでSANADAを場外に転落させる。
 ならばとBUSHIがダイビングボディアタックを発射。コブに受け止められるが、ポップアップされた瞬間を狙ってフランケンシュタイナーで切り返す。さらにコードブレイカーと見せかけて、ウラカン・ラナを放ったBUSHI。
 しかし、コブはこれをキックアウトすると、間髪入れずにドロップキック。そして、対戦要求を受けている飯伏の必殺技・カミゴエでBUSHIを打ち抜くと、最後は自身の必殺技、ツアー・オブ・ジ・アイランドで叩きつけて3カウントを奪ったのだった。

COMMENT


 
ヘナーレ「SANADA、俺はRAGE(怒り)であふれてる! 気をつけた方がいいぞ! 今日は何日だったっけ? 5月4日だったか? (UNITED EMPIREに加入して)ちょうど1カ月か。前よりも上のポジションで闘ってる。このシリーズは95%俺たちが勝った。そのうち、SANADAが勝ったのは1試合だけだろ? 俺とUNITED EMPIREは勢いを増すばかりだ。ここから生まれ変わった俺の真骨頂を見せてやる。SANADA、もう一度、お前とシングルで試合させてくれよ。ファンも見たがっている。このあとメインイベントでオスプレイがシンゴを完璧に潰してくれる。俺たちは血と金と栄光で埋め尽くされた道を歩んでいるんだ」

コブ「さて、『(WRESTLING)DONTAKU』2日目……。欧米の有名な絵本で『WHERE’S WALDO?(ウォーリーをさがせ!)』っていうシリーズがあるけど、“WHERE’S IBUSHI?”っていうタイトルの新作が発売されるべきだな。あいつは(鹿児島で)1試合だけして行方をくらました。でも、俺とUNITED EMPIREはこのシリーズを通して日本全国でブイブイ言わせてきたぞ。イブシ、俺との直接対決が恐いからって、ズルズルと引っ張ってるのか? でも、最初に俺にぶつかってきたのはお前じゃないか。早くどこにするのか決めろ。イブシ、運命からは逃げられないんだ。

もしかして今も『(NJPW)WORLD』で見てるのか? 月額たったの999円だし、もちろんお前も入ってるよな。今日、俺がBUSHIに何の技を使ったか見てたか? あの技はカミゴェよりさらに強力な“コブゴェ”だ! イブシ、俺はお前を待ってるぞ。次の試合まで10日休みがある。その間に(決戦の)日にちを決めてくれよ……」

オーカーン「余は間違っていたよ。昨日、13勝といったが、数え忘れていたよ。(4.26)広島でオスプレイとコブがあいつらに勝っていたな。自分のことじゃなかったから、ついつい忘れてしまっていたが、今日を入れて15勝だよ。まあ、結局、去年まで、知らないが、新日本の中心だったらしいロス・インゴ、これで帝国に、蹂躙され尽くしたということだ。IWGP世界ヘビー級も持っている。誰がなんと言おうと、いや誰もが認めるのが、いま新日本の中心にいるのは、われわれUNITED EMPIREである。だが足りん。われわれ同盟者全員が、帝国を……そう、それぞれがやりたいことをやり、それぞれの輝ける場所を作る。そのためにわれわれは同盟を結んだ。

これから、余たち、余もコブもヘナーレも、それぞれの帝国を作りに、本格的にさらなる蹂躙を進めていく。震えてねえもの、愚民ども……帝国万歳!」

BUSHI「(※フロアに座り込んで)この1カ月、この1カ月、UNITED EMPIREと絡んで、毎日絡んで、ジェフ・コブに負け続けたよ。でもな、今回、得たものは大きいぞ。俺自身、いい経験になったよ。負けから学ぶことはたくさんあるだろ。

(※立ち上がって)まあ、相手がヘビー級だったからなんてことは言いたくない。必ず、ここから這い上がって、IWGPジュニアのベルトに絡んでみせるよ」


 
内藤「今シリーズ、UNITED EMPIREに大きく負け越してしまった。その事実は、しっかり受け止めたいと思いますよ。でも、でも、俺のホームである広島大会(4.26)にて、オーカーンにシングルマッチで勝ち、そして“逆転の内藤哲也”のきっかけをつかんだ……つもりなんで、そこは前向きにとらえていきたいと思いますよ。さあ、こっからどうやって逆転しようかなあ……。どうやって、来年1月4日、東京ドームのメインイベントにつなげよっかなあ……。

まあ、いろいろあるけどさ、でもその前に、ま・ず・は、まずは今日のメインイベント。さあ鷹木、アニマル浜口ジム出身者として、アニマル浜口さん以上の気合を、入れていこうぜ、カブロン!」
※SANADAはノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年5月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ