WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27

日時
2020年12月4日(金)   17:00開場 18:30開始
会場
大分・別府ビーコンプラザ
放送
バナー
観衆
671人

第6試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 メイン(第6試合)は『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦、棚橋弘至&トーア・ヘナーレ(1勝6敗)vs鷹木信悟&SANADA(4勝3敗)。すでに負け越しが決定しているものの、エネルギッシュなファイトで存在感を示している棚橋&ヘナーレ。メインの舞台で、難敵L・I・Jタッグを相手に大仕事を成し遂げたいところだ。鷹木&SANADAとしては優勝戦線に残るためにも、ここは星を落とせない。公式戦も最終コーナー、両チームの意地と意地がぶつかり合う。
 鷹木はNEVERのシングルベルトを携えてリングインすると、それを相手チームに見せつける。棚橋&ヘナーレはマッスルポージング。

 先発は棚橋とSANADA。リストの取り合いから、互いにフライングメイヤー、レッグシザースの応酬を繰り広げる。
 ここでヘナーレがタッチを要求。ヘナーレはリングに入ると、鷹木を挑発。しかし、鷹木はスイッチせず。
 するとヘナーレが鷹木に襲いかかるも、鷹木はかわして距離を取る。そこにSANADAが襲いかかり、ロープワークの攻防となるも、ヘナーレは鷹木にエルボー。
 怒った鷹木はSANADAとスイッチ。ヘナーレは鷹木に打撃を乱打。しかし、串刺し攻撃は、鷹木が切り抜け、逆にラリアットを打ち込む。だが、ヘナーレはひるまずエルボーとボディパンチを乱打。
 続くヘナーレのラリアットに、鷹木は仁王立ち。しかし、鷹木のショルダータックルをこらえたヘナーレは、逆にショルダータックルでダウンを奪う。さらにSANADAにエルボー。
 そして、棚橋と共に鷹木にトマホークチョップ&エルボー。さらに二人がかりで逆エビ固めを見舞う。
 ヘナーレは鷹木の後頭部を蹴り付け挑発。鷹木は「顔に打ってこい!」と挑発。そして、顔面蹴りにひるまず立ち上がるとナックルから、龍魂ラリアットをお見舞い。ここからL・I・Jタッグは場外戦に持ち込む。
 鷹木はヘナーレを鉄柵に向け、二度にわたってハンマースルー。SANADAも棚橋を鉄柵に叩きつける。鷹木は場外でヘナーレの後頭部を踏みつけ、さらに顔面にステップキック。
 鷹木はヘナーレをリングに戻すと、踏みつけて全体重を浴びせる拷問攻撃。続いてCHAOSタッグはヘナーレにエルボードロップを連発。さらに鷹木がセントーンを決める。
 次はSANADAがヘナーレにチンロック。ヘナーレはパンチで回避し、ボディスラムを狙うも、SANADAは切り抜けて逆にボディスラム。
 スイッチした鷹木は、相手コーナーの棚橋をショルダータックルで吹っ飛ばす。そして、ヘナーレには強烈なブレーンバスターを炸裂。さらにニードロップを決めてから、ヘナーレの首筋にエルボー、手刀を落としていく。
 続いて鷹木がヘナーレの左腕を捕獲すると、SANADAがトップコーナーからダブルアックスハンドル。次は鷹木のキチンシンクから、SANADAが流れるように低空ドロップキックをヒット。
 劣勢のヘナーレだったが、SANADAのリープフロッグを受け止めると、豪快にパワースラムで叩きつける。
 ようやくスイッチした棚橋は、L・I・Jタッグに交互にエルボー。さらにSANADAには低空ドロップキック。そして、鷹木、SANADAの順でドラゴンスクリューをお見舞い。
 続いて棚橋はSANADAをテキサスクローバーで捕獲。しかし、腰を落とす前にSANADAはロープエスケープ。すると、棚橋はボディスラムで叩きつけ、セカンドロープからサンセットフリップ。
 さらにスリングブレイドを狙うも、SANADAは切り抜ける。技の読み合いから、SANADAはスワンダイブ式ミサイルキックをヒット。
 スイッチした鷹木は「とどめさしてやるよ、コノヤロー!」と叫んでから、棚橋の顔面にステップキック。さらに後頭部を踏みつける。怒った棚橋が立ち上がり、エルボー合戦に突入。
 棚橋が競り勝つも、鷹木はバックエルボー、ナックル。しかし、棚橋も強烈な張り手を返し、ツイスト&シャウトの体勢に。鷹木はこらえるも、棚橋は意地でツイスト&シャウトをお見舞い。
 スイッチしたヘナーレは鷹木に串刺しラリアット。さらにサモアンドロップで叩きつける。続いてトップコーナーに上るとフライングショルダーアタックを食らわせてカバー。しかし、これはカウント2。
 勢いに乗るヘナーレはブレーンバスターの体勢に。鷹木は着地し、バックの取り合いに。鷹木はその状態でコーナーにヘナーレを追い込んで離れると、すかさずSANADAが串刺しエルボー。さらに鷹木が串刺しラリアット。そしてL・I・Jタッグはドロップキック&バックドロップの合体攻撃。
 ヘナーレは打撃でL・I・Jタッグに応戦。だが、L・I・Jタッグはダブル攻撃を狙う。しかし、ヘナーレはSANADAにショルダータックル。さらに鷹木のブレーンバスター狙いを、逆に切り返して叩きつける。
 ここで棚橋も入り、ヘナーレと共に鷹木に対しスリングブレイド&水面蹴りの合体攻撃。そして棚橋は場外に下り、分断作戦に。
 ヘナーレは雄叫びを上げ、鷹木にランペイジ。だが、鷹木は受け止めるとヒザ蹴りからDDT。そしてスライディングラリアットを繰り出すも、ヘナーレはかわす。しかし、鷹木は熨斗紙を炸裂。
 ここで鷹木がジャーマンのようにヘナーレを持ち上げると、SANADAがTKOを合わせる連携技。しかし、カバーはヘナーレがカウント2でキックアウト。
 ヘナーレはSANADAにスピンキック。そして、鷹木と打撃戦に突入。ヘナーレのダブルチョップに対し、鷹木はショートレンジラリアット。すると、ヘナーレもショートレンジラリアット。続くラリアットの相打ちは鷹木が競り勝ち、さらに左右のエルボーを乱打。
 しかし、ヘナーレは袈裟斬りチョップを連打。ならばと鷹木はヘッドバットを見舞うも、ヘナーレもヘッドバットを打ち返す。
 鷹木が追走式ラリアットを決めるも、ヘナーレは意地でスピアーを炸裂。そして、ランペイジを狙うが、鷹木はカウンターのパンピングボンバー。
 ヘナーレはすぐに立ち上がってTOAボトムの体勢に入るも、切り抜けた鷹木はMADE IN JAPANを炸裂。しかし、カバーは棚橋が間一髪でカット。その棚橋をSANADAが場外に落とし、プランチャを食らわせる。
 鷹木は「立て!」と叫ぶとパンピングボンバー。だが、ヘナーレはカウント2でなんとかキックアウト。すると、鷹木はヘナーレを立ち上がらせ、一気にラスト・オブ・ザ・ドラゴンで叩きつけ、3カウントを奪取した。
 これで鷹木&SANADA組は5勝3敗、棚橋&ヘナーレ組は1勝7敗に。

COMMENT

 

 
鷹木「(※先にコメントスペースに入っていたSANADAに促される形でやってくる。2人が並んだところでSANADAは先に控室へ。1人残されて)…………」



 
鷹木「(※気を取り直したように)いやあ今日は俺も、ダメージがデカイよ。いつもどおり、一言だけ、一言だけ。ヘナーレ、メチャクチャ面白いよ、お前。あいつが散々挑発してきても、散々シカトとしたけど……期待に応えてくれるな。ああいう熱い若手、俺、大好きだから。大好物だから。何度でもやってやるよ。何度でも、叩き潰してやるよ。ただよ、俺は戦前、SNSなんかでも言ってるが、ウソじゃないぜ、棚橋弘至! オイ、チョットおとなしすぎじゃないか、オイ? ええ? 俺はオイ、棚橋弘至って、他団体いる時は、もっとすげぇレスラーって聞いてたぜ。棚橋弘至、こんなもんじゃねぇよな。NEVER(のベルト)とかそんなの関係なしに、俺は純粋に棚橋弘至と。なあ、新日本来て3年目だ。シングルやったことねぇんだ。まあ、今日のタッグマッチでも、ハッキリ言って触ったぐらいだよ。ええ? まあいいや。とりあえず、NEVERもあるが、あさって福岡まで、このタッグリーグひとつに、集中するぞ。以上! 俺の一言だけだ」
※SANADAはノーコメント
 
 

 
ヘナーレ「(※辻とキッドに両肩を抱えられながら引き揚げてくる。状況が把握できていないようで)終わったのか? 俺が勝ったのか?」
辻「鷹木選手に3カウントを獲られました」
ヘナーレ「負けた? 何で?」
辻「ラスト・オブ・ザ・ドラゴンです」
ヘナーレ「あいつMADE IN JAPANも使ったのか? 試合中の記憶がまったくない……。最後まで、あんなに死ぬ気で闘ったのに……タナハシさんに責任はまったくない。俺ひとりでタカギを相手にできると調子に乗ってかかっていったせいだ。俺がシンニホンで目指してるベルトは、あのNEVERだ。もう優勝の可能性がないのはわかってるけど、それでも最後まであきらめずに闘いたかったんだ」
 

棚橋「(※遅れてコメントスペースに入ってくると、ヘナーレの肩を叩きながら英語で)大丈夫だ。その強い気持ち、情熱を忘れるな」


 
棚橋「(※ヘナーレが先に控室に戻る後ろ姿を見送って)俺も熱くなりてぇなあ……。肉体を、精神が超えるような気持ちをもう1度……。あ、逆だ。精神が、肉体を超えるような気持ちをもう1回、俺には必要……」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年3月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ