バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム

日時
2021年1月5日(火)   15:00開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
放送
バナーバナー
観衆
7,801人

第6試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合

  • <IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルチャンピオン>

  • <チャレンジャー/挑戦権利証保持者>

VS

  • ※両王座ともに初防衛戦

境界線

※飯伏が両王座の初防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 因縁の飯伏とジェイが激突する「IWGPヘビー&ICダブル選手権試合」。飯伏は、昨年の『G1 CLIMAX 30』で優勝して2冠王座の挑戦権利証を獲得したが、11.7大阪でジェイに敗北。一旦は挑戦権を失ったものの、王者・内藤哲也の指名で挑戦者として復活。昨日の1.4ドームで内藤を撃破し、新王者に輝いた。

 ジェイは2冠王座の挑戦権利証が入った黒いブリーフケースを携えて登場。一方の飯伏は、ヘビーベルトを腰に巻き、ICベルトを右肩に担いで入場。

 試合開始直後、ジェイは自ら場外へ降り、観客に拍手と手拍子を要求。そして、リングへ戻ると、飯伏に急接近して挑発する。
 その後、両者がロックアップでようやく組み合うが、セコンドの外道が場外から飯伏の足を引っ張る。そして、すかさずジェイが襲いかかってストンピングを連発。
 続いてジェイはヘッドロックで飯伏を絞り上げ、振り解かれそうになると髪の毛を掴んで抵抗。そして、ヘッドロックからショルダータックルを浴びせるが、飯伏がすぐにヘッドスプリングで立ち上がる。
 その後、ジェイが自ら場外へ逃げて飯伏を惑わせ、隙を突いてDDTをお見舞い。そして、バックドロップでエプロンへ叩きつける。
 さらにジェイは、飯伏の腹部をエプロンへ何度も叩きつけ、放送席にいる獣神サンダー・ライガーを挑発。そして、ストンピング連打、連続串刺しタックル、ストマックブロックなどで腹部に集中攻撃をくわえる。
 苦しくなった飯伏は、ミドルキックで反撃。そこからなんとかローリングソバット、ミドルキック、その場飛びムーンサルトプレスへ繋ぐ。だが、ジェイが場外戦へ持ち込んで飯伏を捕まえ、エプロンに背中、鉄柵に腹部を叩きつける。
 リングへ戻った飯伏は、カウンターパワースラムで挽回。しかし、ライオンサルトはジェイが妨害し、飯伏の両脚をセカンドロープへかけて固定。そのままドラゴンスクリューを敢行して大ダメージを与える。
 これでジェイのペースとなり、串刺しエルボースマッシュ、ブレードバスター。だが、次のブレードランナーは飯伏が回避し、その場飛びフランケンシュタイナーで巻き返す。
 これでジェイは場外へ落ちるが、追撃から逃れて素早くリングイン。そして、スワンダイブ攻撃を狙った飯伏を突き飛ばして腹部をトップロープへ激突させる。
 再び飯伏は沈黙してしまい、ジェイがフロントネックチャンスリーでニュートラルコーナーへ激突させる。そして、ハーフネルソンスープレックスで追撃。
 その後、丸め込みの応酬から飯伏がジェイを捕まえ、変型パイルドライバーで突き刺す。しかし、ジェイはボマイェをかわし、高速バックドロップで逆転。そして、裏投げ、キーウィクラッシャーで追い討ちをかける。
 次にジェイはブレードランナーを仕掛けるが、飯伏が切り返してスクールボーイスープレックスで逆襲。そして、ボマイェを命中させる。
 するとジェイは、逆さ押さえ込みで丸め込み、両脚をトップロープへかけてフォール。しかし、海野レフェリーが気づいてカウントをやめる。
 これにジェイが激しく抗議していると、飯伏がミドルキックで側頭部を撃ち抜く。それでもジェイがカミゴェを抵抗すると、飯伏は再びミドルキックを側頭部へ食らわせる。
 ここで飯伏はコーナーへのぼるが、外道がエプロンへのぼって注意を引きつける。これでジェイが立ち上がって雪崩式SSSを狙うも、飯伏が抵抗して転落させる。
 だが、外道が脚にしがみついて飯伏の動きを封じ、立ち上がったジェイが膝裏へタックルをお見舞い。さらに、グラウンドドラゴンスクリューからITO(Ibushi Tap Out)を極めて、飯伏をロープエスケープさせる。
 続いてジェイは、飯伏の左腕を掴んだまま顔面にトーキックを連発。すると飯伏の表情が変わり、立ち上がってジェイのエルボー連打を受け止める。そして、強烈な掌底、ローキック、ハンマーブローで報復。
 たまらずジェイがコーナー下でうずくまると、飯伏はローキック連打やストンピング連打で追撃。これを海野レフェリーが引き離すと、飯伏は「来いよコラ、ジェイ!!」などと絶叫して挑発。するとジェイはエルボーを浴びせるが、飯伏は強烈なエルボーで倍返し。そして、なおもジェイを挑発してエルボーを打たせ、倍返しを繰り返す。
 場外に落ちたジェイは、リングに戻ると膝からから崩れてしまう。そして、自らフォールを要求するが、飯伏は構わずに張り手と掌底を乱打。それをレフェリーが注意した隙を突き、ジェイが急所を殴る。
 場外戦となり、ジェイが鉄柵攻撃を連発。そして、特設花道上でエルボー連打を浴びせ、飯伏をグロッキー状態にさせる。
 ようやく飯伏がリングへ戻ると、ジェイはカウンターコンプリートショット、ジャーマンスープレックス、ブッコ抜きジャーマンスープレックスで追撃。
 その後、飯伏がエプロンからジャンピングハイキックを食らわせ、ジェイの動きを止める。そして、ロープへ乗ってエプロン上のジェイを持ち上げ、ジャーマンスープレックスホイップで投げ捨てる。
 さらに飯伏はシットダウン式ラストライドからカミゴェを放つが、ジェイが回避してSSS。そして、ニーリフト連打からもう1度SSSで投げ捨てる。
 次にジェイはレッグロックスープレックスホールドで飯伏に追い討ち。しかし、次のブレードランナーは飯伏が回避し、カミゴェを炸裂させる。
 それでもジェイがフォールを返すと、飯伏はフェニックススプラッシュから再びフォールにいく。ところが、外道が海野レフェリーを場外へ落としてカウントを妨害。
 さらに外道はリング内へ乱入してメリケンサックパンチを狙うが、飯伏が防御し、カミゴェでKO。そして、海野レフェリーをリングへ入れる。ところが、ジェイがいきなりブレードランナーを炸裂させ、飯伏を3カウント寸前まで追い込む。
 それでも飯伏はクロスアーム式ブラディサンデーとSSSから逃れるが、ジェイがITOで絞り上げる。これを飯伏がロープへ逃れ、再びクロスアーム式ブラディサンデーを回避。そして、ジャンピングニーアタックを繰り出すが、ジェイが受け止めてレッグロックスープレックスで叩きつける。
 その直後、ジェイは今度こそクロスアーム式ブラディサンデーで突き刺すが、飯伏はまたもやブレードランナーから脱出して、ジャンピングニーアタック。
 次に飯伏はカミゴェの発射体勢に入るが、ジェイが片腕を振り解き、フロントハイキックを連発。ところが、飯伏が受け流し、ジャンピングニーアタック2連発で報復。
 それでもジェイはカミゴェを切り返してブレードランナーにいくが、飯伏がさらに切り返してショートレンジラリアットをお見舞い。そして、ジェイの両腕を背後から掴み、後頭部へカミゴェを食らわせる。
 ここで飯伏はパッドをずらして右膝をむき出しにし、カミゴェでジェイに引導を渡した。

COMMENT


 
飯伏「(※2本のベルトを腰の前に抱え、ややフラついた足取りでインタビュースペースにたどり着くと、うつむいて何度か深くため息をついた後に)本当に……本当に長かった。本当に、何もかも重い。この2つのベルト、やっと重さが分かりました。ベルトの重さじゃなくて、価値の重さ。僕は昨日、『言いたいことがある』って言いました。もう一つだけ、言いたいことがあります。この“最高”のベルト、インターコンチのベルトと、“最強”のベルト、IWGPヘビー級のベルト、これを、一つにしたい。僕は“最高”も“最強”もほしいし、誰もインターコンチだけ挑戦したり、IWGPヘビーだけ挑戦したりしてない。じゃあ何の存在意義があるんですか、2冠に。僕は、これを一つにしたいと思います。そして、本当の夢を叶えたいと思います。ここから、プロレスはどんどん広がると思います。広めるために、僕は一つに統一したい。防衛ロードも、長いのは分かりますよ。最高、13回ですか。(※報道陣から「12」の声)12ですか。じゃあ僕は13を目指して頑張ります。まだまだその先もあるので」
 

 
──リング上で「神になった」と言ったが、いろんな思いがこみ上げてきたのでは?
飯伏「僕はプロレスごっこから始めて26年ですかね、小学校5年生から、本当にプロレス……本気のプロレスをやってきたんで。26年。やっとこのベルトが、自分の手に入ったと思うと、本当にうれしいですね。名前も刻まれてます」
──中学卒業時、新日本プロレスの入門テストを受けると言ったら、お母さんに泣かれて反対されたそうですが、チャンピオンになって、お母さんにどんな言葉で報告を?
飯伏「『あの時の言葉を、僕は裏切らなかったよ』って。夢が叶いました」
──「本当の夢」とは?
飯伏「僕の本当の夢は、プロレスを本当に世界一の競技にしたい。やっぱり野球、サッカー、コレには勝てない。他にも勝てないものがあるので、ジャンルを超えた部分まで行きたいですね」
──今日はその一歩になったと?
飯伏「自分はそう思います」
──48分5秒は東京ドームのメインの最長時間。何が飯伏選手を支えた?
飯伏「逃げない、負けない、諦めない。これからもそれは変わらないです」
──ジェイ選手に対して言いたいことは?
飯伏「彼のことを僕はプロレスラーとしては絶対に認めてるんで、何回でもやりたいですね。何度でも。一緒にプロレス広めようよと。敵だけど。相手がいないとプロレスは成り立たないんで。何回でもやりますよ」
──リング上にやってきたSANADA選手については?
飯伏「彼のことも、僕は認めてるんで。いつでも挑戦、大丈夫です。いつでもいいですよ。今日でもいいです。今からでも」
──まだ動けますか?
飯伏「……動けます!」
──やっぱり神ですね。
飯伏「神になりましたから」
──改めてチャンピオンとしての気持ちを。
飯伏「2つのベルトを手に入れたからには、発言力が増したと思うので、もっともっといろんなところで、いろんな場所で、プロレスをやっていきたいと思います。広めるのが、僕の仕事だと思ってるんで。プロレスのベルトがほしい。ま、それもありますけど、ベルトを獲ったことによって発言力が増すと思ってるので。プロレスをどんどん広めていきます。それはこれから分かると思います」
──その熱い気持ちで、世界を明るくしてください。
「はい、どんどん明るくします」
 

 
──次のタイトルマッチはどういう形にしたいですか?
飯伏「どういうルールでもいいし、一つになるんであれば……出来上がってるものであれば、それに挑戦したいし、2つのベルトを懸けたいんであれば、2つのベルトを懸けるし。逆にインターコンチだけ懸けたいのであれば、インターコンチだけ。IWGPヘビー級だけだったら、IWGPヘビー級だけ。何でもいいです。プロレスが広まるならば何でもいいです。何でもやります」
──昨日のリング上で、内藤選手からの言葉は何だった?
飯伏「最後の最後ですか。……全~然覚えてません」
──どうやって締め括りましょうか。
「何でも大丈夫ですよ。ホントにプロレスを広めるってことだけ、僕は思い続けてきたんで。これからも、この2つのベルトを一つにして。できますよね? できないんですか? できますよね? できます! じゃあこの2つのベルトを一つにして、どんどんプロレスを広めていきますよ。もう4回ぐらい言ってますね、僕」
──今回2日間、お客さんが声が出せない状況の中、お客さんの応援はどうでしたか?
飯伏「応援もそうですけど、本当に僕はお客さんがいないところで……無観客試合というのは新日本プロレスでも経験してるんですけど、本当にいないところでやったことが何度もあるので、関係ないですね。プロレスを今見てる人、その人たちももちろん大切です。でも、画面越しに見てる人もたくさんいるので、そちらの方にも向けて、僕はプロレスを発信したいです」
 
 

 
ジェイ「(※フラついた足取りでインタビュースペースに向かう途中、一度手前の机にもたれかかり、何とか立ち上がると)誰も助けてくれないのか? (※振り返るが、外道はおらず、またフラフラとインタビュースペースに着席し、)今現在、俺の体は今までで一番“死”に近い状態にある。もうこんなことはこりごりだ。俺は全てを懸けてここに来た。オマエのためじゃない。俺自身のためにしたかったから、そうしたんだ。リングに上がり戦うことは、オマエのためのエンターテインメントじゃなかったはずだ。なのに俺は今、歩くこともままならない。
 

 
そして(※報道陣を指して)オマエら、オマエも、オマエも、自分の2本の足で立ち、俺のことを睨んでいた。オマエらは、俺が歩くこともままならないまま、この席に着いたことをどう思ってるんだ? せいぜい楽しんでるんだろうな。ここまでやってきたこと全てを踏まえてみれば、もう少しリスペクトしてくれてもいいんじゃないか? もう少し俺に共感してくれてもよかったんじゃないか? なのにオマエらは、こんなに傷ついた俺を見て、手助けが必要な人間を見て、そんな風に笑うのか? オマエらは本当に俺のことが見えてるのか? ここにたどり着くまで、俺自身、何も疑問に思わず、やるべきことは全てやってきた。……オマエらは『スイッチブレード・ジェイ・ホワイト』の話を聞きたいんだろうが、申し訳ない、今話しているのは(※本名の)ジェイミーだ……全てを犠牲にし、ニュージーランドを出て、もう3年半、両親にも会ってない。(※以下、泣き声で頭を抱えたり、突然大声になって叫ぶなど、不安定な状態に)それだけの時間をかけて、俺は自分自身をプロレスに捧げてきたんだ! 自分を信じて、自分に何ができるか、心の中、頭の中で分かっていることを体現したつもりだった! でもそんな信念なんて、儚く崩れやがった! 今こそ自分の時間、自分の運命を生きる時だと思っていた。もうすぐで神になれたはずだったのに! 全部間違ってたんだ! そんな姿を見て、オマエら、楽しいだろう? 俺は間違ってたんだ! (※声を上げて泣く)去年もそうだった。そして今年も、俺に対する答えはノー。“NEW ERA”、新時代なんて全然来てなかったんだ……(※泣きながら笑う)。どうだオマエら、それを聞いて満足か? 俺は日本に来て、俺の大事な時間を無駄にしてしまったんだ! パンデミックもあったしな! 全部犠牲にした! (※何度も机を叩きながら)犠牲、犠牲、犠牲! ついに『WRESTLE KINGDOM』のメインに出ても、結果は残せなかった! それどころか今はどん底だ! 自分が捧げてきたもの、犠牲にしたものは何だったんだ? 俺はそんなに価値のない男だったのか? なぜ俺はここにいるんだ?
 

 
もうやめる! やめてやるよ! もうこんなものに価値はない! クソッ! クソッ!(※と、目の前の机を2つとも蹴り飛ばすと、イスごと床に崩れ落ち、足を投げ出して床に座り込む)もう無理だ……。もうやりたくない……。明日だってどうなるか分からない。契約上は出場することになっているが、どうなるかなんて分からない。どうせオマエらは俺の惨めな姿を見るのが好きだから、明日も楽しみだろう? だがもうやりたくない……。8年間頑張ってきたが、もう無理だ……。負けて惨めな姿を明日も晒すかもしれないが、それ以降のことはもう何も言えない……。(※床に座り込んだまま)おい、助けてくれ! おい!(※スタッフが駆け寄り、肩を貸して控室へ連れて行く)」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ