Road to THE NEW BEGINNING

日時
2021年1月17日(日)   17:00開場 18:00開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
694人

MATCH REPORT

 メイン(第5試合)は2.10広島でIWGPジュニアヘビー級選手権を賭けて戦う王者・高橋ヒロムと挑戦者SHO、そして同大会でシングルマッチを行なうBUSHIとワトが、それぞれタッグを組んでダブル前哨戦で激突。昨年の『BEST OF THE SUPER Jr.』でファンを熱狂させたジュニア戦士たちは、開幕戦のメインでどんな攻防を繰り広げるのか?
 ヒロムはベルト、そして『BEST OF THE SUPER Jr.』の優勝トロフィーを携え入場。リングに上がるとSHOと至近距離でにらみ合い、ベルトを見せつける。

 先発はBUSHIとワト。組み合うと見せかけてBUSHIはキック。そしてハンマースルーを仕掛けると、ワトはその勢いを利用して相手コーナーのヒロムにキック。
 ワトはリープフロッグからBUSHIに打撃のコンビネーション。BUSHIが場外に落ちると、ワトは空中技を狙うが、ヒロムが阻止。そして、ヒロムはエプロンのSHOにトップロープ越えのサンセットフリップ・パワーボムを仕掛ける。場外でヒロムはSHOの顔面を踏みつけて挑発。
 リング上、BUSHIがワトの顔面にヒザを押し当てる。スイッチしたヒロムはワトの胸板に逆水平チョップを連発。ワトもエルボーを返すが、ヒロムは張り手で吹っ飛ばし、足を首筋に押し付ける。
 次はBUSHIがワトをボディスラムで叩きつけてカバー。ワトがカウント2で跳ね返すと、BUSHIはSTFで捕獲。ワトはロープに逃げる。
 BUSHIはヒロムにタッチ。L・I・Jタッグはすばやいスイッチワーク。ヒロムはワトに「来いよ!」と挑発しながら逆水平チョップ。そして串刺しラリアットから低空ドロップキックをヒットしカバーするが、カウントは2。
 ヒロムはワトをコーナーに叩きつけ、BUSHIと交代。BUSHIはワトにバックドロップを炸裂する。だが、ワトもレッグラリアットで応戦。しかし、SHOはダメージでタッチをつなげず。
 スイッチしたヒロムはワトにストンピングを叩き込み、「ホラッ、来てやれよ、SHO!」と挑発。L・I・Jタッグはワトに連携の変形フェイスクラッシャーをお見舞い。
 ヒロムはワトをコーナーに詰めて顔面に足を押し当てる。ワトはキックで応戦するが、ヒロムは逆水平チョップで押し込む。続く串刺し攻撃をかわしたワトは、スイッチしようとするも、ヒロムが捕獲。だが、ワトはカウンターのドロップキックをヒロムに炸裂。
 ようやくスイッチしたSHOは、ヒロムをショルダータックルで吹っ飛ばす。そして串刺しラリアットから、ヒロムの腕を掴んだまま胸板と背中にキックを連打。続いてSHOはサッカーボールキックからカバーするが、ヒロムはカウント2でキックアウト。
 するとSHOはジャーマンを狙うが、ヒロムは回避。しかし、SHOは豪快なスピアーをヒット。SHOはブレーンバスターの体勢に入るも、ヒロムはこらえる。ならばとSHOはアームブリーカーの三連発から、もう一度ブレーンバスターの体勢に入り、強引に叩きつける。
 SHOはもう一度アームブリーカーを狙うも、ヒロムは飛びつく。すかさずSHOは前方に叩きつけて腕ひしぎ逆十字。これをヒロムが返すと、SHOはロープへ。ヒロムはティヘラを仕掛けるが、SHOは空中で捕獲する。だが、ヒロムは切り抜ける。するとSHOはスピアーを繰り出すが、ヒロムは受け止める。そして技の読み合いから、ヒロムがカウンターのトラースキックをヒット。
 先に立ち上がったヒロムは、SHOを引きずり起こして肩に担ぎ上げる。だが、SHOは回避し、ここからエルボーの激しい応酬に。最後はSHOが打ち勝つ。
 SHOはラリアットを狙うが、ヒロムは追走式ラリアット。しかし、SHOもカウンターのラリアットを炸裂。両者、ダブルダウン状態に。
 次はBUSHIとワトのマッチアップ。ワトは打撃のコンビネーションから突進。BUSHIが切り抜けるも、ワトはエプロンからキックで後退させ、スワンダイブ式エルボーアッパーをヒット。
 ワトはレシエントメンテを狙うが、BUSHIが回避。そして、BUSHIはワトの打撃を切り抜けるとDDT。続いてBUSHIはロープを利用したオーバーヘッドキックから、ミサイルキックをヒット。
 BUSHIはコードブレイカーを狙うも、ワトは切り抜けるとその場飛びのネックブリーカードロップ。そして、トップコーナーに上るが、ヒロムがリングにデッドリードライブ。
 今度はBUSHIがワトをトップロープに固定し、ミサイルキックをヒット。そして、ワトにエプロン式DDTを炸裂。
 L・I・JはワトにLATを狙うが、SHOがカットに入り、ヒロムにジャーマンをお見舞い。だが、BUSHIがSHOにコードブレイカー。
 BUSHIはワトにフィッシャーマンズスクリューを狙うも、ワトは回避すると旋風脚をヒット。リング上では4人が大の字状態に。
 ワトとBUSHIはヒザ立ち状態でエルボーの応酬。そのまま立ち上がり、エルボー合戦を展開。BUSHIは延髄斬りを決めるが、ワトもヒザ蹴り。するとBUSHIはスピンキックを決め、カナディアンデストロイヤーを炸裂。しかし、カバーはSHOがカット。
 続いてヒロムがトラースキックを繰り出すも、SHOはかわす。そして突進すると、ヒロムとラリアットの相打ちに。
 ヒロムは雄叫びを上げ、SHOとバックの取り合い。ヒロムがバックを奪うと、BUSHIが前方回転エビ固めの要領で飛びつき、連携ジャーマンでSHOに大ダメージを与える。
 そして、L・I・Jタッグはワトにブレーンバスター&シットダウン式パワーボムの合体技を炸裂。BUSHIがカバーすると、ワトはカウント2でキックアウト。すると、BUSHIはテリブレを狙うが、ワトは切り抜けて変形ジャックナイフ式エビ固めを決め、電光石火の3カウントを奪取。ワトが一瞬の切り返しで接戦を制した。

COMMENT


 
SHO「今日、こうしてマスターと組めた。それはもちろんいろんな運命感じるしね。そして、俺の初挑戦の相手、それが同い年の高橋ヒロム。初挑戦の相手が高橋ヒロムだっていうこともめちゃくちゃ運命感じるよ。ベルトを懸けてやるならもちろん、俺だって高橋ヒロムが良かった。
 

 
2月10日、俺はいろんな思いがあるんだ。ただの2月10日じゃねえんだ。ただのタイトルマッチじゃねえんだ。人生懸けて必ず獲ってやる。そして、新日本ジュニア、俺たち、俺ら二人だけじゃねえ。他にもいっぱいいる。対戦相手のヒロムもBUSHIもそうだ。他のユニットの奴らも、全員でこのコロナの中でも新日ジュニア、俺たちで支えてやるよ」
 

 
ワト「まず今日、BUSHIから3カウント獲った。2月10日、広島でも結果は同じだ。俺がBUSHIから獲る。そして、今日こうやってSHOさんと組んで勝ったこと、これからもずっとまた組んで戦っていけたらと。もちろん対戦相手としても戦いたいし、組みたいし。
 

 
まあ、今日は対戦相手に高橋ヒロムというね、IWGPジュニアチャンピオンがいて、俺もこんなところで躓いていられないんで。もちろん目指すはIWGPジュニア。そして、その時にはグランドマスターになってるかもしれない。それか、それをまた上回るような新日ジュニアのレスラーになってみせます。I will be The Grandmaster!」
 
 

 
BUSHI「あ~あ、やってらんねえよ。レフェリー、3つ入れちゃうんだもんな、せっかく返したとこ。よ~く見てくれよ。でもな、正直うれしいな。マスター・ワト、いや川人! 指名したかいがあったよ。お前を指名したかいがあった。これから毎日、お前と当たるわけだ。これから楽しい刺激がある毎日になりそうだな」
 

 
ヒロム「結果が全てのプロレス。非常に残酷であり、当たり前だ。ただまあ、始まったばかりなんだよ。長い長いな~がい長い、とてつもなく長い俺とSHOの前哨戦が始まったばっかだ。今日の感想は、おもしろくて仕方ない。SHOとやり合えるなら、前哨戦が何回あろうが物足りない。なんか物足りなさを感じるんじゃないかって、そしてウズウズしてしまうんだよ。早くSHOとやりたい。早く明日にならないかな。そんな感情が今、とてもうれしい。これだけ……17分? 18分? わからないけど、これだけやってもまだ、もうすぐに、もうすぐにでもSHOとやり合いたい。こう思わせてくれる選手、最高だよ。
 

 
SHO、俺とSHOの最高の試合を見せてやろうぜ。そして、もちろん意識してるよな? 意識するだろ? 俺たち広島、2月10日、メインイベント。そして、2月の11日、飯伏幸太vsSANADA、IWGPヘビー級選手権試合だ。嫌でもこの2つのビッグマッチ、必ず比べられるだろう。どっちがおもしろかったかって。SHO、俺とお前だけの戦いじゃねえぞ。ジュニア、ジュニア全てのために、そして自分のために最高の試合をしてやろうぜ。俺とお前はできる。そうだろ? 楽しみで仕方ない。いろんなものを敵に回して、そして俺が勝つ。いやあ、楽しかった、楽しかった、楽しかったな~」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ