Road to TOKYO DOME

日時
2020年12月23日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
696人

MATCH REPORT

 『Road to TOKYO DOME』最終戦であり、2020年の最終興行でもある後楽園ホール大会。いよいよ目前に迫った1月4日(月)&5日(火)東京ドーム2連戦の最終前哨戦と「KOPW争奪戦」により、全6試合がラインナップされた。

 試合開始前、尾崎仁彦リングアナウンサーがリングへ登場。ジュース・ロビンソンが左目眼窩底骨折で今大会とドーム大会を欠場し、本日の対戦カードが一部変更になることを発表した。

 そんな中で始まったオープニングマッチには、1.5ドームでIWGP Jr.タッグ王座に挑戦することが決まった田口&ワトが登場。タイガーと組み、辻&上村&キッドのヤングライオンチームと対決。

 ワト対キッドで試合が始まり、キッドがヘッドロックからショルダータックル。だが、ワトがバックエルボーで流れを変え、ミドルキックでダウンさせた。
 タイガー対辻となり、辻が強烈なカウンタータックルをお見舞い。そして、串刺しジャンピングエルボーに繋ぐが、タイガーはカウンターローリングソバットで挽回。さらには、ローキックで蹴りまくる。
 これで辻の動きが止まると、田口がチンロック、ワトがエルボースタンプ、カウンターバックエルボー、キック攻撃、タイガーがローキック連打、張り手などで痛めつける。それでも辻はカウンターボディスラムでタイガーを投げるが、すぐにタイガーがタイガードライバーで報復した。
 田口対キッドとなり、キッドがショートレンジドロップキックで吹き飛ばす。キッドはダブルチョップから改めてブレーンバスターを見舞う。
 その後、キッドはダブルアームスープレックスを仕掛け、抵抗した田口を前方回転エビ固めで丸め込む。だが、田口がキックアウトし、カウンタージャンピングヒップアタックを食らわせた。
 ワト対上村となり、上村がエルボー連打、串刺しドロップキック。そして、逆エビ固めを極めるが、ワトは自力でロープへ逃げる。
 さらにワトはハイキックを浴びせるが、上村が強力なエルボーで挽回。しかし、ワトがローリングソバット、ハイキックと畳み掛け、レシエントメンテに繋ぐ。そして最後は、RPPからの片エビ固めで3カウントを奪った。

COMMENT


 
田口「ありがとうございます」
タイガーマスク「ありがとう。昨日も言ったんですけどね、僕はもう10ヶ月間休んでて、その間やはりワトが帰ってきてね。まあ素晴らしい成長ですよね。本当に。セコンドに天山さんが付いてくれて、天山さんも常に指導してね、俺はもう本当に結果出さないと」

ワト「全ては結果、結果を出してから俺はもっとさらなるさらなるさらなる頂点を目指して頑張っていきたいと思います」
タイガーマスク「ちょっと先に言わせてくれよ。まだ早い(笑)。あとはね、相手の辻くん、上村、ゲイブ、本当に僕が欠場している間素晴らしい成長ですね。みんな本当身体も大きくなって動きもいいし、昨日は上村がね、凄い僕に対して嬉しいコメントをしてくれたんでね、僕はもう上村とのタッグっていうのはぜんぜん忘れてないし、これからも来年必ず上村と組んで、IWGPのジュニアのタッグに挑戦したいなと思います。それまで上村に僕がね、もう少し追いつけるようにもうちょっと道場の方で一生懸命練習して、体調を戻してやりたいと思います。あとはもうだから2人がね、ジュニアタッグ獲ってくれたらやりたいなと思うし、はい。あと本当に今年こんだけ休んでしまって申し訳なかったんですけど、本当にありがとうございました。来年はね、本当に体調を管理してしっかりとした試合をして、新日本プロレスを僕も盛り上げてイキたいと思っています。田口くん、ワト、頑張って」
田口「ありがとうございました」
ワト「ありがとうございます」
田口「ありがとうございます」
タイガーマスク「ありがとうございました」
天山「おめでとうございました。バッチシや! 」
タイガーマスク「ありがとうございます。またお願いします」
※タイガーマスクがそれぞれと握手を交わし控室へ
 

 

ワト「1月5日、東京ドーム、俺はデスペラード、金丸義信、IWGPジュニアタッグ……俺が2人を倒してさらなる頂点を目指していきたいと思います」
 

 
田口「正式にね、ドームでジュニアタッグ、挑戦が決まりましたんで。まあ、勝つのは当たり前でね。勝ちます、ベルト獲ります、そんなの当たり前の話なんでね。その先……の方は防衛記録を伸ばす、1つただの1勝だと思ってるみたいですけど、この試合は。甘く見てるとね、痛い目に遭いますよ、はい。ワト、コスチュームの色が表してるね、静かに青く燃える炎ですよ。燃えたぎってますよ。赤い炎、赤く燃え上がる炎を持っている奴もいれば静かにね、青く、静かに燃え上がる炎」
ワト「炎を東京ドーム、燃やして燃やしきってぶつかっていきたいと思います」
田口「まあ結果を出してからです」
天山「挑戦しますから、これで1発で獲ろうぜ東京ドーム。1.5や」
ワト「イッテンゴ1発で」
天山「みせなきゃだめだぞオイ! あんなデスペとかにいい加減もういいように言われてたらアカンぞ。がっちり」
ワト「何も喋れんように」
天山「リング上で全部みせたらええんや」
ワト「ハイ」
天山「しっかりやれよ!」
ワト「ハイ」
 

 
天山「監督が引っ張ってくれるからさ、ガッチリ行けばいいんや。いっとけっておまえ。デスペと金丸、あの2人絶対容赦せんからね。田口、ワト、この2人が必ずやベルトを獲ってやるって。まあ勝ってやな、ガッチリいって下さい」
ワト「ハイ、ありがとうございました」
※ワトは控室へ
田口「金丸、金丸さん、金丸さんが会見で言ってましたけど、恐らくこのコメント見てるだろうから。残念ながら俺はタマを1つ見つけることができませんでした。」
天山「タマをね。どっか落ちてなかったの?」
田口「落ちてなかった。ドームで片タマでちょっとバランス悪いかもしれないけど片タマで頑張って下さい」
天山「もう1個ガッツリかましてやって」
田口「潰してやってもいいですけど、もう1回やって」
天山「もうフニャフニャにしちゃって」
田口「ハイ、ハイ……。サオがあれば十分でしょう」
天山「OKグー」
 
 

 
辻「東京ドームのカードが発表された。俺が目指してた第1試合は去年に続き、いや今年に続き来年も出場することはできない。俺が今年掲げた3つの目標『NEW JAPAN CUP』出場、ヤングライオン杯でLA道場に勝つこと、棚橋さんとタッグを組むこと。そのうちの1つしか達成することはできなかった。まあだからと言って俺は、目標を掲げることを止めないしビックマウスだと言われても、そのまま自分の思いを言葉にし続ける。そして必ず、いつの日か有言実行、俺の目標を全て叶えてやる」
 

 
ゲイブリエル「2020年最後の試合も負けで終わった。いや、正確には今年ほとんど負けてたわけだが。それにもう1年もイギリスに帰っていないから、家族や友達と少し距離ができてしまった。それに今年は大事な人の死もあった。直接会って最後の言葉をかけられなかったのは辛かった。でも日本に残ると決めたことに対しては全く後悔はない。色々ともがき苦しんだ1年だったが、ゲイブリエル・キッドは今もこうして自分の足でここに立ってる。俺はどこにも行かない。これからもずっとこのリングで闘っていく。何度負けたって、必ず立ち上がってトップを目指して闘い続けていく。トップって言うのはもちろんIWGPヘビー級王座だ。ベルトに届くまでたとえ2年、もしくは20年かかったとしても諦めない。いつの日か必ず俺の腰にあのベルトを巻いて、世界トップのレスラーになってみせる。それだけの自信がなければ、このリングに上がる資格はない。過ぎたことを変えるのは無理でも、これからの未来を自分自身の手で切り開いていくことはできる。今日記者会見でスガバヤシさんから東京ドームの試合カードの発表があったが、俺たちヤングライオンの名前は呼ばれなかった。でも、だからってここで諦めたりなんてしない。お婆ちゃん…天国で安らかに眠っていることを願う…かつてお婆ちゃんから言われた言葉がある。“黙っていてもお菓子はもらえない。欲しければ自分から言いなさい。”だから今俺はここでハッキリと言いたい。2021年の俺はタカギ・シンゴを狙っていく。確かにまだ肌を合わせたことはないが、ずっとあなたの試合を観察してきた。俺が今一番闘いたいのはあなただ。来年はきっと何らかの形であなたと試合ができるだろう。シンゴ、俺を甘く見ないでくれよ。俺は他のヤングライオンとは違う。俺は将来史上最高のヤングライオンと呼ばれる男だ。俺から目を離さないでくれ」
※上村はノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年3月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ