NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020<決勝戦>

日時
2020年7月11日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
大阪・大阪城ホール
放送
バナーバナー
観衆
3,318人

MATCH REPORT

 真壁&本間のG.B.Hが辻と上村のヤングライオンコンビを迎え撃つタッグマッチ。辻は『NEW JAPAN CUP』1回戦で真壁に敗北。そのリベンジも果たしたいところ。

 先発は本間と辻。まずはロックアップで組み合うと本間がロープに飛ばす。返ってきた辻はショルダータックル。本間が踏ん張るとエルボー合戦だ。臆せず攻め込む辻はエルボーを連打。ならばと本間は追走式のバックエルボーからショルダータックルで辻をふっ飛ばしてみせた。
 続いては真壁と上村が激突。ショルダータックルからエルボーで攻め込む上村は、ロープの反動を利用してのショルダータックルで真壁をふっ飛ばす。しかし、真壁はカウンターのタックルでお返しすると場外に上村を放り出して鉄柵攻撃だ。
 リングに戻すとボディスラムを放った真壁。ここで交代した本間に上村がエルボーで襲いかかる。しかし、本間はこれをエルボーで返り討ち。さらにストンピングで追撃だ。そして逆水平チョップを打ちながら自軍のコーナーに押し込んだ本間。
 タッチを受けた真壁はコーナーを背にした上村にエルボーを連打。そしてスリーパーで絞め上げていく。ここは辻がストンピングでカット。しかし、上村の劣勢は続く。タッチを受けた本間がストンピングを連発。さらに逆水平チョップで追撃だ。
 そして、上村をコーナーに振った本間。しかし、上村は突進してきた本間を蹴りで突き放し、続いてロープを走ってジャンピングエルボーアタックだ。そしてタッチを受けた辻が本間にショルダータックル。さらにコーナーの真壁にも襲いかかる。
 本間には串刺し式のエルボーアタックからドロップキックを放った辻。続けてブレーンバスターだ。しかし、後方に着地した本間はバックエルボーで辻をダウンさせ、小こけしを発射。しかし、ここは自爆。その本間を捕まえて辻が再びブレーンバスターへ。だが、本間は逆にブレーンバスターで辻を投げ飛ばして真壁にタッチだ。
 その真壁を辻はエルボーの連打で迎撃。一度は膝を着いた真壁だったっが、すぐさまエルボーでお返し。ならばと辻はスピアーでお返しだ。そして、タッチを受けた上村がコーナーの本間をバックエルボーでふっ飛ばし、真壁にはコーナーでエルボーを連打。さらにカウンターでドロップキックも決めてみせる。
 そして、今度は辻も出てきて、ダブルのドロップキックを真壁にお見舞い。辻が本間を押さえている間に上村が逆エビ固めだ。ここは真壁がロープエスケープ。ならばと上村はバックを奪ってジャーマンスープレックスへ。
 真壁がこれを阻止すると正面から両腕をキャッチ。カンヌキスープレックスで投げ飛ばす。そして、今度こそはとジャーマンスープレックスへ。しかし、真壁はこれも許さない。ならばと上村は背中に張り手をかましてロープへ走る。だが、真壁はこれをパワースラムで迎撃だ。
 ここは辻が入ってきてカット。辻は入ってきた本間に対してもエルボーとチョップで襲いかかる。しかし、本間はロープに飛んだ辻をこけしロケットで迎撃。場外に追い払う。その間に息を吹き返した上村は真壁に襲いかかり、前方回転のエビ固め。そしてローリングしながら決めていく。だが3カウントは奪えない。
 ならばとエルボーで真壁に襲いかかった上村。しかし、真壁は上村がロープに走ったところをカウンターのラリアット。強烈な一発でなぎ倒し、最後はジャーマンスープレックスで3カウントを奪ったのだった。

COMMENT


 

真壁「ようし。(対戦した辻、上村は)強くなったよ。開口一番、何がいいって? あいつらの粋のよさ、やっとわかってきた。ああ、いいじゃない? まあ、久しぶりのオープニングマッチがタッグマッチってところが、俺にしてみりゃ、いかがなものかと思うけど、それに見合った選手なんじゃねえの? (※腕に巻いていたテーピングをほどきながら)あと、なんかある?」
――久しぶりに会場に足を運んでいただいたファンの前での試合。しかも第1試合。どんな感じでしたか?
真壁「変わらない。もう、いつ何時、変わらない。俺たち無観客試合やってんじゃん。なんも変わんない。そりゃ変わんねえよ。別にだって俺たち、客の目気にして試合やってねえし。そうじゃねえと、欲かいてしまうだろ。だから俺たち、欲かかない。そのままだ。そのまま。練習して、体鍛えて、それで試合に挑んでるだけじゃんか。何も変わらない。でも、今の水準のあいつらとしたら、のびのびやって、メチャメチャいいと思うぜ。何もかも、否定するとこねえだろ。体だって作ってるし。言うことねえだろ。あと強いて何がいいかと言えば、控室に入った時の先輩のくだらないネタに付き合うことができるかってことだ。それだけだな。俺たち鍛えられてっからよ。それはもう、スゲエもんだよ。あとは? ねえんか? 何かあるだろ?」
――久しぶりにお客さんが戻って来て、歓声はなかったですけど、拍手でメッセージを送ろうとしてるファンの方の思いは届いてましたか?
真壁「気持ちはわかるぜ。だって、今こんな時代だ。声出して『真壁!』『本間!』って言えるわけねえじゃん。それはわかってる。それはわかってけど、半分リング上がった瞬間、『あれ、いつもの俺たちの歓声……』って思ってたのに、からっきし来ないじゃん。“今日、プロレスファン来てんの?”“忘れてんじゃねえの?”って思ったけどさ、でもさ、それぐらい(観戦ルールを)守ってくれてんじゃん、みんな。ありがてえよ。守ってなきゃ、俺たちも試合できねえしよ。まあ、そういうルールを守ってくれるとこが、プロレスファンのありがてえとこだと思うよね。
――「ファンの視線を気にして試合してない」とおっしゃってましたが、それでも熱のあるお客さんの視線がリングに注がれてるっていうのは、肌に感じた部分もあったんじゃないですか?
真壁「ああ、もちろん、もちろん。もちろんやっててよかったなっていうのと、“お前ら、待たしたな”っていうのと、心の中でうたってるよ。だけどもだけど、新日本プロレスが苦しいときからよ、踏ん張ってる俺とこけしにしてみりゃよ、なんの。無観客どころかなんも、俺たちに響かねえ。そりゃ効かねえ。無観客、ゼロだろうが、100万人だろうが、関係ねえ、俺たち。俺たちのファイト、リングで見せるだけだ」
――ただ一方で、さっきおっしゃった選手もスタッフも、ファンも一緒になって、この苦難を乗り越えていく時代だと思うんですが……。
真壁「それを言うなって。それ言ったら、俺が“ファンのみんなありがとう”って思っちゃってることわかっちゃうだろ。そうじゃねえんだ。俺とこけしはよ、ファンに対してはよ、“オイ、お前ら思った通り、俺たちのファイト見てろよ”って。それが俺たちのスタイル……」
本間「(※真壁は話してところに割り込んできて)いや、ほんとにありがとう。ほんとにありがとう……」
 

  
真壁「(※本間を遮るように)ちょっと待て、オイ。今、俺がしゃべってんだ」
本間「いや、声出ちゃった。気持ちが……」
真壁「だからお前、そうくると思ったんだ……」
本間「やっぱね、『真壁』『本間』って(叫ぼうとして)抑えたとしても、でも声出ちゃってる人がいたじゃん。あれがうれしかったね。抑えきれない……」
真壁「そうだな。やっぱり我慢したくても声出ちゃうよな。そういうもんだ。俺たちのプロレスを勘違いするな。まあ、最高じゃない。こういう舞台がそれで、第一歩だな。いや、まあ、第二歩かな。第一歩は無観客で。今日は(会場に集まってくれたのは収容人数の)3分の1か。それにしたって、客の興奮状態がわかる。伝わってくる、ひしひしと。それはまったくゼロだろうが、1000(人)だろうが、2000、3000だろうが、俺たちには変わらない。ただ、どんな数の客の時でも、100%の試合を見せる。それだけだよな。まあ、言うことないんじゃないの? 俺がコメントで言うことねえよ。もう、バッチリだよな。これで(控室に)帰ると思うなよ。帰んねえからな。オレ、楽しいんだからな。プロレスの試合終えて、こうやってコメント出してんの」
本間「いやでも、お客さん一人ひとり、みんなほんと楽しそうな顔してた。うれしそうな顔してた。やっぱりプロレスはこうじゃなくっちゃ。夢を与えてナンボですから。こんな時だからこそやっぱ会場に来て、声は出せなくとも心の中で応援してほしいし。ほんと楽しそうな顔してたよ。今日は(席と席の間に)空間あったから、みんなの顔見やすい。今日(お客さんの)顔見てて、ほんとによかった。今日で満足することなく、まだ第一歩。まだまだ第一歩」
真壁「俺はこのコメント、80%しか聞こえてなかったから。ノイズがすごいから(笑)。まあその分ね。わかるでしょ? 楽しかった、最高だった。そりゃ、試合は厳しいよ。厳しいけどさ、勝って腑抜けてるやつはいない。やっぱ勝ってうれしいし。あと今日の、なんだ、ヤングライオンとやったことによって、一つ勉強になったっていう気はあるよね。俺は特に。いいんじゃないの」
--ヤングライオンの2人も、お客さんの前に立って今までとは違うモチベーションとか気持ちの昂りもあったのか、すごく2人の向かっていく気持ちが……。
真壁「出てたでしょ? 前はさ、たぶんね、2人のうち1人とかさ、2人とも結構、物静かだったと思うんだよね。でも今日は前面に出てたし、あわよくば先輩を食ってやろうてとこあるでしょ? それが出ないとやっぱ、ライオンじゃねえよ。いいこと言うなあ……ライオン……。あいつらヤングライオン。やっぱライオンだ。根本的にライオンはああじゃなくちゃ。ありがとございました(※と突然コメントを打ち切って、本間を残して控室へ)」
 

 
本間「自粛中、自粛中、俺は道場で、密にならないようにテラカド(辻)と(上村)優也とよくトレーニングしてた。あいつらばっかりデカくなってさ、俺は全然(デカく)なんなかったかもしんないけど、俺はお前らにこのままで勝ったと思ってないし、そのトレーニングでも負けたと思ってない。まだまだ20年分、切磋琢磨して、ほんと1年目のつもりで、まだまだ挑戦していきたいし。俺はこのまま終わるつもりはないし。こんな結果だからって、ふざけんなって。こないだのヒロムも言ってただろ。俺らは夢をあきらめないって。ヒロムは確かにすごいかもしんない。俺はまだまだかもしんない。でもまだまだ、まだまだだからこそ、上を目指してるんだ。上を目指さなかったら、この新日本プロレス、上がっていけない。そうだな、今ね、なんかベルトを2つ持ってるヤツがいるけど。(2冠王は)2人いるかもしれないけど、そのうちの1人。俺は絶対狙ってるから。その(2本のうちの)一つのベルト、何回も何回も挑戦して1回も巻いたことない。あのベルト、絶対に狙ってっから。夢、叶えますから……」
 

 
辻「オイ、真壁刀義。俺は諦めてなんかいないんだ。たしかに、この前の『NEW JAPAN CUP』、俺はアンタのジャーマンスープレックスに3カウントを獲られた。だが、俺はあの試合で得たモノがある。敗北こそ、強くなるためのステップだ。いつだっていい。いますぐに、真壁さん、もう1度、俺とシングルで闘って下さい」
 

 
上村「ムチャクチャ……今日の試合は、ムチャクチャ悔しいぞ……。情けないです。いくら体重が上がったって、技が増えたって、どんな相手にも技をキレイに決めないと、これから絶対、上にあがっていけないと思うんで。もう1回、イチから、イチからじゃ遅いかもしれないですけど、自分のプロレスを見直したいと思います。僕の“闘いたい相手リスト”に、真壁さん、入ってるんで。たぶん今日、本間選手も新たに加わりました。また、どこかでシングルマッチお願いします。ありがとうございました」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年7月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ