POWER STRUGGLE

日時
2020年11月7日(土)   15:00開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
放送
バナーバナー
観衆
2,834人

第6試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合

  • <第72代IWGPヘビー級&第26代IWGPインターコンチネンタルチャンピオン>

  • <チャレンジャー>

※内藤がIWGPダブル王座の初防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合・(チャンピオン)内藤哲也と(チャレンジャー)EVILが激突。

まずはEVILがヘッドロックでガッチリと締め上げ、ショルダータックルで先制攻撃を決めると、内藤もすぐさま巻き投げ、バックエルボー、低空ドロップキックからヘッドシザース、スリーパーで締め上げていく。

EVILはロープへ逃れたまらず場外へエスケープすると、内藤はEVILを追いかけ場外へ降りるが、ディック東郷に気を取られると、その隙にEVILが内藤を鉄柵に押し込み、ブレーンバスターで投棄し、一足先にリングへ戻る。

内藤がリングに戻ると、待ち構えていたEVILは再びブレーンバスターから、ディック東郷がコーナーパッドを外した金具むき出しのコーナーに内藤を叩きつける。
そして、EVILが再び場外で内藤を鉄柵に押し当てると、EVILがレフェリーを捕まえている隙に、ディック東郷がリングに戻された内藤の背中へパイプ椅子をフルスイング。

そして、ゆっくりとリングに戻ったEVILは不敵な笑みを浮かべると、そのまま逆方エビ固めで締め上げていく。
内藤はなんとかロープへ逃れると、「内藤、どうした?」と挑発するEVILに対し、高度な読み合いからネックブリーカーを決め、場外のディック東郷へスライディングキックをお見舞い。
さらに、内藤はヘッドシザースホイップからコーナーミサイルも発射させると、EVILの後頭部を膝に当てジャベでガッチリと締め上げていく。

ここでエプロンサイドからディック東郷が不穏な動きを見せると、内藤はたまらずジェベを解き、ディック東郷へ向かっていくも、ここはすぐさま場外へエスケープ。
直後にEVILが内藤へラリアットを振り抜き場外へ転落させると、内藤の首にパイプ椅子を引っ掛け、そこへパイプ椅子をフルスイング。

これで動きの止まった内藤をリングに戻すと、EVILは串刺しラリアットからフィッシャーマンバスターを叩き込み、ダークネスフォールズの体勢へ。
内藤はこれをなんとかこらえると、スイングDDTで切り返し雪崩式フランケンシュタイナーを狙うが、EVILはスルリとかわし、コーナーにのぼる内藤の足を引っ張り、顔面をコーナーに激突させる。
さらに、EVILが再び内藤の腰を金具むき出しのコーナーにぶつけると、強烈なバックブリーカーをお見舞いし、腰をおさえる内藤をコーナーに担ぎ上げ、コーナートップからの雪崩式ブレーンバスターを敢行。
そして、ここを勝機と見たEVILはScorpion Deathlockをガッチリと極めるが、会場からの拍手に応えるように内藤はなんとかロープへ逃れる。

だが、攻撃の手を緩めないEVILはダークネスフォールズを決めるもカウント2。
ならばと、とどめのEVILを狙うが、内藤は逆にバックを取るとジャーマンで投げ捨て、スパインバスターでマットに叩きつめる。
そして、今度こそ内藤が雪崩式フランケンシュタイナーを決めると、グロリアも突き刺しデスティーノへ。

しかし、ここはEVILがジャーマンで返すが、内藤は延髄斬りからジャンピング、エルボーアタックの連撃。
そして、エプロンサイドのディック東郷も蹴散らすと、コリエンド式デスティーノから正調のデスティーノも決めフォールに入るが、ここでディック東郷がレフェリーを場外に引きずり込みカウントを妨害。

そして、リング上がレフェリー不在となると、ディック東郷が背後から内藤の首をスポイラーズチョーカーで締め上げる。
さらに高橋裕二郎も乱入し、ステッキ攻撃からピンプジュースをお見舞い。
このピンチにSANADAが花道から駆けつけると、裕二郎とディック東郷をドロップキック、プランチャで蹴散らし、そのまま2人を抱えリングを去っていった。

リング上が内藤とEVILの一騎打ちの状況となり、両者は激しいエルボーの打ち合いを展開するなか、EVILが内藤の足をとり、そのままレフェリーに取った足を思いっきり叩きつけると、レフェリーがダウンしている隙にロープローを敢行。
そして、EVILが「終わりだ!」と挑発しラリアットを狙いロープへ走ると、内藤は向かってくるEVILを担ぎ上げ、そのままEVILの急所を蹴り上げる。

すると、ここで突然ジェイが花道から登場しリングインすると、内藤へSSSをお見舞いしブレードランナーの体勢へ。
この絶体絶命のピンチに、花道から飯伏が走ってリングに駆け上ると、ジェイはすぐさま場外へ。
ここでEVILが飯伏へダークネスフォールズを狙うが、飯伏はこれをかわすとハイキック一閃。
そして、飯伏は逃げるジェイを追いかけバックステージに消えていくと、内藤はEVILへバックエルボーの連打をあびせるが、EVILも内藤を金具むき出しのコーナーに押し込む。
だが、内藤もお返しとばかりにEVILを金具むき出しのコーナーに押し込むと、再びバックエルボーの連打。

ここで内藤はバレンティアを狙うが、EVILはこれを逃れると、レフェリーの死角をつき2発目のロープローを叩き込み、ラリアットを振り抜く。
さらに、とどめのEVILを狙うが、内藤はこれを間一髪でかわすと、強烈なカウンターの張り手をお見舞い。
これで動きの止まったEVILに対し、内藤はバレンティアから最後はデスティーノを炸裂させ、王座を防衛した。

COMMENT

内藤「(バックステージにやってくるなり)おっと、俺はカンサードじゃないから、テーブルとイスは必要ないかな(と言って、テーブルを足でどけて、イスを蹴飛ばし、床に2本のベルトを並べて片膝立ちで)これで東京ドーム大会のメインイベントに出場することが決定したね。う~ん、ジェイ・ホワイトはなんて言ってたのかな? ちょっとさあ、俺、英語よくわかんないんだよね。俺の出た高校ではさ、あんまり英語を習わなかったんだよね。むしろスペイン語を習ってたからさ。あんまりよくわかんなかったけど、シンコ・デ・エネロ(cinco de enero、スペイン語で1月5日)って言ってたのかな? シンコ・デ・エネロ?」
──1月5日っていうふうに言っていました。
内藤「シンコ・デ・エネロ?」
──「January 5th」と言ってました。
内藤「いや、ちょっと英語わかんない。スペイン語ではなんですか?」
──スペイン語は私がわからない……。
内藤「アナウンサーでしょ? 勉強しないの、そういうとこ? これからは英語も大事かもしれない。でも、スペイン語も勉強することを、テレビ朝日様におすすめ致しますよ。というわけでさ、俺、ジェイのマイク、聞き取れてないよ。あんなの聞き取れないよ。あとでモバイルサイトでチェックするわ。
 

 
とりあえず、東京ドームのメインイベント、一番最後に入場することが決定したわけでさ、ちょっとワクワクしちゃうよね。メインイベントに出たことはあるよ? でも、挑戦者として出たから、一番最後の入場ではなかった。それが今回は一番最後に入場できるわけでさ、想像しただけでワクワクしちゃうよ。こういうプロレスファン気質が抜けないあたり、俺らしいでしょ? だってワクワクしちゃうんだもん。皆様、想像してみてよ。プロレスファンの皆様、想像してみてよ。東京ドーム大会の一番最後に花道を歩くんだよ? ワクワクしないわけないじゃん。まあ、東京ドーム大会のメインイベント、ワクワクします。それ以外のこと、う~ん、今は残念ながらちょっと話せないな。なぜなら、ちょっと疲れちゃったからさ。座らなくても結構だけど、頭で考えることに関しては、今日はちょっとカンサードですわ。疲れちまいましたよ。まあ、俺、内藤だからね。オカダ、棚橋じゃないからさ。どうかわからないけど、おそらく、おそらく、明日か明後日か明々後日ぐらいには、会見があるでしょう。さすがにあるでしょ? じゃあさ、その時に話しますよ。その時にもうこれでもかっていうぐらい質問をお受けしますよ。今日はさ、ちょっと横にならせてよ。疲れちまったよ。カンサードだよ。じゃあ、明日か明後日か明々後日かその次か来週か来月か、いつか知らないけど、きっと開かれるであろう会見で、またお会いしましょう。アスタ・ルエゴ! アディオス!」

ジェイ「(※権利証の入ったブリーフケースを抱え、飯伏が追ってきているか後ろを気にしながら足早に引き揚げてくる。外道に向かって)まだイブシは俺を追ってきてるか?」
外道「大丈夫だ。俺が見張ってる」

ジェイ「権利証が動いたのはこれが初めてだろ。よく覚えておくんだな。もっとお前ら記者の相手をしてやりたいところだが、今はやタイミングが悪い。(※祝杯用に用意されいたZIMAを奪い取るようにつかんで)ナイトー、カンパイ。だがイブシ、権利証はもう俺の物だ。(※飯伏がいるだろうと思われる方向にの向かって叫ぶ)イブシ、ZIMAが飲みたいか? お前が『G1』を優勝した時のように、もう一度祝杯を上げてもいいぞ!」
外道「さ、もう行け、行け」
 

飯伏「いやあ、残念だと思ったけど、反則じゃねえか。負けてないよ。全然負けてないよ。(手を叩きながら)3カウント、ロープ、なんでレフェリーは見てないの? 俺はチェックしたから。ちゃんとチェックしてから、3カウント叩いて。俺はまだ諦めてないから」

※EVILはノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ