バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム

日時
2020年1月5日(日)   13:00開場 15:00開始
会場
東京・東京ドーム
放送
バナーバナー
観衆
30,063人

第5試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • <第27代チャンピオン>

  • <チャレンジャー>

VS

  • ※3度目の防衛戦

境界線

※KENTAが3度目の防衛に失敗。後藤が新チャンピオンとなる
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 第5試合はNEVER無差別級王者のKENTAが、後藤洋央紀を相手に三度目の防衛戦。遺恨深まる両者が、ついに一騎打ちを迎える。
 後藤は昨年の11.3大阪でジェイ・ホワイトのIWGPインターコンチネンタル王座に挑むも、終盤にKENTAが乱入。劣勢となった後藤は、ジェイに無念の敗北を喫した。怒りの後藤は11.17後楽園の『WORLD TAG LEAGUE 2019』公式戦で、KENTAから直接フォール勝ち。以降、両者は試合お構いなしに番外戦を繰り広げ、ヒートアップしてきた。
 大舞台で実現する果し合い。NEVER王座戦で石井智宏とYOSHI-HASHIをダーティーファイトで下してきた“CHAOSの怨敵”KENTAの成敗に、荒武者・後藤が出陣する。
 後藤は気合のこもった表情で入場。KENTAは不敵な笑みを浮かべ、NEVERのベルトを手にリングイン。
 
 ゴング前にKENTAは後藤にベルトを突き付けて挑発。すると、後藤はエルボーでダウンを奪い、さらに馬乗りでエルボーを追撃。続いてフライングメイヤーからショルダータックル。KENTAは場外にエスケープするも、後藤はすぐにリングに投げ入れる。
 後藤は串刺しラリアットからブルドッキングヘッドロック。またもKENTAは場外に回避するが、後藤はKENTAを逃さず、リングに戻す。
 後藤はKENTAの背中にサッカーボールキック。さらにチンロックから顔面にエルボーを落とす。
 劣勢のKENTAだったが、フロントキックを叩き込むと、後藤を場外に放り投げる。後藤はリングに戻るも、すぐにKENTAは場外に排除。さらにエプロンの後藤にフロントキック。
 KENTAは場外の鉄柵に後藤を叩きつける。そして、後藤の胸板にキックを叩き込み、もう一度鉄柵にハンマースルー。
 後藤がリングに戻ると、KENTAはまたも場外に投棄。そして、キックとパンチの乱打から、花道上でDDTを敢行。
 カウント19で後藤はリングにギリギリ生還。しかし、KENTAはまたも後藤を場外に放り投げ、場内はブーイングが発生。KENTAはそれに合わせて指揮者のような素振りを見せ、場内を煽る。
 リングに戻った後藤に、KENTAはキチンシンク。さらに背中にサッカーボールキック、顔面にニードロップ。そしてフェイントから後ろ足で後藤の顔面を蹴り飛ばす。
 KENTAは後藤をスリーパーで捕える。後藤はエルボーで脱出するも、KENTAはカウンターのキチンシンク。そして、後藤の顔面を挑発するように足蹴にする。さらにKENTAは後藤の胸板に強烈なキックを連発。
 だが、後藤もローリングラリアットで反撃。そしてエルボーを連発するが、KENTAもエルボーで応戦。最後は後藤がKENTAからダウンを奪う。
 続いて後藤は村正、バックドロップとたたみかけてフォール。しかし、カバーはKENTAがカウント2でキックアウト。
 勢いに乗る後藤は牛殺しを狙うも、KENTAは切り抜けるとパワースラム。さらに後藤の串刺し攻撃を回避し、後藤の顔面を捕えるとセカンドロープからスイングしてロープに打ちつける。そして、ダイビングラリアットをヒット。
 KENTAは挑発しながら後藤の顔面を蹴り飛ばす。後藤はエルボーを繰り出すが、かわしたKENTAはDDT。さらにロープに後藤を設置し、背中に強烈なニーアタック。続くロープワークの攻防から、後藤は牛殺しで反撃。
 後藤は雄たけびを上げ、KENTAに近づく。しかし、KENTAはスキをついてGAME OVERで捕獲。だが、これは後藤がロープエスケープ。
 エプロンに避難した後藤の頭部を、KENTAは蹴り飛ばす。さらに後藤の足をセカンドロープに固定してDDT。続いてKENTAは串刺しの低空ドロップキック。
 勢いに乗るKENTAはトップコーナーからダイビングフットスタンプ。さらに突進するが、後藤はかわしてスリーパー。だが、KENTAもスリーパーで切り返し、PKをヒット。さらにブサイクへのヒザ蹴りを決めてフォールするも、後藤はカウント2でキックアウト。
 ならばとKENTAはgo2sleepを狙うが、後藤はヒザをキャッチ。そしてヘッドバットを叩き込んでからラリアット。だが、KENTAはこらえると、裏拳を二連発。そして、ラリアット。
 しかし、仁王立ちの後藤はショートレンジラリアットでKENTAをダウンさせる。後藤は印を結び、キックを炸裂。しかし、KENTAは受け止めて張り手を連発。だが、後藤は倒れず張り手。
 負けじとKENTAも張り手を返すが、後藤はGTRの体勢で捕獲。これをKENTAが切り抜けると、後藤はGTWを炸裂。そして、最後はGTRを決めて3カウントを奪取。後藤がNEVERのベルトを奪取した。
 
 試合後、後藤はNEVERのベルトを抱え上げ、KENTAを見下ろす。そして、セカンドロープに上って場内にアピールしてからリングをあとに。

COMMENT

──見事な勝利おめでとうございます。改めてNEVERのベルトをKENTAから奪った今の気持ちを聞かせてください。
後藤「まあ、KENTAには悪いけど、今ここにNEVERのベルトがある。これが現実です」
──調印式で「このベルトは今死んでる。俺が蘇らせる」という発言がありました。改めてその思いを聞かせてください。
後藤「今回、NEVERのタイトルマッチが組まれたのも、別に俺から言ったわけじゃないし、組まれたのも、今ここにこのベルトがあるのも、俺とNEVERの縁だと思ってます。これは俺の信念ですね。もう一度、NEVERを蘇らせる。これが俺の使命になっちゃったな。愛着も出てくるし。まあ、NEVER王者として、王者として、今後も誰の挑戦でも受ける。それは変わりないけど、今回一つだけ注文を出させてもらうなら、次の挑戦者、このベルトが欲しい奴に限らせていただきたいと思います」
──改めてこの東京ドームで柴田さんと闘って獲ったベルトでもあります。特別な思いが後藤選手の中にありますか?
後藤「そうですね。今回さらに強くなったというか、柴田との因縁もあるKENTAですから。そのへんもつながってたのかな? 柴田の友達だって、俺は聞いてたんで。その友人を裏切る行為、それがあいつの最大の罪だと思ってますんで、今回は柴田の思いも胸に闘ったし、いい結果がついてきて本当によかったと思っています」
──前哨戦でKENTA選手にいろんなところで挑発されてきましたけども、改めてKENTA選手と東京ドームで闘ってみてどんなことを感じました?
後藤「あいつは戦前から、命を懸けてこの新日本に来ていると言っていましたけど、あのリングに立っている以上、全員命を懸けてますから。俺も他のレスラーも。そんなことを自慢気に言われても何も響かないかな。全てはあのリングの中にある。バックステージでもない、Twitterでもないよ。全てはあのリング。そこに答えがあると思います」

KENTA「(マイクを使わずにしゃべり始めて)まあ、ゴトヒロが勝って、俺が負けた。今日に関してはそれ以上のこともないし、向こうのほうが上だった。ベルトに関しては思い入れがないって前から言ってて、あいつに負けたことは悔しいし、腹が立つし。あとやっぱりベルトがいつもあって、いつも興味ないって思ってたど、いざなくしてから気づくもの……恋人かよ! 俺はだから、言っている通り……(マイクに気づいて)なんでマイクあんのに誰も教えてくれたかったの? 使わないけど。とにかく俺は昨日も言った通り、1年前東京ドームで試合するって誰も想像していなかった。それが起こった。それ以上のことを起こさないといけない。ベルトを失ったら。こっからなんじゃないかな? 俺の真価が問われるのは。こっから俺が何を見せていくか。それが一番これからの俺にとって大事。ただ、俺がNEVERを失いました。それだけで終わる人間だと思われたら困る。ドンドン次の仕掛けしていくから。1年前じゃ誰も想像し得なかった、もっとでかいことをやってやる。(最後にマイクを持って)ありがとう!」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ