NEW JAPAN CUP 2021

日時
2021年3月20日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
宮城・ゼビオアリーナ仙台
放送
バナー
観衆
1,230人

第5試合 時間無制限1本勝負
『NEW JAPAN CUP 2021』準決勝戦

※オスプレイがトーナメント決勝戦へ進出
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

‎ ‎ セミファイナル(第5試合)の準決勝では、デビッド・フィンレーvsウィル・オスプレイが激突。
 オスプレイは1回戦(3.7山梨)で天山広吉、2回戦(3.14尼崎)でザック・セイバーJr.、そして準々決勝(3.18静岡)ではSANADAを下し、ベスト4に進出。一方のフィンレーは1回戦(3.10京都)でチェーズ・オーエンズ、2回戦(3.15後楽園)でYOSHI-HASHI、準々決勝(3.18静岡)でジェイ・ホワイトを退け、準決勝へ。
 オスプレイは、3.18静岡の試合後、「あのフィンレーがジェイ・ホワイトに勝っただと? フィンレー、オマエのシンデレラストーリーもここまでだ」と挑発。だが、フィンレーも「いままでの俺とは違う。今日でデビッド・フィンレーは世界トップのレスラーの一人だってことが証明された。絶対に、この俺が優勝する!」と吠えた。勝利すれば、どちらも初の『NEW JAPAN CUP』決勝戦進出となるが、その結末は果たして?

 オスプレイはビー・プレストリーを帯同し、腰にブリティッシュヘビー級王座を巻いて入場。フィンレーはジュース・ロビンソンと共に入場。二人の腰にはIMPACT世界タッグのベルトが輝く。

 ゴングと同時にオスプレイは気合いの雄叫び。フィンレーは片足タックルでテイクダウン。しかし、オスプレイは転がって距離を取る。続いてリストの取り合いから、フィンレーがフライングメイヤー。オスプレイはレッグシザースで切り返すが、フィンレーは脱出。
 続いてロープワークの攻防ではフィンレーがショルダータックルでダウンを奪う。オスプレイは一旦場外にエスケープ。
 オスプレイはリングに戻るとロックアップ。フィンレーがロープに押し込むも、オスプレイは体勢を入れ替え、離れ際に打撃を見舞う。
 続くロープワークの攻防ではフィンレーが矢のようなドロップキック。さらに高速ブレーンバスターで叩きつけると、オスプレイはまたも場外へ。
 フィンレーが追いかけると、ビーがその前に立つ。フィンレーは押しのけるも、スキをついてオスプレイがキック。そしてパイルドライバーの体勢に入るが、フィンレーはショルダースルーで跳ね返す。
 フィンレーはオスプレイをリングに戻し、ボディスラムで叩きつけるとセントーン。続いて串刺し攻撃を狙うが、かわしたオスプレイはフィンレーをトップロープに固定。そして、フロントキックで場外に落とす。
 オスプレイはフィンレーを鉄柵に叩きつける。さらにバックドロップの体勢で持ち上げ、そのまま鉄柵の上に落とす。フィンレーは脇腹を押さえて悶絶。
 オスプレイはフィンレーをエプロンに固定し、後頭部にニードロップをお見舞い。ダメージの大きいフィンレーは、カウント12でリングに生還。
 オスプレイは打撃のラフファイト。強烈な逆水平チョップから、顔面に右足を押し当てる。フィンレーもエルボーを返すが、オスプレイはヒザ蹴り。そしてグラウンドでのスリーパーでスタミナを削っていく。
 フィンレーはバックドロップを狙うも、オスプレイは着地。しかし、突進してきたオスプレイに、フィンレーは鮮やかな旋回式のバックドロップ。
 続いてフィンレーがジャンピングのヨーロピアンアッパーカットを見舞うと、オスプレイは場外へ。すかさずフィンレーはプランチャを炸裂。そしてオスプレイをリングに戻して串刺しエルボー、セカンドロープからのエルボーアッパーとたたみかける
 ここでフィンレーは変形バックブリーカーを狙うが、オスプレイは回避し、ハンドスプリングで飛びかかる。しかし、キャッチしたフィンレーはブルーサンダーで叩きつける。
 フィンレーはブレーンバスターで抱え上げるも、オスプレイはスタナーで切り返す。さらにピッピー・チェリオをヒットしカバー。フィンレーはカウント2でキックアウト。
 ならばとオスプレイはオスカッターを狙うも、フィンレーは足にしがみついて阻止。ここから激しいエルボーの応酬に。競り勝ったフィンレーは変形バックブリーカーの体勢に入るが、オスプレイは切り抜けてリバースブラディ・サンデー。
 ここでオスプレイは右ヒジのサポーターを外す。フィンレーはオスプレイをコーナーに押し込むが、オスプレイはボディスラムでフィンレーを叩きつけ、コーナーを上る。
 だが、フィンレーはジャンピングのヨーロピアンアッパーカットで動きを止め、雪崩式ブレーンバスターを炸裂。すかさずカバーするが、オスプレイはカウント2でキックアウト。
 フィンレーは雄叫びをあげながら首切りポーズを見せ、ACID DROP へ。だが、オスプレイは回避し、サイレント・ウィスパーをヒット。そして肩に担ぎ上げてロンドン・ハズ・フォルーンからカバーへ。しかし、フィンレーはカウント2で跳ね返す。
 ならばとオスプレイはストームブレイカーを狙うも、切り抜けたフィンレーは丸め込みを連発。それでもオスプレイはストームブレイカーの体勢に入るが、フィンレーはショルダースルーで返し、そのまま座り込んでカバー。しかし、オスプレイはカウント2でキックアウト。
 フィンレーはオスプレイのエルボーをかわし、カウンターの変形バックブリーカー。そしてロープに走るが、オスプレイもその場飛びのスパニッシュ・フライで反撃。
 オスプレイはもう一度ストームブレイカーを狙うが、これもフィンレーは切り抜けてトラッシュパンダを炸裂。しかし、オスプレイもカバーはカウント2で返していく。
 するとフィンレーはACID DROPを狙うが、オスプレイはそのまま強引に場外に放り投げる。フィンレーは足首を打ち付けたのか、うめき声を上げる。ジュースは心配そうにフィンレーに駆け寄る。トレーナーも駆けつけ、容態をチェック。ここで場外カウントが始まり、フィンレーはカウント19でリングにギリギリ生還。
 すかさずオスプレイはスワンダイブの低空ドロップキック。そしてパワーボムで叩きつけるが、フィンレーは必死に返す。するとオスプレイは4の字固めで捕獲。その状態でフィンレーのシューズを外し、痛めた足首をひねり上げる。場外ではジュースがタオルを手にするが、フィンレーは必死にロープエスケープ。
 オスプレイはフィンレーの首筋にパンチを連発。フィンレーは必死に立ち上がってPrima Noctaを狙うも、オスプレイにかわされてしまう。
 オスプレイはフィンレーの顔面にステップキックを連発。フィンレーはロープをつかんで立ち上がるも、オスプレイは非情のローリングエルボーをヒット。
 さらにオスプレイは追撃のローリングエルボーでダウンを奪うと、余裕の表情を浮かべるが、スキをついてフィンレーがPrima Noctaへ。だが、これもオスプレイは切り抜けてサイレント・ウィスパーを決める。そしてオスカッターにいくも、フィンレーはカウンターのPrima Nocta。だが、カバーはカウント2。
 ならばとフィンレーはACID DROPをを狙うが、足がもつれてしまう。それでも気合いを入れてACID DROPの体勢に入るも、オスプレイは回避するとストームブレイカーへ。だが、フィンレーはフランケンシュタイナーで切り返す。しかし、オスプレイはカウント2でキックアウト。
 すると、フィンレーは豪快なラリアットでオスプレイを一回転させる。そして、執念のACID DROP を狙うも、オスプレイは空中でフィンレーを捕らえ、強引にパワーボムで叩きつける。そこからすばやいモーションでストームブレイカーにつなぎ、粘るフィンレーから3カウントを奪取した。

 試合後、オスプレイにはビー、フィンレーにはジュースが駆け寄って介抱。オスプレイは険しい表情でフィンレーを見下ろし、勝ち名乗りを受ける。
 オスプレイはセカンドロープに座ってフィンレーを見つめてから、リングを下りて退場。去り際には「危なかった」というジェスチャーを見せた。
 自力で退場するフィンレーには、その大健闘に場内から大きな拍手が起こる。最後はジュースの肩を借りてバックステージに。

COMMENT


 
ビー「(※先導しながら拍手でオスプレイを迎え入れる)さすが! EVILでもシンゴでもどっちが勝ち上がってきても、明日の決勝で勝つのはあなたに決まってる! ウィル・オスプレイが『NEW JAPAN CUP』を制するのよ」
 

 
オスプレイ「フィンレー、今日のお前はすごかったよ。俺はお前を甘く見ていた。お前の気持ちを揺さぶってやるつもりでコメントでもこき下ろしてきたが、今日のお前は本当に強かった。ケガがあったとは言え、素直にお前の力を認めよう」
 

 
「お前の実力は十分に評価されてない。だけどこれは忘れるな、ウィル・オスプレイはレベルが違うんだ!」
ビー「(※控室に向かいながら)じゃあ、 また明日ね……」
 
 

 
フィンレー「(※IMPACT!世界タッグのベルを手に、右のシューズを脱いで足首をアイシング、足を引きずりながらコメントスペースに入ってくる。崩れ落ちるように倒れ込み、仰向けになって)クソッ! あとちょっとのところで負けるなんて……。オスプレイはいつも自分はレベルが違うと偉そうに言ってるが、今日の結果を受けてその意味がよくわかった。あいつは文字通りレベルが違う。ファイナル4(4強)の中では、EVILとシンゴには勝ったことがあるが、オスプレイには1度も勝ったことがない」
 

 
「でも、オスプレイのようなトップの1人と闘うことで、俺はより強くなれた。これで『G1 CLIMAX』デビューも決まったようなものだろう! 6年間、ニュージャパンで闘ってきたのに、まだ一度も『G1』に出られていない。『G1』に出場して、自分の実力を試したい。みんなだって、俺の『G1』出場をずっと待っているはずだ。今日は人生で一番キツい試合だった。ここまで上がってきて、あと少しのところで勝てなかった。でも『G1』に出ればもっと強くなれると思う。そして次こそ、オスプレイの野郎を倒してやるぞ! (『NEW JAPAN CUP』)優勝は叶わなかったけど、満足いく結果を残すことはできた。チェーズ、YOSHI-HASHIに勝って、東京ドームのメインイベントに立ったジェイへの連敗記録を止めることができた」
 

 
「それにIMPACT! 世界タッグのベルトも手に入れた。だから今日は負けたとは言え、俺の勢いはまだまだこんなもんじゃない。この調子で進んでいく。トップに立って、追われるような選手にならないと。そのために俺はこれからも全力で頑張るから……」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ