SUMMER STRUGGLE 2020

日時
2020年8月16日(日)   13:30開場 15:00開始
会場
静岡・ツインメッセ静岡 北館
観衆
934人

MATCH REPORT

 8.29神宮球場大会で行なわれる王者・EVILvs挑戦者・内藤のIWGPヘビー&インターコンチの二冠戦と、王者・ヒロムvs挑戦者・石森のIWGPジュニア王座戦の前哨戦。ロスインゴはSANADA、BULLET CLUBには東郷が加わっての6人タッグマッチだ。

 先発は内藤とEVILでスタート。まずは内藤がヘッドロックで捕獲。力を込めてしつこく締め上げていく。ここはEVILがロープに押し込んでブレイクに持ち込んだが、背後から東郷が内藤の髪の毛を掴んで動きを止める。
 そしてBULLET CLUBはすぐさまリングに入ってきてトレイン攻撃。だが、内藤はこれをかわすと、ドロップキックで東郷を蹴散らし、EVILには変形のネックブリーカーから首筋へのドロップキックだ。タッチを受けたヒロムは逆水平チョップから串刺し式のラリアット。
 しかし、ロープに飛んだところで、今度は石森に足を掴まれて妨害される。そして、BULLET CLUBはこれを合図に場外戦を展開。石森と東郷が2人がかりでヒロムをいたぶれば、EVILは内藤を襲撃。そして、リングに戻ってきたEVILはヒロムの負傷箇所である左肩に一撃だ。
 続く石森もヒロムの左肩を、いつの間にかマットが外されていた自軍のコーナーに叩きつける。さらに東郷もフィストドロップを混じえながら、左肩への集中攻撃を連発だ。そしてEVILとタッチするとダブルのショルダータックル。さらに2人続けて、セントーンを投下していく。
 BULLET CLUBサイドは続いて石森が登場。ヒロムもチョップで反撃すると、ショットガンドロップキックを発射する。しかし、石森はこれをかわして再びヒロムを捕獲。関節技を駆使して、ヒロムをいためつける。
 劣勢が続いたヒロムだったが、石森の攻撃を読んで蹴り足をキャッチすると腕と絡めてのドラゴンスクリュー。さらにトラースキックを食らわせて、SANADAにタッチだ。SANADAはリングに入ってきた東郷を捕まえてパラダイスロック。
 続いて石森もパラダイスロックで固めると、2人を並べてそのケツにドロップキックをお見舞いだ。だが、石森もハンドスプリング式のレッグラリアットで反撃して、EVILにタッチ。SANADAも内藤にタッチし、再び2人がリング上で対峙だ。
 内藤が顔面に一本足ドロップキックを見舞うと、コーナーでの足払いからのロープ越えのドロップキックをお見舞い。さらにロープを利用してのスイング式DDTも炸裂させる。だが、EVILも内藤をロープに飛ばすと、待ち構えていた東郷に攻撃させる。
 そして金具が剥き出しになっているコーナーに叩きつけて、3人がかりで袋叩きだ。さらに内藤にトレイン攻撃を食らわせると、EVILはイスを構える。だが、これはレフェリーが攻撃を阻止。リングに戻ってきたヒロムがカットする。
 しかし、レフェリーを巻き込んだことによって、リング上が無法地帯に。再びEVILはイスを持ち出して、内藤に向けて構える。しかし、今度はSANADAが飛び込んで来て、ドロップキックでEVILのイス攻撃を阻止。
 続けてロスインゴのトレイン攻撃、ヒロムちゃんロケット(内藤とSANADAがアシストしてのショットガンドロップキック)が東郷に炸裂。最後は内藤が必殺のデスティーノで、東郷から3カウントを奪ったのだった。

COMMENT

ヒロム「(※内藤のL・I・Jキャップをかぶってコメントスペースにやって来る)今日、映像カメラはないのかぁーーー! それなら何でもやり放題だね! ほーら、こんなふうに踊ったって、こーーんな踊り方したって、映像に残らないから、何でもありだ! ほーれ、ほーれ……。とりあえずかっこいい写真は撮っといてよ! そろそろ真面目にコメントしていい? 石森きゅん、神宮まであと1試合しか闘えないね。このオフの間に、彼が俺にどれだけ精神的なダメージを与えられるかが勝負のポイントになると思うから頑張ってよ。このままだと肩を攻めることに集中しすぎちゃって、スキだらけになるよ! チャンピオンからのアドバイスだ。それにしても内藤さん、元気じゃん。オイEVIL! 内藤さんへの追い込みが足りないよ! だから調子に乗って、俺のジャケット持って帰っちゃったじゃん! だから内藤さんに提案するよ。『KOPW』で“コスチューム交換マッチ”でもやる? なーんちゃって! ウソだポーン! お尻ぺんぺん!」
内藤「(※ヒロムの革ジャンをまとってコメントスペースにやって来る)先日の八幡浜大会、EVILが『今日の負けなんて痛くもかゆくもねえ』って言ってたけど、きっと今日の敗戦も、EVILにとっては痛くもかゆくもないんだろうね。確かに、今日はタイトルマッチじゃない。負けたって別になにかが変わるわけでもない。でもさ、チャンピオンとして回っているシリーズでの敗戦。しかも、自慢のパレハが俺に連敗を喫してるわけで、ホントに痛くもかゆくもないの? 俺だったら悔しいけどなあ……。そのへんはさすが3冠王。さすがKING of DARKNESSですわ。とはいえ、前哨戦も残すところ、あと後楽園ホール大会のみ。さあEVIL、いよいよベルトの返却期間が近づいてきたぜ。その2本のベルト、神宮球場で返してもらおうか」
SANADA「SHO選手からサブミッションマッチの提案を受けたじゃないですか? 俺から出すのを忘れてた。(各自ルールを)持ち込みだったんでね。それで、俺からの持ち込みのルールは、3カウント(決着)なしで、ギブアップで決着つけたい。よろしくどうぞ」

EVIL「オイ、内藤、今日勝ったからといって、お前の立場が変わったわけじゃねえからな。お前はまだ崖っぷちだ。神宮という谷底に突き落としてやるからな。覚えとけ、この野郎!」
石森「『大丈夫、大丈夫』って言ってるけど、肩のテーピング取れないね、ヒロムく~ん。無利して、ちょっと強がってるんじゃないの? あと、妄想話、面白かったよ。そこで、俺も少し妄想してみたよ。神宮、まず第0試合。ヒロムvsディック東郷で、ヒロムが戦闘不能になるだろ。そしたら俺のタイトルマッチは、あのネコの人形みたいなヤツとやるのか? なあ? 昔、なんかそんなヤツ見たような気もするけど、まあいいや。神宮、楽しみしてるよ、ヒロムくん」
※東郷はノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ