NEW JAPAN CUP 2021

日時
2021年3月7日(日)   13:30開場 15:00開始
会場
山梨・アイメッセ山梨
放送
バナー
観衆
711人

MATCH REPORT

 第3試合は棚橋弘至&トーア・ヘナーレ&ジュース・ロビンソン&田口隆祐vsEVIL&ジェイ・ホワイト&KENTA&ディック東郷。3.10福知山の『NJC』1回戦(ヘナーレvsジェイ)の前哨戦となる。ちなみにその勝者と、棚橋は3.15後楽園の『NJC』2回戦で対峙。

 BULLET CLUBには外道が帯同。棚橋はNEVERのベルトを携えリングイン。BULLET CLUBはゴング前にToo Sweetサインをかわす。すると本隊カルテットは円陣を組んで気合いを入れる。

 先発はヘナーレとジェイ。ジェイは手拍子を煽ると、何もせずKENTAにすばやくスイッチ。ヘナーレは場外に下りたジェイに怒りを見せる。そして、ジュースと交代。
 ジュースが襲いかかるも、KENTAはすぐにロープへ。そしてスキをついて打撃の猛攻。張り手をジュースの顔面に連発する。ジュースもジャブと逆水平チョップで反撃。さらに串刺しラリアット。
 ジュースはKENTAにマンハッタンドロップから河津がけ、さらにセントーンとたたみこむ。
 続いて本隊は田口の指示でKENTAにトレイン攻撃。そして、田口はヒップアタックからブロックサインを見せ、セカンドロープに上る。だが、KENTAはヘナーレを田口の尻に叩きつける。
 田口がうしろを振り向くと、そこにはBULLET CLUBの姿が。田口はToo Sweetサインを見せるが、BULLET CLUBの答えはストンピング。
 KENTAは田口をコーナーに固定し、臀部を踏みつける拷問攻撃。次は東郷が田口にレフェリーのブラインドをついて顔面パンチ。さらにフライングメイヤーからフィストドロップを食らわせる。
 スイッチしたEVILは田口にコブラツイスト。そして、EVILの手を東郷とKENTAが数珠繋ぎで引っ張って反則アシスト。
 次はジェイが田口の臀部にストンピングを連発。さらにジェイは田口のタイツを尻に食い込ませて屈辱的なストンピング。ジェイはヘナーレに見せつけるように田口にヘッドロックを見舞う。
 田口は切り抜けるとヒップアタック。だが、ジェイにあっさりとかわされる。二発目も不発に。だが、意地で追走式のヒップアタックをヒット。
 スイッチしたヘナーレはジェイに逆水平チョップからフライングショルダーアタック。そして相手コーナーのBULLET CLUBを排除すると、ジェイを担ぎ上げる。ジェイが脱出するも、ヘナーレはダブルチョップでダウンを奪う。
 続いてヘナーレは滞空時間の長いブレーンバスターでジェイを叩きつける。勢いに乗るヘナーレはTOAボトムを狙うも、ジェイはロープエスケープ。技の読み合いから、ジェイはヘナーレのうしろ髪をつかんで引き倒す。
 さらにジェイは串刺しエルボーからブレードバスターをお見舞い。だが、カバーはヘナーレがカウント2でキックアウト。ここでBULLET CLUBが分断作戦に出る。
 ジェイはヘナーレのノド元を踏みつけて挑発。そして変形の裏投げを狙うが、ヘナーレがこらえる。ヘナーレはエルボーでひるませて串刺しラリアット。続いてサモアンドロップを決め、エプロンの外道をエルボーで排除。
 ヘナーレはジェイをフィッシャーマンズバスターの体勢から担ぎ上げるが、EVILがカット。すると、ヘナーレはEVILにサモアンドロップ。
 しかし、スキをついてジェイがヘナーレにDDT。スイッチした東郷はヘナーレにパンチを連発。だが、ヘナーレは強烈なスピアーで反撃。
 スイッチした棚橋がリングインすると、EVILが襲いかかる。そして、東郷とのダブル攻撃を狙うが、棚橋は切り抜けてドラゴンスクリューを連発。
 その棚橋をKENTAが排除。しかし、ジュースがジャブを連発。KENTAが場外に逃げるとジュースは追いかける。だが、KENTAは顔面かきむしりをお見舞い。
 リング上では東郷が棚橋に顔面かきむしりから横入り式エビ固めを連発。しかし、棚橋が返すと、田口が東郷にヒップアタック。さらに田口はEVILにアトミックドロップを食らいながらも、意地のヒップアタックをヒット。さらに場外に落ちたEVILにプランチャを炸裂。
 リング上、棚橋は東郷にスリングブレイド。そして、最後はハイフライフローで3カウントを奪取した。

COMMENT


 
ジェイ「オイ、見たか? 前にも言ったはずだ。何で試合後、ヘナーレが俺に攻撃を仕掛けてきたのに見過ごされるんだ? 俺がやったら速攻で止められてたはずだ。ヘナーレ、お前が強いってことはもうみんなが分かってるよ。けど、俺はもうシンゴ、スズキ、モクスリー、イシイといった相手から勝ってきた。お前は今名前を上げた奴らと肩を並べられるようなレベルでもない。お前は楽勝の相手だ」
※EVIL、KENTA、東郷はノーコメント

ジュース「今日はコメントをするつもりはなかったけど、まあいいか。KENTAのgo 2 sleepには沈まなかったものの、結局腰抜けみたいにギブアップしてしまった。目の怪我は無事に治ったものの、まだまだ痛みに疼いてる。でも、必ず100%良くなると信じてる。そしてここから巻き返しを図る。でも、とりあえず今はフィンレーを応援してる。チェーズに勝ってくれよ。(日本語で)ガンバッテクダサイ!」

ヘナーレ「ここにきてようやく俺はお前を倒せるだけの力があるって気づいた。1回戦は明後日のキョート。そこで俺は一気にトップへと躍り出る。今年の『NEW JAPAN CUP』、手放しでは絶対に終われない。結果を残すぞ」

田口「試合は少ないですけど、『SUPER Jr』に向けて、『SUPER Jr』は今まで通りの季節に開催されることを信じて調整してますんで、是非ファンの方は期待してください。ファンじゃない方は期待しないで大丈夫です」

棚橋「『NEW JAPAN CUP』公式戦見てて思うのは、やっぱり『NEW JAPAN CUP』って怖いね。何度1回戦で俺も消えてきたか。今回も内藤、オカダ。けど、俺にはちゃんと経験があるから。ちゃんと経験してるから。ジェイかヘナーレか、とにかくね、二冠ベルトでちょっとゴタゴタがあって、その大前提にコロナ禍で大変な状況にあるっていう。こういう時に、こういう時に力を発揮して、みんなを安心させて、導いていくのがエースだと思うから、期待してください!」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ