WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27

日時
2020年11月20日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
696人

第6試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦

VS

  • (2勝1敗=4点)

  • (1勝2敗=2点)

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 メイン(第6試合)は『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦、高橋ヒロム(1勝1敗)vsBUSHI(1勝1敗)。ヒロムが16年12月にL・I・Jに加入して以降、今回が両者による初の一騎打ち。L・I・J同門対決の結末は?
 ヒロムは『SUPER Jr.』の攻略本を手に入場。BUSHIの写真の下には「お母さん」と書かれている。そして、ヒロムは攻略本を放送席のミラノコレクションA.T.氏に預ける。

 開始のゴング、両者はゆっくりと動き出す。そしてロックアップで組み合うと、ヒロムがBUSHIをロープに押し込み、逆水平チョップを繰り出すが、BUSHIはかわす。続くロープワークの攻防ではBUSHIがティヘラ。そして、場外のヒロムに向け飛ぶとみせかけて、寝転びポーズ。
 するとヒロムはすばたくリングに戻り、ショットガンドロップキックでBUSHIを場外に落とす。そして、飛ぶと見せかけて、リング中央でジャンプしてあぐらをかき、BUSHIを手招き。
 続いて両者は互いの胸板に激しい張り手を打ち込んでいく。BUSHIは押されるも、低空ドロップキックをヒット。ヒロムが場外に落ちると、BUSHIはトップロープ越しのティヘラを敢行する。
 BUSHIはヒロムを二度にわたり鉄柵に叩きつける。そして先にリングへ。ヒロムはカウント18でリングに生還。
 BUSHIはコーナーパッドにヒロムを叩きつけ、ストンピングを浴びせる。さらにTシャツを用いてチョーク攻撃。さらにハンマーパンチ、ストンピングとラフファイトを見せる。
 BUSHIはヒロムをトップロープに固定し、ミサイルキックをヒット。続いてBUSHIはスウィンギングネックブリーカーからカバー。ヒロムはカウント2でキックアウトすると、今度はSTFで締め上げる。ヒロムはロープエスケープ。BUSHIはボディスラムで叩きつけてカバーするが、ヒロムはカウント2で返す。
 劣勢のヒロムは、胸板への張り手で反撃。しかし、BUSHIはヒザ蹴りで黙らせ、急角度のバックドロップで叩きつける。
 BUSHIはヒロムにコーナーを背負わせ、胸板に強烈な張り手を連発。そして串刺しエルボーを放つが、ヒロムはかわす。そして、強引にクロスチョップでダウンさせる。
 ヒロムはロープを用いてBUSHIのノドを攻めると、ショットガンドロップキックでBUSHIを場外に落とす。続いてエプロンからBUSHIにショットガンドロップキックを見舞い、鉄柵に叩きつける。
 ヒロムはBUSHIをリングに戻し、ファルコンアローを炸裂。だが、カバーはカウント2。続いてヒロムは串刺しラリアット。だが、二発目はBUSHIがロープを用いたオーバーヘッドキックで迎撃。そしてミサイルキックをヒット。
 BUSHIはフィッシャーマンズスクリューを狙うが、ヒロムはかわす。そして、高度な技の読み合いから、BUSHIがDDTでヒロムを突き刺す。
 BUSHIはコードブレイカーで飛びつくが、ヒロムは回避。そしてロープワークの攻防からBUSHIはウラカン・ラナで飛びつくも、ヒロムはシットダウン式パワーボムで切り返す。
 ヒロムは肩に抱え上げ、ダイナマイト・プランジャーからカバー。BUSHIがカウント2で跳ね返すと、ヒロムは「立てー!」と叫ぶ。そして、ターンバックル・デスバレーボムを狙うが、BUSHIは脱出し、セカンドロープにヒロムを固定してバッククラッカー。
 さらにBUSHIは走り込んでコードブレイカーを決めてカバーするも、ヒロムはカウント2でキックアウト。
 BUSHIはMXを繰り出すが、ヒロムはキャッチ。そのまま担ぎ上げるが、BUSHIはエプロンに着地。するとヒロムはトラースキックをヒット。
 ヒロムはサンセットフリップ・パワーボムを狙うも、BUSHIはエルボー。そして、ヒロムをDDTでエプロンに突き刺す。続いてBUSHIは矢のようなトペ・スイシーダをヒット。
 BUSHIは雄叫びを上げると、ヒロムをリングに戻し、もう一度MXへ。だが、ヒロムはカウンターのコードブレイカーで迎撃。BUSHIはアゴ、ヒロムはヒザを押さえて悶絶。
 ヒロムはBUSHIにターンバックル・デスバレーボムを仕掛けるが、BUSHIは脱出してBUSHIロールを狙う。だが、ヒロムは切り抜けると、今度こそターンバックル・デスバレーボム。だが、二発目はBUSHIが切り抜け、低空ドロップキック。そしてラ・マヒストラルで丸め込むも、ヒロムはカウント2でキックアウト。
 続いてBUSHIはバッククラッカー。さらにコードブレイカーを決めてカバーするが、これもカウントは2。ならばとBUSHIはMXに三度目のトライ。今度こそ成功させカバーするも、ヒロムは必死にカウント2でキックアウト。BUSHIはマットを叩いて悔しがる。
 そして、BUSHIはトップコーナーまで上り、MXへ。ヒロムはかわすと、突進してきたBUSHIをフロントスープレックスでコーナーに叩きつける。ここで20分経過のアナウンス。
 両者はヒザ立ち状態でエルボー合戦。そのまま立ち上がり、激しいエルボーの応酬を展開。ヒロムは崩れ落ちるも、スキをついてトラースキックをヒット。だが、BUSHIも延髄斬りで応戦。
 しかし、ヒロムはBUSHIをラリアットでなぎ倒し、ビクトリー・ロイヤルを炸裂。だが、カバーはカウント2。
 ヒロムは雄叫びを上げ、TIME BOMB IIの体勢に。しかし、BUSHIは切り抜けてBUSHIロールへ。だが、カウントは2。
 ヒロムはラリアットでなぎ倒すが、BUSHIはすぐに立ち上がる。すると、ヒロムがショットガンドロップキックをヒット。そして、ヒロムは抱え上げてターンバックル・デスバレーボム。さらにヒロムはデスバレーボムからTIME BOMBをお見舞い。この一撃で粘るBUSHIを沈め、ヒロムは2勝1敗。一方のBUSHIは1勝2敗に。

COMMENT


 
ヒロム「イテテテ、ガッツリ、ダメージが残ってんな。きついな、きついな。でも、これがジュニアの戦いであり、『BEST OF THE SUPER Jr.』だ。効いた。さて、お次はDOUKI(と言って、攻略本をめくってDOUKIのページを見せる)。まあ、俺が話すことあるっちゅうか、いちいち話したらきりねえ。彼が話してくれるんじゃないですか? もう試合終わって、話終わってるかもしれないけどね。いやあ、効いたな。きつい試合でしたよ。そして、その次に“技の高島屋”。おおっと、これは大変だ。いや、楽しみだよ、俺はDOUKIとやるのが。ちょっとちょっとちょっと、ダメージがあるよ? ダメージがあるよ? ダメージがあるけど、話は聞くよ。(寝転がりながら)なんか質問ある人います? 今日はちゃんと受けるから。ほら、大チャンス!」
 

 
──BUSHI選手とシングルは今までなかったと思いますけど、やってみて率直にいかがでした?
ヒロム「なんか、なんとなく見透かされてるよね。(攻略本をめくってBUSHIのページを見せながら)ほら、これにも書いてあったじゃん。ママ。この一言が全てじゃないかな。なんでも知ってるよ。俺のこと、お見通しだよ。でも、改めてやっぱりあの人がパートナーで良かったなって思ったよ。俺の心からの言葉だよ。リング上で言ったことが全て。さて、他に?」
──次のDOUKI選手なんですけど。
ヒロム「はいはいはい」
──『メキシコに来た時からずっと待っていた。今回の自分のメインイベントだ』ということをおっしゃっていました。
 

 
ヒロム「(質問をシカトして)グゥーグゥー……。
 

 
──あれ、ヒロム選手?
ヒロム「(急に起きて)……はい? 帰ります……(と言って、そそくさと控室へ)」
 
 

 
BUSHI「ああ、負けた。完全に負けた。ヒロム! ヒロム! 負けたよ。でもな、お前、最高だよ」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ