SUMMER STRUGGLE 2020

日時
2020年8月12日(水)   17:00開場 18:30開始
会場
愛媛・八幡浜市民スポーツセンター
観衆
630人

MATCH REPORT

 約6年4ヶ月ぶりの開催となる八幡浜市民スポーツセンター大会。8月29日(土)明治神宮野球場大会の前哨戦を主軸にして、全6試合がラインナップされた。

 オープニングマッチは、小島と田口がタッグを結成し、辻&キッドのヤングライオンコンビと対決。なお、小島は「KOPW 2020」にエントリーしており、8月26日(水)後楽園ホールの1回戦でデスペラードと当たる。

 田口対キッドで試合がスタート。キッドが腕を取ると、田口は脚を取って対抗。そこから互角の攻防を繰り広げた。
 小島対辻となり、辻がショルダータックルで先制。だが、小島がすぐにカウンタータックルで巻き返す。
 ここから辻のローンバトルとなり、田口がヒップドロップ2連発、トップロープ越えのヒップドロップ、アンクルホールドなどで痛めつける。そして、スリーアミーゴを繰り出すが、辻が3回目のブレーンバスターを抵抗し、反対に投げ捨てた。
 田口対キッドとなり、キッドがエルボー連打、カウンタータックルで田口に追撃し、小島をボディスラムで投げ捨てる。そして、後方回転エビ固めの要領でフォールしたのち、カウンタードロップキックで吹き飛ばす。
 続いてキッドはブレーンバスターの体勢に入るが、田口が背後へ着地。そして、キッドを突き飛ばしてロープでリバウンドさせ、カウンタージャンピングヒップアタックを食らわせた。
 小島対辻となり、小島が逆水平チョップ乱射、串刺しジャンピングエルボー、「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップ、エルボー連打、ローリングエルボー、DDTと一方的に攻め込む。
 しかし辻は、コジコジカッターを抵抗し、カウンターバックエルボー、ランニングサンセットフリップ、アバランシュホールドで巻き返す。
 ここで辻が小島に逆エビ固めを極めると、キッドも田口を逆エビ固めで捕らえて分断。そして、それぞれがドロップキックで追い討ちをかける。
 続いて辻&キッドが小島にトレイン攻撃を敢行し、辻がスピアーで追撃。そして、エルボー連打、チョップ連打からロープへ走るが、小島がカウンターのウエスタンラリアット1発で轟沈した。

COMMENT

小島「デスペラー(ド)との対戦がもう決定になり、だんだんだんだんテンション上げているところです。上げるっていうか、もう上げる必要もないかな。これだけの、29年というキャリアを生かせば、おのずと自分のやりたいようにうまくいくでしょう。それがキャリアだよ。な? デスペラードくん、あまりプロレスのキャリアを見くびってもらったら困るよ。年齢がどうとかそういうの、あまり関係ないと思うぞ。キャリア……。そしてこの、ずーっと俺の体にくっついていた右腕。これがすべてを物語ってるよ。すっとずっと29年間プロレスやってきて、そして2002年6月、アメリカでスタン・ハンセンさんと出会い、さらにこの右腕の説得力が増してきた。ずーっと、2002年だぞ。もうすぐ20年。ずーっとずーっと、そうやって生きてきた、この私の右腕を、今日も明日も明後日も、ずーっとこれからも信じて生きていこう」
田口「(※腕を組み、アゴに手を置いて何か考え込むような仕草を見せ、福山雅治のような口調で)エル・デスペラードvs小島聡、29年のキャリアをなめたらいけないよ。なめられたら、なめる。なめ返しだ……」

キッド「ハア……また負けてしまった。負けてばっかりだ。負け続けている。だけど、今夜のチームでもっと組んでいけたなら。今夜のチームを続けたなら、このまま終わることはないと思う。コーヒー程度をディナーだと思ってはいない。まだまだ俺たちは経験が浅い。これから成長していくんだ。一緒にやっていけたら、一層よくなっていけるだろう。ただ、そうなるのにどれぐらいかかるのだろうか。ただ、彼とはずっと闘ってきただけに、組んだ時にどのようにすればいいのか。何ができるのか。とてつもなく大きな何かがないと。目標だったり、大きな力だったり。まだ2人には距離がある。なんとしてでも勝利をつかみ取るという気持ちで。今日はいいきっかけにはなったと思う。作戦的にもよかった。(※離れてコメントを聞いている辻に向かって)ツジ、ツジ、俺たちは友達になった。必要な存在にな。今日、どうすればお前をバックアップでるか、チームとしてどうすべきか、そしてそれを明日につなげていくにはどうすればいいか、それを考えた。次はもっといいチームになってるはず。今夜のようになるのは、これが最後にしよう。だけど、俺はずっとお前の後ろを歩いていくわけじゃないから。それだけは心に刻んでおいてくれ。タッグチームとして闘っていてもな(※と言って、先に控室に向かいかけるが)」
辻「ゲイブ。まだ帰るなよ。カムバック。カムバック、ゲイブ。(※キッドが戻ってくると、正面から向き合って)俺はな、前から言ってんだろ。俺らはチームになったら一緒に闘うと。前からその気でやってんだよ。その気になるのが遅いんだよ。一緒のチームの時は、喜んでお前を助けるし、お前も改心したんだろうから俺のことを助けてくれるだろう。でもな、LA DOJOと野毛道場、交わらないんだよ。いいか、水と油だ。俺らはプロだ。お前が言うとおり、俺らはプロだ。それはわかってる。ただ、それはチームの時、一緒に闘うときだけなんだ。リングで対角線に立ったとき、そんな感情は一切消える。ただ1人の相手としてお前がいる。これはなれそめじゃない。覚えとけ(※と伝えて先に控室へ)」
キッド「いつになく興奮してるな。オレを呼び止めるほどにまでって……」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ