NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020<決勝戦>

日時
2020年7月11日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
大阪・大阪城ホール
放送
バナーバナー
観衆
3,318人

MATCH REPORT

 本隊vs鈴木軍の8人タッグマッチ。明日の『DOMINION』でIWGPタッグ王座戦を闘う王者の棚橋&飯伏と、挑戦者となるタイチ&ザックにとっては前哨戦ともなる。

 本隊から飯伏が先発を名乗り出るが、鈴木軍は4人揃って場外へ。本隊は円陣を組んで気合い入れるが、鈴木軍はなかなかリングに上がってこない。本隊は今度は棚橋が先発へ。ならばと鈴木軍はタイチが出てきて、ようやくゴングだ。
 ジリジリとにじり寄る棚橋に対して、タイチはのらりくらりとコーナーへ下がって組合わない。その隙きを突いて後方からザックが棚橋を襲撃。すかさず飯伏が救出に入ってくるが、タイチとザックはこれを迎撃。そしてコーナーに振る。しかし、飯伏はタイチの攻撃を避けると、ザックにはバックエルボー。さらにタイチにはフロントハイキックだ。
 そして棚橋と飯伏はダブルのバックエルボーを決めてから、棚橋が青天井エルボーを投下。続けて飯伏もその場飛び式の横回転してのプレス。さらに棚橋がサンセットフリップを投下する。続いて棚橋はコーナーに上る。しかし、ここで再びザックが登場。ドロップキックを棚橋の膝にぶち込むと、鈴木軍が入ってきて他のメンバーを蹴散らす。
 そして、タイチが棚橋を羽交い締め。上半身を固定した状態でザックがドラゴンスクリュー2連発だ。今度は金丸が入ってきてタイチと一緒にストンピング。さらに棚橋の膝をマットに叩きつけ、低空のドロップキックで追撃だ。
 続いてはザックがロープを使っての関節技で棚橋の右膝をいためつける。飯伏が救出に入ろうとするが、これをタイチがサミングで阻止。その間にエプロンにぶら下がるようにして、ザックがヒールホールドを棚橋に極める。
 続いてはデスペラードが登場。棚橋を逆片エビ固めに捕獲する。ここで田口が入ってきて、手を叩きながら棚橋に檄を飛ばす。この謎の動きに思わず技を解いたデスペラード。田口はこれを2度繰り返したが、3度目は通じず。カニバサミで倒され、その頭を棚橋の膝にぶつけられてしまった。
 ここでタッチを受けたタイチ。棚橋からの反撃のエルボーを食らいながらも、すぐさまローキックで動きを止める。そしてコーナーに移動した棚橋にアックスボンバーを発射。しかし、棚橋はバックエルボーで迎撃すると、コーナーで反転してのクロスボディアタックだ。だが、タッチに行こうとするとザックに阻止されてしまう。タイチはすぐさまバズソーキックで追撃するが、棚橋はその蹴り足を摑んでドラゴンスクリュー。ようやく永田にタッチだ。
 タイチも金丸にタッチすると、その金丸が低空のドロップキックを永田の膝にお見舞い。続けて膝目掛けてストンピングを連打する。しかし、これを耐えた永田はエルボーで反撃。得意のミドルキックを連発する。
 そして串刺し式のフロントハイキックも炸裂させると、エクスプロイダーの体勢に。しかし、金丸はこれを阻止。ならばとロープに飛んだ永田の足を今度は場外からデスペラードがすくって倒してしまう。
 そして鈴木軍がトレイン攻撃だ。しかし、デスペラードの攻撃を避けた永田は金丸にフロントハイキック。デスペラードもカウンターで捕まえてフロントスープレックスだ。さらに金丸に蹴り足を掴まれたものの、エクスプロイダーを食らわせて飯伏にタッチ。
 飯伏は金丸にスワンダイブ式のミサイルキック。たまらず金丸はザックにタッチだ。ザックはロープに走ってジャンプした飯伏の攻撃を避けて、その足をキャッチ。すぐさまボーアンドアローを仕掛けていく。
 しかし、飯伏はこれを阻止すると立ち上がって掌底とキックのコンビネーションでザックをダウンさせ、その場飛び式のムーンサルトプレスだ。そして、ザックの胸板にミドルキックを連発していく飯伏。
 しかし、ザックも蹴りをかわして飯伏のヒールをキャッチ。脱出した飯伏の攻撃をかわしながら再び捕まえると、卍固めだ。ここは棚橋がカット。その棚橋をタイチが蹴散らし、飯伏にはトレイン攻撃だ。
 そしてザックはザックドライバーの体勢へ。しかし、これを逃れた飯伏はザックとタイチにまとめてオーバヘッドキックだ。続いて出てきた田口はジャンピングヒップアタック。だが、これをかわされると、タッチを受けたデスペラードにアトミックドロップをカウンターで被弾。さらにマンハッタンドロップも食らってしまう。
 ならばと今度はフェイントを挟んでのジャンピングヒップアタック。ようやくデスペラードを倒すと、今度は本隊の4人がトレイン攻撃を敢行だ。最後は田口のジャンピングヒップアタック。ここは鈴木軍がカットに入ってきたがすぐさま蹴散らし、棚橋と飯伏が同時にプランチャ。そして、田口はデスペラードにケツイェだ。
 そしてトドメのどどんの体勢に。しかし、デスペラードはこれを前方回転エビ固めで切り返すと、田口をレフェリーの方向に投げる。慌てた田口の顔面に、振り向きざまに右フックで一撃。続けて必殺のピンチェロコで田口をリングに叩きつけ、3カウントを奪ったのだった。

COMMENT


 
デスペラード「(※先に1人でコメントスペースにやって来て)オーオーオーオーオー……まあ、しゃべることねぇな。しゃべることなんかねぇよ。特に俺にいま。目標は、山ほどある。目的もたくさんある。なんだけど、直近で頑張ってる仲間の邪魔する気はねぇんだ。いまここでなんか言ってみろ。例えば、田口とシングルマッチを求めたと。その話はもういらんだろ。見てわかっただろ? (試合に)出るだけで客が喜んじまう。そんなヤツ相手したって、俺の損なだけだ。俺の目標はほかにある。だけど、いま、この試合、何が大事だ? ザックとタイチが……明日だぜ、明日。思ってたより(客は)入ってたな、今日な。俺、正直、みんなまだビビッて(会場に)来ないと思ってたんだ。それも正しい選択だと思う。何が正解で、何が間違いなんてのは、何日もあとにならないとわかんない。だけど、明日の試合……ま、今日もだ。見に来たヤツが正解だったと思う大会になるだろうよ。そのための努力をしてるんだ、俺たちは。いや、新日本のスタッフは。俺たちは特に……」


 
タイチ「(※デスペラードが控室に戻ってしばらくしてから、ザックに支えられながらフラフラした足取りでコメントスペースにやってくる。たどり着くと崩れるようにフロアに両ヒザを着いて)オイオイ、試合終わってんだ、コラ。なんだ、オイ? 試合終わってんだ、コラ。潰すんだろ? 潰すんだろ、お前ら? わかったよ。棚橋、飯伏、明日、ブチ殺してやる、コラ。棚橋、ブチ殺してやる。オイ、2人とも、ただのワン・ツー・スリー、ギブアップじゃねぇぞ。破壊だ。破壊だ、破壊だ、コラ。あの2人、ブッ壊してやる。ただの決着じゃ、絶対済ませねぇ。ブッ壊してやる。ブッ壊してやる、お前ら。俺とザックがよ。ザックが怒った日にゃ(どうなるか)、明日証明される。今日はオレの首ひとつ、くれてやるよ。明日、思う存分、オレらが最強ってこと、証明される。ブッ壊してやる。ブッ壊してやる……」
   

ザック「タナハシとイブシがまだタッグチャンピオンなのは数ヶ月リングに立っていなかったから、それだけだ。もし俺たちが挑戦できていたなら、とっくにベルトは奪っていた。5ヶ月間一度も防衛してなかった。そんなんで正真正銘のチャンピオンと呼べるか? クソだな。あいつらテクニックでは俺たちチームの足元にも及ばない。棚橋のキャッチフレーズは『愛してまーす』だっけ? 明日はそうは言えないぞ。もう”愛”はもらえない。俺たち“デンジャラス・テッカーズ”が始末してやる!」
※金丸はノーコメント

永田「今日はすごく鈴木軍の連携は、たしかに(ファイトスタイルは)悪いけど、(連携は)よかったかなと。でも今日は、俺がいなくてもよかったかなと。鈴木みのる、どうしちゃったのかな!? 俺のことを、さんざん『殴る』『殴る』『殴り足らない』とかって、(『NJC』1回戦で)負けたくせに言ったくせに、どうして来ないんだよ!? プロとして情けない。『大阪のファンに我々の闘いを見せたいな』とちょっと思った俺がバカだったのかな!? でも、そのぶん大阪のファンには、永田裕志のこの元気な姿を見せることができてよかったなと(思う)。鈴木みのる、だらしない(※敬礼して立ち去る)」

田口「やっぱりハイ、我々は、お客様の前で試合してナンボだということがね、わかりました。皆さんにはホントに“(新日本プロレスからの)お願い”を守っていただいて、大きな声を出さずに、拍手でね、応援していただいて。それでも、やっぱりね、守っていても、やはり声は自然と出てきて…ちょっとね、出てきてましたけども。その声がね、すごくうれしかったですね。そういう声が思わず出てしまうような試合をしていかなければいけないし、していきたいと思います。はい。思わず声が出ちゃったと。大きい声を出させるような仕事をしたいと思います。ありがとうございました」
 

 
棚橋「いよいよ明日、(IWGPタッグ)初防衛戦。そして、(※手を叩きながら)なんだろう? この拍手の…響きがとても美しく聞こえました。(※両手を横に広げて)なんか、上品なホールでクラシックのコンサートを聴いているような(気がした)。(今日は)大きな一歩だと思います。ただ、欲張らないように。僕たちプロレスラーは、(※指で小さな隙間を作り)少しずつ信頼を積み重ねていかないといけないので。(※手で高さを示し、それを少しずつ上げながら)ここまで行けた。ここまで行けた。ここまでいけた…。元どおりになった。それ以上に行けた…っていうね。あと、やっぱりこういう会場で、いろんな制限がある中で、制限があるからこそ、『何ができるか?』って考えて、それが拍手っていう形であったり…。ね? もうみんな、手が痛くなるぐらいじゃないかな!?と思うけど、そういうことを考えて、実行に移せるところが、プロレス好きな人のね、まあ僕も含めて、一番いいトコかな? これを今日、ホントに感じました…。よし。このエネルギーを明日に活かします」


 
飯伏「(※厳しい表情で)まず…まず最初に言いたいのは、タイチとザック…じゃなくて、(※笑顔になって)みんなと、みんなの前で、こうやって試合ができることが(うれしい)。4ヶ月近く続いて、できなかった期間が。それがやっと、こうやってみんなの前で(試合が)できたことが、ホントにうれしいというか。ホントに心の底の奥から、ホントにそう思ってます。それの以前の問題なんでね。タイトルマッチ、できる、できないじゃなくて。僕は、プロレスはホントに“ライブ感”だと思ってるんで。みんなの前でいかにできるか(が重要)。まあ、もちろん、無観客というのも、経験としてホントに大切だった期間だと思うんですけども、やっぱりこうやって、みんながいる前でプロレスできて、ホントに大爆発できたんじゃないかなと。ここから、さらにプロレスは上がって行くんじゃないかと(思う)。そして、棚橋さんと、この(IWGPタッグ)ベルトを、明日、必ず防衛したいと思います。必ず。何回でも言います。必ず防衛します(※この後、棚橋と記念撮影)」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ