NEW JAPAN ROAD

日時
2020年9月11日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
669人

MATCH REPORT

 第2試合は棚橋弘至&飯伏幸太&田口隆祐&マスター・ワト組と鈴木みのる&タイチ&ザック・セイバーJr.&DOUKI組が対戦。『G1 CLIMAX 30』を見据え、ヘビー級選手たちの攻防に注目が集まる。
 鈴木はNEVER、タイチ&ザックはIWGPタッグのベルトを携えてリングイン。
 
 ゴング前に鈴木軍が襲い掛かり試合開始。鈴木は場外で飯伏を痛めつける。リング上ではワトとDOUKIが華麗なロープワークの攻防。ワトはティヘラを決め、さらにソバットをヒット。そして、スワンダイブのエルボーアッパーをDOUKIに炸裂する。
 ワトはキックのコンビネーションでDOUKIからダウンを奪う。しかし、DOUKIはうまくワトを場外に落とし、これを合図に鈴木軍は場外戦に持ち込む。
 DOUKIはワトを鉄柵に叩きつける。タイチは田口を捕らえ、マイクコードで締め上げる。鈴木は鉄柵を用いて飯伏のヒザに拷問攻撃。鈴木がワトを捕らえると、鈴木軍は打撃で集中攻撃。
 ワトがリングに戻ろうとすると、鈴木が捕獲する。しかし、ワトはエルボーを返し、リングへ生還。するとDOUKIがワトを捕らえ、鈴木にスイッチ。
 鈴木はワトの蹴り足をつかんでエルボー。だが、ワトはドロップキックを決めて、飯伏にスイッチ。
 飯伏は鈴木に打撃のコンビネーション。さらにランニングキック。続いてその場飛びムーンサルトプレスの体勢に入るも、鈴木が距離を取る。しかし、飯伏もその動きを読んで飛ばず、ここから両者はエルボー合戦に突入。競り勝った鈴木は強烈なエルボーで飯伏をダウンさせる。さらに顔面を蹴り上げると、怒りの飯伏は打撃のラッシュで鈴木を膝まづかせる。
 鈴木は不敵な笑みを浮かべると打撃のコンビネーション。そして、スリーパーを決め、ゴッチ式パイルドライバーの体勢に。しかし、飯伏はショルダースルーで切り返す。そして、打撃の応酬を展開し、張り手の相打ちで同時にダウン。
 次は棚橋とザックのマッチアップ。コブラツイストの応酬から、丸め込み合戦へ。すばやい切り返しから、両者は一旦離れる。
 棚橋はスリングブレイドを狙うが、ザックはスキをついてオクトパスホールドで捕獲。だが、棚橋も切り抜け、逆にオクトパスホールド。しかし、ザックは脱出してドラゴンスクリュー。
 スイッチしたタイチは棚橋にローキックを連発。ヒザを痛めた棚橋だが、タイチのジャンピングキックを捕らえるとドラゴンスクリュー。
 次は田口がスワンダイブのヒップアタックをタイチにヒット。そして、本隊はタイチにトレイン攻撃。続いて、ぎたった田口はケツイェをタイチに叩き込み、オーマイアンドガーアンクルへ。しかし、鈴木は場外からその光景を見つめ、カットに入らず。
 リング上、タイチは田口をコーナーに追い詰める。間髪入れず、ザックが田口に串刺しエルボー。さらにDOUKIがラリアット。続いてタイチがバズソーキックを叩き込む。タイチは首切りポーズからタイチ式ラストライドを狙うが、田口は脚力でリバース。
 田口は雄叫びからヒップアタック。さらに前方回転してのヒップアタックを繰り出すが、かわしたタイチはバックドロップ。続いて聖帝十字陵を決めると、田口はたまらずギブアップ。鈴木軍が勝利を収めた。

COMMENT

鈴木「オイ、なんだ、どいつもこいつも! あぁ!? タイチもザックも、俺の前にひざまずけ。そして、泣き叫べ。『鈴木様、ごめんなさい』と。オイ、タイチ! ブチ殺してやる」

タイチ「(※鈴木が立ち去ったあとにザックと共に現れ)やってみろよ。『殺す』だ!? やってみろよ。やってみろ、この野郎。昨日、一昨日までは、出る気なかったよ、まったく。メンバー発表されるまで、やる気ないよ。どうせ疲れるんだ、『G1』。棚橋と違ってな、俺は年中疲れてんだよ。すぐ疲れるんだよ。去年出てよ、イヤなほど思い知ったよ。やりたくねぇんだよ。だけど、メンバー見た瞬間、オイ…らしくねぇけど、出たくなっちまった。気にいらねぇヤツがいっぱいこっち(Aブロック)に来やがったから。特に気にいらねぇヤツもいる。やってやるよ、『G1 CLIMAX』。やってやるよ。仲良しこよしなんて1人もいねぇ。信頼できるのはザックだけだ。やってやるよ。この俺がやる気出したんだからありがたく思えよ、テメェら、その他大勢。時は来た! …のかもしれない(※と言い残して一旦立ち去る)」

ザック「聖帝タイチとボスの間に挟まれて気まずいな。俺はどっち側に付くべきだ? 隣にいるタイチか!?」
タイチ「(※コメントスペースに舞い戻り)ああ、言い忘れた。ザック、決勝で待ってるぞ。ファイナルで待ってる。両国(国技館)で」
ザック「OK」
タイチ「最後、ファイナル」
ザック「別々のブロックだし、決勝戦までもう会うことはないのか。俺なしで大丈夫か? さみしくなるな。決勝で会おう。飲みにばかり行くなよ」
タイチ「決勝で待ってるぞ、ザック!(※と言い残して立ち去る)」

ザック「プロレス界最強のトーナメントなのに、なんで俺の気分は乗ってないんだ? なぜならいまIWGPの名の付くベルトを巻いてるからだ。でも、このベルトの価値はすっかり下がってしまった。俺がサクッと『G1』を優勝して、同時にこのタッグベルトの価値をもう1度上げてやるよ。俺のダーリン、タイチに決勝で当たることを願ってる。コロナにタッグに『G1』と俺の悩みは尽きない」

DOUKI「オイ、お前ら、見ただろ? 今シリーズ、俺はズーっとヘビー級の中で闘ってたんだよ。オイ、それは負けんだろ!? ふざけんなよ。見たか!? 今日、(敵チームに)2人ジュニアが入っただけで、圧勝だよ。なんも痛くもかゆくもねぇ、俺は。無傷だよ、オイ。ニュージャパン! 俺をもっとジュニアヘビーとシングル(マッチ)組めよ。俺はジュニアヘビーのヤツらともっとやりてぇんだよ。そうだ! シングルと言えばさ、『(BEST OF THE)SUPER Jr.』はどうなったの!? (※記者に向かって)知ってる!? 『SUPER Jr.』はさ、まだ開催されるんでしょ!? 俺はまだ開催されると思ってるけど。俺が1番最初に名乗り出てやるよ。俺が最初の出場者だよ」

棚橋「(今シリーズは)短いシリーズでしたけど、いろいろと手応えを感じられて。特に、やっぱり地方大会にね、行けたことはやっぱり大きくて。一歩ずつ、一歩ずつ、この厳しい状況の中で来て、そしてね、新日本プロレスの、とても自信を持って皆さんに見ていただける『G1 CLIMAX』が始まりますんで。そこでね、さらに、なんとか明るい光を皆さんに届けられるように(したい)。AブロックのAはエースのAだと思ってて。2007年(から13年)ぶりにBブロックになってしまったんで…。でもね、キャッチコピーが今回“Be the one!”でね。これは『Bブロックからトップが出るんじゃないか?』というね、予言!? でもね、俺はもうまた、違う次元で闘っていきます。まあ、ある意味、俺だけ、Cブロック。よし」

ワト「(※天山と一緒に現れ)これから、まだまだ俺の旅は始まったばかりだから。ジュニアのシングルでも、タッグでも、チャンピオンを目指していきます」

天山「いこうぜ、ワト。しばらく休みやけど、ジュニアの頂点、目指さなアカン」
ワト「目指してやってやります」
天山「まあ、タッグ(タイトル)は逃したけども、まだシングルもあるし」
ワト「でも、タッグも諦めてないんで」
天山「OK」
ワト「まだまだこれから」
天山「俺はいつもそばについて、お前のこと推してるから」
ワト「はい」
天山「こっからいけよ」
ワト「頑張っていきます」
天山「オッケー。よし、ガッチリいこう、マスター(※と言ってワトと立ち去る)」

飯伏「(※左頬を押さえ)効いたよ、張り手が((ニヤリ))。いい張り手じゃないですか。(『G1』が)楽しみじゃないですか。ていうか、鈴木軍、終わったんじゃないですか!? なんですか、あれは!? 最後!? まあ、僕は鈴木みのるとシングルが久々にできて、すごく楽しみですよ。次、やり返しますから。俺、やられてますから、前回(2013年『G1 CLIMAX 23』8月10日・両国国技館)。何年前ですかね!? 僕が初めて出た『G1』ですかね、あれ。抹殺されてるんで。抹殺します」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年4月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ