SUMMER STRUGGLE 2020

日時
2020年7月31日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
482人(札止め)

MATCH REPORT

 いきなり鈴木軍が襲撃を仕掛けて試合開始のゴング。そのまま乱闘となり、天山広吉と1DOUKIがリングに残って試合開始のゴング。防戦に回っていた天山だったが、DOUKIにスピアを決めて反撃開始。飛び込んできたザックのボディーにヘッドバットを叩き込んで排除する。ロープに走ったDOUKIにニールキックをぶち込んだところで棚橋にタッチ。

 タッチを受けた棚橋は、「来い!」とタイチを挑発。しかしタイチはロープをくぐろうとするも、「お前じゃ相手になんない、代われ」と飯伏を指名する。だが棚橋は無視。結局、棚橋vsタイチの展開に。
 ロックアップからロープに押し込まれたタイチだが、体を入れ替えて顔面をかきむしっていく。飯伏の突進をカットしてコーナーから反転してのボディーアタックを放った棚橋だったが、あっさりとかわされてしまう。完全に棚橋を見下しているタイチ。一つ目の攻撃は受けても、次の攻撃は確実にかわしていく感じ。エルボードロップもやすやすと自爆させた。
 組みついてきたところバックドロップで叩きつけたタイチ。ダウンした状態の棚橋を見下ろして余裕の表情。飯伏に代われとばかりに、転がすように相手コーナーに放り投げた。
 怒って突っかかっていった棚橋。コーナーに控える残る3人にまでも攻撃を仕掛けるが、結局、相手コーナーに引き込まれて4人がかりで踏みつけられてダウン。
 DOUKIのネックブリーカードロップ、ザックのサイドネックロックと防戦一方。ザックが首投げからPKを狙ってロープに走るが、ここで上村が飛び込んできてドロップキックで撃墜。ここで棚橋は、ようやく飯伏にタッチした。
 
 いきなりザックにミサイルキックを決めた飯伏は、キックのコンビネーションでダウンさせて、その場跳びムーンサルトプレス。ザックを蹴りの打ち合いに引き込むが、威力では飯伏の方が上。ザックの蹴りを浴びながらも、ローキック1発でダウンさせる。しかも飯伏は無表情で攻撃を仕掛けていく。しかしザックは正面から飛びついてグラウンドに引き込んで三角絞めへ。強引に持ち上げた飯伏だが、ザックは技を解いて着地。倒れ込みながら飯伏の左腕に蹴りを叩き込むが、飯伏はザックの攻撃をかわしてハイキックを決めた。
 ここでワトと金丸の顔合わせに。しかしDOUKIも飛び込んできて2対1の展開に。金丸の攻撃をかわしてDOUKIにティヘラを決めたワトは、金丸のフロントキックを浴びながらも蹴りでリング下まで吹っ飛ばし、リングを走ってトップロープ越しでダイブ、トルニージョを放った。そして金丸をリングに押し上げると、コーナー最上段からダイブしてのヨーロピアンアッパーカット。続いて狙った攻撃をショルダースルーで切り返した金丸に対し、ハイキックを決める。そして蹴りからロープに走ったが、金丸はカウンターのドロップキックで迎撃する。
 タッチを受けたエル・デスペラードは、ワトの蹴り足をキャッチしてエルボーを落とすとロープに走る。返ってきたところにソバットを叩き込んで動きを止めたワトは、至近距離から跳びヒザ蹴り。ここでコーナーから棚橋と上村がタッチを求めて手を伸ばす。するとタイチが飛び込んできて、棚橋をリング下に落としで追いかけていった。
 タッチを受けた上村は、飛び込みざまデスペラードにエルボーを叩き込み、ロープワークからカウンターのフライング・フォアアーム。そして天山と飯伏を呼び込み、3人で串刺し攻撃を浴びせてからかんぬきスープレックスを決める。しかしカウント2。デスペラードはスパインバスターを決めてマフラーストレッチへ。ここは棚橋がカット。するとタイチ、ザックもリングに飛び込んできて、棚橋に攻撃を仕掛ける。そして天翔ザックドライバー。さらに飯伏にも同じ連係を狙ったが、ここは飯伏が回避。そしてバック宙しながらの蹴りをタイチ&ザックに決め、デスペラードにドロップキックすかさず上村はデスペラードにブレーンバスターを決めるもカウント2。ここでバックに回った上村。バックを取り返したデスペラードは、上村の突進をかわしてレフェリー向かって突き飛ばす。激突を避けようと踏みとどまった上村をこちらに向かせると、ロコ・モノを顔面に叩き込み、ピンチェ・ロコにつないでマットに沈めた。

COMMENT

ザック「(日本語で)オツカレ、タナハシ」
タイチ「見てわかったろ、棚橋。どの口でリマッチつったんだよ、どの口で。どの口だ? 『その口か、この野郎!』ってやってやろうか? よくお前言えたな。どっからその自信は出てきたんだよ。お前、言やいいっちゅうもんじゃねえんだよ。過去の栄光にすがるな、いつまでも。考えろ、てめえのコンディションと歳を。まあ、長い間、トップ張ってきた。それは認めてやるよ。だけど、いつまでもそうは言ってられねえんだよ。お前は疲れてないと言いながら疲れ切ってる。なんだ今日は? ヤングライオンのガキに助けられて。お前、今日、なんかやったか? なんだ、あれは。リズムもバラバラでよ。俺もビックリしたよ。あれが棚橋だって。棚橋、お前の今の実力じゃ、(IWGPタッグのベルトを見せびらかせて)IWGPは遠いぞ(と自分で言って吹き出す)。棚橋さん、お疲れさまでした」
ザック「(日本語で)オツカレサマデシタ」
タイチ「もう安らかに休んでください。第1試合、第2試合で若手の壁になって」
ザック「棚橋はもう一度丸刈りにした方がいい」
タイチ「それが一番いいよ。タグチジャパンに入って、田口と一緒になんかやってろよ。ケツでも出して。それがいいんじゃねえか? それが最後の俺らからの情けだ。今日でもうわかったろ? リマッチなんて程遠い。でもな、まあいい。飯伏はいいよ、飯伏は。あいつはまだまだ元気だな。だけど、やるとも言ってないし、やるつもりもない、俺らは。パートナー変えてきたところでやんないし。飯伏、考えろよ。とりあえずお前もわかっただろう。棚橋は捨てて、新しい方向に歩け。新しい方向、道は2つある。違う奴と組むか? 俺らのところに来てもいいぞ。お前みたいな(頭の上で手のひらをパーッと開いて)これは、ちょっとイッチャってる奴はさ、おもしれえからさ、丁度いいかもしれねえな。まあ、どっちでもいいけどよ。俺らで6人タッグ獲ったら、永久チャンピオンになれるんじゃねえ? まあでも、棚橋はねえ」
 

ザック「イブシ、お前が神と崇めるタナハシも息絶えたことだし、お前も鈴木軍に入ればどうだ。タイチの髪はタナハシよりの髪よりもキレイだろ。俺もパーマでもかけようかな。どっちにしろお前の神はもう死んだ。お前はパートナーを失ったんだ。だから俺たち3人でNEVER6人タッグベルトに挑戦しようぜ。今誰があのベルトを持ってたっけな? 俺たちなら良いチームになれる」
タイチ「それはお前が選べ。好きにしてくれ。俺らも好きにすっから。じゃあ、誰にしようかな、次は。金丸&DOUKI?」
ザック「金丸&DOUKIに挑戦させてやる。でも勝敗はどっちのチームがより酒を飲めるかで決まる。それかウエムラ&ツジのチームでもいいぞ。あの2人なら少なくともタナハシよりはイキがいい」
タイチ「ダメだ。俺らも拍子抜けしちゃった。じゃあな」
 

 
金丸「おいおい、あのケツの青い小僧はよ、何試合やっても変わんねえな? 天山、横に就けてても一緒だろ。おう、俺らがよ、正面から教育してやるよ。なあ?」
デスペラード「(金丸と自分を指差し)ここの2人は今あれだから。ヤングライオン相手にしている2人だから。(DOUKIの方を見て)なんかお前だけ急にレジェンドで、『夢☆勝ち』みたいになっちゃってる」
DOUKI「ハハハハ! 俺だけ『夢☆勝ち』か?(笑)」
デスペラード「動ける、動けないで言ったら、『夢☆勝ち』程の差はないかもしれない」
DOUKI「ワハハハハ!」
 

デスペラード「いやあ、勘弁してください。毎日あんな若いのとやるのは。まあ、ノブさんは自分から言って、ケツの青いのをぶん殴りたいからって言ってやってるだけだけど、俺はなんで毎日上村なんだ、この野郎。お前、鷹木の後に上村って、不完全燃焼感凄い」
金丸「まあ、あいつら、あんな若い小僧、不完全燃焼だろう。不完全燃焼じゃねえかなと思ってやってるけど、やっぱり不完全燃焼だな」
デスペラード「あの……無理ッスね」
金丸「うん、無理だな」
デスペラード「あれ相手に鷹木レベルのことをやれって言われたら、ねえ? ちょっと……そうなるんですよ」
金丸「まあとっととシングルでもなんでもやってぶっ潰してやるからな、小僧」
デスペラード「俺は絶対上村とシングルやんねえからな。(DOUKIの方を見て)お前は天山とだ」
DOUKI「天山とシングル? 勘弁しろよ(笑)」
 

天山「(先に来ていた上村に駆け寄って)上村、大丈夫か?」
上村「はい!」
天山「最後追い込んだけど、もう一歩や。もうちょっとや」
上村「はい!」
天山「うん、まだまだ諦めんなよ」
上村「はい!」
天山「まだまだ行けるぞ。最後までガッチリ行こう。ありがとう(と言って握手)」
上村「ありがとうございました」
天山「なんにもね、出番ちゅうかね、チャンスなかったですけど、ワトが暴れてね。まだまだ暴れ足りないですよ。
 

天山「(後からやって来たワトに対して)ワト、もっとガンガン行けるやろ?」
ワト「もっと暴れてやる! 金丸! もっともっと追い込んでやる!(と、TVカメラを睨みつけて一人で控室へ)」
天山「(ワトを見送ると)ワトもそうやけど上村、お前もがんばれよ」
上村「はい!」
天山「やるしかないよ。上しかないんやから」
上村「はい!」
天山「立ち上がれよ!」

上村「はい! (天山が立ち去ったあと一人で)上を見ろって言われたら、今日メインイベントでやる永田さんと鈴木さん。鈴木さんと僕なんかじゃ、悔しいけど実力は雲泥の差があるのは誰が見てもわかってます。認めたくないですけど。ただ、あの人が自分と同じ年だった時と今の自分、どっちが凄いかわからせてやる。ありがとうございました」

飯伏「(一人でやって来て)う~ん……なんですかね?」

※ここで棚橋は辻の肩を借りて戻って来る。飯伏の肩にポンと手を置いて。

棚橋「……悪い、ごめん」
※棚橋の言葉に渋い表情を見せた飯伏は、無言のままバックステージをあとに。


  
棚橋「(飯伏の背中へ向かって)絶対カムバックしてみせっから…!」
※飯伏は先に控室へ。

棚橋「(飯伏に置いていかれて一人で壁に突っ伏し)クソーッ! ああ、クソッ!(と言って控室へ)」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ