Road to THE NEW BEGINNING

日時
2021年1月23日(土)   16:00開場 17:00開始
会場
東京・大田区総合体育館
放送
バナー
観衆
1,325人

第4試合 時間無制限
イリミネーションマッチ

※本間1人残りで本隊が勝利
(12分29秒 両者OTTR)飯伏、SANADA×
〇ワト(13分45秒 OTTR)BUSHI×
〇ヒロム(13分54秒 OTTR)ワト×
〇SHO(16分26秒 OTTR)ヒロム×
〇鷹木(17分41秒 OTTR)SHO×
〇棚橋(20分02秒 OTTR)鷹木×
〇内藤(21分53秒 OTTR)棚橋×
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 第4試合の飯伏幸太&棚橋弘至&本間朋晃&SHO&マスター・ワトvsSANADA&鷹木信悟&内藤哲也&高橋ヒロム&BUSHIは、最後まで一人でも残ったチームが勝者となるイリミネーションマッチ。試合権利のある選手が、トップロープを超えて場外に転落した場合も退場となる。
 2.11広島の二冠王座戦(王者・飯伏vs挑戦者SANADA)、1.30愛知のNEVER王座戦(王者・鷹木vs挑戦者・棚橋)、2.10広島のIWGPジュニアヘビー級王座戦(王者ヒロムvs挑戦者SHO)同じく2.10広島で行なわれるBUSHIvsワトを見据えた10人タッグ、勝ち残るのは果たして?
 L・I・Jはそれぞれユニットのキャップを携えて入場。飯伏組は入場すると、大一番で向かい合う対戦相手とにらみ合う。本間は内藤を指さして挑発。

 棚橋が先発を勝って出ると、L・I・Jは鷹木がリングイン。両者はロックアップで組み合うと、鷹木がロープに押し込んでクリーンブレイク。だが、鷹木は油断を誘ってから逆水平チョップを繰り出す。しかし、かわした棚橋はアームドラッグ。そこからリストの取り合いに。
 続いてロープワークの攻防から、鷹木が棚橋を場外に落とそうとし、L・I・Jメンバーも加勢。しかし、飯伏組も全員で阻止する。
 今度は飯伏組が鷹木を場外に投げようとするも、L・I・Jが妨害。そして、両軍はリングでにらみ合う。
 次はSHOとヒロムのマッチアップ。いきなり激しいエルボー合戦を繰り広げ、続いてショルダータックルの応酬に。最後はSHOがダウンを奪い、ヒロムをエルボーで自軍コーナーに追い込むと顔面を踏みつける。ここで飯伏がスイッチし、エキサイトするSHOを止めに入る。
 飯伏はヒロムにネックロック。そして、本間がスイッチし、ヒロムに逆水平チョップを連発する。さらにバックエルボーからストンピング。続いてボディスラムで放り投げ、小こけしと見せかけてエプロンの内藤に突進して吹っ飛ばす。
 本間は背後から襲いかかってきたヒロムに対し、もう一度小こけしへ。だが、ヒロムがかわすと内藤が本間に低空ドロップキック。そして、内藤は本間にストンピングを乱打。場外では鷹木が棚橋を踏みつける。
 リング上、ヒロムは内藤にスイッチ。内藤は本間にバックエルボーを連発。さらにバックエルボーから後頭部に低空ドロップキック。そしてグラウンドネックロックでダメージを蓄積させる。本間は足でロープエスケープ。
 次はBUSHIがTシャツで本間にチョーク攻撃。続いてスウィンギングネックブリーカーからストンピングを連発。スイッチしたSANADAに対し、本間はエルボーを繰り出す。だが、SANADAはエルボー一発でダウンを奪い、さらに抱え込み式のバックドロップ。
 続いて内藤&SANADAが連携攻撃を狙うが、回避した本間は二人同時にコンプリートショット&DDTをお見舞い。スイッチした棚橋はSANADAにドラゴンスクリュー。さらに鷹木にもドラゴンスクリューをお見舞い。ヒロムとBUSHIには二人同時にドラゴンスクリューを炸裂。
 次は飯伏がSANADAにレッグラリアット。そして打撃のコンビネーションからその場飛びムーンサルトプレスを繰り出す。続いて飯伏が突進すると、SANADAはエプロンに追いやる。だが、飯伏はスワンダイブで飛びかかる。SANADAはかわし、技の読み合いから、ロープに上る。すかさず飯伏がキックでSANADAをエプロンに落とし、スワンダイブ式ジャーマンの体勢に。これはBUSHIがカット。そのBUSHIにワトが襲いかかる。ワトがBUSHIの突進をかわすと、その勢いでSANADAと飯伏が場外に同時に落下。共に退場に。
 リング上、ワトはBUSHIに突進。BUSHIがエプロンに追いやるが、ワトはスワンダイブ式エルボーアッパーをヒット。そして打撃のコンビネーション。しかし、BUSHIはかわすとスピンキック。続いてコードブレイカーで飛びつくも、こらえたワトはBUSHIをエプロンに追いやる。BUSHIもブレーンバスターの体勢でワトをエプロンに引きずり込むも、ワトがバックブローでBUSHIを場外に排除。
 すかさず、ヒロムがセカンドロープとトップロープのあいだをかいくぐって、サンセットフリップ・パワーボムでワトをエプロンに叩きつける。この一撃でワトも場外に転落し、失格に。
 リング上、ヒロムとSHOが激しいエルボーの応酬。競り勝ったSHOは串刺しラリアット。だが、ヒロムも串刺しラリアットで反撃。するとSHOは技の読み合いから串刺しラリアットを見舞い、さらにショルダータックルでダウンを奪う。
 ヒロムもティヘラを仕掛けるが、SHOは空中で捕獲。そして、技の読み合いからヒロムがDを仕掛けるも、SHOはそのまま持ち上げ、二人共エプロンに。ヒロムはトラースキックを叩き込むとSHOを担ぎ上げる。だが、SHOはリングに戻り、ヒロムにアームブリーカー。そして、低空キックでヒロムを転倒させると、スライディングキックでヒロムを場外に排除。
 次は鷹木がリングに入り、棚橋に向かうも、SHOが振り向かせてエルボーを叩き込む。鷹木もエルボーで反撃。SHOが鷹木をロープに飛ばすと、その勢いで鷹木は棚橋を場外に吹っ飛ばし、「ボケッとしてんな、コノヤロー!」と挑発。
 リング上、SHOがロープに走ると、内藤がキックで妨害。そして、内藤&鷹木はダブル攻撃を狙うも、SHOは切り抜けて内藤にスピアー。
 さらにSHOは鷹木をブレーンバスターで叩きつける。SHOが突進すると、鷹木はエプロンに追いやる。するとSHOは場外に向けてブレーンバスターを狙うも、鷹木は回避。そして、SHOをパンピングボンバーで場外に追放。
 リングに飛び出した棚橋は、鷹木にエルボーを連発。だが、鷹木もエルボーを返し、両者はヒートアップ。競り勝った棚橋はボディスラムで叩きつけ、セカンドロープからサンセットフリップ。
 棚橋はスリングブレイドを狙うも、鷹木はバックエルボー、ナックル。続く龍魂ラリアットを切り抜けた棚橋はツイスト&シャウト。だが、スリングブレイドは鷹木が回避し、掟破りのツイスト&シャウトを敢行。
 鷹木は棚橋をトップロープ越しにエプロンに追いやる。しかし、棚橋も鷹木をエプロンに引きずり込む。鷹木は棚橋を肩に担ぎ上げるが、棚橋はリング内に戻る。すると鷹木は棚橋をコーナーに叩きつけるも、棚橋は鷹木の足を捕らえてドラゴンスクリュー。これで鷹木は場外に落下。飯伏組の生き残りは本間と棚橋、L・I・Jは内藤のみに。
 内藤は二人に襲いかかるが、棚橋&本間はこれを鎮圧し、トレイン攻撃を炸裂。さらに棚橋がスリングブレイドを決める。そして、本間が内藤を捕獲し、棚橋はハイフライフローを狙う。
 しかし、内藤はキックで本間をロープまで突き飛ばすと、その反動で棚橋はバランスを崩してしまう。内藤は棚橋を足で落とそうとするが、本間が妨害。しかし、内藤はスライディングキックで棚橋を場外に落下させる。
 内藤は本間に横入り式エビ固め。本間が返すと、内藤はマンハッタンドロップからロープへ。すると本間はこけしロケット。さらに小こけしを決めてから、トップロープへ。だが、内藤が立ち上がり、デッドリードライブで本間をリングに叩きつける。
 内藤はトップコーナーに上るが、本間はこけしロケットで動きを止める。そして、一気に雪崩式ブレーンバスターを炸裂。だが、カバーは内藤がカウント2でキックアウト。
 本間はこけし落としを狙うが、内藤は切り抜けるとバックエルボーを連発。続くエルボーアタックは本間がかわすも、内藤は延髄斬り。すると、本間はヘッドバットで内藤をひるませ、すかさずラリアットでトップロープ越しに場外に排除。本間が一人残りで飯伏組が勝利を収めた。

COMMENT


 
棚橋「前哨戦、もう半分、終わったかな。半ばを過ぎて鷹木選手の生態系、レスラー像、個性……リサーチ終わったから。うん。漢気があって、真っ直ぐで、熱血! もうあの、ジャイアンって言われてたみたいだけど、もう本当にね、テレビ版ではなくてもうドラえもん映画、劇場版のジャイアン。ただ正義感が強くて頼りになって……となると、俺はこのままいくよ。うん。NEVERね、NEVERというベルトへの俺のスタンスは、まだあまりいろんなとこでは言ってないけど、“獲ってあたりまえ”。そういうこと」
 

 
本間「内藤! どんな形であれ、今日は俺が勝った! 勝ったよ! こんなのは勝ちじゃないとかおまえなら絶対言わないはずだ。これでも俺は論外か! 本間論外かオイ! どっかで聞いたことあるような名前だな。これでも本間論外か! 論外じゃねーだろ。おまえは普段はスカしてるかもしれねーけど。今回はゼッテー悔しいはずだ。どんな形であろうと負けは悔しいはずだ。明日、バッチリ、“こけし”で3カウント決めて、もう論外なんて呼ばせないから」
 

 
SHO「楽しいな、高橋ヒロム。ああ、おまえとの闘いはスゲー楽しい。楽しいからこそ、多くの人に見てもらいたい。ヒロムSHOの闘い。新日本ジュニアの闘いを、沢山の人に生で! 肉眼で見てもらいたいんだ。それが俺の本音だ。でも! この状況だ。声を大にして会場に来て下さいなんか言えねーんだ。だからこそ、だからこそだ。SHOヒロム、どうしてもSHOヒロムが見たいって思わせる為にも残りの前哨戦、全力で闘うぞ! 必ず、そう思わせてやる! 飯伏さんも、SANADAさんもリスペクトはしている。だからこそ言わせてもらう! SANADA飯伏よりもヒロムSHOが見たいって思わせる。残りの前哨戦で、見てくださってる方々にそう思わせてやる。その為に残りの、あと何試合ある? 数えるくらいしかないな。ヒロムとはもっともっとやりたいけど、全力で闘ってやるよ!」

 

 
ワト「BUSHI、おまえのコードブレイカーなんかな、あとMXなんかな喰らわねえ。その前に俺のこの右足、顔面に叩き込んでやるよ! 広島、見とけ!」
 

 
飯伏「チャンピオンなのに、最初に出されてね、うーん。ちょっと悔しいかなと、うーん。残念だけど。それよりも話は聞けたかな。何か言ってましたか? チャレンジャーは。何か話は聞けましたか? 僕は今日はそれを聞きにここに来たんで。みなさん、ありがとうございます」
 
 

 
鷹木「やられたなー。それでも今日の負けなんか、痛くも痒くもねーよ! 棚橋、棚橋弘至、あのヤロー、技は重くても言葉は軽いんだよ! 何が“ちょっくらNEVER獲ってきます”だコラッ! ちょっくら? オイ! ちょっくらコンビニに行ってきますってぐらい軽いな〜棚橋。そんな軽い気持ちで獲れるほど、NEVERは甘くねえ。明日も明後日も! 後楽園でとことん、追い込んでやるからな。逃げるなよ、逃げるなよエース! 逸材」
 

 
ヒロム「まだ腕が痛えよ、腕が痛い。やっぱり力はそうね、彼は力が凄い。何をやっても力一つで返されちゃうんだもん。どうしたらいいんですか一体、もー僕はどうやったら勝てるんですか? あー、もうちょっと自分ではちょっと力がある方かなーなんて思っていたけど、やっぱ彼に比べたらぜんぜん力がないんだなと感じてしまいますー。一体何の技を仕掛けたら勝てるんでしょうか。そしてあの力を防げるんでしょうかー。それが僕がわからない。でもそれがわかった時、簡単に勝ってしまうんではないかと。あの力を防いだ時には、簡単に勝ってしまうんではないかと、何かそんな風に、今日の試合をして、感じました。力、今の所、俺には、そう。力、パワー、それだけだ。そんなように感じてしまいます。だから俺は、あのこの攻略しようと、ああ楽しみだーーーーー!!」
 

 
BUSHI「このシリーズ、まあ俺にテーマがあるとはいえ、まあなんとか闘って、マスター・ワト、いや川人! 一つだけわかった事がある。おまえが好きな色は青なのか水色なのか知らないけど、おまえなんかよりよっぽど俺の方が似合ってるんじゃねーのか? でもな! 一つだけ逆にわからないことがあるんだ。まあそれはまた改めて」
 

 
内藤「タッグマッチの負けは、関係ない。イリミネーション、関係ないよ! 俺そういう事言うレスラー好きじゃないんだよね。今日最後、オーバー・ザ・トップロープとはいえ、本間に敗れてしまった訳で……。彼は一つ、チャンスをモノにしたというか。俺の中で、今現在、一番気になるのは辻かな。二位が本間とオーカーンで同率だったけど、今日の試合で本間は単独二位に躍り出たね。残念ながら一位辻陽太、それに変わりはないけど、本間は今、単独二位に浮上したよ。
 

 
さあさあさあ、ここからが大事だぜ! 明日明後日、後楽園ホールで二日間ともタッグマッチで対戦するんだろ本間。せっかく今、単独二位に浮上したんだ。この調子でさらに浮上して内藤哲也、そして新日本プロレスを動かしてみろよ。そして俺とのシングルマッチを実現させてみろよ。何度も言ってるけど、“ノー・トランキーロ”、焦ったほうがいいぜ、早くしないと俺、動いちゃうよ、カブロン!」
 

 
SANADA「チャンピオン。ちょっと何言ってるかわからないですが……。神になる前の方が輝いてたんじゃないですか? ただ、今までで一番輝いている飯伏幸太を俺が引き出してやるよ」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ